スクープ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    浅香唯(50)が、フィットネスクラブを運営するRIZAP(ライザップ)のボディーメークに挑戦し、約4カ月間で体重8・8キロ、体脂肪率9・6%、ウエスト13・3センチ、それぞれ減少するダイエットに成功した。


    5日から全国でオンエアされる同社の新CMでは、マイクに見立てたしゃもじを握りながら歌う、どこか滑稽なシーンから一変、華やかな衣装に身を包み、晴れやかな表情で歌唱し、美しく引き締まったプロポーションと美貌を披露した。


    r


    浅香は、1985年(昭60)にデビューし、ドラマ「スケバン刑事3 少女忍法帖伝奇」に主演。

    80年代後半を代表するトップアイドルとなった。

    今年、デビュー35周年を迎え、50歳になり公私ともに充実した生活を送る一方、さまざまなダイエットを試してきたものの、自己流のダイエットは長続きせず、ことごとく失敗してきた。

    「これからも輝きたい」「オシャレを楽しみたい」「新しい自分に出会いたい」と一念発起し、ライザップに挑戦。

    ただ減量するだけでなく、見事に健康的で引き締まった美しい女性へと大変身した。


    浅香は「実は今まで引き締まったカラダになったことないんです。
    自己流のダイエットをしても長続きせず、ライザップへの挑戦は不安でした。
    以前から興味はありましたが、敷居が高く感じて、飛び込むのに勇気がいると思っていました」と告白した。

    その上で「だから、迷っている人、第1歩が踏み出せない人の気持ちがすごくよく分かります。
    今年で50歳を迎えるので、新しいことにチャレンジしたいという思いと、健康の事にも気を配る様になる。
    そういう意味ではすごく良いタイミングでした。
    同世代の方で子供もいて、忙しくて自分に時間を割いている暇がないという方に、『私にもできたんだから、できるよ!』と背中を押してあげたいです」と声を大にした。


    そして「今後やりたいことは…私ビキニ着たことないんですよ。
    娘と2人でビキニ着たいです!」と、2007年(平19)9月に出産した長女との“ビキニデビュー”を誓った。



    ▼ダイエットに成功
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/202008040000206-w1300_0.jpg


    ▼ボディーメークに挑戦する前
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/202008040000206-w1300_1.jpg


    『RIZAP』新CM「浅香唯 アイドル」篇&メイキング
    https://youtu.be/G90UWb52GpI


    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202008040000206.html 

    所長見解:ええやん・・・

    【【検証画像】元スケバン刑事・浅香唯さん(50)、ライザップの結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ミサイル防衛「なぜ中国の了解がいるのか」 河野防衛相

    河野太郎防衛相は4日午前の記者会見で、ミサイル防衛に関して「相手領域での弾道ミサイルなどの阻止」を盛り込んだ自民党提言が「中国や韓国の理解を得られる状況ではないのでは」と質問され、「主に中国がミサイルを増強しているときに、なぜその了解がいるのか」と語気を強めた。


    k

     
    韓国についても「なぜわが国の領土を防衛するのに韓国の了解が必要なのか」と述べた。

     
    中国は急速な勢いで弾道・巡航ミサイル開発を進めており約2千発を配備。

    その多くが日本を射程に収めるとされ、日本は抑止力の抜本的な強化を迫られている。

     
    自民党は中国や北朝鮮の脅威の増大を踏まえ、「専守防衛の考え方の下」で「ミサイル阻止能力」の保有を検討するよう求める提言をまとめた。
     

    https://www.sankei.com/politics/news/200804/plt2008040012-n1.html

    所長見解:ええやん・・・

    【【防衛大臣】記者「中国・韓国の了解なしにミサイル防衛したらダメでは?」→ 河野太郎大臣「なんで了解が要るんだよ(怒)」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    百田尚樹氏が新型コロナウイルスについて「無毒化あるいは弱毒化」と言及し賛否

    元小説家の百田尚樹氏が新型コロナウイルスについて持論を展開。

    その内容が賛否を呼んでいる。

     
    百田氏は、連日東京都を中心に新型コロナウイルスの新規感染者を大々的に報道するメディアに対し、自身のTwitterで「連日『コロナ感染者が増えた~!』とメディアは大騒ぎしているが、私はその危険度に疑問を持っている」と問題提起する。

     
    その上で、「死者は4月5月に比べて極端に減っていて今も増えていないからだ。
    また感染者の8割が無症状という。
    それってもはや無毒化あるいは弱毒化してるってことじゃないのか」と指摘し、「詳しい人、教えて!」と訴えた。


    h


    さらに、テレビの取り上げ方についても「テレビでアナウンサーが感染者が増えた!と言うときの声が完全に喜んでるように聴こえるね。
    深刻そうな顔をしてるけど、内心の喜びが隠せないというか」と、持論を展開した。

     
    このツイートに、

    「確かにそういう傾向があるのかもしれない」
    「集団免疫を獲得して、ほぼ無害化しているのではないか」
    「人間と共存するために弱毒化したと考えても良いのでは」

    と声が上がる。

     
    一方で、

    「医療の現場が適切な対策を学んだことが大きい。2、3月は医師が普通の風邪と変わらないなどとナメた発言をしていた」
    「4、5月にはもっと感染者がいて、検査をしていなかっただけでは」

    という声や、

    「根拠がない。現時点で弱毒化していると考えるのは危険」
    「対策はしっかりしていかないとダメ」

    などと否定的な意見も出た。


    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12184-200044480/

    所長見解:そうやな・・・

    【【朗報】新型コロナは無毒化・弱毒化してる説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中国から米国各地に送られて来た謎の種の正体が明らかになった。

    7月下旬に数千世帯に突如中国から郵便物で送られてきた謎の種。

    日本にも送られてきており、有名人である浜田雅功さんの妻である小川菜摘さんが中国から謎の種が送られてきたことを報告していた。

    米国農務省傘下の動植物検疫は米国1千世帯に配信された中国発の種を調査した結果、現在までに14種の種子を確認。

    具体的には、マスタード、キャベツとミント、ローズマリー、ラベンダー、セージなどのハーブ、バラ、ハイビスカス、朝顔などの種で特に問題のあるものでは無かったという。

    米農務省は、「確認された種のうち、有害はないことはわかった」と言いながらも種を植えないようにと呼びかけている。


    アメリカ以外に日本、そしてカナダにも中国から種が送られて来ており、その狙いが不明。

    特徴として小包には「宝石」や「おもちゃ」と書かれているがあけてみると中身は種が入っている。

    そのような報告が相次ぎSNSに多数報告が挙がった。


    米国農務省の調査で有害なものではないと判明したが、そもそも注文していないものを受け取り使わないようにしてほしいとしている。


    一部では種が届いた小包をTwitterにアップさせる狙いで追跡番号から住所などを特定するのではないかと言われている。

    仮に中国から謎の小包が届いた際は、住所や氏名だけでなく、追跡番号も全て隠してSNSにアップするか、そもそも画像をアップは避けた方が良いのかもしれない。

    また別の仮設ではランダムで商品を送りつけインターネットにレビューさせるための手法、もしくは後から金銭を要求するのではないかと言われている。

    いずれにせと種が届いたら破棄するのが一番だろう。

    https://gogotsu.com/archives/58620


    no title


    所長見解:なんで住所しってんねん・・・

    【【これは怖い】中国から送られてきた謎の種の正体が判明した模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    b



    ボーイッシュなのに体は完全な女wwww



    所長見解:ええやん・・・

    【【検証画像】ボーイッシュなのに体はセクシーすぎる女がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ