ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 疑惑・噂

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能界がにわかにキナくさくなっている。
    サッカーW杯ロシア大会の閉幕と同時に、次々と大物・有名芸能人の薬物逮捕情報が駆け巡っているのだ。
    過去にクスリで逮捕歴のある某タレントや人気アーティストにも再び“マトリ=麻取”や警視庁組対5課が捜査を進めており、いよいよ大詰めを迎えているという。
    連日の酷暑にも負けない大捜査線の末に、逮捕ラッシュがありそうだ。

    y


    W杯決勝トーナメントで日本がベルギーに惜敗した3日以降、水面下で著名人の逮捕情報が続々と流れている。

    警察事情に詳しい関係者によると「当局も国民の関心がW杯に向いている間は動かない。
    日本がベルギーに負けたのを機に、メディアに情報を流し始めた可能性がある」と話す。

    W杯が閉幕したいま、クスリ絡みの捜査は大詰めを迎えているといってよさそうだ。
    そんななか大麻所持の容疑でマークされているのは、有名音楽家X。
    内偵しているのは「マトリ」と呼ばれる厚労省管轄の麻薬取締官だ。

    関係者によれば「彼が頻繁に通っていた施設は、一部で“シャブ抜き専門”と言われている。すでにマトリの行動確認は済んでいるようだ」。

    同じくマトリが狙っているのは、昨年からずっと狙われている人気アーティストY。
    今年に入り近い人物が薬物事犯で逮捕されたことでも話題となった。

    「Yの周辺捜査で、新たに名前が出てきたのは男性芸能人のZ。
    このところ自発的に芸能界から距離を置いているが、それはYからの芋づるを恐れてのこととウワサされている」(芸能関係者)

    事情通は「覚醒剤で逮捕された芸能プロ関係者が、Zの家で遊んでいたことを警察に話したみたい。
    Z周辺は水面下でかなりトラブルになっているようですね。
    そのZの付き人と、逮捕された芸能プロ関係者がもともと友人だった。
    内輪で遊んでいたグループの中から、この関係者が逮捕されてしまったわけだからZはかなり焦っている。
    だから、表に出る芸能の仕事を減らし、目立たないようにしている」と明かす。

    一方、マトリと双璧を成す捜査機関の警視庁組織犯罪対策5課は“薬物界のレジェンド”に狙いを定めている。

    過去に逮捕歴があり、一時は更生したかに見えたが、意志の弱さから再びクスリに手を出しているというのだ。

    「そればかりか、売人のようなこともやっていると聞く。
    これまでは自分でシャブを使用してドン底に落ちるだけだったが、売買に絡んでいるとなると事情が変わってくる。
    違法薬物の拡散を防ぐためにも、当局は捜査に全力を挙げている」とは警察関係者。

    この他、すんでのところで逮捕を免れたのはスポーツ系タレントだ。
    当局は都内にあるクラブのVIPルームで売人から定期的に覚醒剤を購入しているところまではつかんでいたが、タッチの差で現行犯逮捕とはいかなかった。

    「その後、奥さんとの間に子供が生まれたのを機に、シャブから距離を置いているようだが…。
    またいつ手を出すかわからないので、マークは外していない」とは別の捜査関係者。

    連日うだるような暑さが続いているが、今年は芸能マスコミにとっても長く、アツ~イ夏になるかもしれない――。


    【最近薬物逮捕された有名人たち】

    今年も薬物逮捕の有名人は続々と出ている。
    6月にはヒップホップグループ「練マザファッカー」のラッパー、D.Oこと君塚慈容が大麻取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕。

    5月には女子プロレスラーの浜田文子と、仮面ライダーシリーズに出演した俳優の松尾敏伸がそれぞれ覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕。
    同月にはラッパーのRITTOこと前原律仁が大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕。
    2月には覚醒剤取締法違反(所持)の疑いでAV女優の麻生希が逮捕された。

    2017年にはタレントの清水良太郎が覚醒剤取締法違反(使用)容疑で、歌手の田中聖が大麻取締法違反(所持)容疑で、橋爪功の息子で俳優の橋爪遼が覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された。

    X、Y、Zらが逮捕された場合、16年に元プロ野球選手の清原和博氏が覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されて以来の薬物による大物逮捕劇となるだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000008-tospoweb-ent


    所長見解:誰だ・・・

    【【衝撃情報】大物芸能人5人の薬物逮捕情報がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title



    所長見解:整形じゃないな・・・

    【【衝撃画像】吉岡里帆の整形疑惑がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ゲイタウンとして名高い東京・新宿2丁目――。
    7月11日、この街のとあるクラブで、元SMAPの稲垣吾郎(44)が撮影監督として名高いクリストファー・ドイル(66)からキスされたというのだ。

    g


    とはいっても、2人だけで店にいたわけではない。
    二階堂ふみ(23)やヴィジュアリストの手塚眞(56)の姿もあったという。

    「手塚治虫(1928~1989)原作の映画『ばるぼら』の打ち上げですよ。
    『女性自身』(7月24、31日合併号)で報じていますが、6月末のクランクアップの挨拶で、稲垣さんが『あれ、おかしいな……』と言葉に詰まると涙を流したという、手塚治虫の息子・眞氏がメガホンを取るあの映画です。
    さすがに2丁目での打ち上げには、稲垣さんも『こんなところでやるのは初めて』と驚いていたそうです。
    ヒロインの二階堂さんは、上機嫌で踊っていたそうですよ」(映画関係者)

    もっとも、打ち上げに新宿2丁目を選んだのは、吾郎ちゃんにゲイ疑惑があるからというわけではない。
    「ばるぼら」の原作では、異常性欲者の悩みを抱える耽美派作家の「美倉洋介(稲垣)」と、アルコール依存症で自由気ままな「ばるぼら(二階堂)」が出会うのが、新宿駅なのだ。

    「美倉はばるぼらと一緒に暮らし始め、作家として成功します。
    しかし、彼女の自由気ままぶりが許せず家から追い出すと、作品も書けなくなってしまう。ばるぼらは、実は芸術の女神の化身だったというもの。
    クライマックスも壮絶で、手塚作品には珍しいモノ。
    あまりメジャーな作品ではありませんが、手塚ファンとして有名な立川談志さん(1936~2011)も、好きな作品には必ず『ばるぼら』を挙げたほどで、ファンには評価も高い。
    この連載が『ビッグコミック』でスタートしたのは1973年7月なんですが、翌8月に手塚さんが社長をしていた出版社の虫プロ商事が倒産し、同年11月にはアニメ会社の虫プロダクションも4億円もの負債を抱えて倒産。
    手塚さんは自宅も失って、どん底にいた時期になります。
    それでも、執念で復活の道を探り始めた記念碑的な作品でもあるんです」(芸能記者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00545415-shincho-ent 


    所長見解:やっぱりか・・・

    【【お察し】元SMAP・稲垣吾郎が新宿2丁目で男性とキス ←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月4日発売の『anan』で、鍛え抜かれたムキムキBODYを披露した竹内涼真。
    自身のインスタグラムでも肉体を公開すると、冒頭のような女性ファンのコメントが2400件近くも寄せられた。
    「旬のタレントがセミヌードで『anan』の表紙を飾るのは恒例で、先月も中村アンさんのトップレス姿が話題になりました。
    彼もこの撮影のために、トレーナーの仲田健さんが2か月かけてボディメイクしたので、仕上がりはバッチリでした」(テレビ誌ライター)

    t


    竹内は'17年にNHK朝ドラ『ひよっこ』、『陸王』(TBS系)と話題のドラマに立て続けに出演し、幅広い世代からの人気を獲得した。
    「開催中のサッカーW杯ロシア大会でもTBSのスペシャルサポーターを務めており、評判は上々でした」(同・テレビ誌ライター)

    そんな彼がロシアに飛び立つ前に立ち寄ったのが、都内の実家近くにある焼き鳥店『H』。ジャズが流れるおしゃれな雰囲気の店だ。

    「月1回くらいのペースで通っていますよ。
    もともとは涼真くんの父親の行きつけだった店なので、家族と一緒だったり、おひとりでフラッと来たりしますね」(常連客)
    お気に入りのメニューは、1本250円の鶏皮だとか。

    「竹内一家は食べるのが早くて、すぐに2軒目へ行っちゃいます。
    でも最近の涼真くんはいっさいお酒を飲んでいませんでしたね」(同・常連客)
    それもそのはず。そのころの竹内は、『anan』のボディメイク真っただ中。
    インタビューでも《2か月我慢したからお酒が飲みたいです(笑)》と、そのストイックな生活ぶりを語っていた。

    「この店はおしゃれなカップルが多いのですが、涼真くんが女性連れだったことは1度もありません。マッチョな男性と来ていたのは見たことあります」(別の常連客)

    その男性とは、竹内のパーソナルトレーナーを務めているYoheiさんだった。
    「僕とこの店に来たときも、鶏皮を頼んでいました。炭火で焼くと余分な脂が落ちるので筋トレ好きにはうってつけなんです。
    涼くんはお酒を飲むときもハイボールやレモンサワーが中心で、あまりビールは飲まない。食事にもかなり気を遣っています」

    竹内との出会いは今から5年ほど前。
    彼が、今の所属事務所に入ったばかりのころだ。
    「最初はパーソナルトレーナーを断ろうと思っていたんです。
    でも、あのキラキラした目と礼儀正しい態度にやられちゃいました(笑)」(Yoheiさん、以下同)

    竹内はデビュー当時からマッチョな身体への憧れが強かったという。
    「今でもジムに週5で来ます。上半身の筋肉を大きくするのが彼の要望なので、ベンチプレスなどを使ったウエートトレーニングを行っています」

    将来的には、いったいどんな身体を目指しているのか。
    「アイアンマンのようなアメコミのヒーロー役をやれるような身体を目指しているみたいですよ。だから、まだまだ鍛え抜かないと!」

    進化し続ける竹内の肉体に、これからも目が離せない。

    http://www.jprime.jp/articles/-/12796


    所長見解:マッチョな男性と・・・

    【【熱愛疑惑】竹内涼真、焼き鳥店にマッチョ男性とふたりきり ←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉岡と言えば、ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系、2018年1~3月期)で、自己評価が低く他人の前で挙動不審になってしまう“キョドコ”こと主人公・小川今日子を演じて話題となった。
    視聴者からは、「見てるだけでイライラする」「全く共感できない」「痛々しくて見てられない」など役柄に対しネガティブな意見が殺到。
    同時に「役に関係なく(吉岡には)嫌われる要素がある」「あの媚びる目が嫌」と、吉岡本人にも厳しいコメントが寄せられた。

    r


    もともと吉岡は、決して女性ウケが良いタイプではない。
    デビュー当初は「可愛い」「演技が上手い」と評価する声が多かったが、番宣でバラエティ番組などにたびたび登場するようになると「計算高そう」「男ウケを狙い過ぎじゃない?」といった声が広がり、女性アンチが急増。
    大はしゃぎする様子を見せたり、イケメン共演者と過度なスキンシップをとる吉岡を“あざとい”と感じる女性視聴者が多かったようだ。
    また、グラビアタレントとして活動していることも、女性の反感を買う要因になっている。

    https://npn.co.jp/article/detail/44727049/


    所長見解:いいよね・・・

    【【疑問】吉岡里帆には、なぜ女性アンチが多い? ←これwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ