女子アナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    no title


    所長見解:おっさんだね・・・
    【【女子アナ】夏目美久アナのすっぴんがオッサンすぎるってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    加藤綾子アナ、フジ入社試験でスカートまくり上げ…

    k


    フリーアナウンサーの加藤綾子(32)が、フジテレビ入社試験でセクシーポーズを披露するよう求められたことを明かした。

    加藤は、10日深夜放送の「クジパン」に出演。
    フジの新人、久慈暁子アナに、自身の経験などからアドバイスした。

    入社試験の話になり、加藤は「『セクシーポーズをしてください』って言われたの」と振り返り、突然の要求に戸惑いながらも「ちょっとスカートのすそを上げたの。
    セクシーっていうからちょっと見せた方がいいかと思った。膝上まで」と明かした。

    しかしほかの受験者たちにどんなポーズをしたのか尋ねると「そんなの聞かれてないよ」と言われ、後日、人事に尋ねてみたところ、「まさか『セクシーポーズしてください』でスカートまくりあげるとは思わなくて、セクハラとかで訴えられたら大変だから」との理由で中止になっていたという。

    加藤は「先輩方に聞いたら、ちょっとうなじを見せたりとかポーズをとったりとか、そんな感じだったんだって。
    (自分は)本気のセクシーを求めてると思って、本気で挑んじゃって」と笑った。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1853618.html


    所長見解:セクハラじゃん・・・
    【【女子アナ】フジテレビ、入社試験でセクシーポーズを要求 カトパンはスカートを膝上までズリ上げってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    フジテレビ中村仁美アナウンサー(38)が退社する意向であることが6日、分かった。

    1日付で人事局付に異動したが、もともとは営業局への内示を受けていたという。

    n


    中村アナは02年に入社し、11年にさまぁ~ず大竹一樹(49)と結婚、現在は2男がいる。

    フジテレビは「子供との生活を優先するために、以前から退職のタイミングをはかっていて、人事異動がきっかけになったと聞いています」と説明した。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1851217.html


    所長見解:肩たたきだね・・・
    【【女子アナ】フジ中村仁美アナが退社意向「人事異動がきっかけ」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年4月をもってフジテレビを退社したフリーアナウンサーの加藤綾子が、今年4月にフジテレビへ入社した10歳年下の久慈暁子アナに強烈なライバル心を燃やしているという。

    「久慈アナはフジテレビにとって、久々に大きく育ってくれそうな女子アナです。
    青山学院大学卒業の才媛というだけでなく、在学中にスカウトされ、旭化成キャンペーンガールやファッション誌『non-no』で専属モデルなどを務めた経歴の持ち主でもあります。
    2014年7月にはドラマ『近キョリ恋愛』(日本テレビ系)にも出演しています。
    身長166センチのモデル体型で美貌も兼ね備えており、加藤を上回るポテンシャルの持ち主といっていいでしょう」(フジテレビ関係者)

    その久慈アナは、7月3日からレギュラー番組『クジパン』に出演。
    “○○パン”は過去にもあった番組で、加藤も出演していたことがある。
    その番組に史上最速の入社3カ月目で起用されるという特別待遇で、初回のゲストが加藤だった。

    no title


    ■さっそく久慈アナ潰しに動いた加藤

    「収録時、加藤は当初こそ『尊敬してました』と持ち上げる久慈に対し、『見た目もいいし、ほんわかしてさっぱりしている。がんばって』とエールを送っていましたが、徐々に久慈アナの美貌と若さに焦りを感じ始めたのか、爆弾エピソードを連発、久慈アナ潰しに動いたのです。
    まず加藤は『わたしなんか入社半年でアナウンス室長に辞めたいって相談に行った』という話を披露し、関心を自分の方に持って行ったのです」(放送記者)

    このふたりのあいだにピリピリとした雰囲気が漂っていたのには理由がある。
    これには北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の存在が影響している。

    「加藤はプロ野球選手が好きで、かつてはダルビッシュ有にアタックしたものの、ふられています。
    さらに加藤は32歳で、結婚を焦っています。
    自身のレギュラー番組『スポーツLIFE HERO’S』で昨年7月に大谷をインタビューした際に『好みの女性は?』とセクハラまがいの質問もしています。
    一方で、久慈アナは岩手県奥州市出身で大谷と同郷。
    それどころか同学年でもあり、モデルをしていた2014年には奥州市の広報誌で対談し、奥州市長から交際を後押しされたことがあるほどなのです。
    久慈アナはフジテレビに入社したことで、大谷選手の彼女に見合うだけの社会的肩書きを手に入れました。
    フジテレビも久慈アナと大谷のカップル誕生を狙っています。
    だから、先輩の加藤は『久慈なんかに大谷を持っていかれてたまるか』とライバル心を燃やしているのです」(芸能関係者)

    新旧のパン抗争が始まる。

    https://myjitsu.jp/archives/25408


    所長見解:二刀流だしな・・・
    【【女子アナ】加藤綾子と久慈暁子が大谷翔平争奪戦ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    田臥勇太(36、現・栃木ブレックス)といえば、すでにテレ朝を退社している前田有紀元アナ(36)との交際が有名だが…
    ここへきて、あの有名女子アナの名前が週刊誌の見出しに躍った。
    「よりによって、相手が“あの男”だったとはね。
    ま、不倫よりはマシだとは思いますけど…」(テレビ局関係者)

    テレビ朝日の人気アナウンサー、竹内由恵アナ(31)と日本人初のNBA選手、田臥勇太との熱愛が『週刊新潮』によってスッパ抜かれた。

    「竹内アナが栃木県宇都宮市内にある田臥のマンションに“お泊まり”する様子がバッチリ撮られたのです。
    次の日、マンションから出てきたときの彼女の表情は、いささか“お疲れ気味”だったといいますから、“何かあった”ことは間違いないでしょう。
    2人とも30代の“やりたい年頃”ですからね」(芸能レポーター)

    童顔とショートボブの髪形で人気の竹内アナは、'16年の『好きな女性アナウンサーランキング』(オリコンスタイル調べ)で8位('15年7位)と、テレビ朝日でトップ。
    女子アナへの登竜門といわれる『ミス慶応』を経て'08年4月に入社。
    そして、同年10月から'13年9月まで『ミュージックステーション』の司会を務めて人気アナとなり、現在は『やべっちF.C.』の他、'15年3月から続く『スーパーJチャンネル』のメーンキャスターを務めている。
    「入社当初は“チャラい”イメージが先行していましたが、今では、ニュース原稿の読みも上手になり、“夕方の顔”になった」(女子アナウオッチャー)

    その一方で、竹内アナも三十路に入り、結婚願望が強くなってきたようだ。
    「いわゆる、“30歳は女子アナの曲がり角”という問題で、彼女は、できれば結婚&寿退社したいと考えているようです。2人の交際は最近始まったということです」(テレビ局関係者)

    田臥は、前田有紀元アナ(36)との交際が有名だが…。
    「一時は同棲までして結婚寸前とまで言われましたが、結局、別れてしまいました。
    田臥はこれまで女子アナのインタビュー取材は断ったことがないというほどの“女子アナ好き”で有名です」(女子アナ・ライター)

    t


    そこで、聞こえてきたのがこんな声…。
    「竹内アナが泊まったマンションは、前田元アナの頃と同じ。
    ということは、“ベッドも同じ”可能性がある。
    “先輩”の愛の雫が染み込んだマットの上でスルなんて、竹内アナも、やるな~というものです」(同)

    禁断の“ダブルドリブル・ラブ”とは、今どきの女子アナらしい?
    田臥の身長はプロバスケットボール選手としては低い173センチ。
    竹内が162センチだから男女のバランスとしても、ベッドの中での絡み合いでもちょうど良いサイズ? ではありますけどね


    週刊実話
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13265279/


    所長見解:同じ局の先輩・後輩って・・・
    【【女子アナ】田臥勇太、竹内由恵と前田有紀元アナをラブの“ダブルドリブル”ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ