スクープ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    20年もの長きにわたって、朝の顔として活躍してきた小倉智昭(71)に、勇退の日が近づいている。

    g


    「1999年の4月1日にスタートした『とくダネ!』が、20周年を迎える直前の、2019年の3月末に終了することが決定したそうなんです。
    打ち切りの主たる要因は番組のマンネリ化と視聴率の低迷。
    ですが、近年目立っていた番組のミスの連続が、存続よりも打ち切りの方向に舵を切る方向に拍車をかけたことは間違いないでしょう」(放送作家)

    朝の番組としてさまざまな情報を送り続けてきた『とくダネ!』だが、一方でこのところの放送では、不祥事を連発。
    ネット上では番組の作りに厳しい声も上がっていた。

    「昨年7月の『とくダネ!』で、医師法違反事件で逮捕された容疑者として、まったく別の男性の映像をインタビューとあわせて放送し、後日、間違いだったと謝罪をしました。
    さらに翌8月には、放送時点では書類送検されていなかった京都府議会議員について“書類送検された”と報道。
    これについても“事実の確認がとれていなかった”と謝罪しました。
    放送倫理・番組向上機構(BPO)は今年2月8日に会見を開き、『とくダネ!』の2つの件について“放送倫理違反があった”と意見書を公表しました」(芸能記者)

    『とくダネ!』のミスはこれだけではない。
    BPOが会見を行った当日朝の放送では、VTR出演した登山家の三浦雄一郎氏(86)の写真に「故・三浦雄一郎さん」とテロップを表示して紹介。
    これについてBPOは同会見で、「放送局として事実をきちんと確認を取った上で放送する。それがメディアとしての使命であるという文化をもっと育ててほしい」と厳しくコメントした。

    「2つのミスが続いた2017年といえば、宮内正喜氏の社長就任直後というフジテレビにとって大事な時期です。
    新体制がスタートしたばかりのタイミングで起きたこの不祥事に宮内社長は激怒。
    このときに、20周年のタイミングで番組打ち切りという方向性が決定したのではないかと、関係者の間では話が広まっています」(前出の放送作家)

    現在、小倉智昭はナレーションなどを除くと、番組のレギュラーは『とくダネ!』とBS日テレの『恋するクラシック』のみ。
    この番組がなくなったら、小倉は平日の貴重なレギュラーを失う。

    「実は番組終了の話は以前からあり、そのつど、小倉は“ギャラを下げてもいいから続けさせてくれ”と頭を下げてきたそうなんです。
    この4月からはピーク時の半額にまでギャラが下がっているという話もありますが、それでも番組終了の動きにはかなわなかった。
    4月からは、伊藤利尋アナ(45)、山崎夕貴アナ(31)を新キャスターに迎えたことで、視聴率は一時的に上昇したんですが、今は羽鳥慎一アナ(47)がキャスターを務める『羽鳥慎一のモーニングショー』(テレビ朝日系)に大惨敗状態。
    やはり『とくダネ!』といえば小倉のイメージが強いため、一度、番組も小倉も切って、新しい番組を始めるほか、朝の視聴率戦争には勝てないと局が判断したようです」(前同)

    小倉にも、テレビ界のど真ん中から去る日が近づいているようだ。

    https://taishu.jp/articles/-/61518?page=1


    所長見解:そろそろね・・・

    【【打ち切り】「とくダネ!」の小倉智昭がついにクビの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「有吉さんの“加山愛”は強く、ぜひ冠番組にオファーしたいということになりました。
    しかし、加山さんの所属事務所から『何を言ってるんですか! 絶対に出しませんよ!』と断られてしまったみたいで……」(テレビ局関係者)

    的確かつ鋭い毒舌が持ち味で、現在10本もの冠番組を抱える有吉弘行(44)。
    影響力の高い人気番組も多く、「有吉さんの番組に何としても出たい!」という芸能人は後を絶たないという。

    a


    そんな人気MCに、まさかの“共演NG”を叩きつけた人がいた。
    それは、昭和の大スター・加山雄三(81)だ。
    散歩番組でのほのぼのした姿からも温厚そうにみえる加山。
    そんな彼が拒否するとはいったい何があったのか。
    共演拒否の原因は、有吉がパーソナリティを務めるラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)での執拗なまでの“加山イジリ”にあるという。

    「加山さんが『24時間テレビ』(日本テレビ系)に出演すると、いつもその裏で毒づくんです。
    毎年恒例の人気企画で、今年で7回を迎えています。
    番組では有吉さん扮する加山さんがラジオにゲスト出演するという設定。
    過去には『加山雄三が陸に上がってくるのは1年の中で今日だけ』などの過激発言が続出。『刺し違えてもいいから、加山雄三を暗殺しようと思っています』と、“殺害予告”をしたこともありました」(ラジオ局関係者)

    もちろんこうしたイジリは、冗談。
    加山に敬意を表した、有吉なりの愛情表現。
    しかし、言われ続けた側はそう思えなかったようだ。
    共演NGについて有吉の所属事務所に問い合わせたところ、「そのような事実は認識しておりません」との回答が。
    しかし加山の所属事務所担当者に問い合わせたところ「お断りさせていただいたのは事実です」とあっさり認めた。

    「ただ加山は有吉さんのラジオについて関知しておらず、あくまでマネージメント側の判断です。
    有吉さんのキャラは理解していますし、内容についてクレームを出したこともありません。取り上げていただくことで加山を若い層に知ってもらえることも理解しています。
    とはいえ、ラジオでの発言を踏まえると……
    やはり共演は断らざるを得ませんでした」(加山の所属事務所)

    憧れのスターとの共演が夢と消えてしまった有吉。
    キャラとはいえ、毒舌もほどほどに!

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1672471/

    所長見解:そうなんだ・・・

    【【不仲説】有吉弘行とは絶対に共演しない大物芸能人がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    手作りの工作、パンやおだんご、教室にパネルを持ち込んで作ったお化け屋敷……。

    10月初旬の週末、文化祭の日を迎えた都内の有名私立小学校は、生徒たちに加えて多くの保護者たちでごった返していた。

    「あの小学校は子どもたちの個性を伸ばすための独特な取り組みで知られています。
    文化祭は子どもたちだけでなく、保護者や地元の人も協力して、ブースを作ったり出店したりするので、地元の名物イベントにもなっているんです」(近隣住民)

    その校風から、多くの芸能人たちも子どもを通わせていることで知られる同校。
    この日の文化祭にも、豊田エリーや堤真一の姿が。


    大きなゼッケンをつけた広末涼子

    「豊田さんは参加したママさんたちに“こんにちは~!”ってフレンドリーに挨拶していました。堤さんは娘さんとおしゃべりしていましたが、暑さと人の多さに少し疲れぎみでしたね(笑)」(参加した保護者)

    そんな中、ひときわ目立っていたのが7歳になる次男を通わせている広末涼子だった。

    「広末さんは、ほかの芸能人の方やママさんたちと違って大きなゼッケンをつけていました。あの小学校には公立中学校でいうPTAみたいな係があって、各クラスから5人の保護者が選ばれるんです。

    広末さんはその1人で、この日は役員として文化祭に参加していたようです。
    自分の子どもだけでなく、全体に気を配らなければならないんですが、常に笑顔で子どもたちの様子を見守っていましたよ」(同・参加した保護者)

    10月12日にスタートしたドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系)では、小学生の息子を女手ひとつで育てながら、動物看護師として働くシングルマザーを演じている彼女。
    連ドラ撮影もこなしつつ、学校では役員として、文化祭の運営にも携わっていたということになる。

    「広末さんはいつも家族ファースト。できるだけ一緒にいる時間を作って、家では役を引きずらないように台本もいっさい開かないそうです」(芸能プロ関係者)

    年に数回ある学校行事にも積極的に参加しているようだが、その理由を過去の雑誌のインタビューでこう語っていた。

    《こういう交流を父母として続けていくうちにお母さん、子どもたちの個性、環境も見えてきて、自分の子どもだけを育てているのではなく、みんなで成長している感覚に》

    そんな彼女の傍らには、心強い味方の姿も。

    「文化祭には旦那さんのキャンドル・ジュンさんもいらしてました。
    夫婦でひとつひとつのブースを回っては、子どもたちの作品を“これ、すごいね!”ってほめてあげていましたね。
    彼女が育児と仕事を両立できるのは、ジュンさんの存在も大きいと思いますよ」(別の参加した保護者)

    こんなお母さんになれたらなぁ~。


    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00013556-jprime-ent

    no title


    所長見解:顔が・・・

    【【オフショット】広末涼子のPTA役員姿がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月8日の昼下がり、都内のマンションから一人、外出する上原多香子の姿があった。
    マスク姿は以前と変わりないが、大きく違うのは、ふっくらとしたお腹。
    歩みは街行く人々よりワンテンポ遅い。
    バスと電車を乗り継いで向かった先は下北沢。
    友人男性と合流し、たこ焼き店へ入った。

    「最近も劇団員仲間たちと、ときどき外食しているようです。お酒好きな上原さんは、妊娠後はノンアルコールビールを飲んでいます」(演劇関係者)

    食事を終えると劇場へ。
    この日のお目当ては、夫で演出家のコウカズヤ氏の舞台に出演する芸人の単独ライブだった。
    身重の体で「内助の功」を発揮していたのだ。

    コウ氏がSNSを通じて再婚と上原の懐妊を報告したのは、その2日後の10月10日のこと。
    関係者によれば、2人は9月13日に入籍し、12月末に第一子が誕生予定だという。

    「コウさんはこの秋、『もうじき子供が生まれる』と、周囲に嬉々として話していました。出産が待ち遠しい様子でしたね」(別の演劇関係者)

    コウ氏との再婚前には、こんな目撃談がある。

    「上原はお酒が入ると、ボディタッチが増えるタイプ。恋人のコウが同席している飲み会で、別の男性にベタベタすることもしばしばだった」(上原の知人)

    そんな上原を、コウ氏が変えた。
    地に足のついた人生を上原と歩む決意を固めたコウ氏の声を聞こうと、稽古場を訪ねた。
    姿を見せたコウ氏に声をかけると、愛想よく「ご苦労さまです!」とだけ答え、稽古場に戻っていった。

    2人が入籍した9月13日。
    この日は、2018年の暦では「大安」、何を始めるにもよい「一粒万倍日」。

    (週刊FLASH)

    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00010000-flash-ent


    所長見解:あれがね・・・

    【【デキ婚】妊婦の上原多香子がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    貴乃花(46)はこれまで、大勢の前で3人の親方を罵倒している。
    2014年に死去した放駒元理事長(享年66=元大関魁傑)、八角理事長(55=元横綱北勝海)、友綱親方(66=元関脇魁輝)、いずれも自分より年長の先輩に対してだ。

    二所ノ関一門に所属するある親方が言う。

    「貴乃花がウチの一門から初めて理事候補選に出馬したのは2010年。
    いまさら説明する必要もないだろうけど、当時は慣例破りの貴乃花の行動に、一門は騒然としていた。
    そんな中、何とか貴乃花をいさめようとしていたのが、一門の実質的な総帥だった放駒さんです。
    一門会でも『まあ、待て。ちょっと落ち着け』と説得していましたが、貴乃花は聞く耳を持たず、自分の都合しか話さない。
    しまいには放駒さんを大声でののしりだしたものだから、われわれも肝を冷やしたほどです」

    八角理事長を面罵したのは、16年1月の年寄総会。
    当時は山響親方(48=元前頭巌雄)が評議員を退任したため、後任を決める必要があった。
    八角理事長は年寄総会に先立って行われた評議員会で、同じ高砂一門のOBである元中村親方(70=元関脇富士桜)を推薦。
    これに猛反発したのが貴乃花だ。

    年寄総会に出席したある親方が言う。

    「貴乃花は評議員会でも怒っていたようだけど、その後の総会でもすさまじかった。
    親方衆全員が見ている中で、八角理事長を『テメー!』とか『コノヤロー!』とか怒鳴り散らしていた。
    聞き取れたのはそれくらいで、後はほとんどワーワーわめいていた。
    理事長が何か言おうとしても、ずっと怒鳴っているもんだから、ウチらもドン引き。
    ちょっとあの怒り方は尋常じゃなかったね」

    t


    ■「オマエなんて言われる筋合いはねえよ!」

    さらにこの親方は友綱親方の件についても、こう話す。

    「きっかけはつまらないことだよ。
    いつの総会かは忘れたけど、貴乃花が何かについてしゃべっていたんだ。
    そこに友綱さんが『オマエ、それはちょっと違うよ』と横やりを入れた。
    すると、貴乃花は突然、『オマエにオマエなんて言われる筋合いはねえよ!』と、友綱さんを罵倒した。
    友綱さんは貴乃花より20歳も年上だよ? いくら何でも言い方ってものがある。
    あの辺りから親方衆も、『コイツ、何かおかしいぞ』と気付き始めたようだね」

    他人の意見に反論する権利は誰にでもあるし、話の腰を折られて面白くない気持ちもわかる。
    その場合、普通ならば「対話」というプロセスがあってしかるべき。
    ところが、貴乃花はいきなり一足飛びどころか二足も三足も飛んで、「罵倒」という手段に出る。

    それでなくとも、貴乃花は自分の言葉で相手と話し合うことができない。
    少しでも気に入らないことがあれば、大声を張り上げて恫喝する。

    ある親方は「顔と顔を10センチくらいの距離に近づけて、ものすごい形相でにらまれたこともある」と話す。
    ヤクザでもしかるべき地位の人ならこうはしない。
    これではまるでチンピラヤクザではないか。

    16年に大阪で行われた理事会では、宗像元外部理事とともに、執行部を糾弾。
    といっても、マトモに意見をぶつけたわけではない。
    宗像元理事の尻馬に乗って、「そうだ、そうだ!」とダミ声で怒鳴っていただけだ。
    逆に話し合いの席や、自分が攻められる立場に回ると「はい」「いいえ」「別に」くらいしか言えず、切羽詰まると「それは弁護士に……」と、逃げ回るのが常だ。

    人と理詰めで話せないのだから、組織改革などできるはずもなかったのだ

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/239250


    所長見解:本当か?・・・

    【【これはヤバい】元・貴乃花親方の裏の顔がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ