ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: スクープ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    13日放送のラジオ番組『レコメン!』(文化放送/毎週月~木曜よる10時~)にて、毎年恒例の「女性アイドル顔だけ総選挙」の結果が発表された。

    第6回「女性アイドル顔だけ総選挙2018」結果発表
    <順位>

    1位:白石麻衣(乃木坂46) 4,224票 

    no title


    2位:佐々木琴子(乃木坂46) 4,104票 

    3位:堀未央奈(乃木坂46) 2,972票 

    4位:齋藤飛鳥(乃木坂46) 2,501票 

    5位:鈴木絢音(乃木坂46) 2,480票 

    6位:太田夢莉(NMB48)

    7位:松井珠理奈(SKE48)

    8位:横山由依(AKB48)

    9位:菅井友香(欅坂46)

    10位:山本彩(NMB48)

    11位:西野七瀬(乃木坂46)
    12位:松村沙友理(乃木坂46)
    13位:相楽伊織(乃木坂46)
    14位:生田絵梨花(乃木坂46)
    15位:渡辺梨加(欅坂46)
    16位:山下美月(乃木坂46)
    17位:星野みなみ(乃木坂46)
    18位:長濱ねる(欅坂46)  
    19位:小坂菜緒(けやき坂46) 
    20位:高柳明音(SKE48)


    リスナー投票で決定「女性アイドル顔だけ総選挙」

    今年で6回目を迎える「女性アイドル顔だけ総選挙」とは、『レコメン!』が毎年「AKB48選抜総選挙」前後に行う投票企画。

    「顔だけで選ぶなら一番好きな女性アイドルは誰?」をテーマに、リスナーから投票を募り、番組内で結果を発表。

    第5回の昨年は、白石が1位を獲得し、今年も連続首位をキープした。

    なお第1回は当時AKB48だった渡辺麻友、第2回は渡辺と同じく当時AKBの島崎遥香、第3回はSKE48の松井珠理奈が首位。
    第4回は渡辺が1位となり、2冠を達成している。

    http://mdpr.jp/news/detail/1772813

    所長見解:どうなんこれ・・・

    【【一位は?】「女性アイドル顔だけ総選挙2018」結果発表がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■高校バスケ試合中、審判殴られ搬送 強豪校留学生選手に

    長崎県大村市で開催された全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で17日、延岡学園(宮崎)―福岡大大濠の試合中、延岡学園の留学生選手が、審判のファウル判定に不服を示し、審判の顔面を殴打した。
    日本バスケットボール協会が同日、発表した。
    審判の男性は病院に搬送され、治療中という。

    b


    協会によると、殴ったのはコンゴからの留学生。
    今後、傷害事件として警察の捜査対象となる見込み。
    試合は没収試合となった。
    延岡学園は男子バスケットボールで、全国大会で優勝経験がある強豪。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000033-asahi-spo

    http://nagasaki.japanbasketball.jp/

    動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1008197718227935233/pu/vid/640x360/Iu6Q0l4BoyxnrKns.mp4
    https://www.youtube.com/watch?v=jH127fL_Ysk



    所長見解:こらあかん・・・

    【【衝撃動画】九州の高校バスケットボール選手が審判を殴り倒した結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    サッカー元なでしこジャパンのタレント・丸山桂里奈(35)が17日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)に生出演し、W杯日本代表のコロンビア戦について解説した。

    m


    19日にコロンビアとの試合を控える日本代表について、丸山は「勝てるか勝てないかは試合をやらないと分からないです」とした上で、「チームワークで頑張れば…。チャンスはなきしもあらずです」と微妙に答えた。

    それでも日本代表に有利なデータを披露。
    コロンビアは前回の南米予選は9勝4敗3分だったが、そのうち3敗が火曜日の試合。
    今回の南米予選(7勝5敗6分)でも4敗が火曜日の試合で、“コロンビアは火曜日に弱い”と力説。
    「日本代表の試合は何曜日ですか? そう火曜日です」と語った。

    日本代表の勝敗予想は「最初は1勝1敗1分でしたけど、直前の親善試合2試合を見て変わりました。3勝です」と上方修正。
    テリー伊藤(68)から「(予想がはずれたら何か)罰ゲームがあるの?」と問われると「お尻出します」と約束していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000109-sph-ent


    所長見解:出すな・・・

    【【元なでしこ】丸山桂里奈「お尻出します」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    30歳の誕生日を迎えた昨年5月30日、フジテレビの谷岡慎一アナ(31)と結婚したNHKの顔、桑子真帆アナ(31)。
    世の男性諸氏の間に「桑子ロス」が広がったが、それも束の間、1年で破局である。
    その予兆だったのか、桑子アナは意外な姿をさらしていた。

    一方、「谷岡ロス」と呼ぶ人はだれもおらず、「それに谷岡アナは“桑子アナの夫”と形容されるけど、桑子アナが“谷岡アナの妻”と呼ばれることはない。プライドが高い彼はそんな“格差”を気にしているようでした」と、在京の民放関係者。

    桑子アナと谷岡アナは2010年の同期入社組で、「大学2年くらいから準備しているアナウンサー志望者は、在京局を一緒に受けていると、入社は他局になっても同期はすごく仲がいいものです」(テレビ関係者)

    かくして、15年4月に桑子アナが広島放送局から東京に異動したのを機に交際が始まった。だが、その後、彼女は「ブラタモリ」でブレークすると、昨年4月からは「ニュースウオッチ9」のキャスターに抜擢され、あれよあれよとNHKの顔になってしまったのは、ご存じの通りである。

    まさに結婚直前のタイミングで“格差”はさらに開いたわけだが、結果、先行きへの不安でも感じたのか、桑子アナは「NHKの」と形容するのが憚られるような「顔」を見せていた。

    NHK局員が回想する。

    「桑子さんはキャスターには珍しく、番組の打ち上げや反省会にマメに顔を出してくれるんですが、特に去年の結婚前後は、日本酒を一気に飲み干したりすることが頻繁で、飲みすぎて介添えがないとフラフラなことも多かった。
    あるときなど、若い男性2人組に“キレイだね”と声をかけられると、嬉しそうに“私ってキレイ?”と口走って、そのまま男性について行っちゃった。
    男性局員たちが慌てて引き剥がしましたけどね。
    去年の忘年会のころも似たような状況で、そうこうするうちに欠かさずはめていた結婚指輪も、この3月下旬くらいから外していましたね」

    マリッジブルーか、責任の重さゆえのプレッシャーか、結婚前後から、すでにストレスが溜まっていたフシがあるのである。

    m


    ■“妻”は半年も前から

    ところで、離婚届はこれから出されると見られており、谷岡アナの母親は、「なにもお話しできることはございません」と、少なくとも離婚を否定はしない。

    2人の生活が時間的にすれ違っていたのも疑いなく、「桑子は平日は11時ごろ職場に着き、番組が終わってから帰宅。
    一方、朝の番組が多い谷岡アナは早朝に出勤して夕方帰宅。
    それだけでも時間的なすれ違いが大きいうえ、売れっ子の桑子は選挙や紅白、五輪などに引っ張りだこ。
    一方、谷岡アナも土日は競馬の番組やスポーツ中継で忙しい」

    そう語るNHK関係者が桑子アナを評するには、「そもそも家庭の臭いがまったくしない彼女が、ますます仕事に走ったから」

    そんななか、桑子アナはだれもが有働アナの後継と目する“スター”になり、「年収も“一般人”の谷岡さんが1200万~1300万円で、給与改革で下がりそうなのに対し、桑子さんは手当を加えると、1000万円台の後半は固い」

    そう語る谷岡アナの知人は、こんなエピソードを。

    「結婚報道後は“おめでとう”と言うと、デレデレっと嬉しそうでしたが、離婚報道後は、だれもその話題に触れず、腫れ物に触るような雰囲気です」

    一方、桑子アナの知人は、「もう半年ほど前に“離婚するかも”と聞かされ、驚きました」

    すれ違いを早々に見切った桑子アナが、一人勢いよく旅立った――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00543556-shincho-ent&p=1 


    所長見解:軽いな・・・

    【【一年で離婚】桑子真帆アナ、ナンパ男について行った結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    愛犬の亡骸掘り起こしなど前代未聞の捜査が行われる「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)の怪死事件だが、依然としてナゾは解明されず。

    d


    読み解く鍵になりそうなのは、野崎氏と22歳幼妻の“夫婦仲”。
    死の1週間ほど前には、妻・Sさんへ三行半が突き付けられていたという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180613-00543696-shincho-soci 


    所長見解:まだか・・・

    【【真犯人は?】ドンファン野崎 殺される一週間前に「離婚する」と話していた結果・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ