ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 暴露・告白

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    謎が謎を呼ぶ、紀州のドンファンこと野崎幸助さんの死。
    各メディアが様々な角度からこの「事件」について報じる中、本日発売の週刊現代では、遺された若妻のSさんの言葉と、いままで語られなかった通夜での「異変」について報じている。

    d


    極度のストレス

    「もういいかげんにして、私は犯人じゃない」―。

    東京・新宿にある若妻Sさん(22歳)の別宅マンションに家宅捜索が入ったのは6月2日のこと。
    それから4日後、和歌山に戻るため彼女は羽田空港に向かっていた。

    空港に着くと到着を待っていた大勢のマスコミがSさんを取り囲んだ。
    マスクと大きなサングラスで顔を隠し、終始無言をつらぬくが、連日メディアに追いかけ回され、イライラがつのっていたのだろう。
    スマホで撮影する記者の一人に向かって、彼女は思いがけない行動にでる。
    記者からスマホを奪い取り、地面に投げ捨てたのだ……。

    5月24日に「紀州のドンファン」こと野崎幸助氏(77歳)が、謎の死を遂げてから約半月がたった。

    テレビのワイドショーでは連日「ドンファン怪死」について報じられている。
    改めて彼女にインタビューし現在の心境を語ってもらった。

    ―警察の事情聴取ではどんなことを聞かれましたか? 

    「ウソ発見器にかけられ、犯人しか知らないことを聞くので、すべて『いいえ』で答えるように言われました。
    飲み物に混ぜましたか、食べ物に混ぜましたかなど、覚醒剤に関する質問を細かく聞かれました」

    ―野崎氏はサプリを飲んでいましたか? 
     
    「大量のサプリを持ち歩いて、飲んでいたらしいけど、実際に飲むところは見たことがありません」

    変なものが出てこないか

    ―愛犬のイブが死んでからは相当落ち込んでいたようですね。

    「社長はイブちゃんの件以降『死にたい』とも口走っていましたが『そんな気ないでしょ』と私が聞いたら、『君がいてくれるから』と言っていたので自殺はないと思います。

    かといって他殺で疑われても困るけど、お手伝いのKさんが殺したとは絶対に思えないです。
    あそこの家は、だれでも簡単に出入りできたから、仕込もうと思えばいくらでも仕込めるっていうか……。」

    ―Sさんにとって野崎氏はどんな人でしたか? 
     
    「話したがり屋の寂しがり屋な人でした。おじいちゃん的な可愛さはありました。
    『夫婦関係というよりも介護』という感じでした。
    足腰が弱っていて、お風呂で立ち上がれなくなったときは、このまま溺れちゃうんじゃないかと心配しました」

    ―改めて聞きますが、Sさんが事件に関係していることはない? 
     
    「それはないです。でも(家宅捜索で)変なものが出てこないか怖い」

    本日発売の週刊現代では、Sさんのインタビューのほか、家政婦Kさんの新証言、そして、複数枚の写真で野崎氏の通夜の「語られなかった部分」を詳細に報じている――。


    週刊現代
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180611-00056047-gendaibiz-bus_all


    所長見解:そろそろ・・・

    【【衝撃展開】「紀州のドンファン」の若妻が漏らしたってよ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小西寛子さんのツイート

    h


    おじゃる丸の話

    ①収録と言われおじゃる丸の声を録ったが本編用ではなく「おじゃる丸人形とか音声商品の声に流用して販売」していた。
    私も知らされていなかったので「これはなんですか?」と事務所を通じて質問。

    ②その後収録の話が来なくなった。
    おじゃる丸スタッフは皆隠蔽している。
    しかし、18年経ってNHK関連でまた同じ様な事件が事務所関係者に起こったので今度はしっかり音声や証拠、電話やメール、振り込み指示など押さえ(NHK経営企画に書面を出した)←今ここ出方を待っているそしたら生意気だ!黙って言うとおりにしないとアニメ業界で仕事できなくしてやる(松本P音声ママ)
    おとなしく謝罪とか待っているが、もうそうろそ限度も過ぎるので無視すれば当然に全部公開する。
    私は怖いものがないので隠していた「責任者の誰が責任をとって首になろうがお構いなし。」受信料で成り立っているので、公益性もあるから我が国の国益には必要な内容だよ。

    私の場合、騙され混浴温泉まで誘い出され当時の原マネージャーが、温泉旅行でおじゃる丸の大地丙太郎監督と水着も着けず混浴入りお酒も飲んで接待してもらえると思ったらしいが、私はそうはいかん?? こういうマネージャー話は沢山ある(色々見ているし)
    その原さんは堀江さんを連れてこられた方で彼女の名付け親でもあると私によく話をしていました。

    一番悲しかったのは,大地監督が私自身のキャラクターや生まれ故郷川越までモデルに(あてがきで)作っていただいた作品「十兵衛ちゃん」。
    その後2作目をつくられた時にはすっかり人がかわったように小西作品を全て封印。
    「必死に新作と声優をPRしている姿に」わたしは声優業の限界をみました

    https://www.sankei.com/affairs/news/160319/afr1603190016-n1.html


    所長見解:混浴・・・

    【【閲覧注意】声優の小西寛子さん、NHKと声優業界の闇を暴露してしまう・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優・高畑裕太(24)が強姦致傷容疑で逮捕されてから、はや1年と9カ月が経つ。
    不起訴処分となったこの不祥事を、世間や当人以上に“風化”できていないのは、母・淳子(63)なのかもしれない。

    t


    高畑家をめぐるここ最近の状況を芸能記者に解説してもらうと、

    「まず昨年9月の『女性セブン』が、裕太が遺品整理のアルバイトをしている旨を報じました。
    事件で事務所とのマネジメント契約が打ち切りとなって以来、芸能活動は“無期限休止中”という体なんです。
    続いて今年1月に、今度は『FLASH』が近影を載せ、さらには本人の肉声も載せたのです。事件については『あれは自業自得じゃないですか。正直、そりゃ言いたいこともいろいろあるけど、これからどうするかが自分の課題だと思ってます』とのこと」

    “裕太は悪くない”
     
    一応は、前向きな姿勢を見せているようだ。

    「『FLASH』に続いて本人を直撃したのが、2月の『FRIDAY』でした。
    『歯医者に行くので』とインタビューは断られていましたが。
    そして4月が、母の高畑淳子が登場したアノ番組です」(同)

    “アノ番組”とは、4月18日にフジテレビ系列で放送された「梅沢富美男のズバッと聞きます!」を指す。
    この放送でゲスト出演した高畑は、梅沢に促される形で息子について口を開き、遺品整理やバーでのバイトをしていることや、「私はただ見てるだけ」と胸中を明かした。

    梅沢が「復帰させましょう」と語りかけ、高畑は思わず号泣――というのが放送のあらましなのだが、実際の収録現場は、かなりハラハラさせられたものだったという。


    バッサリとカット
     
    打ち明けるのは、さるテレビ局関係者である。

    「実際の現場はなかなかキツかったと聞いています。
    放送でも『私は世の中全部恨んでいるところもある』なんて淳子さんの発言を流しましたが、実際はもっとすごかったというんです。
    『裕太はハメられた』とか、『無実だ』とか。
    そりゃ不起訴に終わってますし、母親ですから気持ちは分からなくもない。
    それでも被害女性とは示談していることが前提の処分なわけで、まったくの無実というのはさすがに。
    番組側としても、裕太の近況について喋ってもらおうくらいの軽いつもりだったのが、淳子さんが熱くなっちゃって大変だったそう。
    もちろん、その辺はバッサリとカットになっていましたけれど」

    現場スタッフと高畑の間には、裕太の事件について温度差があるというのだ。

    先に紹介した「女性セブン」では、お蔵入りになった高畑の手記についての言及もある。
    ある月刊誌のインタビューに高畑が応じたのだが、そこで彼女は〈不起訴になったことで、“やっぱり裕太は悪くなかった。冤罪だったと証明されたようなものだ”と本音を熱く語った〉(記事より)という。
    結果、喋りすぎたと手記の企画はお蔵入りに。
    これが事実だとすれば、梅沢の番組での態度にも納得がいくというものだ。

    これを受けて、先の芸能記者はこんな懸念を漏らす。

    「もし裕太の復帰に期待しているというのであれば、正直言ってかなり難しい。
    裕太より業界需要があったベッキー(34)だってマトモに復帰できていないし、似たケースでいえば小出恵介(34)だってそうでしょう。
    もともと演技力があるわけではないし、良くて“主役の友だち”的なポジションクラスの役者だった。
    淳子さんは復帰させたいと考えていたとしても、それを飲み込んだほうがいい。
    下手をすれば自分の仕事に影響が出てしまうかもしれません」

    高畑は、昨年6月に連ドラに復帰し、今年の頭には厚労省とタイアップしたドラマ「隣の家族は青く見える」に出演。
    いわば“お役所”からも認められている。
    そして何より見逃せないのが、公共放送の大シゴトだ。

    「広瀬すず(19)が主演するNHK朝ドラ『なつぞら』です。
    配役を見る限りでは端役ですが、とはいえクリーンなイメージが求められる仕事であることは間違いない。
    せっかく裕太のマイナスの印象がつかずにここまで来られたのに、“自爆”をしてはもったいないですよ」(同)

    裕太もいい年である。
    ママが手を差し伸べなくてもやっていけるのでは。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14838246/


    所長見解:無理やね・・・

    【【あの息子は今】女優・高畑淳子「裕太は悪くない」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    坂口健太郎「吉岡里帆はすごく熱を持ったマシュマロ」

    y


    カンテレ・フジテレビ系火曜9時連続ドラマでバトンタッチセレモニーがおこなわれ、『シグナル』に主演する坂口健太郎のもとに、新ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』主演の吉岡里帆が訪問した。

    過去にも連続ドラマで共演したことのある2人。
    今回はお互いに主演という立場で対面となり、それぞれの印象について吉岡は「坂口さんは、クールなんだけど同時にすごくやさしい方」とコメント。
    一方、坂口は「前作では、作品や役や物語についてすごく深く話しましたよね。だから吉岡さんの印象は『すごく熱を持ったマシュマロ』」と表現。
    京都出身の吉岡はすかさず「溶けてるやん!(笑)」と関西弁でツッコんだ。

    そして、坂口にはオムライス、吉岡にはとんかつと、それぞれの役柄が好きな食べ物が贈られ、おいしそうにパクリ。
    12日に最終回を迎える『シグナル』について坂口が「目が離せない最終回になっていると思うので、ぜひ一緒に健人と悩んで事件を解決していきましょう」と呼びかけた。
    新ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』は17日スタート。

    https://www.daily.co.jp/leisure/kansai/2018/06/08/0011336231.shtml


    所長見解:おいおい・・・

    【【意味深】吉岡里帆はすごく熱を持ったマシュマロ ←これwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手でタレントのmisono(33)が8日、フジテレビ系「金曜プレミアム・妻は怒ってます【浮気・金銭・暴力…ダメ夫を芸能人妻たちが成敗】」に出演し、パートナーのNosukeへの怒りと不満をぶちまけた。
    バンドのドラマーNosukeは月収が0円の時もあるそうで、misonoは自分に依存せずに、仕事と金銭面で自立してほしいと強く望んだ。

    no title


    misonoはNosukeへの怒りとして「やっぱり仕事面、金銭面。バンドで売れたいというよりは、『僕はドラムがたたけるだけで幸せ』という感じで」と述べた。
    ナレーションで「ドラマーとしての稼ぎが少ないのに仕事を選び、生活費を入れないこと」と流れた。

    Nosukeの収入について聞かれ、misonoは「0円の時もあるし。ギャラをもらっても1回で1ケタの時もある」と答えた。
    また「数カ月に1回、帰って来たら茶封筒があって『いつもありがとう』というメッセージと数万円が入っていたことがある」と詳細に語った。

    マンションの家賃は20万円を下らず、家賃から光熱費はすべてmisonoが出しているという。
    毎月の生活費に幾ら掛かっているかについて、「(Nosukeは)知らないし、見てない」と関心もないと述べた。

    misonoは「子作りと子育てに入りたい。彼の収入だけで生活したい」と訴えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00000151-dal-ent


    所長見解:離婚すればいいよ・・・

    【【結婚生活】misono 夫への不満爆発の結果wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ