ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 暴露・告白

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「自分の生き死にまでギャラ換算ですから、正直、他人事ながらここまで呑気だと怒りが湧いてきましたね」(番組関係者)

    関係者が怒っている相手は、安田大サーカスのクロちゃん(41)のことだ。

    10月22日に放送された、TBSの医療バラエティー番組『名医のTHE太鼓判!』に出演したクロちゃんだが、今度は番組で受けた脳のMRI検査で、脳動脈瘤が判明してしまったという。

    k


    スタッフ全員が、呆れる

    クロちゃんはこれまでも同番組で、2型糖尿病が判明した他に、慢性腎臓病、肝機能障害などの生活習慣病が発覚。

    即入院レベルの血糖値であったことから、専門医に食事や運動療法を指導される“教育入院”を行うなど、生活の改善に取り組んできていた。

    しかし、過去には健康のために歩いて帰るとツイッターでアピールをしておきながら、タクシーで帰るなど、すぐにバレるウソをついたことも。

    懸命に治療に取り組んでいた番組の女医を本気で泣かせるという、裏切り行為をしてきた。

    表向きはダイエットに取り組んでいても、裏ではそば屋で大盛りセットを食べていたことがテレビの密着で発覚したこともあるほど、クロちゃんの虚言癖は重症のよう。

    ある意味クロちゃんの病気のオンパレードは、番組のテーマ的にも大事なレギュラー出演者となっている。

    しかし今回、半年ぶりの検査で番組医師団が出した余命宣告は驚きを隠せない。

    “余命3年、寿命44歳”という結果は、ちょっと笑えない事態になってきたようだ。

    脳神経外科の専門医によると、クロちゃんの動脈瘤は直径7ミリだという。

    医師によると、5ミリを超えると手術を勧めるレベルとなり、7ミリを超えると「くも膜下出血」になる危険があり、破裂率が非常に上がるという。

    「くも膜下出血は3分の1の人が突然死し、残りの3分の1の人にも後遺症が残るというデータがあると説明したんですが、クロちゃんは “薬を飲めば治るんじゃない?” と他人事。

    医師もこのままでは“手術治療しかない”と説得したんです。

    その後ですよ、カメラが回っていないときに、“え~、じゃあ手術前後のギャラと入院中の保証って番組でなんとかなるんですよね?”って、真顔で言うから驚きました。

    これ、自分の命の話ですからね。

    事態が深刻すぎたら、番組にも反映できませんから。

    聞いていたスタッフは全員、呆れていました」(前出・番組関係者)


    脳動脈瘤が見つかった状態で高血糖、高血圧がある人は特に危ないという。

    明日、明後日に突然死してもおかしくないと指摘されてもヘラヘラしていたというクロちゃん。

    好き勝手な生活は、確実にその身体を蝕んでいく。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15586187/


    所長見解:おもろいけど・・・

    【【余命三年】クロちゃんが○○すぎる結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの水沢アリー(28歳)が、11月13日に放送されたバラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に出演。

    心を病んでしまい、2年間休業していたと告白した。


    m


    タメ口で見た目がハーフのようだったことから“第2のローラ”と呼ばれ、デビュー半年でCMに出演、1年で100本の番組に出演するなどブレイクしていた水沢。

    だが、ローラに寄せていくよう求められていく中で、共演者とケンカをするように指示されたり、芸人に対して辛辣なコメントをするようになって、その結果、心を病んでしまったという。

    「本当の自分を見失った」と語る水沢は、2年間の休業を申し出て休業期間中に会社を立ち上げることに。

    業務内容としては、伝統芸能を若者向けにアレンジメントして商品化しようとするもので、コンサルタントなども手掛けているとのこと。


    水沢は「2年間休んでいた間に、愛が全てだということに気づいたの。
    人と地球を幸せにすることが私のテーマなの。
    愛が全てだと気づいてから、人を褒めたいなと。
    戦う形とかじゃなくて人のいいところ探したり、褒めることに使いたいなって気持ちになったの」と語った。


    そんな水沢に、この日出演していたバイキング・小峠英二(42歳)を褒めるよう求めたところ、「身につけているものが少ないのに…シンプルなのに華がある」とコメント。

    小峠は「褒めてねえじゃねえか!ハゲの新しい言い方ですよね『身につけているものが少ない』って」とツッコミを入れていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15591505/


    所長見解:いたね・・・

    【【あの人は今】水沢アリー、2年間休業の理由がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ゲストの3人が、自由気ままにトークする「ボクらの時代」(フジテレビ系)。
    11月11日の放送回には、陸上選手の経歴を持つ俳優の和田正人、“百獣の王”武井壮、そして青山学院大学陸上部監督・原晋氏が登場。
    アスリートの“ゴール”についてトークを展開した。

    t


    まず武井は「そもそも正人は、僕よりデビューが早いし、箱根駅伝の選手が俳優になったってニュースがポンって出て、まぁそういう道あったかって、悔しいなってちょっと思ってて、陸上選手初のタレントを先にいかれてんなと思って」と和田にライバル心を抱いていたことを明かす。

    その後、それぞれの恋愛や結婚、スポーツ界の不祥事について持論を展開し、選手引退後のセカンドキャリアの話題になると、武井が「セカンドキャリアなんてねぇんだよ。
    ずっとファーストキャリアだよ。
    全部積み重ねた、陸上やったものを生かしてその後ずっとやってくわけで、このまんまおまえのキャリア続くからな、ってことをもっと言ってあげなきゃいけないし、今じゃあいくらもらってんだ(って聞くと)『いや給料はないですけど』(っていうけど)、このまんまスポーツやってたらそのまんまだからな。
    セカンドキャリアなんてねぇぞって。
    すごい厳しい言い方だけど、俺まじで大好きなんだよ、アスリートの子たちが」と、日本の選手たちの現状に警鐘を鳴らす。

    さらに「スポーツを金にもなんねぇのに、バカみてぇに毎日5時間も6時間もトレーニングしてこんな体になってさ、苦しいことにめちゃめちゃ耐えられる精神性持ってて、本当いい子たちばっかりなのよ。
    だからこそ厳しく、おまえらそのまま行ったら、そんなにいい人間性持ってんのに、まじで、ちょっと勉強して、ちょっとお金のこと知ってるやつに全部やられちゃうんだから。

    でもおんなじ努力を、おまえら努力する天才なんだから、コツコツ楽しくもねぇ苦しいことを毎日何時間もやる天才なんだから、おまえらがそこ行ったら圧勝だから。
    っていうのを俺は伝えたくてしょうがないんですよ」と、努力の方向性を少し変えるだけでアスリートのセカンドキャリアは変わると熱弁。

    「自分が大好きな陸上の話をしたり、トレーニングするのも、演技の練習するのも、全部お仕事になってるじゃないですか。もう。
    だから本当にスポーツ選手のゴールってそこだと思うんですよ」と、アスリート経験を仕事に生かせることが理想だと語る。

    この話に原氏が「箱根駅伝の指導者も今まではボランティアでやってたのが、指導者という職業が確立されて、それなりのお給料を頂いて。
    これが仕事なのか趣味なのか分からなくなっているよね」と、これまでの経験が今の仕事になっていることを話すと、武井が原氏に「どれくらい(ギャラ)もらうんですか?」と直球質問。

    口ごもる原氏に自身の収入について「俺は隠さないって決めてるんで、そういうことを全然。
    最高月収くらいだったら全然言えますよ。月いくらとか。
    お金の話をしたいんじゃなくて、そのくらいできるんだっていうのを伝えたくて」とコメント。

    原氏が「最高? 月収?」と質問すると、武井は「4~5000万じゃないですかね」と自身の最高月収をサラッと明かす。

    すると原氏と和田の2人は吹き出しながらあぜんとし、その額に驚きながら原氏は「夢与えてるよ~」と、最大の成功例である武井に賛辞を送り、締めくくった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00168941-the_tv-ent


    所長見解:すげえな・・・

    【【衝撃暴露】武井壮の最高月収がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の木村拓哉(45)が11日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉 FLOW」(日曜前11・30)に出演。
    ゲストに高校の同級生であるマツコ・デラックス(46)を迎え、芸能界デビューについて語った。

    m


    マツコがテレビ出演を増やした裏に「ものすごく熱心に口説いてくれた人がいた」ことを明かすと、木村も「自分も全く一緒かな」と同調。
    「他の(メンバーの)話を聞くと自分で書類に写真貼って、全部記入して、封筒に入れてお願いしますって感じで履歴書を送るみたいな話を聞くんだけど、全然違う」とし、親戚が無断でジャニーズ事務所の選考に応募したことを明かした。

    中学2年の終わりごろの話として、「いついつに来てくださいっていうのも、アンチだったから嫌だって言って、4回ぐらいバックレて。
    5回目に『やりたくてもやれない人がいるから1回行ってみなさい』って言われて行った」といい、「『ジャニーっていうのがいるから会ってくれ』と言われて。
    ジャニーズ事務所に対してもむしろアンチだったから(知識がなくて)、ジャニーって聞いたら頭の中は外国人じゃん。
    外国人さんを探してもいないから、おじちゃんに『ジャニーさんどこにいるんですか?』って聞いたら、『僕だよ』って。
    『とりあえず踊っちゃいなよ』って言われた」と秘話を語った。

    マツコは「(学校で)『あの人ジャニーズらしいよ』みたいな噂は回るじゃん。
    今だから言えるけど、『ふーん、こんなものなのね』って最初思った」と切り出し、「あんた、だんだん顔ができてきた」と当時を回顧。

    木村が「そういう言い方するなよ。ただでさえ整形疑惑あるんだから」と笑うと、マツコが「そんなのあんの?これは加齢よ。この人いじってないです。可愛い感じだったのよ最初は。途中からキリっとしだしたの。スイッチが入ったのかなって思った」と完全否定していた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15579044/


    所長見解:なんかね・・・

    【【キムタク】木村拓哉、ジャニーズ入り秘話がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “大金星”といわれた彼女となんで別れちゃったの?

    「彼女と別れたのが9月だったので、もう2ヵ月が経ちます。
    いまは(失恋の痛手から)立ち直ったというよりも、そのことを考えないようにするしかないっていう。
    結果を出せない男ですみません、と言いたいです」

    そう語るのは、お笑いコンビ『オードリー』の若林正恭(40)だ。
    女優・南沢奈央(28)を射止めた“大金星”から1年。
    超売れっ子同士のカップルが破局を迎えたことがわかったのは、今月に入ってからだった。

    w


    破局報道後、若林は自身の担当するラジオ番組『オールナイトニッポン』で、その理由を「私の度量の狭さ」と語っていたが……。
    本誌はその本心を聞くべく、11月上旬、都内で若林を直撃した。

    ―ラジオで「度量の狭さ」と語っていましたが、その真意は?

    「スケジュールのスレ違いで会えませんでしたからね。
    正直、付き合い始めてからは会う時間が作れなかった。
    お互いの趣味である)プロレス観戦や落語鑑賞も、結局1回ずつしかいけませんでした」

    ―ラジオでは、『良い恋をさせてもらった』と感謝もしていましたが。

    「僕、人見知りで、女性が苦手で。
    とくに過去はそんな感じだったんですが、彼女と喋ると、話がこんなに通じる相手がいるんだなぁと。
    自分の中では、ありがたかったですね」

    ―南沢さんと付き合うまで、「彼女いない歴12年」と仰っていました。
    次に恋人ができるのも12年後でしょうか。

    「アハハハハ! いや、そう考えたらホント恐いですよ。
    そうなったらもう52歳ですよ。
    でも、僕もヒネクレ者ですから。
    彼女のようにウマが合う人と出会える確率も低いんでしょうね」

    気丈に振る舞ってはいても、どこか寂しげな様子だった若林。
    仕事では絶好調な彼も、次の恋を見つけるにはもう少し時間がかかるかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181109-00010000-friday-ent


    所長見解:残念やね・・・

    【【真相告白】オードリー若林 あの女優と破局した理由がコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ