暴露・告白

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
    自宅でコカインを使用した容疑で、ピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)が逮捕されたニュースは、連日ワイドショーで報じられている。麻薬取締部の取り調べに対し、瀧容疑者は「20代の頃から大麻やコカインを使っていた」と供述しているが、今回、これを裏付けるような証言が飛び出した。

    g


    今回改めて取材に応じたK子さんは、“当時のクラブイベントではエクスタシーやマリファナ(大麻)はなくてはならない存在だった”と語り、

    「電気グルーヴのイベントでも当たり前のようにドラッグが出回っていました。
    もちろん、瀧をはじめ、関係者はみんなドラッグに溺れ、大麻やエクスタシーをキメていましたよ」

    と証言する。

    さらに、K子さんの更生を支援したジャーナリストでトキワ精神保健事務所の押川剛氏も、当時をこう振り返る。

    「電気グルーヴの周辺で薬物が蔓延していることが摑めてきた。
    彼女のような若いファンも少なくないため、事実であれば見過ごすことはできません。
    私は彼女の証言をもとに関係者への取材を進めました」

    そして集めた情報は、静岡県警と警視庁の薬物捜査担当者に提供することとなった。

    2004年ごろのことである。

    が、押川氏の情報提供が、当時の捜査に活かされることはなかった。

    今回、瀧の逮捕によって、K子さんの証言が信頼に足るものだったことが裏付けられたわけである。

    3月20日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16184340/

    所長見解:もしや・・・

    【【衝撃暴露】女性DJ「電気グルーヴからドラッグをもらった」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    プロ野球の巨人と18日まで東京ドームでプレシーズンゲーム2試合を戦った米大リーグ、マリナーズのイチロー(45)。

    米国内でのオープン戦から24打席無安打と打撃の調子が上がらないでいるが、日本人初の大リーガーの村上雅則氏(74)は「ボールが見えていないという印象」と指摘する。

    51


    その典型として、村上氏が挙げたのは、18日の試合の四回、巨人の左腕・戸根に三振を喫したシーンだ。

    イチローは追い込まれた状態で、真ん中付近のスライダーを見逃した。

    村上氏は「実戦から遠ざかっていた分、感覚が戻っていないのでは」と言い、こうアドバイスする。

    「空振りになってもいいから、1球目から積極的に振ることが大事」

    巨人との2試合では、よく見極めようとするあまりか、なかなかスイングしない打席が目立った。

    「以前の調子が良い頃なら一発で仕留められるだろうが、今は無理。過去のイメージに引っ張られている」という。

    だからこそ、「振っていけば、少しずつタイミングもつかめてくる」と村上氏。

    「日本で何とか1本打ってほしい。ほんのちょっとのきっかけで変わってくれるのでは」と期待を込めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000078-mai-base

    所長見解:もうね・・・

    【【引退へ】「イチロー、ボールが見えていない印象」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年の2月に55歳となった出川哲朗。

    かつて「嫌いな男」ランキングで上位にランクインしていた彼だが、今では多数のCMやレギュラー番組を持ち、お茶の間の人気者となっている。

    そんな出川は過去、バラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際、「(共演)NGのところに、尖ってた時代の、くりぃむしちゅーって超書いてたから! 大っ嫌いだった!」と暴露したことがある。

    それは20年以上前、ヒロミがMCを務める公開ラジオに、出川とくりぃむしちゅー(当時は海砂利水魚)の2人がゲストに呼ばれた時のこと。

    番組では、MCが出川をイジるというお決まりの流れの中、ヒロミは有田哲平と上田晋也に、「哲っちゃんは先輩だろ? どう思うんだよ2人は?」と尋ねた。

    すると2人は無愛想な態度で、「なんとも思わないっすね……」と冷たく言い放ったという。

    このエピソードを出川から聞いた上田は、「そういうボケですから」と言い訳するも、出川は「いやいやボケじゃないのよ! とんがってたの」と反論。

    当時のヒロミは、その後も出川に関する質問ぶつけていたそうだが、2人は何度聞かれても、「なんとも思わないっすね」としか返さず、スタジオを凍りつかせていたそうだ。

    収録の態度があまりに酷かった為、出川は終了後、2人が楽屋に来て「さっきはすみませんでした!」と謝ってくれるだろうと期待していた。

    しかし実際は、帰りの廊下ですれ違った際、2人は出川の方をはっきり見たにもかかわらず、挨拶もせず、小馬鹿にした薄笑いを浮かべるだけだったという。
    そのため、出川は「これは本当に大っ嫌いになった! 俺、芸人になって芸能人を嫌いになるなんてことまずない! それでも海砂利水魚は大っ嫌いになった」と告白している。

    d


    だが、それからしばらくして、出川は2人と久しぶりに仕事で再会。

    すると上田は、会った瞬間に「出川さん! おはようございま~す!」と挨拶し、有田も「いやぁ~出川さん! こないだの番組も最高でしたね~」と、笑顔で握手を求めてきたという。

    このあまりの変わりっぷりに出川は驚愕したとのこと。

    この時のことについて、有田は「最初、尖ってて、確かに調子乗ってた。
    それでボキャブラ終わってすぐ後ですよ。
    もう尖っててもしょうがないと思って、ヘラヘラしてたの」と、態度を改めたと告白。

    すると出川は、過去に酷い態度を取られたにもかかわらず、「お前ら来る! お前ら絶対来る! お前ら変わった! 超イイ」と、まだブレイク前だった2人にエールを送り続けたそう。

    そのため、有田は「俺ら仕事がなくなって、“もうイイや……”って思ってた頃、一番に言ってくれたの」と、誰よりも早く評価してくれたのが出川だったと明かした。

    そんな屈託のない人柄もあり、出川は今や老若男女から愛される芸人となったのかもしれない。

    https://npn.co.jp/article/detail/34522806/

    所長見解:いい話やん・・・

    【【衝撃事件】温厚な出川哲郎が、くりぃむしちゅーに激怒した理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントの武井壮(45)が17日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)に生出演。

    コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたテクノユニット「電気グルーヴ」のメンバーで、俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)へ、涙ぐみながら熱い思いを語った。

    p


    武井は芸能界を目指し始めた頃、西麻布のバーで「ミルクを飲みながら犬の骨をかじってアゴを鍛えている」と、それを見た瀧容疑者が「君面白いね。テレビに出た方がいいよ」と声をかけてくれたという。

    すると「2日後くらいに電話がかかってきて、(瀧容疑者が出演している)CSの番組にレギュラー出演することになった」といい、芸能界へ入るきっかけを与えてくれた恩人だったことを明かした。

    瀧容疑者について聞かれると「ニュースを見た時はただ驚いて。そんな気配は一度も感じたことはないし。クスリでどうかなってたことも一度も見たこともないし。僕らに悪い態度をとったり、怒ったりすることも一度もないし」と、とまどいながら語り始めた。

    様子の変化について問われると「全く気付かなかった。普段から基本的にテンションが高い人でプライベートも明るいし。あのまんまだし。全くわからなかった」とした。

    芸能人が一般人よりも高い報酬を得ることについて「スポンサーが投資をして、僕らに信用を預けてくれて、作品を任せてくれている。それをたくさんの人が見てくれることで、僕らの価値が高まって。決して僕らのクオリティーが高いとか、面白いだけではないと思う。色んなものが合わさった結果」だと熱弁。

    その上で大切なのは「作品を世の中により多く届けるために、より高い遵法精神とかモラルを持って生活を送っていくことだと思う」とした。

    薬物の使用については「薬物って自分からやるものじゃないですか。不慮のもので何か貰ってしまうものではなく、事故とかでもなく。自分から法を破りにいくっていうのは、やっぱり理解はできない。特に薬物を購入する資金を、僕らはそういう高い報酬を頂いた中から、
    信用とか多くの人が見てくださっている価値で頂いているのに、そのお金を違法のものに使うっていうのは、僕は絶対に理解できない」と声を震わせながら断罪した。

    最後は「まずは償いをして頂ければうれしいと思います」と願っていた。


    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000068-sph-ent

    所長見解:たしかに・・・
    【【ピエール逮捕】武井壮、涙で「僕は絶対に理解できない」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年10月に元貴乃花親方・花田光司さんと離婚した元アナウンサーの河野景子さんが出版した告白本「こころの真実 23年間のすべて」(世界文化社)が物議をかもしている。

    「結婚生活の苦労や離婚に至った経緯などを綴ってはいますが、全体的には当たり障りのない話がほとんどです。
    “暴露本”ともいえるほどのインパクトはないのですが、出版する必要があったのかということで、景子さんへの批判の声が高まっています。
    自分の思いを吐露するのはいいのですが、相手があることですからね。
    また、離婚から半年も経っていないだけに、出版はさすがに早すぎた感も否めませんね。
    景子さんは、もともと同性に支持されにくいキャラクターでしたが、貴乃花ファンや相撲ファンの主婦層からの反感は強いようです」(ワイドショー関係者)

    k


    一方、いまや本職が何かわからなくなっている息子の花田優一は、同書で河野さんがマスコミに追いかけられ精神的な苦痛を覚えたことのなどを綴っていることについて10日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、「僕は生まれた時からそういう環境だったので、そこは宿命として。人の足を引きずった人は勝手に落ちていくと信じて…へっへっへ」とコメントし、またしても批判を呼んでいる。
    https://www.zakzak.co.jp/smp/ent/news/190316/ent1903160001-s1.html 


    所長見解:まあね・・・

    【【似たもの親子】河野景子さんと花田優一氏に主婦らの反感強まる問題。 】の続きを読む

    このページのトップヘ