ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 女子アナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ORICON NEWSは、毎年恒例の『好きな女性アナウンサーランキング』を今年も発表。
    14回目となる今回は、昨年に続き日本テレビ【水卜麻美】アナウンサーが1位に選ばれた。これで水卜アナは、2013年から5年連続で首位となり、みごと殿堂入り。
    08年に5連覇を達成した元フジテレビ・高島彩アナウンサー以来、女子アナ史上2人目の快挙を成し遂げた。

    m


    ■女子アナの固定観念を変えた! “庶民派女子アナ”像を確立

    2010年の入社から8年目となり、すっかり日テレの“顔”となった【水卜麻美】アナ。
    水卜アナの魅力は、『ヒルナンデス!』などで見せてきた、食リポでの“食いしんぼうキャラ”。
    ニッコリ笑顔で実においしそうに食べる姿が人気を呼び、最大7キロ増量したこともあるが、その福々しい体型すらもネタにして、持ち前の明るさでタレント顔負けの存在感を発揮してきた。
    やはりその明るい笑顔が人気のようで
    「いつもニコニコしていて、食べてる姿がかわいいから」(三重県/10代/女性)、
    「飾らず、明るく元気な姿が良い」(埼玉県/30代/男性)
    など老若男女から愛されている。

    今年9月には6年半担当してきた『ヒルナンデス!』を卒業。
    「本当に優しい番組でした」と涙で感謝を捧げ、10月からは『スッキリ』サブMCを担当している水卜アナ。
    「ヒルナンデス最終回でのコメントで自分のことではなく、後輩や番組に対しての想いに感動したから」(兵庫県/10代/女性)と周囲に配慮したコメントも絶賛されている。

    『幸せ!ボンビーガール』、『有吉ゼミ』などバラエティ出演も多いが、もちろんアナウンス技術にも定評がある。
    「バラエティからニュース読み、ナレーションまでこなす技術がある。そして、なによりかわいい。画面を通して、毎日癒しをもらっています」(長野県/20代/男性)、「ニコニコとやわらかい笑顔の印象が強いですが、ものごとを繊細かつしっかりと捉えている方だと思います。アナウンサーとしても技術がきちんとされていて安定感があります」(兵庫県/40代/女性)などの声も多かった。

    水卜アナの躍進は、これまで視聴者が抱いていた女子アナに対するイメージを一変させた。
    理路整然とした立ち居振る舞いの昔からの女子アナ像、フジテレビに端を発するアイドル女子アナ像、そのどちらとも異なる“庶民派女子アナ”像を確立させたのは、紛れもなく水卜アナの功績。
    『スッキリ』への異動、30代に突入、そして当ランキング5連覇で殿堂入りという新たなステージに迎えて、今後彼女がどのように飛躍していくのかますます目が離せない。


    ■“暴走コメント”も好印象、『あさイチ』効果で2位に躍進

    自身最高順位となる2位にランクインしたのは、朝の情報番組『あさイチ』(NHK総合)の司会でお馴染みのNHK【有働由美子】アナウンサー。

    以下続きはコチラで
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000326-oric-ent


    第14回 好きな女性アナウンサーランキングTOP10
    1位 水卜麻美(→1位)日本テレビ
    2位 有働由美子(↑4位)NHK
    3位 大下容子(↑9位)テレビ朝日
    4位 加藤綾子(↓2位)フリー
    5位 大江麻理子(→5位)テレビ東京
    6位 田中みな実(↑7位)フリー
    7位 桑子真帆(↑10位)NHK
    8位 井上あさひ(↑圏外)NHK
    9位 山崎夕貴(↑圏外)フジテレビ
    10位 高橋真麻(↑圏外)フリー

    所長見解:人気あるよね・・・
    【【好女子穴】『好きな女子アナランキング』水卜アナが5連覇で殿堂入りってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    毎朝、彼女の笑顔と声に癒やされている出勤前のオジサマたちをさぞかし落胆させてしまうことだろう。
    フジテレビ『めざましテレビ』でMCを務める、永島優美アナ(26)の熱愛をキャッチした。

    ‘14年にフジに入社し、いまや同局のエースとも言える永島アナは、都内にある彼女の自宅マンションで、毎週のように先輩局員と「お泊り愛」を育んでいたのである――。

    no title

     
    11月14日午前11時、自宅最寄り駅近くのスーパーに永島アナはいた。
    夕飯の食材を手早く買い込んだ後、自宅マンションへと帰っていく。
    それから約3時間半後の午後2時半。
    今度は、錦織圭をキリッとさせた感じのイケメンが、彼女のマンションへと入っていった。

    「ユミパンのお相手は、一つ年上、5年目の先輩局員・A君です。
    現在は『Mr.サンデー』でVTR制作をしていますが、入社から4年間は『めざまし』のディレクターを務めていた。
    ’16年4月『めざまし』の司会になったユミパンに、先輩として仕事を教えたことで、交際に発展したようです」(フジテレビ関係者)

    翌週月曜日の夕方、またしてもA氏は永島アナのマンションへ。
    さらに、永島アナの26歳の誕生日である11月23日にも、二人は逢瀬を重ねた。

    永島アナは、父である元サッカー日本代表の永島昭浩氏(53)には「カレ氏ができても言わない」と発言していたこともあるが、A氏のこともまだ報告していないのだろうか。

    永島アナを直撃した。

    ――Aさんとのご関係について伺えますでしょうか。

    「プライベートなことは話せないんです。すみません、こんな朝早くから……」

    ――交際宣言をする予定は?

    「そんなそんな、恐れ多いです」

    ――ちなみに、お父さんはご存知ですか。

    「いえいえいえ、そんなプライベートな話はあまりしないので」

    初めて明らかになった愛娘のロマンスだが、パパの胸中はいかばかりか。

    FRIDAY最新号では彼女の自宅マンションに出入りする二人のショットも掲載している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171201-00010000-friday-ent


    所長見解:いいんじゃないの・・・
    【【父親似穴】フジ・永島優美アナ 『Mr.サンデー』ディレクターとお泊まり愛ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    みな実アナ お酒を飲む仕事の後は疲労困憊…帰宅後に胸をわしづかみされたような

    t


    フリーの田中みな実アナウンサーが27日、フジテレビ系「もしかしてズレてる?」に出演し、お酒を飲んだ仕事の後の心境を明かした。
    帰宅後、「急に胸をわしづかみされたような」気分になるという。

    番組でみな実アナは中学、高校、大学と続く親友と出演。
    みな実アナは「最近、お酒を飲む仕事が多くて」と胸の内を語った。
    みな実アナは同局系「ダウンタウンなう」の「本音ではしご酒」に時折出演している。
    「家に帰って…急に胸をぎゅってわしづかみされるみたいな感じになる。
    だれかに電話したくなる」と複雑な感情にとらわれることを述べた。

    電話をしようとして携帯を取り出すものの、「電話できる人がいない。そう思った時に涙がすっとでてくる」と明かした。
    そんなときに「みんないなくなっちゃえ」と思うそうで、実際に手順を進めてデータを削除しようとするという。
    みな実アナは「パスワード4桁のうち3桁を入れたところでやめる…本当に1人になっちゃう」と顔を両手で覆った。


    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/27/0010770179.shtml 



    所長見解:病んでるね・・・
    【【寂女子穴】田中みな実、携帯を取り出すも「電話できる人がいない」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    民放女子アナの超人材難 タレント採用で即戦力の一本釣り

    j


    民放各局がかつてない「女子アナ人材不足」に見舞われている。
    テレビ朝日の青山愛アナ(29)やTBSの久保田智子アナ(40)などエース格や中堅の退社が相次ぎ、一部の「主力アナ」に仕事が集中、フル稼働で悲鳴をあげているのだ。

    そんな中、若手の台頭が待望されるだけに新規採用にも力が入る。
    ただしここでも「すぐ辞める若手」の増加で方針変更を余儀なくされている。

    民放の人事担当者がいう。

    「一昔前なら1年に2~3人採用して“1人でもエース格になってくれれば”という育成方針だったが、業績が頭打ちのなか、採用枠も減らさざるを得ない。
    それに、ここまで若手の退社が増えてくると“教育に時間をかけてもいられない”となり、結果的にどうしても“即戦力”の一本釣りを狙ってしまう。

    そうなると入社前に芸能活動を経験していた新人が増える傾向にある。
    美少女タレントとして知られた元フジテレビの平井理央(35)、モデル活動を行なっていた元TBSの青木裕子(34)、『モーニング娘。』出身の元テレビ東京・紺野あさ美(30)などの実績もある」

    明らかになってきた2018年入社組のラインアップからもその傾向が窺える。
    日本テレビは“超大物ルーキー”を採用したようだ。
    元「乃木坂46」のメンバー・市來玲奈(21)で、事前の研修なのか、内定後に日テレに“出社”する姿も目撃されている。

    「元アイドルグループということから色眼鏡で見られがちだが、早稲田大での成績は優秀で、高校時代は社交ダンスの有名選手としても名を馳せた。
    文句なしの採用となったようだ。
    もうひとりもモデル経験者で有名大学のミスコンテストを取った美女です」(日テレ関係者)

    フジでは他局のお天気キャスターとして活躍したタレント経験者が内定した模様。

    「内定者がスタッフとして参加する、夏のフジのイベント『お台場みんなの夢大陸』でも元気に汗を流していた」(女子アナウォッチャー)という。

    時代と共に「求められる女子アナ像」も変わってきているようだ。

    週刊ポスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171123-00000003-pseven-ent 



    所長見解:もうタレントだよね・・・
    【【女穴不足】民放女子アナの超人材難 タレント採用で即戦力の一本釣りってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本テレビの女子アナの中で、ミトちゃんこと水卜(みうら)麻美アナに次いで注目を浴びているのが、入社2年目の滝菜月アナ。
    彼女はこの10月から『ヒルナンデス!』のアシスタントMCに抜擢され、人気と知名度が急上昇しているのだ。

    「滝アナは今どき珍しいほどの超天然アナ。
    高校まで北海道十勝地方で育ったこともあり、ビックリするくらいおっとりしているんです。
    中学生からアナウンサーを目指していたというのですが、芸能人の名前もあまり知らない。

    ある番組で打ち合わせをしていた時、ベテランの有名俳優さんがゲスト出演することになったんですが、彼女は『芸人さんですか?』なんて言っていたくらいですから(笑)」(同局関係者)

    そんな彼女だけに、趣味志向も普通の女子アナとは少し違っている。

    「彼女はバイクツーリングが趣味で、中型のバイクを乗りこなしている。
    休みの日には、峠を攻めに行くこともあるみたい」(同局中堅局員)

    公式ホームページには過去のアルバイト歴も載っているのだが、「バスガイド、ティッシュ配り、コールセンター、工場での箱詰めなど」と、かなり地味な職種ばかり。
    やはり、普段の性格も地味なのだろうか。

    「ブランド品で着飾ることもないですし、オーラは一切感じない。
    収録スタジオにいると、ADと見間違うほどですよ(笑)」(前出・局員)

    ミトちゃんはじめ、今は庶民派女子アナが人気を博す時代。
    滝アナもブレイク必至?

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171119-00095223-playboyz-ent

    日本テレビ・滝菜月アナ
    no title


    所長見解:かわいいよね・・・
    【【超天然穴】日テレ『ヒルナンデス!』滝菜月アナがブレイク必至ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ