ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 疑惑・噂

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が11月11日に放送された。やらせ疑惑が報じられてからは初の放送だったが、「この日の放送もやらせでは」と疑う声がネットであり、“やらせ疑惑”報道はいまだに余波を生んでいるようだ。

    この日の放送では、手越がペルー共和国でロケに挑戦。
    地上絵で有名な街・ナスカで実際に地上絵を描くことに。
    小さな飛行機で上空から地上絵を見た手越は「独特のオーラ」と感動。
    地上では自身が事前に描いた絵をもとに、それを拡大する形で地上絵に挑戦。
    現地住民と協力し、ロープと杭、木べらを用いて地面に痕を付けて絵を描いていった。

    約10時間の作業の末、ナスカの地で「奈良の大仏」の絵を完成させた。
    しかし手越の描いた原案の大仏は、寝転び、胸のあたりには日の丸のワッペンをしている独特なもの。
    スタジオからは失笑も漏れたが、手越はドローンで撮影された自身の絵を見て上機嫌。
    「カンペキじゃん」「(奈良に)ありそう」などと自画自賛していた。

    q


    「手越のロケもやらせ?」と疑心暗鬼の視聴者多数

    この日の放送で番組側が週刊誌報道に触れることはなかったが、ネット上では今回の放送についても「やらせでは」と指摘する声が相次ぐことに。

    《スタッフが書いてるだけじゃないの? 手越はほんの10分程度書いただけで》
    《手越はやらせをしていても気にならないぐらい、信頼できない》

    といった声が上がっている。

    また、今回の企画に対しても、

    《世界遺産を侮辱している感じがして気分悪い》
    《さすがに勝手に落書きしているわけじゃないと思うけど、このクオリティでナスカに地上絵を描くのは…》
    《謝罪も弁明もなく、地上絵再現プロジェクトやってる。なんにも影響ないエリアで地上絵作ってるだろうけど、残したらあかんよ》

    といった批判的な声が上がった。

    「やらせ疑惑」の直後だけに、視聴者も疑り深くなってしまったのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1567413/

    所長見解:そらね・・・

    【【これはヤバい】『イッテQ!』最新回にもやらせ疑惑問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title

    歌手の浜崎あゆみが10日に自身のインスタグラムを更新。
    前髪ぱっつんの若々しい姿を披露し、話題になっている。


    ■最近またかわいくなった?

    現在ツアー中の浜崎は、「まずは名古屋へ」とコメントを添え、スマホを見ながら笑みを浮かべる写真をアップ。

    明るい髪色で前髪ぱっつんにしたヘアースタイル、ゆったりとした服装、太ももの露出など、年齢を感じさせない姿に、ファンからは「昔のあゆも今のあゆも変わらずスキ」「あゆのレディーな格好も好きだけど、こーゆー系似合う好き」「なにこのかわいさ 最近のあゆツボすぎる」と絶賛する声があがっている。

    しかし、一方で画像の加工を指摘する声も。
    女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では「凄い加工」「時空歪み加工」とツッコミが寄せられた。

    写真を確認すると、たしかに浜崎の頭部より上に見えるドアが歪んでいるようにも見える。浜崎といえば、以前から「写真の加工疑惑」がたびたび出ていた。


    「後ろの木の扉? の枠が頭に吸い込まれるように歪んでるね」

    「頭の上の壁のところ、時空が歪んでますよ」

    「頭の周りから、ドアの枠がぼやけてる? ように見える…」

    https://sirabee.com/2018/11/12/20161877399/


    所長見解:またか・・・

    【【インスタ】浜崎あゆみさん、また時空を歪ませた件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    渡る世間は鬼ばかり、と言うべきか。
    次から次へとトラブルが絶えない家族といえば、貴乃花(46)を中心とする花田家。

    貴乃花が9月に日本相撲協会に引退届を出した大騒動も記憶に新しいが、このたび、別な嵐を呼ぶ人物が登場した。

    「貴乃花の長男で、靴職人の花田優一氏(23)です。
    周囲では“あのバカ息子”と呼ぶ人もいるほどで、貴乃花も、もうサジを投げているようなんですよね……」(相撲関係者)

    h


    いったい、何があったのか。
    「優一はイタリアのフィレンツェで、靴職人として3年間修業。
    今は日本の自分の工房で、オーダーメイドで靴を製作している。
    一方で、タレントとしての活動も目立ち、昨年8月からは芸能事務所に所属。
    テレビのバラエティ番組に出演したり、TBSラジオで番組を持ったりと、親の七光りと事務所の力で何とか活躍していました」(前同)

    そんな優一氏がマスコミを最初に騒がせたのは、昨年8月。
    突如、陣幕親方(元前頭・富士乃真)の娘との結婚を発表したのだ。

    「陣幕親方は八角部屋の部屋付き親方。
    そして、当時、貴乃花親方が真っ向から対立していた相手が八角理事長……。
    つまり、父親が敵同士の息子と娘が結ばれたわけで、角界のロミオとジュリエットと話題になりました」(協会関係者)

    ところが、結婚後1年もしないうちに離婚危機が報じられ、今年8月には『FRIDAY』(講談社)が優一氏の密会をスクープ。

    「六本木ヒルズで、美女と仲良くデートし、都内の一軒家で夜が更けるまで過ごした“不倫疑惑”が報じられています」(芸能関係者)

    ちなみに、この密会が撮れられた翌日の8月21日、父の貴乃花は巡業先で倒れて緊急搬送されている。

    ある大手テレビ制作会社の幹部が語る。

    「本当に問題なのは、靴職人の本業のほうです。
    実は彼、業界では関心の的。
    噂では、50人近い客から注文を受けているのに、すぐに靴が作れておらず、納品が大きく遅れているものが何件もあるそうなんです。
    一足15万~20万円はするのに商品が届かず、お客さんの中には“これじゃ、まるで靴ドロボウだろ!”と激怒する人もいるという話ですよ」

    この話が本当なら、大横綱・貴乃花の息子が“ドロボウ呼ばわり”される最悪の事態に発展しかねない。
    こうした優一氏の素行には、父親もあきれ果てているという。

    現在発売中の『週刊大衆』11月26日号では、父・貴乃花が“素行不良”の息子にぶつけた厳しい叱責や、優一氏の“芸能活動引退”の真相などを詳報している。


    http://dailynewsonline.jp/article/1567230/
    日刊大衆


    所長見解:そうやろね・・

    【【父・貴乃花も激怒】靴職人・花田優一の悪評がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    漫才コンビ、浅草キッドの水道橋博士(56)が、体調不良で休養することが9日、分かった。

    in_1506_suidoubashihakase-photo2_l


    この日は金曜レギュラーを務めるMXテレビ「バラいろダンディ オトナの夜のワイドショー!」(月~金曜午後9時)に出演予定だったが、休演する。
    来週以降の出演は未定という。

    所属事務所によると「過労、蓄積疲労で、落ち着くまで仕事を休ませていただく。倒れたとかそういうことではない」としている。

    相方の玉袋筋太郎(51)が6日にツイッターに「相棒がああなってしまった。こうなった以上 自力でやりしかねぇよ! 帰ってこいよ~!」(原文ママ)と投稿していた。
    9日になってこの投稿は削除された。

    頻繁に更新されていた水道橋博士のツイッターも数日間更新されておらず、心配する声が上がっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00386798-nksports-ent

    所長見解:病気なの?・・・

    【【休養へ】水道橋博士がうつ病説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年、放送されたドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の平均視聴率はともに5%台、映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の興行収入も芳しくなく主演作が軒並み不調の女優・吉岡里帆。

    そんな中、吉岡にとってまさに泣きっ面に蜂のような報道が……。
    10月31日発売の『週刊新潮』が、吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーであるという記事を載せたのだ。

    y


    「吉岡さんは昨年、大ヒットしたドラマ『カルテット』(フジテレビ系)で演じた悪女役のインパクトが強く、さらにグラビアアイドル出身であることから、女性からの人気は低いと言われています。
    この報道によって、さらに女性票を減らしたのではないかと囁(ささや)かれています」(テレビ誌ライター)


    《京都に住んでいた頃は、夜行バスで東京のオーディションを受けに来ていた》

    《上京費用の捻出のために、バイトを4つも掛け持ちしていた》

    など、吉岡はバラエティー番組などでよく苦労話を語っていたのがアダとなった。

    「“父親がNHKプロデューサー”という恵まれた環境なのに、“苦労人アピール”をしていたととらえられたんでしょう。
    ネット上では、“だから急に推されているんじゃない?”“結局コネなんかい!”など辛辣なコメントが続々と上がっています」(同・テレビ誌ライター)

    しかし、この記事に対してある芸能プロ関係者はこう話す。

    「吉岡さんの父親は、テレビ局員でもNHK関係者でもないので、コネなんてありません。
    彼女は実力で主演を張れる女優にまでのし上がったのに、あの記事で今までの努力が疑われてしまうのはかわいそうですよ」


    本誌が吉岡の所属事務所に確認したところ、

    「吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーという記事は、まったくの事実無根」

    NHK広報にも確認すると、

    「事実ではありません。通常は出演者のプライバシーについてはお答えしておりませんが、今回はそういった事実はないのでお答えしました」

    と回答した。

    吉岡自身も過去のインタビューで、父親について「映像会社を経営するカメラマン」だと明かしている。
    本誌が調べたところ、確かに吉岡の父親が経営する会社が京都に存在していた。
    名前もネットで噂されているNHKのプロデューサーとは異なる。

    「誤った記事で、明らかなイメージダウンにつながっています。
    所属事務所としては『週刊新潮』を訴えたいほど怒り心頭でしょう」(前出・芸能プロ関係者)

    逆風が吹く今こそ、吉岡の本当の実力が試されているのかもしれないが──。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181110-00013781-jprime-ent


    所長見解:これはひどい・・・

    【【これはひどい】吉岡里帆の父親がNHKのプロデューサーは誤報ってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ