ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 暴露・告白

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本レスリング協会副会長で至学館大の谷岡郁子学長(64)が報道陣の取材に応じ、レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)にパワーハラスメントを行ったことが認定された栄和人前強化本部長について、同大の監督を解任したことを発表した。
    大会終了後に会見した谷岡学長は「私たち至学館大学は栄和人監督を解任することを決定いたしました」と、明かした。

    谷岡学長との一問一答は以下の通り。

    t


    「私たち至学館大学のことで、皆さまにご心配をいただき、いろいろな形でご迷惑をお掛けしたこと、本当に遅くなりましたけど、心からお詫びさせていただきたいと思います。
    本当に申し訳ございませんでした」

    (頭を下げる。さらに続けて)「そして、今回私たちの至学館大でいつも練習している選手たちが10階級中8階級で優勝ができるという素晴らしい成績を上げることができました。本当に多くの方々に応援をいただきまして、ありがとうございました。
    また同時に決して楽な状況ではないこの何カ月間かの状況で、選手たちは本当にみんなで力を合わせて頑張ってきてくれました。
    本当に選手たちに感謝の気持ちでいっぱいでございます。
    しかし、こういう状況の中での、また新たな(20年)東京(五輪)に向けての私たちの道、その仲間の中に、ついてこれない人が一人いたと思わざるを得ません。
    今日みなさんにお知らせしないといけないのは、本当に残念なことでございますが、私たち至学館大学は栄和人監督を解任することを決定いたしました。
    今日から3日前、初日の監督の謝罪表明、そして反省の表明、そしてその後の彼を見守っていて、期待外れで、まったくまだ分かっていない。
    反省できていないと思わざるを得ませんでした」

    -解任の決断をしたのは。

    「最終決断は昨日。
    2日目の時に、『監督はどこにいる?』と聞いたら、友達とお昼を食べに行っていると。
    これは駄目だなと。陣頭指揮をとる人のやることではない。
    セコンドについて、選手たちと共に歩んで欲しいと何度も言った。
    しかしセコンドにはなってくれなかった。
    観客席で応援するといいながら、私たちの知らない人達を招待したのか来たのか知りませんが、監督として、まったく集中していなかった。
    2日目に友人と昼食を食べに出たと聞いた時はショックだった。
    世界選手権がかかった大事な試合。
    この人の元では選手たちが世界で戦えないと思い、名古屋へ戻した。
    この120日間、(問題の当事者としての)ありようやアドバイスをしてきた。
    その結果がこれなのかと。こんな大事な場面で」

    (続けて)「野球やサッカーじゃ、試合中に監督がいなくなるとは思えない。
    どれだけ(監督業に)思いを入れているかも分からなかった。
    選手への情熱、集中がなくて、これから監督業が務まるとはとても思えない」

    -栄氏に解任を伝えたのは。

    「昨日の朝に。『申し訳ありません』と。受け入れたか受け入れてないかは断言できない」

    -栄氏への思いは。

    「本当に、自分でも言っていたが『俺、子供ですよね』と。
    子供だったらまだいい。大人だから始末に負えない。
    よくあれで社会を渡ってこれたなと。
    本当に“アンバランスの権化”。
    善人であるのは間違いないが」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000159-dal-spo 


    所長見解:おまいう・・・

    【【栄監督解任】至学館大学長・谷岡郁子「栄氏は子供。よくあれで社会を渡ってこれた」←これwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6月11日、与沢翼(35)が自身のTwitterアカウントでダイエットの開始を宣言。
    与沢は「お金至上主義を一度辞めて減量に専念致します」とし、その理由についてこう説明している。
    「理由1、私の希望する保険の支払いが太い人は高いことが判明(億単位で) 2、妻に重い潰れちゃうと言われる」

    y


    与沢は14年5月と16年1月にもダイエットに挑戦しているが、断念。
    「ダイエットしたいと思ったことは1000回は優に超えていると思います」としつつ、「減量とは10億円を稼ぐよりも困難なことです」とも語っている。

    しかし3度目の正直となる今回は、気合いが違う。
    翌12日には「筋トレに魂売ります」と宣言し、直後の投稿では体重計に乗る様子をアップ。思わず「90キロジャスト……」と嘆息したが「株式も為替も仮想通貨も相場チェック辞めました」「糖質も切ります」と減量へのブーストをかけている。

    ゴールは明確ではないようだが「毎日の体重公開を辞めたり、体重が増え続けたり、体や顏に全く変化がないとなったら、この勝負はもう負けですね」と語る与沢。
    「有酸素運動はダルい」とのことで、「金稼ぐのと一緒で、シンプルに糖質カットタンパク質重視栄養素バランスよくしっかり寝て筋トレ週2-3のみでいきます!」とそのダイエット法を明かしている。

    しかし筋トレ初日である13日、与沢は直後「死ぬ死ぬ。筋トレなめてた」「ツイートの手がガタガタする」と早速苦悶。
    「なんのこっちゃわからん」と言いつつ、BMIの数値32.2を公開すると「太いらしい」「動けなくなる前に気づいて良かったと思うことにする」とコメント。
    そして、こう自戒する。

    「体が動くと思えるまで自分を認めない。
    甘ったれてここまで来てしまって本当にカスだと思った。
    自己正当化してた。えらそうに何も言えないんだな。
    やっとわかりました。すいません」
    相当追い込んだのか与沢は、翌日の朝食を「グミ2つとプロテイン」と報告している。

    15日には、「何でもそうだけど楽に痩せられるならダイエットは産業になっていない。
    お金稼ぐのも楽じゃないから稼ぐというテーマは産業になっている」と持論を展開。

    さらに今後の目標について「とりあえず6月30日を最初の目途にしている」とし、こう語っている。
    「目標数値は出していない。体重目標出すと無理するから。
    お金稼ぐ時も私は数字の目標は出さない。おかしな無理をするため。
    とりあえず6月30日までまず全力でやってどんな変化が起きるかをみたい」
    「結果でなければネット辞めて消えます」とも発言しているが―ー。はたして?

    https://jisin.jp/entertainment/interview/1639357/ 


    所長見解:無理じゃね・・・
    【【秒速で稼ぐ男】与沢翼氏の過酷すぎる減量がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本レスリング協会副会長で至学館大の谷岡郁子学長(64)が17日、全日本選抜選手権会場の東京・駒沢体育館で会見を開き、五輪4連覇の伊調馨(34)=ALSOK=らへのパワーハラスメントが認定された栄和人監督(57)を解任することを発表した。
    後任には同大学副学長で日本代表コーチを兼任する五輪3連覇の吉田沙保里(35)が浮上。
    谷岡学長は「あり得ると思います」と、有力候補の一人として認めた。

    急きょ決まった試合後の会見で、谷岡学長は切り出した。
    「東京五輪へ向けての新しい道に、一人ついて来られない人がいたと思わざるを得ない。
    栄和人監督を解任することを決定しました」。
    14日に謝罪会見を開き至学館大監督として現場復帰した栄氏をめぐり、3日後に事態は急転した。

    s


    解任決断の引き金として“ランチ”と“せいじ”が挙げられた。
    「(謝罪)会見後、数日の様子を見ていたが、反省できていなかった。
    全く期待外れでした」と学長。
    セコンドとして選手と共に戦うよう栄氏に伝えたが、聞き入れられなかったという。
    14日は至学館大応援席で、タレントの千原せいじと並んで観戦する姿がメディアでも取り上げられた。
    「会見が終わって何時間もたたぬうちに、芸能人の方と並んで。
    2日目(15日)は試合中に友人と昼食を食べに出たと聞いてショックだった」(学長)。15日夜に自宅謹慎を命じ、栄氏を名古屋へ帰した。
    16日に解任を決断し、本人に伝えると「申し訳ありませんでした」と返事があった。
    栄氏は16、17日と会場に姿を見せなかった。

    4月以降に至学館高、大学の現役選手と卒業生らにカウンセラーが立ち合いのもと、聞き取り調査を実施しパワハラの調査をしたことも明かした。
    「言ってはいけない類いの言葉もあった。問題と思った事案がいくつか出てきた」。
    5月24日には学生、同僚、選手に多大な迷惑をかけたことを理由に、減俸の懲戒処分が科されたことも明らかになった。

    後任監督には吉田沙保里が浮上した。
    学長は人選として「あり得ると思います」と認めた。
    副学長の吉田は東京五輪挑戦については保留し、至学館大で練習をしながら後輩の指導も行っている。
    実力、実績、カリスマ性は十分。
    「副学長やコーチ、選手と、どんなチームを作って行きたいかを話しあって、今後のことを決めていきたい」と学長。
    吉田は恩師の解任報告に「仕方がない。レスリング部、至学館を守るには仕方がない判断だと思う」と口にしたという。

    ◆栄 和人(さかえ・かずひと)1960年6月19日、鹿児島県生まれ。57歳。
    日体大卒。
    フリースタイル62キロ級で87年世界選手権銅メダル、88年ソウル五輪出場。
    96年に愛知・中京女子大付高に赴任。
    中京女子大(現至学館大)の指導も手掛けメダリストを輩出。
    08年にレスリング協会女子強化委員長、13年に強化委員長。
    15年には男女3スタイルの総括責任者の強化本部長就任。
    今年4月に強化本部長を辞任。
    23日の評議員会で常務理事解任が正式に決まる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000068-sph-spo


    所長見解:理由・・・

    【【パワハラ問題】至学館大がレスリング栄監督を解任した理由がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ロックバンド・X JAPANのToshlが、13日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(毎週水曜22:00~)に出演し、20年前の洗脳騒動の真相を明かした。

    当時妻だった女性の紹介で、自己啓発セミナーに入ったToshlは、約12年もの間洗脳された。
    施設の中では「化け物アゴ男」と罵倒され、徹底的な暴力でマインドコントロールを受け、自らを「アゴ」と呼ぶまでになってしまう状況に。
    その上、毎月の給料や印税収入などを全額施設につぎ込み、15億円とも言われる全財産を奪われてしまったという。

    MCの梅沢富美男から、洗脳から逃れるきっかけを聞かれたToshlは「やっぱり自分がいろんなことに気づいていって、『おかしいな』とか『変だな』と思うことが、たくさん起こってくるんですね。
    いろんなことに自分で深く気づいて、『これはやっぱりヤバい』と心底思って。
    それで、逃げ出さないといけないと思って、逃げ出したという経緯です」と説明。

    梅沢が「洗脳された人の話もよく聞きますけど、自分で気がつかないと洗脳は解けない。
    相手に何を言われても絶対ダメなんですって」と話すと、Toshlは「余計心を閉ざしてしまって、言われれば言われるほど頑なになってしまうようなところがあるんですね。
    だから、自分で本当に心底『えーっ!?』と思わないと、なかなか本当の意味で抜け出れないかもしれないですね」と経験談を語った。

    そして、梅沢に「本当に全財産なくなったの?」と確認されると、「本当に何も残ってなかったです。
    お財布もないし、小銭1つもないですし、着の身着のまま抜け出したので。
    でも、助けてくれた心ある方々がいらっしゃって、本当に救われました」と回想。

    「もう一度だけチャレンジしようかなって思い立って、それでもうひと踏ん張りやり始めたのが今につながってきたので、あそこで辞めなくて良かったなと思ってます」と、再起の決断を振り返った。

    それを聞いた梅沢は、「私なんかずっと阿部に洗脳されてる。
    いつかは阿部と関係を持つのかなって」と、進行の阿部哲子アナにいつものセクハラ発言。
    バイきんぐ・小峠英二に「バカじゃないですか」、岡田結実に「今日も元気に変態発言してますね」と、あきれられていた。

    http://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1777457/


    no title


    所長見解:もう知ってる・・・

    【【X JAPAN】Toshl、洗脳で全財産15億円奪われた結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    高校生の時にお笑いコンビでデビューした俳優の北原雅樹さん(41)。
    アイドル並みの人気を博し、ドラマにも出演したが、ほどなく勢いは衰え、芸能界を引退した。
    いったんは会社員として働いたが、再び表現者の道を歩むように。
    波瀾(はらん)万丈の軌跡で「今が一番幸せ」と話す。

    g


    デザイン事務所や司法書士事務所、トラックの運転手と、さまざまな職を経験した。

    僕は挫折しまくっている。
    そのたびに「社会に必要とされていない」と落ち込んだが、妻と子どもがいた。
    家族に必要だと思うと頑張るしかなかった。

    高校時代にお笑いコンビで人気を集め、「笑っていいとも!」などにレギュラー出演したり、ドラマで内田有紀さんら人気俳優と共演したりした。
    あっという間に駆け上がったが、落ちるのも早かった。
    数年でみるみる仕事が減っていった。

    俳優として生きていこうと思ったが(出演依頼が途切れるようになり)、家族を養うため、東京のデザイン事務所で契約社員として働き始めた。
    本やパソコンを見て、自分たちのホームページやチラシを作っていた経歴が買われた。
    それでも俳優の仕事が入ることがあり、勤務先を休むしかない。
    収入を補うために、イベントの会場設営の仕事も始めた。
    当時は、俳優にしがみつくために時間稼ぎをしている状態。
    実際は収入の大半を俳優以外の仕事から得ており、(家計を安定させるため)芸能界から引退しようと決断した。

    両親が阪神・淡路大震災後に移り住んだ加古川市内のデザイン事務所に正社員として就職。営業で社長に同行すると、訪問先のみんなが、芸能人だった僕としゃべりたがる。
    次第に社長に疎まれ、半年ほどで閑職に。
    会社でずっとパソコンの画面を眺めるだけの日々が続いた。

    ちょうど2人目の子どもが生まれ、給料も良かったので退職したくてもできない。
    東京で「俳優を辞めたんねん」と大口をたたいた手前、すごく我慢して働いていた。
    胃潰瘍で吐血し、やせていった。
    妻に「死ぬから(デザイン事務所を)辞めて」と懇願され、司法書士事務所に転職した。
    ここでも正社員だったが仕事が激減したので、8カ月でリストラされてしまった。


    ▼最低点の履歴書

    転機は2011年。ハローワークの職員の一言だった。

    職探しのために履歴書を書いて、採点してもらうと最低点だった。どこにも受からないと。びっしりと書き込んだのに「君が何をしていたかが全く書かれていない」と言われた。
    芸能界にいたことは、恥ずかしくて全て隠していた。
    「芸能界でそこそこ売れていて…」という話をすると、「なんで俳優をやらへんねん。それをやったらいい」と助言してくれた。
    帰りの車の中で涙があふれた。
    妻にもう一回、俳優をやりたいと告げると「私はずっとそう言っているけど」と。
    自分で無理だと思って妻の言葉を聞き流していた。

    人づてに、地元コミュニティー放送局「BAN-BANネットワークス」のキャスターを紹介してもらい、売り込んだ。
    すぐに返事をもらえず、別の仕事をしないといけない。
    手に職を付けようと通っていたフォークリフトの安全講習で知り合った人の紹介で、トラックの運転手を数カ月続けた。

    そんな中、タレントだった妻と2人で週1回、ラジオとテレビの同時放送をする仕事が入った。
    1年間、放送が終わった後、スタジオにこもって、しゃべる特訓をした。
    今はニュースや天気予報など、全部自分で読むことができるようになった。


    全文は下記URLで
    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011349396.shtml


    所長見解:いたな・・・

    【【波乱万丈】元グレチキの現在がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ