破局・離婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月21日、大塚愛(36)がRIP SLYMEのSU(45)と離婚したことを発表した。

    09年10月に結婚し、11年3月には長女が誕生したことを発表していた彼女。

    だがオフィシャルモバイルサイトにつづったのは《幸せな毎日から、耐え難い毎日まで、とても一言では伝えられませんが、子どもとの生活を守るために決断したことです》という言葉だった。

    SUは昨年4月、モデルの江夏詩織(23)との不倫が報じられた。

    s


    その影響は大きく、SUは活動自粛。

    他のメンバーも4人で活動し始めたが、活動休止状態となっていた。

    今年10月にはHPが閉鎖。

    今月3日にはSUがインスタで《全ての責任は私大槻一人、SUにあります》とつづっていた。

    実はこの不倫報道前、大塚を恐怖させるできごとがあったという。


    「不倫報道前からSUさんと江夏さんの関係は続いていたようです。
    江夏さんは『別れるなら私、死ぬから!』と言って離婚を迫るほど。
    大塚さんも夫の行動を不審には思っていたようです。
    そして16年11月深夜に“事件”が起きました。
    SUさんが不在のなか、江夏さんが大塚さんの自宅へやってきたのです。
    江夏さんは何度もインターホンを鳴らしてきて……。
    大塚さんが恐る恐るモニターを見ると、彼女は静かに立っていたそうです。
    大塚さんは警察に通報し被害届を提出。
    江夏さんは警察に連行されていきました」(大塚愛の知人)

    関係のない子どもと大塚を狙った卑劣な行動。

    だが被害届は受理されたものの、立件には至らなかったという。

    そのため、彼女の悩みが尽きることはなかった。

    「深夜の訪問以降も、江夏さんとSUさんは連絡を取り続けていたといいます。
    それもあって、大塚さんは『また子どもが危険な目に遭わされるんじゃないか……』と怯えるようになっていきました」(別の夫妻の知人)

    だが妻の不安をよそに、SUは意外な行動に出たという。

    「今年6月、大塚さんはSUさんの事務所へ『RIP SLYMEを存続させてください』とお願いしたそうです。
    しかしSUさんは自分の不貞を妻に詫びるどころか、逆に『余計なことをするな!』と激怒したそうです。
    そしてそのまま家を飛び出し、別居するようになったのです」(前出・夫妻の知人)

    身勝手すぎるSUのふるまいに、周囲も呆れるばかりだった。

    「そもそもRIP SLYMEが活動休止状態に陥ってしまったのも、SUさんの不倫が原因です。にもかかわらず、彼は周囲にいっさい謝罪もなかったといいます。
    江夏さんのことにしても、SUさんがきちんと受け止めていれば警察沙汰にまでならなかったはずです。
    しかし彼は最終的に、江夏さんも捨てるようにして別れたそうです」(前出・夫妻の知人)

    それでも大塚は子どものためを思い、別居後も関係修復をはかろうとした。

    だがSUの言葉により、彼女は絶望の底へと叩きつけられることとなった。

    「大塚さんは何度も『子どものためにもう一度、やり直してほしい……』とSUさんにお願いし続けたといいます。
    しかし彼は『そういうの、負担だから!』と言い放ったそうです。
    別居後も、彼は養育費をいっさい送ってきません。
    彼女は精神的に追い込まれ、音楽活動にも支障をきたすようになっていきました」(前出・夫妻の知人)

    妻や不倫女性を翻弄し、最後は逃げていったSU。

    そして大塚はついに決断を下したのだ。

    大塚の所属事務所に問い合わせたところ、担当者は「離婚したことや被害届を出したことは事実ですが、詳細についてはお答えできません」と答えた。

    また江夏のオフィシャルサイトに問い合わせたところ、《お答えすることはございません》との答えが。

    SUの所属事務所は「担当者が不在」とのことで、締め切りまでに返答はなかった。

    晴れ渡った11月中旬の朝、都内の自宅から大塚が長女とともに出てきた。

    長女の左手はママとしっかりつながれている。

    娘の手を握り返し、自宅を後にする大塚。

    その背中からは、「これからはシングルマザーとして生きていく」という強い決意が感じられた。

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1687969/


    所長見解:あかんわ・・・

    【【これは怖い】大塚愛・離婚の裏に警察騒動がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    27日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、大相撲の元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)と元フジテレビアナウンサーの妻・景子さん(54)が離婚していたことが明らかになった一件を特集した。

    r


    景子さんのフジテレビ・アナウンス部の1年先輩の笠井信輔アナウンサー(55)は「2人が結婚する直前にお祝いの会を景子さんの同期の八木亜希子さん、有賀さつきさんたちと都内の飲食店でやったんです。
    実はそのお店に隠しマイクがしかけられていて。
    翌週の週刊誌に話した事が一言一句そのまま出ていた」と秘話を明かし、「この2人がこれから衆人環視の中で生きていくのは大変だなと、その時思った。
    『景子ちゃん、頑張れ』と当時、思いました」と話していた。

    また、離婚が決まった後もブログで仲むつまじいツーショットを披露していた2人について、笠井アナは「これを仮面夫婦ととらえてはいけない。
    別々の道を歩んでいこうという前向きな思いなんだと思います」と話していた

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000032-sph-ent


    所長見解:怖いな・・・

    【【衝撃告白】元貴乃花親方と景子さんが盗聴されていた模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気音楽グループ「RIP SLYME」メンバーのSU(45歳)が22歳年下の美人モデル江夏詩織(23歳)と不倫関係にあると2017年に写真週刊誌に報じられ、その後2018年11月21日にSUの妻であるシンガーソングライターの大塚愛(36歳)と離婚したと報じられて世間を驚かせているが、新たな展開があった。


    ・江夏詩織のメガネがSU愛用品と酷似

    2018年11月20日、江夏詩織が自身の公式インスタグラムに「不倫相手のSUと同じメガネをかけた写真」を掲載したというのだ。

    実際に江夏詩織の公式インスタグラムを見れば、SUが愛用しているメガネと酷似していることがわかる。


    ・江夏詩織が大塚愛を煽っている可能性

    江夏詩織とSUのメガネが同一の物か、偶然に酷似しているだけかは不明だが、離婚成立日が2018年11月20日であり、その日に不倫相手の江夏詩織がSUと酷似しているメガネを着用した写真を公式インスタグラムに掲載したこともあり、インターネット上では「江夏詩織が大塚愛を煽っている」と物議を醸している。

    https://twitter.com/furyosenpai/status/1065891246793678848


    no title


    ・SUと大塚愛の交際歴

    2009年12月頃 SUと大塚愛が交際開始

    2010年6月26日 SUと大塚愛が結婚

    2017年4月7日 写真週刊誌が江夏詩織とSUの不倫報道

    2018年11月20日 SUと大塚愛が離婚成立

    2018年11月20日 江夏詩織がSU着用と酷似したメガネ写真掲載

    2017年11月21日 SUと大塚愛の離婚が報じられる


    ・本能で動く攻撃的でワイルドな性格

    江夏詩織は以前から大塚愛に対して「挑発的な写真」な写真を掲載していることが判明しており、写真週刊誌やニュース、そしてインターネット上での炎上をまったく気にしない「本能で動く攻撃的でワイルドな性格」との声も出ている。


    ・江夏詩織からの攻撃から身を守るため?

    また、SUと離婚した大塚愛は「幸せな毎日から耐え難い毎日までとても一言では伝えられませんが子供との生活を守る為に決断した事です」とも語っており、それは「江夏詩織からの攻撃から身を守るため」なのではないかと噂されており、さまざまな点において物議を醸している。


    とはいえ、本当に偶然、酷似しているメガネを掲載しているだけの可能性もあるので、江夏詩織を責めるのは間違いかもしれない。

    http://buzz-plus.com/article/2018/11/25/rip-slyme-su-ai-otsuka-instagram/ 


    所長見解:なんか怖い・・・

    【【大塚愛惨敗】SUの不倫相手のインスタ勝利宣言がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    大相撲の元横綱で元貴乃花親方の花田光司氏(46)が元フジテレビアナウンサーの河野景子さん(54)と離婚していたことが26日、分かった。

    10月25日に離婚届を提出した。

    2人は貴乃花親方が横綱時代に結婚。

    1男2女をもうけ、現役引退後は貴乃花部屋を切り盛りするおしどり夫婦として知られていた。

    花田氏は本紙の取材に「夫婦を卒業する“卒婚”です。(河野さんには)自分の道を行ってほしいということ」と心情を明かした。

    t


    花田氏と河野さんは、事実上の別居生活が長かった。

    花田氏は品川区五反田に自宅があり、河野さんはそこを生活拠点にしていたが、花田氏は現役引退後は弟子の指導のため貴乃花部屋で弟子たちと生活。

    中野区から江東区に部屋を移転した16年以降は、一緒にいる時間がさらに短くなっていた。

    2人の仲がすれ違いになっているとの噂は既に夏頃から出ていた。

    花田氏は離婚を決意した理由について「(相撲協会を)引退してからも一人の社会人として、生きていかなくてはならない。そこは真っすぐ進んでいかなければいけないこと。(進む道が違うのであれば、河野さんには)自分の道を行ってほしいということ」と説明した。

    そして「“卒婚”ということ。お互いに夫婦として卒業するということです」と続けた。

    花田氏と河野さんは95年に結婚。

    1男2女をもうけたが、長男は靴職人として独立。

    2人の娘もそれぞれの道を歩み始めている。

    熟年夫婦が別れるケースでは、子育てが終わったことがきっかけになることも少なくない。

    花田氏は「円満な夫婦は別れない。円満じゃないから別れるということ。お互いの道を行こうということです」と心境を口にした。

    離婚届は10月25日に提出した。

    「お互いがそう(離婚しようと)思った時期が、そう(離婚届提出日に)なった」と話した花田氏。

    ただ、その後の今月4日に福岡県田川市で行われた「炭坑節まつり」では、花田氏の代理で河野さんが総踊りに参加する姿も見られていた。

    先日、千秋楽を迎えた九州場所では愛弟子の貴景勝が幕内初優勝を飾り、気持ちにも変化が芽生えたという。

    「まずは(弟子の)優勝と思っていたので、これで次に進めます。
    これから新たな土俵を求めて動くかもしれません」と公私ともに再スタートする決意を語っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000003-spnannex-spo


    所長見解:どこへ・・・

    【【離婚】元貴乃花親方「卒婚 自分の道を行ってほしいということ」←は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年11月27日に放送された『スッキリ(日本テレビ系)』にて昨日離婚が報じられた貴乃花さんが突如出演するというサプライズが起きた。

    司会の加藤浩次さんやゲストコメンテーターも何も知らされていなかったらしく、貴乃花さんが登場しておどろいたままCMへ。

    CM開けに貴乃花さん生出演となり、離婚について語った。

    「2人が結婚を卒業しようと決めて離婚した。
    今でも連絡を取り合っている。
    そばに居て私のことを支えながら辛い思いしてきたからゆっくり行けるんじゃないかなと」

    加藤浩次さんが「身の回りのことが出来ないのでは?」と聞くと「それなりに出来ていますよ、ご飯も一般的にご飯炊いたりみそ汁くらいなら」と基本的に外食が多いという。

    結婚を振り返り「大変だったのは横綱になってばかりだったので新婚旅行とかそういうのが無かった」という。

    またガリットチュウ福島のモノマネについて聞くと見たことあるという。

    スタジオに来た切っ掛けは昨日離婚のことが報じられ、あそこまで大きくなるとは思わなかったらしくそれについて自分の口から語るために来たと言う。

    貴景勝の優勝については「そろそろ優勝かなと思っていた」と優勝を悟っていたという。

    ※動画あり
    http://gogotsu.com/archives/45673

    no title

    http://fast-uploader.com/file/7098836426784/
    http://fast-uploader.com/file/7098836503511/


    所長見解:なんだか・・・

    【【放送事故】『スッキリ』の生放送中に貴乃花登場がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ