ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 女子アナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4年に1度のサッカーワールドカップにテレビ各局もお祭り騒ぎ。
    フジテレビは、永島優美アナと鈴木唯アナがロシア入りしており、とりわけ元日本代表の永島昭浩氏を父に持つ永島アナが俄然、存在感を示している。

    彼女の目標は、“東京五輪を世界に発信すること”だが、そこに立ちはだかるライバルが、4月から土日夜のスポーツニュース『S-PARK』でMCに抜擢された宮司愛海アナ(26)だ。
    W杯特番でも東京のスタジオで番組を仕切っている。

    「昨年、バッサリとショートヘアにしてから人気も運気も上がった印象。
    視聴者からの“あの短い髪のMCは誰?”という問い合わせも増えている。
    上層部も“スポーツは宮司”と考えているようで、今後のビッグイベントも任されそう。

    永島と宮司はお互い意識し合っているようなので、かつてのカトパン(加藤綾子・33、現フリー)とショーパン(生野陽子アナ・34)のように、五輪に向けてフジの“ツートップ”になっていくはず」(フジ社員)


    ※週刊ポスト 
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180701-00000009-pseven-ent


    宮司愛海アナ
    no title


    所長見解:いいね・・・

    【【W杯中継】フジテレビの女子アナに問い合わせ殺到「あの短い髪のMCは誰?」がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title



    所長見解:怖いよ・・・

    【【何これ怖い】嵐・二宮ファン、伊藤綾子の麺の食べ方に激怒の模様・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    所長見解:おお・・・
    【【検証動画】セクシーすぎる韓国の司会者がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    水面下での激しい争奪戦を経て、マツコ・デラックス(45)らが所属する中堅芸能事務所「ナチュラルエイト」の所属となった有働由美子アナ(49)。

    日本テレビ系の夜の報道番組「NEWS ZERO」のメインキャスターに就任することも明らかになったが、その余波とも思える動きがテレビ関係者の間でささやかれている。

    有働アナ獲得をめぐり、いくつかの芸能プロが獲得に名乗りを上げたが、その中で有利とみられていたのは、複数の有名歌手を抱える大手芸能事務所だった。

    「このプロダクションは有働アナと接触し始めた当初から社内に“専従チーム”をつくり、
    彼女が民放に出演するにあたって『どんな番組がふさわしいか』『何社くらいのスポンサーがバックアップしてくれるか』について詳しく調査を進めてきたといいます。

    ところが契約の最終確認をする段階になって有働アナが選んだのはナチュラルエイト。
    万全を期して受け入れ態勢を整えていたこの大手芸能プロに激震が走ったのは言うまでもありません」(芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏)

    そして有働アナは今年3月にNHKを退局。
    その日からこの大手芸能プロの“意趣返し”が始まったという。
    そのターゲットといわれているのがマツコ。
    有働アナが所属事務所を決める際に親身にアドバイスをしたり、背中を押したとも伝えられる。

    m


    「結果的にマツコに有働アナをさらわれることになった大手芸能プロの社内には、“マツコ潰し”に闘志を燃やす空気が漂っているそうです。
    今、具体的な方法として取り沙汰されているのが、“共演NG作戦”です。
    マツコのタレントとしての得意技は“共演者転がし”であり、その持ち味を存分に引き出すには良質の共演者が欠かせません。
    この大手芸能プロが本気で所属タレントとの共演NGを言い出したら、マツコはあっという間にテレビから姿を消してしまうことになるでしょう」

    実際、マツコがMCを務めるいくつかの番組で具体的な動きも出始めているという。

    さすがのマツコもこうした不穏な空気を察知したのか、13日に放送された「マツコ&有吉かりそめ天国」(テレビ朝日系)では、「私は(有働アナを)全然誘っていない。私はずっとNHKにいなさいと。NHKが合ってると(言っていた)」と懸命に否定した。

    本来なら有働アナの獲得はマツコにとってお手柄のはず。
    それがアダとなり、消滅危機に立たされているとしたら気の毒な話である。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/231395


    所長見解:大丈夫だろ・・・

    【【トラブル】 大手芸能プロがマツコを干す模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    30歳の誕生日を迎えた昨年5月30日、フジテレビの谷岡慎一アナ(31)と結婚したNHKの顔、桑子真帆アナ(31)。
    世の男性諸氏の間に「桑子ロス」が広がったが、それも束の間、1年で破局である。
    その予兆だったのか、桑子アナは意外な姿をさらしていた。

    一方、「谷岡ロス」と呼ぶ人はだれもおらず、「それに谷岡アナは“桑子アナの夫”と形容されるけど、桑子アナが“谷岡アナの妻”と呼ばれることはない。プライドが高い彼はそんな“格差”を気にしているようでした」と、在京の民放関係者。

    桑子アナと谷岡アナは2010年の同期入社組で、「大学2年くらいから準備しているアナウンサー志望者は、在京局を一緒に受けていると、入社は他局になっても同期はすごく仲がいいものです」(テレビ関係者)

    かくして、15年4月に桑子アナが広島放送局から東京に異動したのを機に交際が始まった。だが、その後、彼女は「ブラタモリ」でブレークすると、昨年4月からは「ニュースウオッチ9」のキャスターに抜擢され、あれよあれよとNHKの顔になってしまったのは、ご存じの通りである。

    まさに結婚直前のタイミングで“格差”はさらに開いたわけだが、結果、先行きへの不安でも感じたのか、桑子アナは「NHKの」と形容するのが憚られるような「顔」を見せていた。

    NHK局員が回想する。

    「桑子さんはキャスターには珍しく、番組の打ち上げや反省会にマメに顔を出してくれるんですが、特に去年の結婚前後は、日本酒を一気に飲み干したりすることが頻繁で、飲みすぎて介添えがないとフラフラなことも多かった。
    あるときなど、若い男性2人組に“キレイだね”と声をかけられると、嬉しそうに“私ってキレイ?”と口走って、そのまま男性について行っちゃった。
    男性局員たちが慌てて引き剥がしましたけどね。
    去年の忘年会のころも似たような状況で、そうこうするうちに欠かさずはめていた結婚指輪も、この3月下旬くらいから外していましたね」

    マリッジブルーか、責任の重さゆえのプレッシャーか、結婚前後から、すでにストレスが溜まっていたフシがあるのである。

    m


    ■“妻”は半年も前から

    ところで、離婚届はこれから出されると見られており、谷岡アナの母親は、「なにもお話しできることはございません」と、少なくとも離婚を否定はしない。

    2人の生活が時間的にすれ違っていたのも疑いなく、「桑子は平日は11時ごろ職場に着き、番組が終わってから帰宅。
    一方、朝の番組が多い谷岡アナは早朝に出勤して夕方帰宅。
    それだけでも時間的なすれ違いが大きいうえ、売れっ子の桑子は選挙や紅白、五輪などに引っ張りだこ。
    一方、谷岡アナも土日は競馬の番組やスポーツ中継で忙しい」

    そう語るNHK関係者が桑子アナを評するには、「そもそも家庭の臭いがまったくしない彼女が、ますます仕事に走ったから」

    そんななか、桑子アナはだれもが有働アナの後継と目する“スター”になり、「年収も“一般人”の谷岡さんが1200万~1300万円で、給与改革で下がりそうなのに対し、桑子さんは手当を加えると、1000万円台の後半は固い」

    そう語る谷岡アナの知人は、こんなエピソードを。

    「結婚報道後は“おめでとう”と言うと、デレデレっと嬉しそうでしたが、離婚報道後は、だれもその話題に触れず、腫れ物に触るような雰囲気です」

    一方、桑子アナの知人は、「もう半年ほど前に“離婚するかも”と聞かされ、驚きました」

    すれ違いを早々に見切った桑子アナが、一人勢いよく旅立った――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00543556-shincho-ent&p=1 


    所長見解:軽いな・・・

    【【一年で離婚】桑子真帆アナ、ナンパ男について行った結果・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ