ミーハー総合研究所

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 破局・離婚

    Sponsored Link

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    8月5日、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音が、タレントのほのかりんと破局したと一部スポーツ紙が報じた。
    2人が別れたのは6~7月頃だという。

    g


    「記事によると、元々は川谷の方が、ほのかにゾッコンだったようですが、彼から別れを切り出したようです。
    一方、ほのかは周囲の知人に『もう私、別れてるから』と説明しているらしく、彼女の関係者も『破局したことは事実ですが、プライベートは本人に任せています』と認めています」(スポーツ紙芸能記者)

    ほのかは2016年、未成年でありながら川谷と一緒に飲酒したことが報じられ、当時の所属事務所を事実上解雇。
    そして現在は、アイドルオーディション「ミスiD 2018」にエントリーし、再起を図ろうとしている。

    しかし川谷との破局からか、現在の精神状態が穏やかではないという。

    「関係者によると、ほのかは川谷との破局前はケンカが絶えず、食事も喉を通らなかったそうです。
    また『ミスiD』の自己紹介文の『最近起きたウレシイ出来事』欄にも、『食欲不振で痩せた事』と記載。
    さらに『毎日本当死にたいからどーせ死ぬなら名前とことん轟かせてやる』と不穏な心情も明かしており、一部ファンからは『ほのかりんにもゲスの呪いが……』『繊細な性格だからメンタル大丈夫かな』と心配の声が上がっています」(芸能記者)

    過去、ほのかとの破局報道が出た際は、川谷が泣きついてヨリを戻したとも報じられていた。
    しかし今年4月に大手芸能事務所との契約が決まり、活動を再開させたことで、川谷は1人の女性に依存する必要がなくなったのかもしれない。

    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_34988/


    所長見解:ゲスいよね・・・
    【【大丈夫?】ゲス川谷絵音に捨てられたほのかりん「毎日死にたい」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントでモデルの紗栄子(30)が先月、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する実業家、前澤友作氏(41)と破局していたことが8日、分かった。

    z


    関係者によると、紗栄子の子供が海外留学を望んだ際、前澤氏の仕事を考えたときに2人で拠点を海外に移すことは困難と判断。
    互いの意志を尊重し、話し合った結果、パートナーシップを解消することに決めたという。紗栄子の所属事務所は「破局は事実ですが、プライベートは本人に任せています」と認めた。

    2人は2015年7月に知人を介して出会い、交際に発展。
    紗栄子には07年に結婚し、12年1月に離婚した米大リーグ・ドジャースのダルビッシュ有投手(30)との間にもうけた長男(9)と次男(7)がおり、前澤氏も前妻との間に子供がいるため、双方の子供に配慮しながらデートを重ねてきた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20170809/div17080906000001-n1.html


    所長見解:さて次は?・・・
    【【これは意外】紗栄子、「ZOZOTOWN」運営の前澤氏と破局ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(28)がタレントのほのかりん(20)と破局したことが4日、分かった。

    no title


    関係者によると、別れたのは6、7月ごろ。
    昨年7月に交際して以来、川谷の方がぞっこんだったが、知人は「えのぴょん(川谷)の方から別れを切り出したみたい」と明かした。
    ほのかは周囲に「もう私、別れてるから」と説明。
    一方の川谷も音楽仲間らに報告し、心機一転、今月1日から全国ツアーに臨んでいる。

    ほのかは現在、セミファイナリストまで選ばれている女性アイドルオーディション「ミスiD 2018」の公式サイトで「毎日本当死にたいからどーせ死ぬなら名前とことん轟(とどろ)かせてやる」と過激な応募理由を記している。
    「最近起きたうれしい出来事」の項目には「食欲不振で痩せたこと」ともあり、関係者は「5月にエントリーするまで別れる、別れないでケンカが絶えなかった。食事もろくに喉を通らなかった」と振り返った。

    ほのかは未成年だった昨年8月、川谷と一緒に飲酒したことが報じられ、レギュラー番組を降板。
    同12月に所属事務所を事実上解雇された。
    川谷も未成年飲酒の責任を取って同月から5月まで活動を自粛。
    休業中は旅行に行くなどラブラブだったが、活動再開にあたって、ほのかの存在が重荷になった可能性がある。

    川谷は5月7日放送のフジテレビのトーク番組「ワイドナショー」で、MCの東野幸治(49)から「楽しく付き合ってる?」と聞かれ「楽しくかどうかは分かりませんが、付き合っています」と話していた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00000059-spnannex-ent
    スポニチアネックス


    所長見解:そうなるような気はしてた・・・
    【【ベッキーに朗報】ゲス川谷、ほのかりんと破局ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    松居一代(60)と船越英一郎(56)の泥沼離婚騒動で、船越側が裁判所に提出した離婚調停申立書に財産を求めない記載があることが7日、分かった。
    松居は5日の動画で、船越が財産を奪い取ることを“恐怖のノート”に書いていると訴えたが、その主張に疑問が生じている。

    f


    離婚騒動で松居が大きな“争点”としているのは、船越のハワイ在住女性との不倫と、その女性と共謀して財産を狙っているというもの。
    しかし、その主張内容を真っ向から否定する材料が出てきた。

    船越側が裁判所に離婚調停申立書を提出したのは先月28日。
    関係者によると、申立書には離婚に際して財産を要求しない旨の記載がある。

    これに対し、松居が動画で「ノートの中に、私の財産を女と一緒に奪い取ろうとしていることまで書いてありました」と、耳を疑うような主張をしたのが今月5日。
    船越はこれより前に、申立書を裁判所に提出しており、松居の主張とは食い違いが生じている。

    関係者は「船越さんは、別れるためならお金は一切いらないと言っている」と話した。

    船越が離婚の意思を決定的にしたのは15年10月。
    松居が出版イベントで、約2週間前に亡くなったばかりの女優川島なお美さん(享年54)が過去に船越と交際していたことを暴露。
    激怒した船越はこれ以降、離婚を求めてきたが、松居が応じず、1年9カ月が経過している。

    離婚問題に詳しいレイ法律事務所の高橋知典弁護士は「財産分与を求めないというのは、とにかく早く離婚したいという意思の表れ。
    離婚すること以外の争点を全て捨て、早期決着を図りたいのではないか」と指摘した。

    申立書は来週までに裁判所から松居の元に届く見通し。
    その記載内容を見た松居が、どんな対応をするのか注目が集まる。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000006-spnannex-ent


    所長見解:そうだろうね・・・
    【【これは納得】早く別れたい…船越英一郎、離婚調停申立書に記載“財産分与放棄” ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ふたりが結婚式を挙げた時、長男は小学6年生だった(2001年10月)
    no title

     
    不可解なブログと突然YouTubeにアップされた動画で注目を集める松居一代(60才)。2016年1月、本誌・女性セブンは松居との関係に疲れ果てた夫・船越英一郎(56才)が妻に三行半を突きつけたと報じていた。
    それまで芸能界きってのおしどり夫婦として知られてきたが、初めての離婚危機報道。
    その年末年始を船越は単身ハワイ・ホノルルに滞在し、帰国後も松居の待つ自宅には戻らず、自ら購入した別宅マンションで過ごしたと報じた。
    そして、現在船越は離婚調停申立書を裁判所に提出済みだ。

    「その報道ぐらいから、船越さんは松居さんと距離を置いてほとんど連絡を取らなくなりました。自宅近くの別宅でひとり生活をしていました」(夫婦に近い芸能関係者)

    船越が離婚を真剣に考えたきっかけに、松居の前夫(1996年離婚)との間に生まれた息子(1989年生まれ)の存在は大きかった。
    2015年4月、息子が晴れて社会人となった。
    生後間もなくアトピーを発症し、病気に苦しめられてきた松居の連れ子に、船越は実の父親以上といっていいほどの愛情を注いでいた。
    2人が結婚したのは2001年のことだ。

    「息子が受験に失敗した際も船越さんは全力でサポートし、就職活動でも、多忙な仕事の合間にいろいろな企業を調べて応援していました。
    その甲斐あって第一志望の企業に就職が決まった際、船越さんは男泣きしていましたよ。
    亡き父や妹の墓参りをして『みんなを犠牲にしたけどたった1人は幸せにした。みんなで息子を救ったと思ってください…』と報告したそうです。

    息子さんが独立するまでは…と前を向いてきた船越さんでしたが、夫婦の鎹だった息子が独り立ちして、松居さんと夫婦生活を続ける大きな意義も薄れていたんではないでしょうか」(船越の知人)

    2016年4月、息子の実父であり松居の前夫・Aさんが他界したことも、夫婦関係を冷やした。
    Aさんの連帯保証人として1億7500万円の負債を負い、17年かけてコツコツ返済した松居は生前からAさんに苦労させられた。

    「Aさんには長年連れ添った内縁の妻がいるんですが、“喪主は息子に”と松居さんは強く主張したそうです。
    そして遺産もすべて息子が引き継ぐべきだ、と。
    実父が亡くなってすぐにお金の話をする母の姿を見て息子さんは絶句していたそうです」(Aさんの知人)

    >>2に続く

    NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170706-00000003-pseven-ent  


    所長見解:いろいろ出てくるな・・・
    【【これはヤバい】「お母さんから離れた方がいいんじゃないか」 船越英一郎が離婚を決意した息子の言葉ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ