ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 女子アナ

    Sponsored Link

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    市川紗椰(30)がキャスターを務めるニュース番組「ユアタイム」(フジテレビ)が、視聴率の不調が理由で9月に終了することが決定した。
    終了の原因は市川にあるとの報道も一部で流れ、キャスターとしての資質や、そもそも彼女を起用したフジテレビにも疑問が上がっている。
    しかし、一部のファンからは「俺たちの市川紗椰が帰ってきた!」と逆に歓迎する声もあがっているようだ。

    「『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)などで見せた、熱心な鉄道オタクぶりは多くのファンが認めています。
    タモリさんが鉄道好きなため、同番組では定期的にこの手の企画が放送されますが、彼女は何度も起用されています。
    仕事がほしいためにオタクを自称するような”ニワカ”とは違い、マニアックなグッズ収集から車両のドアが閉まる音の違いにまで言及するほど。
    市川さんは路線図も好きで、時刻表マニアだというタモリさんとも意気投合しているようです。
    最近の『タモリ倶楽部』の鉄道系企画では、番組が同じ時間帯のため市川さんは起用されず、ほかの女性タレントが起用されているので、降板をきっかけに市川さんとのマニアックな絡みが復活してほしいですね」(鉄道ライター)

    また鉄道以外でも市川は相撲マニアでもあり、重度のアニオタでもある。
    そのガチっぷりはオタクたちからも評価が高いのだ。

    「今回の降板騒動で彼女のオタクぶりに注目が集まっていますが、昔から彼女を知る人にとっては“何をいまさら”という話ですよね。
    多くのファッション誌でモデルを勤め、しかもハーフで胸も大きいという超絶美貌の彼女から、業界関係者でも舌を巻くようなオタクトークが繰り出されると、たちまち魅了されて仕事をオファーしたいと考えますよね。
    いまは多忙のため、単発の取材でもなかなかスケジュールが取れない状態です。
    すでに(番組が終了する)9月以降、新連載やテレビの仕事もいくつか決まっているようです」(取材を担当したカルチャー雑誌の編集者)

    no title


    市川紗椰、ユアタイム終了でオファーが急増? “オタク復帰”歓迎の声

    そもそも初回放送前に発覚した、メインMCを務める予定だったショーン・マクアードル川上氏(49)の学歴・経歴詐称疑惑の煽りを受けて、無理やりメーンキャスターにさせられてしまった市川。
    いくら早稲田大学卒で教養があると言っても、このときは批判が噴出。
    それでもなんとか約1年半の間こなしてきた経緯もある。

    「局全体が、視聴率低迷をなんとか打破しようとぶち上げたものの、ショーンK騒動でミソがついてしまった。
    オタク美女という彼女を抜擢することでなんとかスタートさせたものの、誰もが最初から彼女1人にやらせるのは苦しいとわかっていたと思います。
    堪能な語学や相撲好きなスキルもちっともうまく活かしてあげられていませんでしたね。
    報道番組のメインキャスターであるため、客観性の観点から、特定の企業のCMに出演するのはご法度で、それが局幹部の逆鱗に触れたという話もありますが、実はコレに関しては半年以上前から話題になっていた。
    視聴率低迷ももちろんあると思いますが、組織改編による余波でしょうね」(フジテレビ関係者)

    ニュース報道番組に毎日メーンで出演するとなれば、その勉強だけでも他番組に出演する余裕がなくなるわけで、彼女が解き放たれればその才能を活かす場はいくらでもある。
    今回の騒動を受けて、オヤジ系週刊誌からも早速擁護する声もあがっている。
    いずれにせよキャスターを務めたことで知名度は上がったわけで、今後はのびのびと語る市川のマニアックな姿が見てみたいものだ。 

    https://dot.asahi.com/dot/2017082100051.html


    所長見解:もったいないね・・・
    【【オタク復帰へ】市川紗椰、ユアタイム終了でオファーが急増ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フリーアナウンサーの川田裕美が、20日放送のテレビ朝日系のバラエティ番組「アメトーーク!」(よる11時半~)に出演。
    この日は「アイスがなきゃ生きてイケない芸人」とし、川田アナは独自のあずきバーの食べ方を披露。
    「画期的」などと好評を得ている。

    k


    無類のあずき好きという川田アナのあずきバーの食べ方は、“ホットミルクに10秒ほどつけて食べる”というもの。
    あずきバーの噛みにくいコーティングが程よく溶けて食べやすくなるという。

    視聴者は「画期的」「すぐに実践したい」「その発想はなかった」「今度やってみたい」「おいしそう」と反響を寄せていた。

    また、あずきバーの井村屋公式Twitterでも、川田アナの食べ方を引用しつつ「女神!」と絶賛している。

    また、川田アナのアイディアに派生して視聴者からほかにも「あずきバーを溶かしてお汁粉にするとおいしいらしい」「専用マシンがあるのだけど、あずきバーをかき氷にしてる」という意見や「でもやっぱりカチコチなのを含めてあずきバー」「あのかたさからスタートするのが好き」という声もあがっていた。(modelpress編集部)

    https://mdpr.jp/news/detail/1708738 


    所長見解:小豆好きだねー・・・
    【【これはすごい】川田裕美アナの“あずきバー”の食べ方が話題「その発想はなかった」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ナインティナインの岡村隆史(47)が、加藤浩次から結婚相手にフリーアナウンサーの川田裕美(34)を推薦され、「意識してしまう」と明かした。

    no title


    交際相手に求める条件が厳しく、なかなか相手がみつからないことを嘆いている岡村だが、加藤から「岡村にピッタリの人、見つけたぞ」と声を掛けられたことを17日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で語った。

    加藤は「俺が仕事して、この人なら岡村に合うかもって俺が思ってるから、たぶん岡村に合うはずだ」と太鼓判。
    その相手が川田アナだと聞かされた岡村は「『おおっ』ってなって。
    メイクさんも『ああ、いいじゃない!』ってなったんですよ」と自身も周囲も好印象だったと明かした。

    それ以来、「ものすごい川田アナを意識してまうねん」という岡村。
    テレビで川田アナを見かけるたびにチャンネルを止めるそうで、「なんなら、好きかもしれんくらいの状態になり始めてる」とすっかりその気になっていることを明かした。

    加藤からは「一回、ご飯でも行ってみろよ」と激推しされているが、すっかり恋愛に奥手になっている岡村。
    「どう? どうやと思う? ご飯、食べに行った方がいいと思う?」とリスナーに助言を求めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-01873935-nksports-ent


    所長見解:無理じゃない・・・
    【【女子アナ】岡村隆史、結婚相手に川田裕美アナを推薦され、「意識してしまう」「好きかもしれん」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ各局の秋の番組改編情報が出回り始めた。
    なかでも、NHK含む在京キー局のなかで、全日、ゴールデン、プライムともに年間視聴率5位にまで落ちぶれたフジテレビは、春同様、各局の中でも改編率が高くなるともっぱらだ。
    せんだっても、亀山千広前社長(61)の肝いりで始めた深夜帯の情報番組「ユアタイム」(MC・市川紗椰)の打ち切りが発表されたばかりだが、19時台のテコ入れも容赦ない。

    週7のうち、金・土・日曜と勝負の3日間にメスを入れる。
    具体的には、MCに「報ステ」降板直後の古舘伊知郎(62)を起用した「フルタチさん」を日曜から平日金曜に移行。
    放送時間も2時間から1時間に縮小させる。
    その「フルタチさん」につまはじきにされる格好で打ち切りになるのが、医療バラエティー「その原因、Xにあり!」。
    MCのホンジャマカ恵俊彰(52)は長寿番組「MUSIC FAIR」の司会者としての功労をねぎらい、新たなレギュラー番組としてその座を任せたが、わずか1年で見切りをつけるようだ。

    功労者といえば、長年、看板アナだった加藤綾子(32)もそのひとり。
    だが、その功労者をMCに起用した土曜のクイズ番組「金の正解!銀の正解!」も店じまいになるという。

    「いずれの番組も視聴率が芳しくない。GP帯にして4~7%台をウロウロ。
    新社長の鶴の一声であえなく『ジ・エンド』です」(フジ関係者)

    ■カトパンにとっては好都合?

    齢73、エルメス好きでロマンスグレーが似合う宮内正喜社長。
    どうやら不振続きのバラエティー刷新にマジのようだ。
    しかも、カトパンの番組に至っては、今年4月に始まったばかりで2クールで終止符を打つ。
    軌道に乗る前のハシゴはずしは非情にも思えるが、むしろ「カトパンにとって好都合」とは、さる芸能関係者だ。こう続ける。

    「最近は日テレがカトパンの起用に意欲的で、特番だが出演が増えている。
    TBSに至ってはドラマでオファーをしているらしい。
    フリーに転向して1年半。これを契機に、フジ以外のレギュラー番組も受けやすくなるんじゃないか」

    邪険にされたら、後悔させるまでだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000008-nkgendai-ent

    no title


    所長見解:見てないからね・・・
    【【リストラの嵐】フジテレビ「カトパン」MCクイズ番組打ち切りってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月5日に放送された『ノンストップ!』で、中村仁美アナ(38)は「私事で申し訳ないんですが」と前置きし、番組からの卒業を発表した。

    「彼女は6月末の人事で、営業企画部への異動を命じられたが拒否。
    アナウンサーを続けたいとの理由から、退社の意思を会社に伝えた。
    その結果、人事局付に。
    今回の人事では、ベテランの春日由実アナ(42)も広報局へ異動しており、異動を拒否して人事局付になるのは異例のこと」(フジテレビ社員)

    中村アナは、2002年にフジテレビに入社。
    理知的なキャラクターで人気者になった。

    n


    私生活では、長くさまぁ~ずの大竹一樹(49)との交際が報じられていたが、2011年に晴れて結婚。
    現在は大竹との間に2人の子供をもうけている。
    7月21日、ブログで退社を報告した。

    中村アナに限らず近年、フジテレビの「黄金期」を支えてきた人気女子アナが、次々と同局を去っている。

    「理由は大きく2つあります。
    ひとつは、黄金期を支えた女子アナが『曲がり角』ともいうべき30代半ばに差しかかってきたこと。
    ナレーションなど顔の出ない仕事が中心で、華やかな職場での活躍は難しくなります。
    これが彼女たちにとって不満なのです。

    もうひとつは、やはりフジの業績低迷。
    会社としては、不規則な勤務で人件費がかさむうえ、年齢給も高い女子アナは別のセクションにまわしたい存在。
    だったらいっそのこと、辞めてフリーになったほうが稼げるのでは……と考える女子アナが多いんです」(女子アナウオッチャーの後藤健一氏)

    フジテレビの黄金期と呼べる時代は、一般的には内田恭子、大橋マキが入社した1999年から加藤綾子が入社した2008年の10年間。
    マルチな活躍ぶりを見せている内田恭子、アロマセラピストとしても活動中の大橋マキなど、さまざま。

    「しかし、退職したはいいものの、ローカル局でしか仕事がない、ドラマにチョイ役で出るだけ……。
    その程度の活躍しかできない女子アナもいます」(後藤氏)

    辞めてなお、女子アナたちの前には茨の道が待っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170816-00010001-flash-ent


    所長見解:辞めても大丈夫なんでしょ・・・
    【【解雇?】フジ中村仁美アナ 「営業への異動拒否」で退社ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ