暴露・告白

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2006年夏、「グラビア界の黒船」の鳴り物入りで来日し、その美貌とセクシーなグラビアで社会現象を巻き起こしたリア・ディゾンさん。
    歌手としても活躍し、翌年末のNHK紅白歌合戦にスピード出場を果たすなど、まさに“黒船”級のインパクトだった。
    しかし、人気絶頂の08年に結婚と妊娠を発表。
    2年後に離婚、帰国して以降はほとんどメディアで見かけなくなった。

    今どうしているのか?

    リアさんに会ったのは、JR原宿駅から徒歩5分の所属事務所の一室。
    「日本に来るのは4年半ぶり」と話すリアさん。
    来日直後で「時差ボケなんです」と笑いながらも、かつて日本中を魅了したルックスは健在。
    ヘーゼルナッツ色の瞳は吸い込まれそうに美しい。

    「今は出身地のラスベガスの都心から少し離れたところに住んでいます。
    のどかな郊外なので、子供を育てるには良い場所だけど、砂漠だから気温は45度。
    この夏の日本よりも暑いんですよ」

    実はリアさん、シングルマザーとして一人娘のミラちゃん(9)を育てながら、現地の大学に通い研究の道を歩んでいる。

    「ネバダ州立大学ラスベガス校の4年生で、社会心理学を学んでいます。
    大学進学の時期と日本デビューが重なったこともあって、ずっと大学で学びたい気持ちがあったんです。
    今の研究テーマは『なぜ女性は過小評価されているか』。
    数学や科学技術、工学の分野で活躍する女性が少ない原因を、統計や論文を読みながら研究しています」

    子育てと学業の両立は大変だ。
    早起きして朝食を作り、小学校に通うミラちゃんと一緒に家を出る。
    大学の帰りに迎えに行き、夕食を作って済ませると、ミラちゃんが寝ついてから机に向かう。

    それでもリアさんのモチベーションは高い。
    「卒業後は大学院に進み、研究を続けていく」と目標を語ってくれた。
    「研究は難しい。でも、学ぶことによって自分の生活の助けになっています。違う目線で世界を見ることができるようになったし、視野が広がりました。
    子育てにも役立ってます。もともと書いたり、読んだりすることが好きだから全然苦じゃなくて、むしろ自分に合ってると思うんです」


    ■「黒船のイメージを壊すのが怖かった」

    さて、米ラスベガス出身のリアさんは、自身のサイトにセーラー服姿などの自撮り写真を公開していたところ、検索数が200万件を超える話題に。
    SNSでも拡散され、06年の日本デビューのチャンスをつかんだ。

    「当時はみんなの注目を集めたかった、それだけでした」とリアさん。
    来日当時、「グラビア界の黒船」と騒がれ、注目を集めたことについて改めて聞くと、「ペリーのことは知ってたけど、黒船って……(笑い)。新しいなと思った。でも、すごいプレッシャーでした」と振り返った。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/235028

    no title


    所長見解:いけるやん・・・

    【【あの人は今】グラビア界の黒船、リア・ディゾンさんが明かした重圧がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11日に放送されたフジテレビ系『MUSIC FAIR』に浜崎あゆみが出演した。

    no title


    番組内では、浜崎がデビュー20周年のアニバーサリーイヤーを迎えたことに触れ、加藤綾子アナウンサーが「20年間の活動の中で、どうですか『私ここ変わったなぁ』みたいなところってありますか?」と、浜崎へ質問した。

    これに浜崎は「何か逆にないかもしれないです、すごくあっという間でした」と、大きな変化は見られなかったと明かした。

    そして、軽部真一アナウンサーが「ご自身の中では変わりたくないっていう気持ちもあったりするんですか?」と、その真意についても質問。

    浜崎は「そんなことを考える時がなかったと思います。
    時間のほうが自分をちょっと追い越しちゃってるような感じで、私は変わらないまま取り残されたじゃないけど、そんな感じがして」と、20年間の多忙な活動をのぞかせながら「だから変わってない気がするんですかね」と、変化がない理由を告白していた。

    浜崎は15日にニューアルバム『TROUBLE』をリリース。
    デビュー20周年というアニバーサリーいやーに加え、約2年2ヶ月ぶりとなるアルバムの発売に注目が集まっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15149939/


    所長見解:変わったやんか・・・

    【【お浜さん】浜崎あゆみ (39歳)、20年前との変化について語った結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    まさかの経験済み告白にファンも騒然としたようだ。

    藤田ニコルが8月3日放送のバラエティ番組「有吉ジャポン」(TBS系)に出演。
    夜の営みの初体験エピソードを披露した。

    f


    何故このような話になったのかの経緯は不明だが、藤田は番組のエンディングで「私が初めてなんか…そういう営みを体験した次の日に、お母さんが赤飯を炊いてくれました」と、初めて夜の営みをした次の日に母が赤飯を炊いてくれたことを説明。

    続けて、藤田は「夜(の営みが)終わった時にお母さんに『終わった』って言ったんです」と、LINEで営みを終えたことを母に報告したこともニヤケながら明かし、番組MCの有吉弘行からは、それではまるで出張型の大人向けサービス店ではないか、と、その具体的な業種名をあげてツッコまれ、笑いを誘っていた。

    母との良好な関係性がわかるオモシロエピソードだが、視聴者はまず、藤田が初体験のエピソードを語り出したことに驚いた。

    「ニコルが経験済み宣言してて、ビックリ」
    「いきなり夜の営みの話をぶっこんで来るのは強いな」
    「にこるんはこういうネタもOKなの?」
    「ニコルは最近、路線変更でもしたのかな」

    などの反響が上がっていたものだ。

    「タメ口キャラということもあって、スタッフ受けはそれほど良くないのでは? とも思ってしまう藤田ですが、5月に放送されたバラエティ番組『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で発表されたスタッフウケがいい女性タレントランキングでは川田裕美、小島瑠璃子に次いで10人中3位にランクイン。
    スタッフウケがいい要因としてゲテモノ食いなど、キツそうな仕事も基本的にはNGなしで頑張っている姿勢が挙げられます。
    そして、藤田自身もその結果を大いに喜んでいましたから、より頑張っていこうという気持ちが強くなり、今回の初体験告白につながったとも思えます。

    発売中の『FRIDAY』では、ほぼほぼ初めてというグラビア撮影に挑戦していますが、そこでも当初は服を脱ぐ予定ではなかったといいますが、当日になって調子に乗って脱いでしまったと明かしていましたね。
    今後もよりサービス精神旺盛になっていくことでしょう」(エンタメ誌ライター)

    艶ネタ要素が強い話が聞けるのは視聴者にとっては嬉しいことだが、やはり加減は必要。
    藤田同様に顕著な活躍が見られるダレノガレ明美は、おぎやはぎがパーソナリティを務めるラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」に出演した際、「1年半前にシオを初めて吹いた」というとんでもない発言を残しているが、やはりこちらに関してはしゃべり過ぎ。
    サービス精神が旺盛なのはいいが、くれぐれも行き過ぎた発言をしないように気を付けてほしいところだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15148332/
    アサ芸プラス


    所長見解:そらそやね・・・

    【【大胆告白】藤田ニコル、もう経験済みってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の木村拓哉(45)が12日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉 FLOW」(日曜前11・30)に出演。
    西日本豪雨で大きな被害を受けた広島県呉市を訪れ、炊き出しを行った際のエピソードに触れ「(被災地訪問は)間違いじゃなかったんだなって思った」と振り返った。

    k


    被災地・呉市在住のリスナーから届いたメールを紹介。
    生活が激変した中で木村らの訪問を受け「ドキドキが止まりませんでした。来てくれてありがとうございました」と感謝の気持ちがつづられていた。

    西日本が豪雨に見舞われている中「何かできないか、ずっと頭の中でモヤモヤしていた」。現地では、被災地の人々が猛暑で汗だくになりながらもコミュニケーションをとってくれたといい「『遠いところまで来てくれて、ありがとうございました』って言ってくれたのが印象的だった」と感想を口にした。

    また、避難所で炊き出しをしている際のこと。
    「ひとりのおばあちゃんが、『わしらはもう心が病んどるじゃけん』と。
    でも(物資提供など)サービスをさせていただいた後にすごく笑顔になってくれて…」。
    厳しい環境の中でも周囲が笑顔になっていくのを見て「来てよかったなって。こういうことって間違いじゃないんだなって。
    おばあちゃんの笑顔が自分たちをそう思わせてくれた」と語った。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/12/kiji/20180812s00041000197000c.html


    所長見解:いいことやね・・・

    【【壮絶告白】キムタク、被災地訪問した感想wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの中山秀征(51)が11日放送のカンテレ「おかべろ」で、タレントの今田耕司(52)との確執の真相を告白した。

    n


    中山と今田はフジテレビ系の生バラエティー番組「殿様のフェロモン」(1993年)のMCとして初共演。

    「考え方が違ったわけですよ。(フジテレビから)『オールナイトフジを復活させたいから、楽しく飲みながらなんで、ワイワイやってくださいよ。女の子きゃあきゃあ言いながら』みたいな(オファーがあった)。
    『ああそうですか。楽しそうですねえ』、僕はそれで受けた。
    ところが今ちゃんには戦いだというふうに伝わってるわけですよ」と、大きな温度差があった。

    番組スタート前の決起集会から既に「誰もしゃべらないような。俺、今ちゃんにビールをついだら、『あ、大丈夫です』と断られた」というピリピリムード。
    双方と親交があるザブングルの松尾陽介(41)によれば、当時、今田がダウンタウンにあいさつに行ったところ、浜田雅功から「全員殺してこい」と、ハッパをかけられていたという。

    中山が親密さを出すために「ヒデちゃんと呼んで」と頼んだものの、今田は「なんで知らないヤツをヒデちゃんって呼ばなきゃいけないんだ」と、ずっと「中山くん」で通していたという。

    中山は「バチバチで、初めて人とこんなにうまくいかないと思ったわけ。それまで楽しくやればなんとかなると思ったけど最後の最後までならなくて。空気が悪くて、それっきり今ちゃんと会うことがなくなったわけ」と説明。
    周囲の忖度(そんたく)もあって共演NGのような関係になり、10数年会うこともなかった。

    同番組で共演していたナインティナインの岡村隆史も「すごい番組内の空気悪い。今田ちゃんと秀ちゃんもなんか空気悪い」と感じていたことを告白。

    後に今田は松尾に「今考えたら、あの当時からテレビのことを分かってたのはヒデちゃんだったな。今の自分なら理解できるけど、あの当時は全く理解できてなかった」と、反省と中山へのリスペクトを吐露。
    松尾の仲介で再会の場が設けられ、和解したという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000068-dal-ent


    所長見解:そうやろね・・・

    【【不仲関係】中山秀征、今田耕司との確執の真相がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ