破局・離婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    f


    女優の藤原紀香が11月13日夜、自身のブログを更新。

    すっぴん顔を披露したのだが、やはり批判の声は収まらないようだ。

    ブログは“とろりんぱ”と題し、就寝前に広島の宿泊先で自撮りした写真を上げ、「いつもお肌ツルピカなことを嬉しくも皆さまに褒めていだきますが」と綴っている。

    「確かにその肌は手入れが行き届いており、47歳とは思えないタマゴ肌です。

    ただ、彼女は時折この“すっぴん顔”を披露するのですが、その度に批判の声が上がる。

    今回も案の定、ネット上で

    《相変わらずピチピチだな》

    《ウチの嫁も見習って欲しいわ》

    などの賞賛と同時に、

    《そのアピール好きやめろ》

    《わかったわかった》

    といった、呆れた声も飛び交っていました」(ネットウオッチャー)

    ブログ記事では後半、イメージキャラクターを務める化粧品のリンク先がしっかり貼ってあることから、“仕事の一環”とも取れるが、2年前に片岡愛之助と再婚して以降、その仕事も、やればやるほど批判が噴出する状態が続いている。

    「紀香は16年の結婚会見で“仕事と夫のサポートを両立させる”と話し、当時から歌舞伎界関係者から猛反発を食らっている。

    梨園の妻はそう甘くはないというわけです。

    愛之助も尻に敷かれっぱなしとされ、舞台に付き添ってもスマホばかりいじっている紀香に何も言えないという話。

    そんな関係から、離婚するのではとの見方がいまだに絶えないんです」(芸能記者)

    このまま我を張り続けるのか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1575219/


    所長見解:さすがやね・・・

    【【離婚へ】破綻が近そうな藤原紀香の仕事と家庭の両立問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    所属事務所からの独立騒動で揺れたビートたけし(71)が、離婚でもひと悶着ありそうだ。

    事務所独立に動いた今春、同時に夫人で元漫才師の幹子さん(67)との離婚調停を家裁に申し立てていたのではとの臆測が芸能マスコミの間で囁かれている。

    「年内にも離婚話を決着させる算段ではなかったのかという見方がある。
    最大の理由は愛人と報じられている18歳年下のA子さんと正式に一緒になるため。
    とはいえ幹子さんが裁判所からの呼び出しに応じないとかで、川崎麻世&カイヤ夫妻と同様、離婚裁判に発展していく可能性も取りざたされています」(スポーツ紙芸能デスク)

    当の幹子さんは「女性自身」最新号の直撃取材に答え、これまで口を閉ざしてきたのが一転、「離婚はしていない」と否定しつつも、約20分も記者に語りかけたという。

    t


    たけしと幹子さんは、ツービート時代の1978年に知り合った。

    すぐに同棲し、1981年に長男、82年に長女を生み、83年に入籍。

    幹子さんは駆け出しのたけしを近所のスナックでアルバイトして支え、長く別居しているものの、かれこれ40年も関係を継続している。

    これまで、たけしの愛人が取りざたされてもノーコメントを貫き、A子さんについても「知らないです」と一点張りだったが、同誌取材に「なぜ長く続けてきたものを壊してまでやるのか。私には理解できない」などとし、A子さんについての質問にも「その人が自分の思ういい展開になると思っているんじゃないですか」とコメント。

    記者の直撃取材に顔は笑みを崩さないが、言葉の端々からA子さんへの怒気が伝わってくるのである。

    幹子さんが代表を務める「北野アツシエーション」と長男が代表の「北野企画」に振り込まれていたたけしの稼ぎが、A子さんとの新会社「T・Nゴン」が設立されて以降、そちらで管理されるようになったとされ、そのあたりの金銭的な不満も理由の一つなのかもしれない。

    糟糠の妻からのメディアを通じた痛烈メッセージ。

    愛人との間で股裂き状態のたけしはどう受け止めるのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000012-nkgendai-ent


    所長見解:なんかね・・・

    【【本妻か愛人か?】ビートたけし、離婚が泥沼化の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手・谷村奈南(31)が11日、自身のブログを更新し、ボクシング元世界3階級王者の井岡一翔(29)との離婚を報告した。

    r


    「ご報告。」のタイトルで、「いつも応援してくださっている皆様へ」と題した連名の書面を添付。
    「私たち、井岡一翔と谷村奈南は、この度、離婚することになりました。
    ともに歩んだ約5年間は宝物です。
    この先も今までと変わらず、互いにとって大切な存在であり、応援し合っていきたいと
    思っております」などと報告した。

    2人は2015年に交際が発覚し、昨年5月に結婚。
    谷村は書面に続けて「このような結果になってしまったこと、私自身、身の縮む思いです。
    今まで応援してくださった皆様に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪。
    現在は米国に滞在しているようで「新しい人生がスタートしました。
    ななむー、約6ヶ月アメリカusに留学します!」と明かした。

    井岡は昨年大みそかに引退を発表したが、今年7月に現役復帰を表明し、9月に米国で行った復帰戦に勝利。
    大みそかにはマカオで日本人初の世界4階級制覇に挑む予定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000003-tospoweb-ent


    所長見解:早かったね・・・

    【【スピード離婚】谷村奈南が井岡一翔と離婚ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “大金星”といわれた彼女となんで別れちゃったの?

    「彼女と別れたのが9月だったので、もう2ヵ月が経ちます。
    いまは(失恋の痛手から)立ち直ったというよりも、そのことを考えないようにするしかないっていう。
    結果を出せない男ですみません、と言いたいです」

    そう語るのは、お笑いコンビ『オードリー』の若林正恭(40)だ。
    女優・南沢奈央(28)を射止めた“大金星”から1年。
    超売れっ子同士のカップルが破局を迎えたことがわかったのは、今月に入ってからだった。

    w


    破局報道後、若林は自身の担当するラジオ番組『オールナイトニッポン』で、その理由を「私の度量の狭さ」と語っていたが……。
    本誌はその本心を聞くべく、11月上旬、都内で若林を直撃した。

    ―ラジオで「度量の狭さ」と語っていましたが、その真意は?

    「スケジュールのスレ違いで会えませんでしたからね。
    正直、付き合い始めてからは会う時間が作れなかった。
    お互いの趣味である)プロレス観戦や落語鑑賞も、結局1回ずつしかいけませんでした」

    ―ラジオでは、『良い恋をさせてもらった』と感謝もしていましたが。

    「僕、人見知りで、女性が苦手で。
    とくに過去はそんな感じだったんですが、彼女と喋ると、話がこんなに通じる相手がいるんだなぁと。
    自分の中では、ありがたかったですね」

    ―南沢さんと付き合うまで、「彼女いない歴12年」と仰っていました。
    次に恋人ができるのも12年後でしょうか。

    「アハハハハ! いや、そう考えたらホント恐いですよ。
    そうなったらもう52歳ですよ。
    でも、僕もヒネクレ者ですから。
    彼女のようにウマが合う人と出会える確率も低いんでしょうね」

    気丈に振る舞ってはいても、どこか寂しげな様子だった若林。
    仕事では絶好調な彼も、次の恋を見つけるにはもう少し時間がかかるかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181109-00010000-friday-ent


    所長見解:残念やね・・・

    【【真相告白】オードリー若林 あの女優と破局した理由がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    IKKOが、4日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。パートナーと17年間交際していた過去を語った。

    k


    同じくこの日ゲストで来た佐藤仁美から「IKKOさんは恋してますか?」と聞かれると、IKKOは「一番恋してた時は30歳から47歳まで。17年間同じ人と付き合ってた」と告白。
    佐藤が驚きながら別れた理由を尋ねると、IKKOは「私が悪かったんだと思うけど、痩せて調子に乗って」と切り出しながら、破局原因を言及。

    それによれば「今綺麗なうちに脱いでおこうと」と、以前、大胆なセミ○ードを女性誌に特集してもらったことがあったそう。
    するとパートナーから「なんで人前そういうことするの?」と注意されたのだという。
    だがその当時のIKKOは聞く耳を持たず、「ウザったいなあ。私にストップモーションかけないでくれる?と思っていた」と回顧。

    だが相手がそれ以降、急に優しくなったそう。
    IKKOは「(私のことを)理解してくれていたのかなと思ったら大間違いで、その半年後に別れになった」といきなりフラれたと語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15545221/


    所長見解:なんかね・・・

    【【どんだけー】IKKO、17年交際していた彼と破局の理由・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ