女子アナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title



    所長見解:かわいいな・・・

    【【人気女子アナ】宇垣美里さん、うっかり職場で熟睡した結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《本日の別居報道に関しまして、お騒がせし、ご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。
    現在私ども夫婦で話し合いを重ねておりまして、ご報告できる段階にございません》

    12月3日に一部スポーツ紙で、フィギュアスケーターの小塚崇彦と、フリーアナウンサーの大島由香里の別居が報じられ、小塚は当日に自身のブログで騒動を詫びている。

    「'16年2月に結婚し、'17年4月には第1子となる女児が誕生しています。
    生活の拠点は小塚さんの地元である名古屋に置いていたようですが、2か月ほど前に娘さんを連れて大島さんが上京する形で、別居がスタートしました」(スポーツ紙記者)

    k


    小塚の多忙さが、今回の別居原因のひとつだという。

    「小塚さんは仕事をバリバリこなしていますが、そのためになかなか名古屋に戻ることもかなわなかったようです。
    トヨタのレーシングチームに所属しているほか、オリンピックアンバサダーとしてスポーツ普及にも貢献。
    アイスショーへの出演や、幼児・児童のためのスケート教室、講演会……と、全国を飛び回っているんです」(同・スポーツ紙記者)

    大島も名古屋でラジオDJの代行を行うこともあれば、仕事で東京に出てくることもある。

    しかし頼りたくても夫はおらず、“ワンオペ”で家事に仕事に育児にと大忙しだったのだ。

    「別居以前から、小塚さんが自宅に帰ることは少なかったそうです。
    一家の自宅は、彼のお父さんのマンションからかなり近かったようで、大島さんが娘さんを連れて、お父さんの家を訪問する姿は見かけましたが、小塚さんの姿を見ることは少なかったです。
    大島さんは仲よしのフィギュアスケーターの鈴木明子さんにも相談していたようです」(ふたりの知人)

    小塚が多忙ではしかたがないようにも思えるが、ふたりの知人は首を横に振る。

    「小塚さんが帰ってこない理由が、多忙のためだけではないから怒っているんです。
    本当の理由は“夜遊び”。
    夜な夜な繁華街に出かけていたようで、飲み会ゆえに家へ帰らない日も多かったんですよ。
    大島さんは頭を抱えていました」(同・ふたりの知人)

    小塚が夜遊び好きというのは、アスリート界隈では有名な話だった。

    つづく


    週刊女性プライム
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181210-00014026-jprime-ent


    所長見解:見かけによらず・・・

    【【衝撃事実】フィギュア・小塚崇彦と女子アナ・大島由香里の別居原因がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが、13日に放送される同局系ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(毎週木曜よる9時~)の最終回にゲスト出演することが決定。

    同作で女優デビューを飾る。

    ある理由で資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケあり弱小弁護士集団「京極法律事務所」を立ち上げ、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描く同作。

    小川アナは「リーガルV」最後の事件の調査中に、逮捕されてしまった「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)を厳しく取り調べる刑事役として出演する。


    小川彩佳アナ、久々地上波出演はドラマオファー

    2011年4月から今年9月まで同局系情報番組「報道ステーション」のサブキャスターを、現在はAbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」でキャスターを務めるなど、報道畑で活躍する小川アナ。

    今回は「報ステ」卒業後、久しぶりに地上波に登場することになり、オファーを受けたときは「率直に、驚きました。アナウンサーのドラマ出演というと、劇中のテレビのキャスター役や現場のリポーター役を思い浮かべますが、まさか『刑事役』でオファーをいただくとは…。
    自分のどこに女刑事の要素があるのだろうか、と制作側の意図を疑いました」と目を丸くする。

    そんな中、全力で挑んだ撮影では、ドラマ撮影のスピードに驚いたという小川アナ。

    「心の中で『えっ、えっ』と戸惑っているうちに、いつの間にか(撮影が)終わっていました(笑)。
    そんな中、何度同じセリフを繰り返してもトーンや表情が変わらず、ブレない安達祐実さん。さすがプロ、かっこいいな…など、あっという間の体験でしたが、多くを感じる現場でした」と新体験を享受した様子だった。


    米倉涼子の存在感&華やかさに圧倒

    米倉が魅力的な悪女を演じ、大きな話題を呼んだ「黒革の手帖」(2004年)。
    小川アナも「私の中で米倉涼子さんの最初の衝撃は『黒革の手帖』。
    画面からはみ出さんばかりの存在感と華やかさに圧倒されました」と当時の印象を明かす。

    その後も「芯のある美しさ、快活な色気を上書き更新していかれる姿にいつも魅了されている」という小川アナ。

    今回は残念ながら共演シーンはなかったものの、米倉からは日々間接的にパワーをもらっているそう。

    「米倉さんのドラマが始まると、社食でたまに米倉さんの姿をお見かけすることがあるのです。
    私にとっては担当番組の本番前で、少し緊張感が漂い始める時間なのですが、お見かけするとテンションが上がって、『今夜も番組頑張ろう!』という気持ちになります(笑)」と裏話も語った。

    (小川彩佳アナコメント他全文)
    http://mdpr.jp/news/detail/1809015

    no title


    所長見解:ええやん・・・

    【【報ステ降板】テレ朝・小川彩佳アナ、ミニスカ刑事役で女優デビューってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ORICON NEWSでは、年末の恒例企画『好きな女性アナウンサーランキング』を今年も発表。

    今回で15回目の調査となった<女性アナウンサー編>。

    昨年で日本テレビの【水卜麻美】アナウンサーが5年連続1位の“殿堂入り”。

    局アナ、フリー含め“女子アナ戦国時代”が続いているなか、ランキングを制したのは、NHKからフリーに転身した【有働由美子】アナという結果となった。


    自身初の1位にランクインしたのは、今年3月にNHKを退社した【有働由美子】アナ。

    NHK時代の『スタジオパークからこんにちは』『あさイチ』が好評を得て、昨年2位よりランクアップを果たした。

    フリーに転身するや、10月からは『news zero』(日本テレビ系)のキャスターに抜擢され、“夜の顔”に進出。

    「視聴者と会話するニュース」というコンセプトの番組だけに、女性目線で本音を語るのが得意な有働アナは「適任」との声が。

    開始時の会見では「視聴率が悪いなら、私が視聴者とズレているということ。クビを切ってもらえる安心感がある」と、信念があるからこそのストレートな物言いできっぷの良さを見せつけた点も話題をさらった。


    2位は今回が初TOP10ランクインとなったテレビ朝日の【弘中綾香】アナ。

    2013年に入社し同年からサブMCを務めた『ミュージックステーション』を5年間担当して9月で卒業した。

    毎週タモリの横でアシスタントを務めて認知度を上げ、生放送での対応力も評価されてきた。

    また、オードリー・若林正恭のアシスタントとして出演するバラエティ『激レアさんを連れてきた。』では、前身番組『アップデート大学』と同様にビシバシと進行役を務め、時折見せる毒舌ぶりや若林とのコミカルなやりとりも支持されている。

    2010年の第8回、2011年の第9回の2年連続で1位を獲得し、昨年4位から1ランクアップした【加藤綾子】アナ。

    2016年にフリーとなり、今年はアナウンサーの仕事以外にも、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』やドラマ『ブラックペアン』(TBS系)などで女優としても活躍。

    今年8月にはインスタグラムアカウントも開設し、プライベートな日常も公開している。
    (続きはソースをご覧下さい)

    1位 有働由美子(↑2位)フリー
    2位 弘中綾香(初)テレビ朝日
    3位 加藤綾子(↑4位)フリー
    4位 川田裕美(初)フリー
    5位 徳島えりか(初)日本テレビ
    6位 大江麻理子(↓5位)テレビ東京
    7位 大下容子(↓3位)テレビ朝日
    8位 井上あさひ(→8位)NHK
    9位 宇垣美里(初)TBS
    10位 田中みな実(↓6位)フリー

    no title


    https://www.oricon.co.jp/special/52192/ 


    所長見解:どうだろ・・・

    【【結果発表】好きな女性アナウンサーランキングがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    田中みな実「家では水着で過ごす」 

    衝撃告白に破天荒女優・秋吉久美子も思わずドン引き

    7日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)にて、恒例の「本音でハシゴ酒」企画が行われた。

    ダウンタウンと坂上忍、飲み友達の田中みな実がゲストと酒席でトークを繰り広げる。

    1軒目ゲストには、女優の秋吉久美子が登場。

    破天荒な発言を連発したが、話の流れから田中の意外な一面が明らかとなる。


    ■田中みな実、自宅で謎の水着生活

    「デビュー作でいきなりヌード」「2人の男性と3度の離婚」「子供は卵で産みたい発言」などなど、秋吉の常軌を逸した人間性をトークであぶり出していくダウンタウンと坂上。

    その後、話題は自宅での過ごし方へと及んだ。

    秋吉は「家の中では全裸だった」と告白。

    その理由は、「いつも裸でいれば(ボディラインが)キレイになると思ったから」だと説明した。

    これに「わかります!」と全面的に同意したのが田中だ。

    問題は次の一言だった。

    田中は「私は水着なんですけど」と、涼しい顔でさらりと言い放つ。

    その場の全員がドン引きしたことを瞬時に感じ取った田中は「……夏ですよ?」とフォローを入れるも、「いや、夏でも」と秋吉の容赦ないツッコミの餌食に。

    さらには浜田雅功が「全裸の人に言われても……」と視聴者の思いをすかさず代弁した。

    t


    ■田中「彼が求めればなんでもします」

    自宅で水着を着用することの異常性/変態性に、さすがの松本人志も眉をひそめる。

    「全裸のほうがまだマシ」であるとの見解を示した。

    プールもない室内で水着を着るケースなど、グラビア撮影以外のシーンではなかなかありえないことだ。

    これには「理由があるんですよ」と語気を強める田中。

    「展示会で水着をいっぱい注文したんです。でも、いざ夏になったらプールや海へ行く機会がなかったので、仕方なくおうちで着たんです」と経緯を述べる。

    「そしたら、意外とボディラインのチェックにもなることに気づいた。

    なので、『おうちに帰ったら私服から水着に着替えて過ごす』っていう生活を、夏はしていました」と明かした。

    「でも、彼氏が家に来たりするでしょ」と心配する松本。

    坂上からは、「彼氏が『水着でいて』って言ったら水着でいるの?」と追求される。

    しかし田中は、事もなげに「彼が求めればなんでもします」と迷いなく断言したのだった。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    https://sirabee.com/2018/12/08/20161913924/


    所長見解:ええやん・・・

    【【衝撃告白】田中みな実「家では○○で過ごす」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ