女子アナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    桑子真帆アナ“不倫デート”プリクラを入手「弄ばれた9年」男性が自嘲告白 


    d


    「僕と “まーたん” は、彼女が大学に入った年から、NHKに入局してからもずっと “深い” の関係でした。
    僕は一度も彼氏に昇格することはなく、ただの都合のいい『間男』でした」


     
    30代男性のAさんと、彼の言う “まーたん” こと桑子真帆アナ(33)が出会ったのは、2006年のこと。

    2人は、東京外国語大学の先輩と後輩という間柄だった。


    「2010年にNHKに入局した桑子アナは現在、『おはよう日本』のメインキャスターを務めています。
    2020年末には、3回めとなる『紅白歌合戦』の総合司会の重責を果たしました」(スポーツ紙記者)


     
    そんなNHK看板アナに、意外すぎる素顔が――。


    「彼女と知り合ったのは、彼女が大学1年の夏休みが終わったころの飲み会でした。
    たまたま席が隣になり、連絡先を交換しました。
    彼女は、学内でもチャラいことで有名な音楽サークルに所属していました」(Aさん、以下同)


     
    女子校育ちで、「勉強、部活で忙しかったし、彼氏はいなかった」とAさんに語っていた桑子アナ。

    その反動か、出会ったときにはすでに、遊び慣れている様子だったという。


    「サークル内はもちろん、他大学の学生にもモテモテでした。
    僕と彼女が男女の関係になったのは、飲み会から約2カ月後。
    それまで複数人で何度か会っていたのですが、2人だけで飲むことになり、盛り上がってこちらから誘ったのがきっかけです」


     
    だが当時、桑子アナには、すでに彼氏がいた。

    そのため、Aさんと桑子アナは、周囲には自分たちの関係を秘密にしていた。


    「彼女は実家から通っていたので、人目にふれないように私のワンルームマンションか、ホテルで会うことが常でした。
    恋人関係にはしてもらえなかったので、デートらしいデートは、ほとんどしたことがありません。


    私との関係を続けつつ、“本命” の彼氏も何人か代わり、私とは数カ月会わないこともありました。
    彼女は新しい彼氏ができると、わざわざ私に報告してくるんです。
    『僕の存在は、いったいなんなんだろう』と落ち込みましたね」


     
    桑子アナは「好きになったら、とにかく突き進む性格だった」という。

    狙った男性に交際相手がいても、おかまいなしだった。


    「男選びは、とにかくビジュアル重視。
    『友達の彼氏がいちばんスリルと背徳感がある』そうで、『◯◯ちゃんの彼氏はイケメンすぎる! デートしてみたい』『(自分の)彼氏よりよかった』とも、僕に言っていました。


    交際相手がいる男性と遊ぶことを彼女は『不倫デート』と呼んでいて、女友達の彼氏と陰で関係を持ったことは、私が知るだけで何回もあります。
    多いときには、僕を入れて同時に3股交際していたこともありました」


     
    当時交際していた複数の男性と桑子アナとのツーショットプリクラを見せてもらうと、Aさんが言うとおり、そのなかの一枚に「不倫デート」という書き込みがある。

    なぜ、そんなにモテたのか。


    「彼女は酔うと、あの大きな目がトロンとして、ふだんは低めの声が猫なで声になり、『指が細くてきれい』とか言いながら、甘えた感じでさわってくるんです。
    私も虜になったひとりですが、狙われた男は、ほぼ全員彼女に惚れていました」


     
    大学生活を満喫した桑子アナは、2010年にNHKに入局する。


    「彼女は在学中、NHKでアルバイトをしていましたが、アナウンススクールには短期間通っただけでした。
    内定したことは、本人がいちばんびっくりしていました」


     
    最初の配属先は、長野放送局。

    当時の桑子アナを知る、あるNHK関係者が証言する。


    「お酒が好きで、種類はなんでも飲みます。
    地方局時代は、上司や先輩などの誘いは基本断わらず、深夜3時くらいまで飲むこともありました。


    同期入局で、広島に配属されたジャニーズ系の記者と遠距離恋愛していましたが、桑子アナが長野から広島に異動するころには、もう別れていましたね」

     
    そのころには一般企業に就職していたAさんだが、2人の関係は、社会人になってからも続いていたという。


    「彼女が地方局に勤務していたころは、数カ月に一度、私が彼女のマンションに行く形で会っていました。
    彼女が自宅のベッドのマットレスを替えたとき、古いマットレスを捨てずに、なぜかベランダに放置していたことを覚えています」(Aさん、以下同)



    画像① 


    画像② 


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    https://smart-flash.jp/showbiz/129085

    所長見解:あれま・・・
    【【暴露】NHK・桑子真帆アナの不倫相手がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    g



    女子アナってあんなにシコれる理由wwww

    毎朝抜いてる


    s

    所長見解:ええな・・・

    【【悲報】女子アナさん、朝から抜かす気まんまん説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    鷲見玲奈、クリスマスに牛丼でクリぼっちディナー フォロワーからは大反響

    フリーアナウンサー兼タレントの鷲見玲奈が、クリスマスの当日の夜に食べたディナーとは…?
     

    クリスマス当日の25日、「セント・フォース」所属のフリーアナウンサー兼タレント・鷲見玲奈が自身のツイッターを更新。

    クリスマスディナーの様子をアップしたのだが、その内容に反響が寄せられている。


    k



    ■クリスマス当日のディナーは…

    世間的にクリスマスディナーの真っ最中である夜7時30分頃、鷲見は自身のツイッターを更新。

    自身もクリスマスディナーを楽しんでいるようで、夕食を画像に撮ってツイッターに公開した。

    しかしその内容はというと、牛丼に漬物、味噌汁と、一般にイメージされるきらびやかなディナーとはかけ離れた料理たち。

    まるでサラリーマンの昼休みのようで、聖なる夜に撮られたとは到底思えない。


    クリスマスに渋谷で1人で牛丼食べてるけど全然寂しくない。

    - 鷲見 玲奈(すみれいな) (@sumi_reina) December 25, 2020
    https://twitter.com/sumi_reina/status/1342418089971916801

    https://pbs.twimg.com/media/EqE6IkxUYAQ1fHs.jpg



    ■大反響のツイートに

    しかも、これは1人で食べに来ているようで、鷲見は「クリスマスに渋谷で1人で牛丼食べてるけど全然寂しくない」とコメント。

    おしゃれなイメージからは意外すぎる「クリぼっちディナー」に、「いいね」やリツイートは瞬く間に伸びていっている。


    フォロワーからは、

    「寧ろ素晴らしいです」
    「その後楽しめば良いさ!メリークリスマス」
    「流石にそれはさみしいですよ!」
    「今年はクリスマスはコロナ禍で本来のクリスマスじゃないからね。来年のクリスマスこそいいクリスマスを」

    など、様々なメッセージが。


    共感や驚きなど多くの声が寄せられ、クリスマスの夜に大反響を集めることとなった。


    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://sirabee.com/2020/12/25/20162477314/

    所長見解:ええやん・・・

    【【悲報】鷲見玲奈、クリぼっちディナーがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    j


    女子アナになりたがる女って何なの

    自己顕示欲強いの

    所長見解:ええよな・・・

    【【暴露】女が女子アナになりたがる理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    カトパン(加藤綾子)が「好きな女子アナ」圏外に。ついにオワコン化

    先日、オリコンが発表した毎年恒例の「好きな女性アナウンサーランキング」にて、テレビ朝日の弘中綾香アナが2連覇を達成。

    2位も2019年同様、田中みな実が入り“あざと可愛い”コンビが順当にワンツーを決めた。

    3位有働由美子、4位大下容子(テレビ朝日)、5位大江麻理子(テレビ東京)も前年と変わらず、トップ5は盤石。


    r


    一方で、ついに名前が消えたのが加藤綾子である。

    「18年の3位から去年は10位と来て、ついに今年は圏外に陥落しました。
    以前は圧倒的に加藤の人気が上だったのが、今や田中みな実と完全に立場は逆転。
    田中は写真集が大ヒットしたことで、『これでカトパンに勝った』と周囲に吹聴し、加藤と共演した際に不仲説をツッコまれても、『お互い嫌い合うほど存じ上げないんですよ』と完全に上から目線でした。

    11月25日の『ホンマでっか!?TV』で、明石家さんまから田中の話題を振られた加藤が『(写真集)いっちゃいましょうか!』とライバル視して見せたのも、自身の凋落ぶりを感じ取っているからでしょう。
    MCを務める情報番組『イット!』は視聴率3~4%と低迷していますが、『東京五輪キャスター』の密約のためか、フジも降板させられないでいるそう。
    逆に、加藤がしがみついているとの印象を持たれ、世間から同情論も飛び出している状態です」(芸能記者)


    10代から50代の世代別でもトップ5に入れないのだから、「オワコンアナ」と言われても仕方なしだろう。


    https://www.cyzo.com/2020/12/post_262419_entry.html


    ▼写真
    https://www.cyzo.com/wp-content/uploads/2020/12/katoayako_main-400x225.jpg

    所長見解:もうな・・・

    【【悲報】加藤綾子アナがついに「好きな女子アナ」圏外の模様・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ