破局・離婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「嵐」の二宮和也(37)とA夫人(39)の電撃結婚から11月で1年が経過する。

    発表が、ちょうど嵐デビュー20周年の記念ツアー真っ最中だったこともあり、〈まさか、このタイミングで発表する?〉と、嵐ファンから悲鳴が上がった。

    その後、「週刊文春」が元日挙式計画まで報じ、ニノは四面楚歌に追い込まれた。

     
    新型コロナウイルスも収束していない今、「夫のグループが活動休止するまで挙式は待とう」となりそうなものだが、夫人はニノに「40歳になるまでには絶対にね! 約束よ!」と迫っているという。

    A夫人が執念を燃やす“40歳になる最終リミット”とは今年12月23日。

    大安はこの4日後の日曜日となる。

     
    筆者は夫人との腐れ縁で、今も“定点観測”を欠かさない。

    そのスポットのひとつが、渋谷区にある高級スーパーマーケット。

    入籍直後の昨年末は、店内でカートを押すニノとその少し後ろを満面の笑みで歩く夫人の姿が度々目撃された。

    ところが、最近はこのスーパーに買い物に来るのはA夫人ひとりというパターンがほとんど。

    たまにニノも姿を見せるが、以前のように店内に入ることはなく、夫人が戻ってくるまで車の運転席で待ち続けているという。

     
    常連の主婦たちは「夫婦の距離感や空気が変わったんじゃないかしら」とささやいている。


    c


    ■収録が終わっても控え室でグタグタ

    ニノの変化はこれだけではない。

    レギュラー番組の「VS嵐」(フジテレビ系)や「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)の収録が終わると、これまであっという間にスタジオから姿を消し自宅に直帰していたのに、特に打ち合わせをする必要がないにもかかわらず、スタッフと時間を気にせずたわいのない話をするようになったというのだ。

    これを「帰宅拒否症なのでは……」と心配する関係者もいる。

    2008年スタートの「VS嵐」は嵐が長く携わってきたバラエティー番組だが、「収録が終わって控室でグダグダしているニノさんの姿はほとんど初めて見る光景」(ある番組スタッフ)だという。

    もしかしたら番組終了がカウントダウンに入り、ニノの胸に熱い思いが込み上げているのかもしれないが……。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/88b01000d01f22b08e1f6e83e9b95744e8b45041

    所長見解:どやろね・・・
    【【朗報】嵐・二宮和也、離婚説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    略奪愛疑惑がさらに〝泥沼化〟の様相だ。

    タレント・小島瑠璃子(26)と交際中の人気漫画「キングダム」の作者・原泰久氏(45)が、元アイドルの女性Aさんとも親密な関係だったと27日発売の「週刊文春」が報じている。

    同氏は昨年12月に妻と離婚しているものの「泥沼『四角関係』」と大々的に報じられている。

    そんな中、本紙はAさんの素性をよく知る人物をキャッチ。

    一途な女性で「愛人だらけの勝海舟さえ許さないタイプだった」というだけに、こじるりはいやでも悩まされそうだ――。

     
    文春によると、Aさんと原氏が知り合ったきっかけは、2012年に共演したNHKの番組だったという。

    大手芸能事務所に所属していたAさんは、歴史に造詣の深いアイドル〝歴ドル〟として活躍していた。

    原氏と急接近したのは18年ごろ。

    当時、妻と3人の子供をもうけていた同氏は「妻とは別れるから付き合ってほしい」と真剣交際を切り出したというのだ。

     
    テレビ関係者は「Aさんは原さんの本気度を知ったが、ズルズルと引き延ばされてしまったそうです。
    結局、Aさんは今年5月に芸能界を引退することになりました」と話す。

     
    ところが7月末、小島と原氏の熱愛がスクープされると、さすがにAさんは穏やかではいられなかった。

    自身のツイッターで「許せないことがあった。
    5日間ご飯食べられず、眠れなかった。
    友達には『週刊誌にリークしたら?せめてお金もらったら?』と言われるけど、しない。
    自分を変える良い機会をいただいた」と怒りを隠さない。

     
    略奪愛だとネット上でバッシングにあった小島が「SNSで誹謗中傷はしていはいけない」とツイートすると「もちろん過度な誹謗中傷は良くないよ」と前置きしながらも、「ただ『誹謗中傷』という言葉にくるめば、まるで免罪符かのように。
    周りを傷つけたり不快にさせたことを棚に上げるのは、責任感なさすぎというか、虫が良すぎて」と小島への憎しみをあらわにさせた。

    現在、Aさんのツイッターは非公開になっているが、本紙は確認している。


    f


    Aさんをよく知る人物の証言。

    「すごく礼儀正しくてマジメな子。
    清楚系のルックスで、スレンダーなモデル体形で、ある人気ランキングで1位にもなったことがある。
    歴史好きもキャラではなく、熱心に勉強していて、実際に数冊書籍も発売している。
    良くも悪くも芸能人然としていませんね。
    そんな性格だからこそ、裏切られたという思いが強いんでしょう」

     
    芸能界引退の理由の一つが、原氏との〝結婚〟を待っていたからだとされている。

     
    前出関係者は「『もう二度と芸能界には戻らない』とつぶやいていたのが印象的でした。
    事務所とは円満な話し合いで退所したと聞いているし、芸能活動も順調でしたから、なんでそういうことを言うのかなと。
    今ではまったく別の仕事に就いていますけどね」。

     
    また、ある芸能関係者はこんな気になるエピソードを明かす。

    「恋愛に一途なタイプのAさんは、男性の浮気を許せない。
    それは歴史上の偉人でも同じですよ。
    以前、勝海舟が本妻のほかに5人もの愛人がいて、さらにはその愛人の子供がわんさかいることに『いくら当時は当たり前でも、ちょっと信じられない!』と怒っていました。
    ところが現実世界で、小島が原さんとねんごろにしていたとすれば、食事がのどを通らないのも無理はありません」

     
    もっとも、最大の被害者は〝本妻〟に違いないが…。

     
    そんな怨念渦巻く状況に「こじるりは破局一直線だろう」と予測するのは別のテレビ関係者だ。

    「もう原さんとは会えないのでは? 
    ツーショットを撮られるたびに、何度もこのドロドロを蒸し返されてしまう。
    それはタレントとして大ダメージです。
    対応を誤れば〝令和のベッキー〟になってしまいますよ」

     
    総収入50億円とも言われる人気漫画家とのハッピーエンドが遠のいていく。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/a629eef17c21f1f600337d507a003b5bbd89e9e4

    所長見解:あらら・・・

    【【令和のベッキー】小島瑠璃子さん、まさかの四角関係で破局ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「人生観の違いですね」蓮舫参院議員が離婚 「週刊文春」に理由語る


    立憲民主党参議院幹事長を務める蓮舫参院議員(52)が、離婚していたことが「週刊文春」の取材で分かった。

    蓮舫氏が、「週刊文春」の取材に認めた。


    r


    蓮舫氏を巡っては、8月20日、参院事務局に「村田蓮舫」から「齊藤蓮舫」に本名が変わったことを報告し、その後、参院ホームページの議員情報欄が更新された。

     
    蓮舫氏は情報番組のキャスターを務めていた頃、フリーライターの村田信之氏と知り合い、1993年8月に入籍。

    97年には男女の双子を出産した。

    息子の村田琳(23)は現在アイドルグループの一員として活躍している。



    続きはこちら
    https://bunshun.jp/articles/-/39836?page=1

    所長見解:そやろな・・・

    【【悲報】蓮舫離婚】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    離婚してすぐこじるりと付き合ってるキングダム作者の別れた奥さんwwww


    no title


    所長見解:つらいな・・・

    【【悲報】離婚してすぐこじるりと付き合ってるキングダム作者の別れた奥さんがコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    400㎡もの敷地、ガーデンパーティも可能なプール付きの庭、イルミネーションが施された庭木――都内屈指の高級住宅地で『GLAY』のヴォーカル、TERU(49)と『PUFFY』大貫亜美(46)夫妻の邸宅は一際、存在感を放っている。


    人気ミュージシャン夫婦にふさわしい豪邸だが、レコード会社幹部によれば「夫妻は不在がち」なのだという。

    「亜美が家を飛び出したと聞いている。
    TERUはピュアソウルの持ち主、悪く言えば天然ちゃん。
    仕事にのめり込むあまり、亜美や義母がほったらかしになっていたんじゃないかな。
    音楽業界では『一昨年の冬には別居状態になっていて、離婚が成立している』と専らのウワサだよ。
    ただ、’19年~’20年にかけてGLAYは全国ツアーなど〝デビュー25周年イベント〟が目白押しだから、関係者には箝口令が敷かれているんだとか……」


    r


    TERUはデビュー前に結婚。

    妻子がいたが、’98年に亜美と出逢ってしまったことで人生が一変。

    大恋愛の末、’02年に亜美と結ばれたのは周知の通りだ。


    訝りながらTERU御殿に向かうと、たしかに豪邸は静まり返っていた。

    と、そこに亜美がハンドルを握るミニクーパーが登場。

    助手席には愛娘が座っている。

    だが、亜美は車をガレージに入れようとしない。

    路駐したまま、小走りで玄関へ入り、すぐに両手に荷物を抱えて戻ってきた。

    そしてそのままミニクーパーを発進させて、そこから30分ほどの距離にあるタワマンの駐車場へ入って行くのだった。


    お盆明けの8月17日、豪邸から出てきたTERUを直撃したが、「事務所を通して」と頑なに拒まれた。

    代わりにTERUの所属事務所がこう答えた。

    「離婚はしていません。
    子供も大きくなってきたので、都内にいくつかある仕事部屋(衣装部屋や作業部屋)をコロナの感染予防や互いの仕事のペースなどを考えて、使い分けて生活をしています」


    あれだけの豪邸だ。

    「3密」を避けた衣装部屋や作業部屋なんていくらでも造れるだろうし、子供が両親のもとを行き来するほうがかえってリスクだと本誌は思うのだが―。


    8月21日発売の『フライデー』最新号では、亜美とすれ違い生活を送るTERUの寂しげな単独ショットを掲載している。



    FRIDAYデジタル
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a9ecf8a49d718de1deee9e774ede46745b0ac660


    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggZIrWpiuWthzIxSDByphSeg---x640-y627-q90-exp3h-pril/amd/20200821-00000001-friday-000-1-view.jpg


    所長見解:すごいな・・・

    【【離婚へ】GLAYのTERUとPUFFYの亜美、別居の模様wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ