暴露・告白

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元モーニング娘。の吉澤(本名・川前)ひとみ被告(33)の初公判が29日、東京地裁で開かれた。

    起訴事実を認めた吉澤被告は「一人の人間として考えが甘かった」と謝罪し、涙。

    二度と運転しないことは誓ったが、夫の証言で毎日台所で飲酒していたことや事件後も断酒していないことが明らかになった。

    検察側は懲役2年を求刑。30日に判決が言い渡される。

    y


    元人気アイドルは、グレーのジャケットにひざ丈のスカート姿で出廷した。

    逮捕時から茶色だった髪は黒く染められ、すっぴんに近い薄化粧の顔はやせこけていた。

    佐藤卓生裁判官から裁判資料の記載内容を確認された吉澤被告は、「職業のみ違います」とぽつり。

    「無職ですか?」の問いに「はい」と答え、保釈翌日の9月28日に引退してタレントではなくなったことを強調した。

    起訴事実については「間違いありません」と消え入りそうな声で認めた。

    結婚指輪をはめた左手で右手を覆い、視線を落としたまま冒頭陳述を聞いていたが、嘆願書が弁護人から代読されると表情が一変した。

    引退まで所属していた元芸能事務所社長から「一人の友人として、人生の先輩として、何かあれば協力する」と温かい言葉が寄せられると、涙腺が決壊。

    大粒の涙が顎からしたたり落ち、何度もはなをすすった。

    吉澤被告は9月6日午前7時頃、酒気帯びの状態で車を運転し、東京・中野の路上で男女2人をはね、そのまま逃走。

    事故前日の5日午後8時すぎから当日午前0時頃まで缶酎ハイ3本と焼酎のソーダ割2杯を飲んでいた。

    ドライブレコーダーの鑑定から事故当時は時速86キロ(法定速度は60キロ)で走行していたと特定され、現場から約5キロ離れた練馬区役所から夫にLINEで連絡。

    110番通報することをうながされたという。

    弁護人質問では、逮捕時に焼酎の話をしなかった理由について「その場で頭に浮かんだのは缶酎ハイ3本だったから」と説明。

    逃走したのは「気が動転してパニック状態になったから」と話した。

    被害者には慰謝料などを支払い示談が成立したが、女性の顔には傷が残ったという。

    当時の飲酒量について問われると、「飲んでしまったことを後悔しています」とざんげし、「酒が残った状態で車を運転してしまったこと」が事故の最大原因と話した。

    事故車は今後処分し、9年間失効された運転免許証の再取得はせず、車に乗らないと誓った。

    一方、アルコールへの依存も浮き彫りに。

    2015年に結婚したIT企業経営者の夫は、事故後に「毎日キッチンで酒を飲んでいた」と供述しており、家庭で飲酒を繰り返すキッチンドリンカーであることが判明した。

    この日、被告の両親とみられる2人と傍聴席で妻を見守り、証人として出廷した夫は、検察官から事故後の飲酒状況を聞かれ、「急激に減っています」と証言。

    「全く飲んでいないわけではない?」の問いに「そうです」と続け、長男(2)の母でもある被告が断酒していないことが明らかになった。

    今回と昨年9月の2件の交通事故以外に3件の違反歴があることも判明。

    その一つは今回の事故の5カ月前で、悪質な印象も際立った。

    最後に裁判官から「自覚の足りなさをどう乗り越えるのか。決意はあるか」と問われた吉澤被告は「被害者の方に十分に謝罪し…日頃の生活の…」としどろもどろ。

    「今回起こしたことを一生忘れずに過ごしたい」と振りしぼった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000033-sanspo-ent


    所長見解:アル中かね・・・

    【【飲酒ひき逃げ事件】吉澤ひとみの夫「毎日キッチンで酒を飲んでいた」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    武田真治 人気絶頂時の月給1ケタだった「衝撃的に低かった」…TVで告白

    俳優・武田真治(45)が26日、日本テレビ系「しゃべくり007」に出演。

    人気絶頂時の月給が「1ケタだった」と10万円に満たなかったことを明かした。

    高校在学中に「第2回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞。

    「フェミ男」と呼ばれ、10代でアイドル的人気を集めた武田。

    「僕は神輿に担がれてることに気付かないで、こうやって俺は時代を作ってるんだ、って調子乗ってたんですよ」と当時を振り返った。

    さらに「あのころ、衝撃的に給料低かったんですよ」と切り出し、「『南くんの恋人』、あのころ、給料1ケタなんですよ。家賃がだいたい7万5000円ぐらい。(家賃払ったら)1万円とかしか残らない」と衝撃告白した。

    「南くんの恋人」はテレビ朝日系で94年1月期に放送された武田の主演作。

    相手役は高橋由美子だった。

    m

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/11/26/0011854473.shtml


    所長見解:そんなもんか・・・

    【【南くんの恋人】武田真治 人気絶頂期の給料がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    27日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、大相撲の元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)と元フジテレビアナウンサーの妻・景子さん(54)が離婚していたことが明らかになった一件を特集した。

    r


    景子さんのフジテレビ・アナウンス部の1年先輩の笠井信輔アナウンサー(55)は「2人が結婚する直前にお祝いの会を景子さんの同期の八木亜希子さん、有賀さつきさんたちと都内の飲食店でやったんです。
    実はそのお店に隠しマイクがしかけられていて。
    翌週の週刊誌に話した事が一言一句そのまま出ていた」と秘話を明かし、「この2人がこれから衆人環視の中で生きていくのは大変だなと、その時思った。
    『景子ちゃん、頑張れ』と当時、思いました」と話していた。

    また、離婚が決まった後もブログで仲むつまじいツーショットを披露していた2人について、笠井アナは「これを仮面夫婦ととらえてはいけない。
    別々の道を歩んでいこうという前向きな思いなんだと思います」と話していた

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000032-sph-ent


    所長見解:怖いな・・・

    【【衝撃告白】元貴乃花親方と景子さんが盗聴されていた模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中居正広(46歳)が、11月26日に放送された「中居くん決めて!」(TBS系)に出演。

    n


    昔付き合っていた女性から「やっぱりあなたってつまんないのよ」「ホントつまんなかった」と言われたというエピソードを語った。

    結婚を考えて交際する際に、愛と経済力、どちらを優先するかという話題で、中居は「お金持っている人なんてロクな人いないと思いますよ」と発言し、スタジオから「ムチャクチャ持ってる人が何言ってんですか」とツッコまれる。

    すると中居は昔、別れた彼女と時間をおいてから会った時に、「やっぱりあなたってつまんないのよ」と言われたと語り始めた。

    中居によると、デートもしないし、しゃべらない。

    特にサービスしてトークもせず、イチャイチャもしない。

    中居自身、「付き合っていても相手は面白くないだろうな」と思っていたそうで、別れた後に「ホントつまんなかった」と言われたという。

    そして中居は「だから経済的に僕が余裕があるとするじゃないですか。でもやっぱつまんないとダメだって。だから出てっちゃった。どっか行っちゃったよね」と、過去の恋愛話について語った。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15652561/


    所長見解:そんな感じやね・・・

    【【元カノ】中居正広が彼女から言われた言葉がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ビートたけしが24日、レギュラーを務めるTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演。

    自身が司会を務め、80~90年代に放送された人気番組「スーパーJOCKEY」(日本テレビ)の熱湯風呂の秘密を告白した。

    b


    番組では、煮えたぎるしゃぶしゃぶ鍋に顔を押しつけられて顔にやけどを負った元芸能事務所社員が社長をパワハラで訴えたニュースを取り上げた。

    たけしは「昔だったら、俺なんか相当訴えられてるんだろうな。熱い風呂に入れた、とかいって。たけしパワハラ、とかいって」としみじみコメント。

    一瞬、考える表情を見せた後、再び口を開き、「あれ、本当は熱くないからね、別に。あれでやけどした人、見たことないから」と自ら告白した。

    芸人やタレントが熱いそぶりをしているだけで、実は熱いお湯ではない、とバラエティーの“根幹”に関わる部分について敢えて踏み込んだ発言に、安住紳一郎アナウンサーは「それはたけしさん、コメントしない方が…」と苦笑いしながらフォロー。

    それでもたけしは「あんなに熱いわけないんだから」と芸人らの演技でおもしろく見せていたことを打ち明けていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000129-dal-ent


    所長見解:そらね・・・

    【【熱湯風呂】ビートたけし「本当は熱くない」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ