ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 疑惑・噂

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    アキラ100%、サンシャイン池崎、カズレーザーなど、今年に入り大躍進した男性芸人たちのなかでも、安定した人気ぶりだったのがANZEN漫才のみやぞん。
    『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などで見せる“ド天然”ぶりながら、じつは運動神経が抜群。
    リーゼントヘアに困ったような笑顔がトレードマークとして世間に定着した。

    m


    「ブレイクのきっかけは昨年、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)内の『お笑いイミグレーション NEXT!』に出演したこと。
    もともとは歌ネタがウリだったのですが、あまりの“おバカっぷり”がとんねるずの目に留まり、番組の常連に。
    その後、『イッテQ!』にも抜擢され、司会のウッチャンから“マンガのような人生だな!”と目をかけられるなど、テレビ界のレジェンドたちから愛されたのが大きかった。
    変わらず好感度は抜群ですね」(記者)

    その人気ぶりを受け、今年のテレビ出演本数が370本にも上り、「日経トレンディ」(日経BP社)の「今年のヒット人」にも選ばれ、「ぶっちゃけ忙しいっちゃあ忙しいですね」とコメントしていたみやぞん。
    一方で性格面も「いい人」とされており、インターネット上では「ドッキリ企画に引っかかっても、逆にひっかけたほうを心配してくれる」「ファンでもなんでも一般人には神対応」などと絶賛する声が多い。

    しかし、同業者から聞こえてくる声はちょっと違ったものだ。

    「そうなんですかね。僕はあまり“いい人”という印象はないんですよね」とは、みやぞんと仕事をしたことのあるお笑いタレントだ。

    「確かに今、めちゃくちゃ忙しいということもあり、疲れているというのもあるのでしょうけど、先輩の僕が楽屋に入っても挨拶はしないし、ダルそうにちょっとうなずくだけ。
    収録が終わると、まずは椅子に座ってプカーっとタバコをふかしているところをよく見ます。
    また、天然がウリで優しい人みたいなイメージですが、実際はそんなことはないですよ。
    我が強い感じですし、ちょっとした先輩たちには愛想を振りまく感じではないですね。
    大物の前ではまた違うのかもしれませんが……。
    そのため、みやぞんのことをよく思っていない芸人さんも多いです」

    いじられキャラでありながら、じつは野球とキックボクシングで鍛えたコワモテでもある、みやぞん。
    ただの“いい人”だけでは、芸能界で生き残れないのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1383906/


    所長見解:なんか怖いよね・・・
    【【裏顔暴露】みやぞんの悪評… 挨拶せずタバコふかす、共演者に愛想なしってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本から世界へ羽ばたいたアイドルメタルユニットBABYMETALに思わぬ強敵が出現。
    その敵とは思春期女子ならではの現象?

    b


    「最近のライブでの写真が話題になっています。
    3人の中で断トツの一番人気は、センターでボーカルの中元すず香ことSU‐METAL。
    現在19歳で、その細身のボディからは想像できないダイナミックな歌唱力で世界中で評価が高いんですが、彼女の両脇でダンスとスクリームを担当しているのが、YUIMETAL(水野由結)とMOAMETAL(菊地最愛)という現在18歳の2人です。
    2人の中ではステージで向かって右に立つことが多いYUIが少し人気が高いと言われていますが、そのYUIの“見た目の変化”がファンの間で物議を醸しているようなんです」(エンタメ誌記者)

     そんな中、ネット上に貼られたのは何枚もの“YUI激太り写真”。
    「大きくなったねぇ」
    「思春期だからしょうがない」
    「アップが稀勢の里に見えた」
    「清宮(幸太郎)みたい」
    「あんなに踊っててなんで太るんだろ?」
    などさまざまな反応があった。

    「なぜ、こんな事態になったかというと、12月2日と3日の広島グリーンホールでのライブに、YUIMETALが体調不良を理由に突然、出演をキャンセルしたからなんです。
    で、一部のファンが“激太り”写真を貼ってしまったようですね。
    おそらく思春期ならではの体型変化だとは思いますが、AKBなどと違い3人しかいないアイドルユニットだけに見た目の変化はどうしても目立ってしまう。
    体調不良以上のダメージがなければいいのですが…」(女性誌記者)

    ファンの一部からは
    「むしろ貫禄が出てメタルっぽくなった」
    「ずっと忙しかったから、ゆっくり休んで」
    「ちょっと痩せたらまた美人に戻るはず」
    などの励ましコメントも多い。

    ぽっちゃり化は18歳少女の通過儀礼。
    しっかり元気をチャージして戻ってきて!


    http://www.asagei.com/94491 


    所長見解:健康的でいいよ・・・
    【【検証画像】BABYMETAL人気メンバーに「激太り」疑惑ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「癒やしてくれ」「3分だけ寝かせて」 暁星国際高野球部セクハラ疑惑

    y


    「監督だからなかなか言えなかった」。
    暁星国際高校野球部の男性監督によるハラスメント疑惑で、被害に遭った男子部員が取材に応じ、こう証言した。

    「3分だけ寝かせて」「癒やしてくれたら許してあげる」。

    部員らによると、監督は部員の部屋を見回る際、よくこのように言っていたという。
    「3分たちました」などと部員らが話しても「あと少し」と、そのまま居続けることもあった。

    同校野球部は平成3年の秋季県大会で優勝後、戦績が低迷。
    近県の私立高校でコーチをしていた監督が再建のために招聘(しょうへい)されたという。
    チームを立て直した実績も、被害申告が遅れた理由の一つとみられる。

    高校の部活動をめぐっては、バレーボールの強豪、私立足利工大付高(栃木県足利市)で6月、男性コーチが、マネジャーと交際していた男子生徒を蹴るなどして負傷させたことが判明。
    堺市の市立学校では5月、運動部顧問の男性教諭が女子生徒に「裸になるぐらいの覚悟で無心になって頑張れ」と声をかけ、実際に壁越しに裸にさせたことも明らかになっている。

    部活動の問題に詳しい宮城教育大の神谷拓准教授(スポーツ教育学)は「競技成績を高めるために、寮生活などで集団としてのまとまりを強化していくのは昔から見られる指導法だが、閉鎖的な環境になり、問題が隠蔽(いんぺい)される危険性が高い。
    監督は試合の裁量を持つ『権力者』で、性的被害も打ち明けにくい。
    外部の目も入れながら調査をすることが必要だ」と話した。


    http://www.sankei.com/smp/affairs/news/171204/afr1712040003-s1.html 


    所長見解:男・・・
    【【高校野球】男性監督セクハラ疑惑「癒やしてくれたら許してあげる」「3分だけ寝かせて」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    あの大物女優と大物俳優の“熱愛疑惑”が再び浮上している。
    「年明け1月に放送予定のスペシャルドラマで共演している天海祐希さんと佐々木蔵之介さんが、“やっぱり怪しい”と関係者の間で噂になっているんですよ。

    y


    2人の熱愛は2007年頃にもスポーツ紙などで報じられ、一部では『結婚秒読み』などと書き立てるメディアもありました。
    しかし、昨年9月に放送された『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』(フジテレビ系)に佐々木さんがゲスト出演した際、2人は当時の騒動を振り返って、あくまで誤報だったことをネタにしていました」(テレビ局関係者)

    天海といえば、元宝塚男役トップスターで、その“男気”あふれる性格は有名だ。
    過去には吉川晃司との熱愛が報じられたことがあったものの、『スナックあけぼの橋』で「一生、独身でいるつもりだよ。自分の今の生活に誰かが入ってほしくない」と発言するなど、かねてから“生涯独身”宣言をしてきた。

    対して佐々木は、“最後の独身大物俳優”と呼ばれ、過去のスキャンダルは天海をのぞけばタレントの小野真弓との熱愛や、「フライデー」(講談社)が報じた一般人女性のみ。
    天海は現在50歳、佐々木は49歳とほぼ同じ年齢だ。

    「2人ともに人気俳優で独身、年齢も年齢ですから、周囲はみんな温かく見守っていますよ。
    もともと共演が多く仲がいいせいなのか、現在行われているスペシャルドラマの現場でも、息ぴったり。
    『このまま本当に結婚したらいいのに……』と、2人の熱愛を望む声まで上がっていますよ(笑)」(同)

    今度こそ、2人の口からおめでたい報告を聞くことはできるのか――。
    温かく見守っていきたい。

    http://biz-journal.jp/2017/11/post_21430.html


    所長見解:お似合いだよね・・・
    【【噂再浮上】天海祐希と佐々木蔵之介、熱愛発覚か?ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    華やかな世界で活躍し続けるタレントに噂される武勇伝の数々。
    ケンカ無敗を誇る武闘派は誰か、徹底取材ッ!


    ■若い頃のビートたけしはメンタルもフィジカルも無敵  
    人前で活動する芸能人が、一般の社会人に比べ、社会の規範たるべく求められる存在であるのは言うまでもない。
    それだけに、道ならぬ恋愛、傷害事件など、たったひとつの出来事で、活動の自粛を迫られるなど、芸能人の反社会的な行為に対する制裁は厳しい。

    しかし、芸能人とて同じ人間。
    恋や喧嘩のひとつもするわけで、ましてや強烈な個性をメシダネに生きる人種である。
    と考えれば、浮き名を流すも、勇名を馳せるも、そのエピソードには、やはり華があるはずだ。
    ということで……〈最強の芸能人は誰だ?〉 腕に覚えありの芸能人を求め、本誌は取材を始めた。

    「僕は若い頃のビートたけしさんが、ぶっちゃけ、芸能界最強だと思う。
    メンタルもフィジカルも、あの人に敵う人を想像できない」とは、写真週刊誌記者。
    北野武監督がメガホンを握る映画を見れば、そのリアリティには舌を巻くものがあるが、今回の取材で、その名を聞くのは正直、想定外だった。

    t


    ●講談社FRIDAY編集部への殴り込みで…
    「以前、講談社のFRIDAY編集部への殴り込みについて答えたインタビューで、たけしさんは、“自分の前に止めに入った記者が、次々に倒れていく感覚”といった発言をしていたのを覚えています。
    もちろん記者たちは腕に覚えのない素人ですが、素人同士の喧嘩なら、たけしさんのこの発言はない。
    ましてや、軍団の面々が一人の記者に暴行しているのではなく、その記事では、複数の記者をたけしさん一人で殴り倒したという印象でした」(前同)

    同行した軍団のどの面々より、“殿”の暴れっぷりが群を抜いていたというのは、今もまことしやかに語られる話だ。
    「殴り込み事件当時には、まだいないメンバーですが、軍団のガンビーノ小林も喧嘩自慢で有名ですね。
    具体的なエピソードが表に出ているわけではないですが、北海道の暴走族の総長で、その気骨をたけしさんに買われたといいます」


    ■バッドボーイズの佐田正樹がマジギレしたらヤバい  
    最初から意外な大物の名が挙がってきた。
    どんどん紹介しよう。

    「漫画化もされた『デメキン』(ワニブックス)の著書で知られる芸人、バッドボーイズの佐田正樹。
    この人がマジギレしたら絶対にヤバい。
    ただ、芸人になってから、そんな話は聞かないですけどね」

    とは、佐田と同世代で、同じく福岡出身の地下格闘家である。
    「福岡連合の頭ですから。
    みんな豚骨育ちで骨太ですし、そこから一歩踏み込めば、コテコテの本職さんがいる街じゃないですか。
    そこの総長なんて、ハンパじゃ務まりません。
    『デメキン』にもあるように、電車の中で敵を襲撃したなんて無茶な噂も、よく聞きました」

    反社会組織を排除する条例の総合的な規定が、全国で初めて制定され、施行されたのが福岡県。
    それを考えると、この発言の説得力は大きい。


    ■瑛太が空手をやっていたのは知る人ぞ知る話  現K-1 WORLD GPフェザー級王者の武尊が出演することでも話題になった、瑛太と佐藤江梨子ダブル主演の新作映画『リングサイド・ストーリー』。
    本作の完成披露試写会で、武尊が「蹴りがめちゃくちゃ重くて効いた」と瑛太を絶賛した。
    「これはタダの映画完成祝いのヨイショではないと思いますね。
    もともと瑛太が空手をやっていたのは知る人ぞ知る話ですし、また、こんな話もあります……」

    意味深に切り出すのは、ある民放キー局のプロデューサー。
    「打ち合わせで飲んでいるときに、乱痴気騒ぎしている集団を見かけたんですが、ヤバい集団だと目を逸らしていた。
    しかし、その中にいる一人の男が、どこかで見覚えがあるなと見返すと、瑛太だったんです。
    一緒に反社会的な集団とつるんでいたという話ではなく、彼自身の放つオーラが、ギラギラしていて、松田優作を思い出したほどです。
    今時、こんな役者がいるんだと思いましたよ」

    海千山千のテレビマンが気圧される迫力というのだから、並大抵ではない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1375130/
    日刊大衆


    所長見解:ヤバそうだよね・・・
    【【喧嘩上等】たけし、氷室、瑛太!?  芸能人「ケンカ最強伝説」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ