疑惑・噂

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ──今回は「イッテQ」のヤラセ問題を受け、みなさんの率直なご意見をお聞かせ願いたいと思います。

    q


    制作会社スタッフ 

    撮った映像をそのまんま流したっておもしろい画(え)にならないのも事実。

    何かを起こさないと番組にならないじゃない。

    ディレクターが自転車のタイヤに穴を開けてパンクさせて、タレントが「ヤバイよ~」ってなる。

    どの番組でも収録してきた映像にテロップや効果音、時に順番を入れ替えるとか、演出することで盛り上げているわけだし。

    「イッテQ」はその編集技法が抜群だったから人気だったとも言える。


    放送作家 

    今回、ネット上では「ヤラセQ」とか炎上しているみたいだけど、ボクの周りでは問題視されてないよ。

    あれがダメならおもしろい番組なんてできないって悲鳴が上がってる。

    その昔、バラエティ番組のクイズコーナーで回答者のご老人から次々と珍回答が飛び出すという名物コーナーがあったけど、あれだって編集のマジックだった。


    民放情報番組ディレクター 

    「ご長寿をバカにしてる」ってお叱りがあってあえなく終了しちゃったね。

    視聴者もバラエティ番組はフィクションだと笑い飛ばしてくれればいいけど、どうも最近はそれで許されない。

    やはり、イモトがマッキンリーを登頂したり、番組がドキュメンタリー調になってきたから、本気で信じてしまう視聴者も多かったんだろうね。

    でも、個人的には同じ日テレでも24時間走る企画のほうがヤラセっぽいと思うけど。


    しだいに白熱するテレビ関係者の座談会では、テレビ制作のこうした“段取り”を徹底的に暴露。

    その驚くべき全容は、11月20日発売の「週刊アサヒ芸能」11月29日号で明らかにされている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1577612/


    所長見解:そうなんやろね・・・

    【【これはアカン】「イッテQ」やらせ問題で関係者の全暴露がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「今回の騒動で、いちばんの“被害者”は宮川さんですよ。

    彼は祭り企画への思い入れが非常に強く『今の自分があるのもすべて“お祭り男”のおかげだ』と思っていました。

    番組を信じて頑張ってきただけに『裏切られた』という思いが強いようです」(事務所関係者)


    2週連続で『週刊文春』が報じた、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のやらせ疑惑。

    宮川大輔(46)の担当する企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のうち今年5月の橋祭りと17年2月のカリフラワー祭りがデッチ上げだったと報じている。

    報道を受け、日本テレビの高橋好男社長が11月15日に謝罪会見を開き、企画の休止を発表。

    同企画のあった番組の平均視聴率は20%前後と高く、番組史上最高視聴率を獲得したのも同企画。

    そんな人気企画だけに、番組もとくに力を入れていたようだ。

    q


    「プライム枠でも1,000万~2,000万円が相場となっている、緊縮予算のご時世。

    そんななか、『イッテQ!』の予算は異例の5,000万円といわれています。

    いっぽうで出演者のギャラは比較的安かった。

    出演交渉をする際も『うちは視聴率20%なんだよ』と、高視聴率を笠に着ていたそうです。

    そうした横柄な態度が、今回の不祥事を招いたのではないでしょうか」(前出・事務所関係者)


    そんな番組の姿勢に、かねてから宮川は疑問を感じていたという。

    「現地の人たちは基本的にエキストラだったわけですから、異様にテンションが高い。

    ロケの最中、宮川さんはお祭りの参加者たちを見て『なんでこんなに人多いん?』『テンション高すぎひん?』と、漏らしていたといいます。

    さらに、現地の人が領収書のような書類にサインする場面を目撃してしまったのだとか。

    その際も宮川さんはスタッフに『あれなんなん?』と追及したそうです」(番組関係者)


    あまりにも不自然すぎる光景。

    堪りかねた宮川がこんな指摘をしたことも――。

    「それでも、スタッフはやらせを認めるわけにはいきません。

    この手の番組はタレントのリアクションが命ですから、やらせだとバレないようにずっと言い訳をしてきたといいます。

    宮川さんは半信半疑の状態で『これ、祭りちゃうやん!?』とツッコんでいたそうです。

    とはいえスタッフとは11年もの付き合い。

    『嘘をつくはずがない』と宮川さんは彼らを信じていたのに……」(前出・番組関係者)


    やらせ発覚直後の11月11日放送回の視聴率は16.6%。過去4週で最低だった。

    「不祥事が起こると注目が集まり視聴率は維持できるかもしれませんが、一時的なもの。

    これからは一気に番組離れが進んでいくでしょう。

    いま日テレがもっとも恐れているのは、やらせ疑惑がほかの企画にも波及してしまうこと。

    最悪、番組が打ち切りになってしまう可能性もあり、そうなれば、何10億円もの損失が出てしまう。

    そうならないために、日テレは祭り企画を休止して早々に“火消し”をしようと必死なんです」(テレビ局関係者)

    気になるのは宮川の今後だが、ネット上には視聴者からの同情の声が殺到している。

    冠企画がなくなったことで、宮川の降板も心配されているが――。

    「当初、宮川さんは祭り企画への強い思い入れから、『この企画がなくなるなら、番組を降ります!』とスタッフに伝えたそうです。

    でも、実際になくなってしまったいま、宮川さんは『お世話になった番組のためにどうにかしなければ』と考え直したと聞きました」(前出・番組関係者)

    宮川の「アカーン」という的を射たツッコミを、封印してしまった日テレの罪は重い。


    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1685815/ 


    所長見解:しってたよね・・・

    【【ヤラセQ】宮川大輔「これ、祭りちゃうやん!?」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月18日に放送された『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、生き物と一緒に暮らす未来の基地を作り上げる企画『新宿DASH』が放送された。

    ヤラセ疑惑が報じられ、謝罪した『世界の果てまでイッテQ!』(同)の放送前の時間帯だったこともあってか、視聴者からは「この企画もやらせなのでは」と疑う声が出ている。

    t


    同企画では、新宿にある東京富士大学の屋上に池を設け、稲などを育てている。

    この日の放送では、10月1日に台風24号が新宿を襲い、同地の屋上に設置した「ハート池」も大きな被害を受けたと報告した。

    ただ、あらかじめ育てていた稲は大きな被害を受けることはなかったという。

    さらに池を調べると、池の中で稲を守る「益虫」のアシナガグモが台風に乗って池まで飛んできたことが明かされた。

    さらに、8月中旬に国分太一が池の中に存在していることを確認したアカハライモリが、台風の被害を受けてもまだ生きていることを確認した。


    屋上の池にイモリ「スタッフが入れたのでは」

    城島茂と国分は、イモリを見て「池の守り神」と評した。

    イモリがエサを食べ、外敵から自身を守るための水草に潜るなど、活発に動いていることを確認。

    8月中旬に確認した物体とは、別のイモリも生息しているらしい。

    2人は新しいイモリをアルタがある新宿になぞらえ「タモリ」と名付けるなど大はしゃぎだった。

    しかし視聴者は、同大学の屋上までイモリがたどり着いたことに疑問を持っているようだった。

    《さすがにイモリはやらせにしか見えない…》
    《ヤラセが問題になってるからこういうのハラハラしちゃう》
    《スタッフがイモリをヤラセで池に入れたんじゃないの?》

    真偽のほどは分からないが、TOKIOも『イッテQ!』のとばっちりを受けた形だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1576575/


    所長見解:そうなるよね・・・

    【【やらせ?】「鉄腕DASH」にありえない奇跡 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    f


    女優の藤原紀香が11月13日夜、自身のブログを更新。

    すっぴん顔を披露したのだが、やはり批判の声は収まらないようだ。

    ブログは“とろりんぱ”と題し、就寝前に広島の宿泊先で自撮りした写真を上げ、「いつもお肌ツルピカなことを嬉しくも皆さまに褒めていだきますが」と綴っている。

    「確かにその肌は手入れが行き届いており、47歳とは思えないタマゴ肌です。

    ただ、彼女は時折この“すっぴん顔”を披露するのですが、その度に批判の声が上がる。

    今回も案の定、ネット上で

    《相変わらずピチピチだな》

    《ウチの嫁も見習って欲しいわ》

    などの賞賛と同時に、

    《そのアピール好きやめろ》

    《わかったわかった》

    といった、呆れた声も飛び交っていました」(ネットウオッチャー)

    ブログ記事では後半、イメージキャラクターを務める化粧品のリンク先がしっかり貼ってあることから、“仕事の一環”とも取れるが、2年前に片岡愛之助と再婚して以降、その仕事も、やればやるほど批判が噴出する状態が続いている。

    「紀香は16年の結婚会見で“仕事と夫のサポートを両立させる”と話し、当時から歌舞伎界関係者から猛反発を食らっている。

    梨園の妻はそう甘くはないというわけです。

    愛之助も尻に敷かれっぱなしとされ、舞台に付き添ってもスマホばかりいじっている紀香に何も言えないという話。

    そんな関係から、離婚するのではとの見方がいまだに絶えないんです」(芸能記者)

    このまま我を張り続けるのか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1575219/


    所長見解:さすがやね・・・

    【【離婚へ】破綻が近そうな藤原紀香の仕事と家庭の両立問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月20日に音楽出版会社の代表取締役の男性と結婚した元グラドルの杉原杏璃。

    その後、発売された「週刊文春」が、結婚相手が“芸能界のドン”の異名を持つ大手芸能プロ、バーニングプロダクション社長・周防郁雄氏の長男、彰悟氏であることを報じている。

    2人は10年以上の友人関係を経て、昨年春頃から交際をスタートさせたようだが、そのなれそめを知り、ネット上では杉原が彰悟氏から「援助を受けていたのでは?」という疑惑の目が向けられている。

    「杉原は15年9月に放送された『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)で、同年7月に引っ越したばかりという高級タワーマンションをテレビ初公開。

    そのタワーマンションは3LDK 150平米を誇り、年収1000万以上でなければ住むことは難しいと紹介されていました。

    s


    そんなタワーマンションに当時、崖っぷちグラドルだった杉原が住むことができたのは株の稼ぎのおかげと紹介され、これまで株で1000万円以上の儲けを出していたことも明かされていました。

    しかし、安定しない株の稼ぎだけを頼りに高級タワマンに住むのはやはりチャレンジャーすぎます。

    そのため、10年前から彰悟氏と友人関係だったということを知り、やはりこのタワマンもその援助があって住むことができたのでは?と推測した人が多かったようです。

    また、結婚発表から一夜明けた10月27日に出席したイベントでは、彰悟氏について、『10年もそばにいてくださって、“大好きだよ”とずっと言ってくださった方』と、杉原は話していました。

    それだけ地位の高い人が杉原に10年間ただ『大好きだよ』というだけで、それ以外何もアクション起こしていなかったとは思えませんからね」(エンタメ誌ライター)


    ネット上では

    「やっぱり、あのタワマンも援助してもらってのかな」
    「株の稼ぎだけでタワマンは住めないだろ」
    「結局、支援してもらってたんじゃないか」

    などといった声が上がっている。


    「ちなみに杉原は15年4月に放送されたバラエティ番組『ヨソで言わんとい亭』(テレビ東京系)で、グラビア界のパパ活事情を暴露していました。

    本当にグラドルやタレントになりたくて芸能界入りする子もいると話す一方で、『“グラビア”“モデル”という肩書きが欲しくて、(肩書きを利用して)お金持ちの社長さんと知り合うほうが目的って子もいると聞いたことがあります』と語っていましたが、自分にはそこらの社長よりも頼りになる存在がついているという気持ちもあり、そういったグラドル事情も高みの見物といった感じだったのかもしれません」(前出・エンタメ誌ライター)

    何はともあれ、末永く幸せであってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1575213/


    所長見解:そうやね・・・

    【【ドン息子と結婚】杉原杏璃、結婚前の怪しすぎる疑惑がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ