ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: スクープ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    誰某(だれそれ)が干されただの共演NGだのと、忖度が渦巻く芸能界。
    この忖度の道筋はすべて、田辺エージェンシーの田邊昭知社長(79)に通ずるといっても過言ではない。
    彼を強大な権力者たらしめる所以は、要所での剛腕と強面にあった。
    以下の逸話がその適例である。

    r


    政界や球界、メディアに大学、談合まで。
    あらゆる業界に“ドン”は存在する。
    芸能界にもそう称される人物は幾人かいるものの、田邊氏こそ、“ドンの中のドン”にほかならない。

    まずは、そんな大物の雰囲気が味わえる肉声を紹介したい。
    が、少し前置きを。
    田邊氏は、メディアの取材にはめったに応じないことで知られるため、その肉声はかなりレアである。
    本誌(「週刊新潮」)は7月26日号で、タモリと脚本家の中園ミホ氏の逢瀬を報じた。
    実はこの取材過程で、電話で接触していたのだ。
    タモリの中園宅通いに関する本誌の説明を聞いた田邊氏は、

    「不倫!? 事実じゃないと思いますけど。把握なんかしてませんし、そんなことはないと思いますよ」

    驚きは隠せないものの、こう全面否定した。
    タモリは田辺エージェンシー所属。
    自社タレントをかばう感じでもなく、本当に初耳の様子である。
    やりとりは続き、本誌が、中園宅のそばでタモリのマスク姿が撮れていることなどを伝えても、

    「あなたと議論しても、水かけ論でしょ」

    と、2人の道ならぬ関係について言質は取らせない。
    だが、突如としてスイッチが入った。

    「どうでもいいんですけど、なんで、この電話にあなたがかけてこられるんですか? 
    僕の電話ですよ、個人の! 
    そうですか、じゃないんだよ。
    分かってて電話してるんだろ。
    誰に電話しているんですか。
    だから、なんで僕の電話番号知っているんですか、って!」

    言葉遣いはぎりぎり崩れなかったが、内容は切っ先鋭い刃のようで、ドスが利いている。
    約(つづ)めれば、“オレを誰だと思ってるんだ”となる。
    このくだりを最後に、取材は5分ほどで打ち切られたのだが、その後、タモリの艶聞も本誌が報じただけで打ち切り。
    新聞やテレビに扱う媒体はない。

    ではなぜ、“後追い記事”がないのか。
    業界では当然のことながら、一般にはこの単純なナゾに、首を傾げる向きもあるだろう。
    スポーツ紙の芸能担当記者が苦笑しながら明かす。

    「タモリさんの不倫ネタは、たしかに口封じがありましたよ。
    ただし、田邊社長からではなく周辺の芸能プロダクション関係者からです。
    “書くな”という調子ではなく、“書かないよね?”という口ぶりで」

    今回のような場合でも、田邊氏自らが火消しに回ることはないという。

    「マスコミ対策は、周辺の関係者が自発的にやる流れができ上がっているんです。
    いつも、それできっちり鎮火する。
    新聞やテレビは、特オチや、番組にタレントを出してもらえなくなる事態に怯えつつ、サジ加減を調整しながら扱わざるをえないのです」

    つまりは“大人の事情”である。
    かようなシステムの頂に君臨するのが、田辺エージェンシー社長。

    そんな田邊氏は日ごろ、東京は渋谷にある高級ホテルで静かに暮らしている。
    が、ひとたびコトが起きれば、直接、乗り出す機会も皆無ではない。
    “後追い記事なし”のナゾとも関連するので、いくつかの例とともに説明していこう。

    >>2以降に続きます


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180806-00546474-shincho-ent


    所長見解:有吉のやつな・・・

    【【闇深業界】芸能界のドン「タモリ不倫」「有吉・夏目熱愛」を完全鎮火 ←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title



    所長見解:だから・・・

    【【給与所得】「年収400万円」の結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    スーパーで買い物をしていると、いろいろな店で同じメロディーが聞こえてくる。
    そう思ったことはないだろうか。
    「ポポーポポポポ、ポポーポポポポ、ポポポポポ~」という、やけに耳に残る曲だ。

    記者がいつも行く大型スーパーでは、売り場によって聞こえてくる音楽が違う。
    スーパーのオリジナルキャラクターのイメージソングや、ほとんど気にならないようなさりげないBGMが流れている。

    そんな中、総菜やデザートの売り場に近づくと、あの音が聞こえてくる。
    他のBGMと比べて、少し離れていても耳に入ってきやすい。
    聞こえてくる方に近づいていくと、総菜が並ぶ棚の上に、顔が描かれた小型の機器があった。

    この機器が、あの音を流している「呼び込み君」。
    2000年から販売されている。
    耳に残る独特のメロディーを気に入っている人はたくさんいるようで、動画投稿サイトにも音源が多数アップされている。

    なぜ呼び込み君はたくさんの店舗に広まり、発売から20年近くたっても流され続けるのだろうか。

    発売から18年たっても廃れずに呼び込み君が使われ続けている。
    その理由について藤巻さんは「やはり、音楽の力ではないでしょうか」と話す。

    「『気になる』『耳に残る』という声が多く、今でもたくさんお問い合わせをいただきます」。
    また、スーパーなどの売り場で流れる曲として定着していることから、「お客さんを呼んでくれる効果がある」という声もあるという。

    呼び込み君は群馬電機のWebサイトで、1台から購入できる。
    価格はLED付きで2万9800円、LEDなしで2万1800円(いずれも税別)。
    個人で購入するケースもあるという。

    「お子さまへのプレゼントとして購入される方もよくいらっしゃいますね。
    お子さまが店で曲を聞いて、気に入ってしまうそうです」

    スーパーで「ポポーポポポポ」と聞こえてきたら、その音を発している「呼び込み君」を探してみてはどうだろうか。
    小さな機器の中に、長く使われ続ける技術とメロディーが詰まっている。

    no title

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1807/26/news020.html

    https://www.youtube.com/watch?v=b7pzTtrnUyc



    所長見解:聞くよな・・・

    【【ロングセラー】スーパーでよく聞く「ポポーポポポポ」がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    X JAPAN・YOSHIKIの“ディナーショー”が好調だ。
    開催5周年を迎えた今年は、ディナーショー公演に予約が殺到したため、朝に開催する「ブレックファーストショー」3公演を急きょ追加したほど。
    だが、そもそもYOSHIKI自体、“THEロックスター”的なイメージが強く、ディナーショーと言えば“大御所ベテラン歌手”、参加者も“年配の富裕層”という一般的なイメージとは真逆。
    最近のディナーショーは、ひと昔前と比べると多様化しており、タレント色の強いプレミアムな“ライブイベント”と化している傾向にある。


    ■ロックスターYOSHIKIのディナーショーが絶好調、ディナーショーが再評価

    YOSHIKIのディナーショーは、正式名称が「EVENING WITH YOSHIKI 2018 IN TOKYO JAPAN 4DAYS 5TH YEAR ANNIVERSARY SPECIAL」。
    今年は5周年記念として、当初は7月13日~16日の4日間、グランドハイアット東京で開催する予定だった。
    ところが発売開始直後にソールドアウトしたことから、急きょ14日~16日の午前中に「ブレックファーストショー」を3公演追加し、全7公演となったのである。

    チケット料金は、「5万円を超えるのは超大物クラス」とされるディナーショー界の常識をはるかに凌駕する「8万6400円(税込)」。
    だがその内容は、料理はすべてYOSHIKIプロデュース、キティちゃんとコラボしたYOSHIKITYが登場し、YOSHIKIMONOのファッションショーも行なわれ、極めつけはYOSHIKI自作のワインがお土産につくなど、まさにYOSHIKIずくめ。

    ショーの内容はピアノ演奏だけではなく、ドラムソロも披露。
    ラストのカーテンコールでは超至近近距離でファンたちが囲む…となれば、ファンにとってはこの値段でも“お買い得”なのかもしれない。
    ちなみにこのディナーショーには、元メジャーリーグのスター選手であるバリー・ボンズや、元FCバルセロナでスペイン代表サッカー選手、ジェラール・ピケもゲストとして来場し、セレブ感満載のショーだったようだ。

    y


    ■高額のディナーショー、今も昔も、そのお値段はタレントの“格”で千差万別 

    日本におけるディナーショーの草分けは、五木ひろしと言われている。
    以降、美川憲一や石川さゆりなどの演歌歌手に続き、加山雄三、さだまさし、鈴木雅之といった大御所シンガーもディナーショーを開催、郷ひろみのほか松田聖子、工藤静香などの“80年代アイドル組”も進出すると完全に定番化した。
    とは言え、ディナーショーは基本的に“格”のあるタレントでなければできないものであり、逆に言えば、ディナーショーが開けるということは、一流芸能人に仲間入りしたという“基準”でもあったのだ。

    そして、その“格”もディナーショーのチケット料金に反映され、五木ひろしや松田聖子などのトップクラスは4~5万円レベルで“高値安定”、2016年に7年ぶりにディナーショーを開催した中森明菜もプラチナチケットとなり、最高5万円のチケットは即完売した。
    年末ともなると、その年の最も高額なディナーショーがメディアで話題に上がることが、今や年末の“風物詩”ともなっているのである。

    しかし、若い世代にとっては、ディナーショーはあくまで年配が参加するものというイメージがあり、実際、チケット代も若者が気軽に参加できる額ではない。
    YOSHIKIの8万6400円にしても現時点では今年の最高額であり、仮に1公演300席とすると、7月の7公演で1億7000万を売り上げたことになる。
    それでいてハコ(会場)は小規模、コストがかる大がかりなステージセットも物理的に設置できず(ホテルの宴会場ではスペース的に限界がある)、あくまでもタレントと客の“距離が近い”ことを最大のウリにするという、制作側やタレントにとってディナーショーとは、大切な“稼げるコンテンツ”でもあるのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000360-oric-ent
    続く


    所長見解:高いな・・・

    【【YOSHIKIも開催】今や高齢層向けではない「ディナーショー」がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2020年東京五輪&パラリンピック開閉会式の演出陣が7月30日、一斉に発表された。
    総合統括には狂言師の野村萬斎が、五輪統括には映画監督の山崎貴氏が、パラリンピック統括には広告クリエーティブディレクターの佐々木宏氏が就任した。
    佐々木氏の名前に目を留めたのはSMAPファンだ。
    この起用でSMAPが再集結する可能性が、がぜん高まっているという。

    s


    佐々木氏といえば、Softbankの「白戸家」シリーズをはじめ、サントリーの「宇宙人ジョーンズ」シリーズなど、視聴者やユーザーに人気が高いというだけでなく、CMコンテストの常連CMを数多く手がけるクリエーティブディレクターとして、広告界ではトップクラスの有名人だ。

    「白戸家」の“お父さん犬”が当たったからか、よほどの愛犬家なのか、氏が関わるCMには白い犬が登場することでも知られる。
     
    そんな佐々木氏は、2016年の五輪リオ大会の閉会式で、東京大会引き継ぎ式の制作チームとして活躍した。
    あの“安倍マリオ”をはじめ、世界に「クールJAPAN」をアピールした立役者でもある。
     
    そんな佐々木氏が東京パラリンピックの開閉会式の統括をするというニュースにSMAPファンが沸いている。
     
    SoftbankのCMには、2009年からSMAPが関わっており、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回では、新しいCMが放送されていなかった時期にもかかわらず、SMAPのヒット曲『オリジナルスマイル』をBGMに、同社のSMAPのCM名場面を繋ぎ、件の“お父さん犬”に「さよならじゃ、ないよな」とつぶやかせた“新作”がオンエアされた。
     
    佐々木氏、SMAP関連CMといえば、木村拓哉とビートたけしが信長と秀吉を演じたトヨタ自動車の「ReBORN」も思い浮かぶ。
     
    そして、佐々木氏は電通から独立後、「シンガタ」という会社を設立しているが、そこに所属しているクリエイターの一人が権八成裕氏だ。
    彼の名前が、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の「新しい地図」による映画『クソ野郎と美しき世界』のエンドロールに流れたとき、ファンの中には「5本目のドラマ」と涙を流した人が多くいたそうだ。
     
    SMAPの楽曲『ユーモアしちゃうよ』などに詞を提供したことでも知られる権八氏と、同じく、CM界では知らない人はおらず、件の佐々木氏とタッグを組むことが多い澤本嘉光氏がパーソナリティーをつとめるラジオ番組『澤本・権八のすぐに終わりますから。』(TOKYO FM)に、『クソ野郎~』公開の前日、香取がゲスト出演。
    「このタイミングがあって、色んな方々の協力と、みんなの心がつながるって、こういうことなんだなって」と、安心しきった雰囲気で語ったことで、「新しい地図」をサポートするスタッフの多くが“昔からの顔なじみ”であることもファンに伝わった。
     
    パラリンピックについては、SMAP時代、メンバー全員が『日本財団』にて会見を行い、中居正広が「SMAPのPはパラリンピックのP」と挨拶をしている。
    『日本財団』のビル内のワンフロアにバリアフリーのオフィスを新設し、パラリンピックの競技団体を集合させた「パラサポセンター」もお披露目された。
    入口に香取慎吾作の壁画が飾られたのである。

    (続く)


    所長見解:いいよな・・・

    【【東京五輪】SMAPが再集結する可能性がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ