ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    スクープ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    うちの猫、なかに人が入っているかも――。

    そう思っても仕方がない瞬間を捉えた写真がツイッターで話題だ。


    n

     
    「うちのつみれちゃん、これ、絶対中に人はいってるよね…猫の正座とか、よくわからん子だ…」


    こちらはツイッターユーザーのみっしぇるさん(@rAxatP0GjeYdu2p)の2019年11月19日の投稿。

    写真に映っているのは愛猫のつみれちゃんだ。


    布団の上に正座をするようにして、ピーンと背筋を伸ばしているつみれちゃん。

    猫背とは程遠い見事な姿勢で遠くを見つめている。


    前足をちょこんと膝の上に置くようにして、すまし顔をしているところも笑えてしまう。

    まるで往来の人々を軒下で眺める一家の主のようでもあり、振り返っていきなりこんな格好をされたら、驚いてしまうこと間違いなしだろう。


    みっしぇるさんも「絶対中に人はいってる」というように、ずっと写真を見ているとだんだんと人間に見えてきてしまうから不思議だ。

    慣れない正座に足がしびれないか心配になってしまいそうだ。


    このツイートにはこんな反応が。

    「初めまして、凄くピーンとしていて、お行儀の良い姿にビックリしました。可愛いですね。」
     
    「おー、そこらの人間よりずっと背筋が伸びてる。一体誰が入っているのか?」
     
    「落語話しそうw 前に扇子と手拭い置いてみたい(描けないし合成もてきないけど)」


    見事な正座にこれから落語でも話しそうだとの声も。

    つみれちゃんの正座姿が反響を呼んだことを受けて、飼い主のみっしぇるさんは、

    「うちのつみちゃんにたくさん、ありごとうございます」

    と、感謝の意をツイートしていた。



    https://news.livedoor.com/article/detail/17409519/

    画像
    no title

    所長見解:かわいいやん・・・

    【【閲覧注意】人間にしか見えない猫がコチラ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新垣結衣に明らかな異変!結婚か、引退か…  


    過去数々のヒット作に出演し常にトップランクの人気を保ち続けてきた新垣結衣さん。

    2016年に放送されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』では再ブレイクを果たし、30代に突入しても変わらぬ容姿でこのまま人気女優の道を行くのかと思われていましたが、そんな新垣さんの最近の仕事ぶりがまるで身辺整理をしているかのようだと報じられています。

    その先にあるのは結婚なのか、引退なのか…


    g



    仕事をしてない新垣結衣

    ここ数年は1年に1作はドラマ出演するペースで来た新垣結衣さんですが、今年はドラマ出演がないですし、新垣さんレベルだと来年1月、4月のドラマに出る場合でも噂が出ますが、そういったものもありません。

    新垣さんレベルで一つドラマがコケたくらいで干されることはないですよね。

    素行や性格が悪いという噂もまず出てこない、稀有な女優さんだと思います。

    だからこそ大手のCMもたくさんつくのでしょうし。

    新垣さんは昨年『獣になれない私たち』でドラマ出演のほか、映画『コード・ブルー』に出演し93億円という大ヒットを飛ばしています。

    6月に31歳になりましたし、この1年は拘束時間の長い女優はお休みしてのんびりする約束だったのかも。



    囁かれる結婚説

    婚活話は少し前からありました。

    しかし婚活するから「拘束時間の長いドラマに出ない」は、まあいいとして、拘束時間が短そうなカレンダーを出さないのは驚きでした。

    あまり売れないから利益が出ないのかと思いきや、2018年のAmazonの年間売上ランキングを見ると2位で、3位が阪神タイガース、8位に石原さとみさんでそれ以外の10位以内は一般的なカレンダーですからこれで売れてないとは言えないような。


    もう一つ、アーカイブブック。

    が、なぜ9年分なんでしょうね。

    婚活というより、引退準備のような気がしてしまいますが、レプロにとっては大黒柱ですし、そう簡単に引退はできなそう。

    結局ただの休暇なんだと思いますが、ちょっと出ないだけで噂になって大変ですね。
    https://imashun-navi.com/article/aragaki-kekkon.html



    所長見解:誰と・・・


    【【悲報】新垣結衣、結婚引退の模様・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    モデルでタレントのMattが人気を集めたり、男性YouTuberが自身のスキンケア術をSNSで披露したりと、美容に関心を持つ男性が年々増えている。

    美意識が高まっている現代の男性たちは、同性のどんな顔に憧れを持っているのだろうか。

    そこでORICON NEWSでは、恒例企画の『第11回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング』を発表。

    その結果、ロックバンド・B’zの【稲葉浩志】が初の1位に。

    現在55歳の稲葉だが、歴代最高齢での首位を昨年の竹野内豊からさらに更新した。


    b


    ■世代問わず圧倒的な支持、生きざまが顔にでるカッコよさ

    2013年の福山雅治の殿堂入り以降、俳優が獲得することが多かった本ランキング。

    昨年は竹野内豊が歴代最高齢となる47歳で初の首位を戴冠したが、【稲葉浩志】はそれを塗り替えた。

    アーティストの首位としても、福山の5連覇以来6年ぶりとなっている。

    稲葉は今年、B'zとして5月にアルバム『NEW LOVE』をリリースしツアーを展開。

    同アルバム収録の「兵、走る」は大正製薬『リポビタンD』ラグビー日本代表応援ソングに起用され、「ラグビーワールドカップ2019」のテレビ中継のCMや各局のニュース番組でも繰り返し放送されて話題を呼んだ。

    稲葉は、若い頃から端正な顔立ちで知られ、故・勝新太郎さんが初めて会うなり、「いい顔してるな。お前さんの目は本物の目だ。(石原)裕次郎以来、久し振りに本物に出会った」と絶賛したエピソードでも知られている。


    “男の中の男”からも惚れられた稲葉は、ルックスはもちろん、常にステージで100%を出すためにストイックに体を鍛えてきた生き様も含めて、男性たちが羨望の眼差しを送って1位に。

    その理由として

    「いくつになってもかっこいいから」(東京都/10代)、
    「昔からの憧れの人だから」(滋賀県/20代)

    と若い世代からも支持され、世代別を見ても10代~40代まで1位と圧倒的な人気を誇った。

    さらに

    「この年になっても衰えずむしろ鋭さを増しているから」(東京都/30代)、
    「年齢を重ねても変わらないカッコ良さだから」(東京都/40代)

    と年齢を重ねたからこその色気や渋さも評価されている。


    2位は2016年に初首位となった【ディーン・フジオカ】がTOP3入り。

    10月期のドラマ『シャーロック  アントールドストーリーズ』(フジテレビ系)で月9初主演で主題歌とオープニングテーマも担当し、俳優、アーティストとマルチに活躍中。

    今年は、三谷幸喜監督の映画『記憶にございません!』、漫画家・北条司が総監督を務め、松下奈緒とW主演を務めたオムニバス映画『エンジェルサイン』にも出演するなど、話題をさらった。

    “おディーン様”という愛称にふさわしく、まるで王子様のような二次元的ルックスは男性からも憧れの的に。

    端正かつ気品ある顔立ちで180cmの長身スレンダーボディだが、実は格闘技経験者で、『シャーロック』で華麗なシャドーボクシングを披露するなど、ギャップも人気となっている。


    “国宝級イケメン”【吉沢亮】が初登場で3位にランクイン。

    20~40代からの票を集め、総合3位になった。

    NHK連続テレビ小説『なつぞら』、映画『キングダム』と話題作への出演が続いた吉沢。

    ドラマ、映画、CMと多方面で活躍した1年であり、自身もイベントで「勝負の年だった…」と振り返っている。


    TOP10を振り返ると、30歳を過ぎた俳優が目立った。

    昨年1位の【竹野内豊】(48)は4位、7位の【西島秀俊】(48)と大人の色香漂う渋みのある俳優が男性からも熱視線を送られている。

    初登場は6位【岡田将生】(30)と8位【斎藤工】(38)。

    男性が男性を見る目はシビアだが、ユーザーコメントを見ていると「渋い顔になりたい」「ワイルドで憧れる」とった言葉も一定数見られた。

    年齢や経験を重ねることで滲み出る魅力、美容術だけでは作れない知性や円熟味を含めた“イケメンさ”が表れている人が同性から憧れる“なりたい顔”になっているのかもしれない。


    ※福山雅治は2013年に同ランキング5連覇を達成し殿堂入り。

    (全文はコチラ)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00000307-oric-ent&p


    第11回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング

    1位 稲葉浩志  画像①

    2位 ディーン・フジオカ

    3位 吉沢亮

    4位 竹野内豊

    5位 竹内涼真

    http://www.oricon.co.jp/special/53912/

    所長見解:あやしいな・・・

    【【結果発表】男性が選ぶ「なりたい顔」ランキングがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「目的は沢尻エリカの弱みを握り、脱がせてカネにすることだった」――元夫・高城剛氏が語っていた薬物問題の“真相”

     
    11月16日、警視庁は女優の沢尻エリカ容疑者(33)を合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取り締まり法違反の容疑で緊急逮捕した。

    「週刊文春」では、2012年に沢尻エリカの大麻使用について詳しく報じている。

    当時の記事(2012年6月7日号)を再編集のうえ、公開する。

    ※記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。


    j


    ◆ ◆ ◆

    「そのようなことはしていない、と私は信じている。 その一言につきます」

    先週号(2012年5月31日号)の週刊文春スクープを受け、映画「ヘルタースケルター」の蜷川実花監督 (39)は同映画のPRキャンペーンの会見で、こうコメントした。

    先週、週刊文春が報じたのは、 女優・沢尻エリカ(26)の大麻使用の過去と、現在も疑われている継続的使用。

    前回の取材では、沢尻の夫である高城剛氏(47)から回答を得られなかったため、5月下旬、出張先の中国・北京から帰国したばかりの高城氏を直撃した。

    ◆◆◆

    「あの書類(通知書)は、間違いなく本物ですよ」

    「文春の記事は読みました。
    あの書類(通知書)は、間違いなく本物ですよ。
    蜷川さんも事実を知っているはずなのに、なぜ隠そうとするんですかね。
    僕はエリカから、(蜷川監督に)早い段階で伝えられたと聞いています。

    僕は、この件がスポーツ紙やテレビでまったく取り上げられないことにも驚いています。
    要するに、事務所もマスコミも”なかったこと”にしたいんじゃないでしょうか。

    僕は今まで彼女に何か問題が起きる度に対処し、誰に何を聞かれても多くは語ってきませんでした。
    陰に日向にエリカを庇ってきましたが、もう面倒見切れません。
    今回のことで、今後、日本とスペインの警察が動く可能性もある。
    もうお話しせざるを得ない時期なのでしょう」

    ◆◆◆

    高城氏は妻の大麻報道をどう受け止めたのか。

    取材は2時間以上にわたった。

    09年9月、沢尻の前所属事務所スターダストプロモーション(以下スターダスト)は、同年8月の酒井法子、押尾学らの薬物事件を受け、かねてから素行不良が問題視されていた沢尻の薬物検査を行なった。

    検査の結果、大麻の陽性反応が示され、同社がその後、代理人を通じ沢尻サイドに専属契約の解除を告げる「通知書」を突きつけたことは、先週号で報じた通りである。


    続き 
    https://bunshun.jp/articles/-/15611?page=1

    所長見解:ヤバいやん・・・
    【【衝撃暴露】「目的は沢尻エリカの弱みを握り、脱がせてカネにすることだった」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    外では決してツーショットにならなかった
     
    都心の大通りから1本裏に入った、閑静な通り沿いにある隠れ家的なそば店。

    裏口から人目につくことなく“VIPルーム”に入っていくことができることもあり、政治家や芸能人などの常連客も少なくない。

     
    ひとりの長身の女性がその正面入り口から店に入っていったのは、11月中旬の平日の午後7時頃のことだった。

    その5分後、今度は長身の男性がひとり、裏口から店内へ入っていく──。

    女性はモデルの冨永愛(37才)、男性はミュージシャンの布袋寅泰(57才)だった。


    「布袋さん行きつけのお店で、個室で2人きりで食事とワインを楽しんでいたようです」(布袋の知人)

    h

     
    冨永は現在、ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)で、木村拓哉(47才)演じる天才シェフ・尾花夏樹の過去に深くかかわる有名料理雑誌編集長・リンダを演じている。

    彼女にとって、これがゴールデンタイムの連続ドラマ初出演となる。

    「今年1月からは教養バラエティー番組『林先生の初耳学』(TBS系)内の『アンミカ先生のパリコレ学』のコーナーに講師役としてたびたび出演。
    ファッション関係でも『VOGUE JAPAN』でエッセイ『モデルへの道』の連載を続けています。
    最近の冨永さんは、吹っ切れたように仕事をしているような印象ですね」(ファッション誌編集者)

     
    冨永は2004年にフランス在住のパティシエと結婚し、男児を出産したが2009年に離婚。

    2012年には、交際中だった塩谷瞬(37才)に“二股”をかけられていたことが話題を呼んだ。

     
    2014年11月からは芸能活動を休止し、約3年間表舞台から姿を消していた。

    「理由は子育てと言っていました。
    ある雨の日、長男が全身ずぶ濡れになって帰宅し、
    “お母さんはぼくのことなんてどうでもいいんだ。ぼくは生まれてこなきゃよかった”
    と泣き叫んだことがショックだったそうです。
    それを機に休業し、小学校のPTA役員や学校行事にも積極的に参加していました」(芸能関係者)


    続き
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191121-00000016-pseven-ent

    所長見解:でかい・・・
    【【不倫疑惑】布袋寅泰と冨永愛、4時間個室密会ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ