ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 女子アナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小林麻耶がインチキ“子宮系”の広告塔になるリスク

    m


    しかし、「女性セブン」の記事には、なにやら怪しげな文字が躍っている。
    麻耶とKさんは“子宮系”の交流の場で知り合ったという。
    “子宮系”とは、女性の子宮を特別視し、子宮を大切にすることで幸せに生きられるという理論を唱える、女性向けスピリチュアル一派のことだ。
    この教えを提唱する一部のカリスマのもとには、自己肯定感を高めたい女性たちが集い、カリスマが主催するセミナーやイベントなどを通じて互いに交流するという。
     
    “子宮系”のカリスマが口を酸っぱくして説く「子宮の声に耳を傾けて欲望に忠実に生きよう」「女性は我慢せずに生きることで愛されるし、すべてうまくいく」という教えは、スピリチュアルな世界に明るくない一般人からすればトンデモ感が強い。

    さらに子宮に入れることで宇宙パワーが授けられるという触れ込みのパワーストーンが2~3万円、さらに“子宮系”のメソッドを集めたというDVDが定価49,000円(子宮の語呂あわせ)で売られるなど、“子宮系”を志す道は決して安くない。
    “子宮系”の活動にのめり込んだ女性の中には、奇行や散財に走って家庭崩壊する例まで報告されており〈詳しくはコチラの連載をどうぞ〉、実害が及んでいる。

    信仰心によって人が救われるというのが宗教の本懐だし、個人の信仰は自由だ。
    しかし“子宮系”については、そのビジネス的な側面や実害を見る限り、女性を食い物にした新たな詐欺の手口と断罪したくもなる。

    小林麻耶はとくに“子宮系”のカリスマのひとり、happy氏との深い交流を持つ。
    自身のブログにツーショットを上げるほど親しい仲で、今年4月にhappy氏が主催し、グランドプリンス新高輪「飛天の間」で行われた“子宮系”イベントの「シンデレラプロジェクト」にもゲスト出演、ファッションショーでは笑顔でランウェイを歩き、2000人を超える同志の女性たちと熱狂を共有していた。
    ちなみにこのイベントの一般参加チケット代は18,000~30,000円と見られる。

    “子宮系”と行動を共にする小林麻耶を見るにつけ、そのカリスマたちが元芸能人の麻耶の知名度を生かして、自分たちのブランド価値や信ぴょう性を高めるために広告塔として利用しているのではないかという懸念が起こる。
    さっそく来ましたというべきか、小林麻耶は今年11月に『しなくていいがまん』(サンマーク出版)という著書の発売を予定しており、タイトルを見る限りすでに嫌な予感しかないではないか。

    ※ 全文は記事でご覧下さい
    https://wezz-y.com/archives/58782
    https://wezz-y.com/archives/58782/2


    所長見解:あれやね・・・

    【【これはヤバい】小林麻耶が“子宮系”の広告塔ってよwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本テレビの水卜麻美アナウンサーが自身のインスタグラムに豪快にラーメンを食べる動画を投稿。
    4日午後1時現在、再生回数が37万回を超えており、動画を見たファンからは「お腹すいてきた」「ラーメン食べたくなってきた」「飯テロ」などの声が殺到した。

    m


    水卜アナは1日に、8月24日以来となる動画投稿を行った。
    「食レポ放棄ラーメン」とタグ付けされた動画は、水卜アナが夢中でラーメンをすするもの。
    大きな一口で豪快にラーメンをすすり、チャーシュー、なるともパクリ。
    もちろんスープも飲み干しエンディングとなった。
    「食レポ放棄」とあるように、ただ黙々とラーメンを食べるだけで、言葉は発しないが、久々に見せた食べっぷりにファンは歓喜。
    「ヒルナンデス」時代は何度も見せた豪快食事シーンだが、「スッキリ」に移ってからは、なかなか食リポするロケはないことから、あっという間に再生回数は37万回を超えた。

    コメント欄には「飯テロ」の文字も躍り、

    「今日の夕食はラーメン」
    「そのままCMいけそう」
    「シュールすぎる」
    「孤独のグルメか」
    「腹減ってる時は無理だ」

    などの声が。
    夜中に見るのは危険かもしれない。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/09/04/0011607425.shtml 

    ※ 動画
    https://www.instagram.com/p/BnIx2buHgp7/
    https://www.youtube.com/watch?v=1L4M7qYNF8A



    所長見解:食いたい・・・

    【【話題の動画】水卜アナ、「食レポ放棄ラーメン」動画がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フリーアナの“カトパン”こと加藤綾子が、いよいよ明石家さんまに「さよなら」を告げることになりそうだ。

    2人は現在、フジテレビのバラエティー番組『ホンマでっか!?TV』で共演。
    さんまが加藤にゾッコンなのは、あまりに有名な話だ。

    「2人の共演は間もなく9年。
    さんまの意思で加藤を起用したのは知られる話。
    最初は気に入っているレベルだったのでしょうが、最近のさんまは完全に片思いまる出し。
    ただ、いくら思っても加藤が相手をしていないというのがアリアリ。
    9年間で何もなければ、今後もないのでは」(テレビ雑誌編集者)

    番組ではさんまがメイン、加藤はアシスト役。
    並んで司会する様子はいいコンビにも見受けられるが、

    「最近、さんまとの立ち位置の距離がどんどん広がっているとネットの評判。
    テレビマニアの検証では以前より10センチ近く距離が開いたとか。
    実際に微妙に広がっているように感じますね」(同・編集者)


    加藤の意味深なインスタ投稿…決別宣言か?

    加藤がさんまを敬遠する理由も取り沙汰されている。

    「今年5月、バラエティー番組でお笑いタレントに加藤との関係を聞かれると、さんまは『付き合いたいし、抱きたい』と発言。
    これに加藤は『冗談じゃない!』とキレたそうです。
    加藤は、さんまの私的感情に以前からウンザリしている」(女性誌記者)

    女性誌にも報道されたが、昨夏、加藤はさんまに伝えずフジテレビ時代の同僚、椿原慶子アナとニューヨーク旅行。
    不幸にもさんまが仕事で来ており、秘密旅行がバレて現地で「何で教えへんのや」などと説教されたという。

    「カトパンは今年4月にドラマで女優デビューしていますが、それも事前にさんまには教えず、後でネチネチ言われたそうです。
    彼女にすれば『恋人でもないのに、何なのよ』という感じなのです。
    恋愛に年齢は関係ないとはいえ、ちょうど30歳差。
    さんまの方が恋愛感情を公言するのは情けない」(同・記者)

    そんな過去があるせいか、加藤の8月27日付のインスタグラムは意味深だ。
    どう見ても、さんまを嫌っているとしか思えない。

    no title


    「さんまの誕生会に行った話を投稿したのですが、プレゼントにのし紙を付けて渡したことを書いている。
    それって『仕事関係の付き合いよ』という意味じゃないですか。
    しかも載せた写真は6人並んで撮った写真で、さんまとの間に1人入っており、隣り同士ではない場面なんです。
    あえて『ただの仕事関係』『もう離れたい』と強調している、とネットで評判なのです」(同)

    実に説得力のあるインスタだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1515302/

    所長見解:まあな・・・

    【【女子アナ】加藤綾子の露骨な「さんま嫌い」がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フジテレビの三田友梨佳アナウンサーが4日、大阪市内で、MCを務める「直撃LIVE グッディ!」の台風21号の中継を担当した。
    中継中に突風が吹くなど危険な状態となり、東京のスタジオの安藤優子キャスターとのやりとりが、途中で切り上げられる一幕もあった。

    m


    三田アナは、正午ごろにはJR大阪駅周辺で取材。
    その後、大阪・ミナミの繁華街、道頓堀で激しい雨風の中、ヘルメット、ズボンタイプの上下のレインコート姿でマイクを手に中継した。

    道頓堀名物、「かに道楽」の前で中継していたが、突風にあおられ「今、すごい風が吹いています!突発的に強い、猛烈な風が吹いてきます」といつもの冷静な口調とは違う、甲高い声でリポート。
    安藤が「危ない、危ない、気をつけて」と注意を呼びかけた。

    さらに再び突風に襲われ、「また風が吹いてきました。立っていられないくらい」と言葉にするのがやっとで、思わずかがみこみかける場面も。
    中継映像も揺れるなど乱れ、カメラマンも突風にあおられる危険な状態だったことが見てとれた。

    安藤は「三田さん、ちょっと、(身体を)低くして、何かにつかまって下さい」と声をかけると、画面はスタジオに切り替わり、「いったん(スタジオで)ひきとります。大変失礼しました。えっと、三田さんは中継をしてくれたんですが、今はちょっと安全なところに避難して…」と視聴者に説明した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000069-dal-ent


    所長見解:代われ・・・

    【【ミタパン】三田友梨佳アナ 台風中継でやらかした結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    有働アナ激震 『ZERO』キャスターがセクハラ騒動で“降板”

    10月からの番組リニューアルに伴い、『NEWS ZERO』の新メインキャスターに就任する有働由美子アナ(49才)が激震に見舞われている。
    同番組に内定していた男性キャスターが突然、“降板”することになったのだ。

    「実は櫻井翔さん(36才)とともに有働アナを支えるはずだった男性キャスターが突然変更になった。
    内定していたのは、日テレ報道局の青山和弘さん(50才)で、すでに有働アナとも顔合わせ済みでした。
    ところが9月1日付けで、突然、報道局から他部署へと転属してしまった。
    完全な“左遷”人事です。
    有働アナは絶句したそうです」(日テレ関係者)

    no title


    なぜ鳴り物入りの男性キャスターが突然異動になったのか──。
    青山氏は東京大学文学部卒業後、1992年に日本テレビに入局。
    報道局政治部で頭角を現し、政治部のエースとして知られる。

    「安倍晋三首相からの信頼も厚いと評判です。
    ワイドショーやバラエティー番組にも出演、難しい政治の話をわかりやすく解説してくれると女性ファンも多い。
    第二の池上彰さんになれると言われるほどです」(前出・日テレ関係者)

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)


    NEWSポストセブン 
    http://news.livedoor.com/article/detail/15255721/


    所長見解:あの人が・・・

    【【有働アナ激震】『ZERO』内定の男性キャスターが突然の降板の理由・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ