ミーハー総合研究所

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 熱愛・結婚

    Sponsored Link

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「記事が出て1週間がたった8月17日の夜、彼女が名古屋・中日劇場で出演していた舞台『音楽喜劇 のど自慢 上を向いて歩こう』のスタッフや出演者が集まって食事会があったんです。
    上原さんは落ち込んでいるようすはなく、最後まで参加しました。
    それどころか、ふだんよりも積極的に話しかけにいったり、出席者たちと盛り上がっていましたよ」(参加者の1人)

    8月10日発売の『女性セブン』で、14年に自殺した夫・TENNさん(享年35)の“自死の真相”を報じられた上原多香子(34)。
    TENNさんの葬儀は、同年9月に大阪市内でしめやかに執りおこなわれた。
    あれから3年、彼女は“悲劇の妻”であり続けてきたが――。

    「今回、TENNさんの弟が“もう黙っていられない”と、残されていた遺書を公開したのです。
    そこには、彼女が不倫していたことが書かれ、不倫相手の俳優の実名を挙げて、“彼と幸せになってほしい”という衝撃的な言葉が記されていたんです」(スポーツ紙記者)

    遺族はこれまで、自殺の真相について堅く口を閉ざしてきたが、その陰ではさまざまなことが起きていた。

    「じつは、彼が亡くなった数カ月後に、精神的なダメージを受けたということを含めて、ご遺族から彼女に対して損害賠償請求がされたんです。
    金額は3~4千万円と聞いています。
    ご遺族としては、せめて法的なことだけでもきっちりしておかないと、気持ちの整理がつかなかったのでしょう。
    でも、上原さんも応じる気持ちはあったのですが、お金の問題もあって、話し合いが延び延びになって……」(前出・TENNさんの知人)

    さらに遺族の態度が硬化したのは今年5月。
    『フライデー』で上原の“新恋人”が報じられたときだ。
    “新恋人”として報じられたのは、演出家のコウカズヤ(40)。
    みずから劇団を主宰する、新進気鋭の演劇人だ。
    冒頭のとおり、名古屋での舞台関係者との食事会では、明るい表情を見せていたという上原。
    その背後には、この新しい彼と目指す“新生活”があったのだ。

    t


    「コウさんは、彼女の不倫が原因でTENNさんが自殺したことも知ったうえで、彼女と付き合い始めたんです。
    だから今回の報道が出ても気持ちに変わりはなく、しっかりと彼女を支えていくつもりですよ」(コウの知人)

    上原が食事会で見せたようすは“カラ元気”ではないと、彼女の知人も話す。

    「彼女は、報道に動じていませんよ。いつか出るものと思っていましたから。
    もちろん、TENNさんには申し訳ないという気持ちはあるでしょう。
    でも、前に進むしかないという気持ちのほうが大きいんです。
    いまの彼女には、コウさんの存在が支え。
    彼と再婚するつもりで、周囲にもそう話していて、それが励みになっているんです。
    じつは7月上旬に、“妊娠”の兆候が出て、産婦人科にも通ったそうです。
    どうしても子供がほしいという気持ちなんでしょうね。
    ただ、TENNさんのご遺族からしたら、“何を浮かれて……”と思われるのは、しかたないかもしれませんね」

    待ち受けるのは茨の道か――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170822-00010002-jisin-ent


    所長見解:なんかすごいね・・・
    【【これは前向き】上原多香子 自殺夫の遺書公開でも新恋人との“妊娠”再婚ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    8月6日までアメリカで開催されたシティ・オープンでは、錦織圭(27)は準決勝で敗退した。
    期間中、錦織の側に最も長い時間いたのは、コーチでもトレーナーでもなく、モデル恋人の観月あこ(25)だ。
    その彼女が、交際発覚後、初めてメディアの取材に応じた。

    人目も憚らずに錦織と腕を組んでワシントンの街を歩き、体を密着させて食事を共にし、揃ってホテルの部屋に帰る……現地で女房然とした振る舞いを見せていた観月。

    no title


    結婚の可能性について直撃すると、

    「結婚はしたい(ですが)、彼に任せています」

    だが、周囲の観月に対する評判は芳しくない。
    過去には「Kis-My-Ft2」の玉森裕太との交際が「週刊女性」に報じられており、ネット上には刺青の入った男と一緒に写っている写真などが流出。
    2人の交際が明らかになった2015年頃から、錦織の成績は低迷している。

    こうしたネットや雑誌でのバッシングについて観月は、

    「見てないんで。あんまり興味がないです」

    という答えだが、錦織の父の清志氏は、

    「(結婚については)うーん……わからねぇなぁ。そんなもん全然想像したくもない。
    彼女(観月)が悪いっていうのはいっぱい聞くし。
    周りからね。まあ、悪いことしか聞かないからね」と、観月に対する“ノー”の姿勢を示すのだ――。


    8月9日発売の「週刊新潮」では、観月との一問一答を掲載するほか、彼女の信奉する「除霊女占い師」の存在、錦織父の胸中について詳しく報じる。
    観月への取材の模様は動画でも配信中だ。

    「週刊新潮」2017年8月17・24日夏季特大号 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170808-00528932-shincho-ent


    所長見解:もう好きにしなよ・・・
    【【これはどうなる?】テニス・錦織の恋人・観月あこ「結婚したい」 錦織の父「想像もしたくない。悪い話はいっぱい聞いてる」と結婚に反対ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「7月上旬、九州北部を襲った豪雨被害を受けて延期された眞子さまと小室圭さんの婚約発表は、11月に行われることになりそうです。
    小室さんの仕事の都合で休日が既定路線の上、天皇皇后両陛下の公務日程なども考慮しなければなりません。
    そうなると、現実的には会見はしばらく開けそうもないようです」(皇室記者)

    内親王としては紀宮さま(黒田清子さん)以来13年ぶりとなる慶祝の日が近づいている。
    だが、手放しで祝福されるべきはずのふたりの門出には、日増しに心配の声が高まっている。

    「もともと、小室さんの仕事や収入について不安視する声はありました。
    ですが、“若いふたりは、手に手を取り合って乗り越えていってくれるだろう”と楽観的な意見もあった。

    大きく風向きが変わったのは、小室さんの父親が自殺を遂げていたり、母・佳代さんが霊媒師のような存在に傾倒していたことが報じられたこと。
    さらに決定的だったのは、7月17日に小室さんが秋篠宮邸を訪れた際の服装でした。
    白い長袖のニット姿に、“宮邸を訪れるのにふさわしい格好とはいえない”“せめて襟付きの服を着るべきだ”という声があふれ出したんです。
    中には“あまりに常識がなさすぎる”“あの服装を見て、母親はなにも感じなかったのか”という厳しい批判もありました」(宮内庁関係者)

    no title


    秋篠宮さまと紀子さまは、お子さま方に「本人の意思を尊重する」という教育方針を貫かれてきた。

    「お相手選びについても、眞子さまのお気持ちが第一だったそうです。
    もちろん、紀子さまは眞子さまの結婚について当初から心配されていたそうですが、それはどこにでもある母の親心からくるもの。
    ところが、数々の報道を目にされるにつれ、不安の種が一気に膨らんだのか、最近になって周辺から、小室さんの育ってきた環境について改めて確認するよう“再調査”を求める声が上がったといいます」(前出・宮内庁関係者)

    戦前、皇族の婚約者候補は三親等以内の親族の思想や病歴、犯罪歴などが事細かに調査された。
    現代ではそこまで徹底した対応はなされないが、雅子さまや紀子さまが皇室に嫁がれる際には、宮内庁内で親戚縁者のプロフィールが作成されたという。

    「それは民間から皇室に迎え入れる場合で、小室さんは逆ですから、そこまでやる必要はありません。
    もちろん、いまさら“婚約をなかったことに”とはいきませんから、“再調査”はあくまでさまざまな事情を把握しておきたいという意味合いが強いようです。

    経歴などは本人への聞き取り調査などが中心になります。
    ですが、ご婚約検討は報道が先行して明るみに出たうえ、会見の準備も急ピッチで進められたことで、それも不足していたようです。
    会見に先立って、宮内庁の担当記者には宮務課から小室さんと佳代さん、母方の祖父の角田国光さんに関する資料が配られました。
    しかし、父親がいない理由や死因について質問が出ても、宮内庁側は“不明です”“わかりません”と繰り返すばかりでした」(前出・皇室記者)

    家族の経歴などが宮内庁としても把握できていないなか、佳代さんとある宗教団体との関連が、『週刊女性』で報じられた。
    本誌は、佳代さんの小中学校時代の知人に話を聞いた。

    「佳代さんは、国光さんと母・八十子さんと弟さん、八十子さんの母の5人家族で、肩を寄せ合うようにつつましく暮らしていました。
    あまり近所づきあいを積極的にするほうではありませんでした。
    八十子さんは病気がちで、そのストレスもあって横浜市内に拠点を置く宗教団体に入信していたんです。
    佳代という名前も、その宗教の関係者につけてもらったそうです」

    さらに別の知人が続ける。

    「小室さんの“圭”という名前は佳代さんの“佳”からとったそうです。
    いつも行動をともにしていた霊媒師のような人も、もしかしたらその宗教と関係していたんじゃないですかね」

    もちろん、信教の自由は憲法で保障されたものだ。
    それでも「宗教に限らず、元皇族ということを広告塔にされてしまうといった可能性を考えると、デリケートにならざるを得ない」(前出・宮内庁関係者)という。
    さらに、自宅近隣では、佳代さんの変貌ぶりに驚かされたという声も上がっている。

    女性セブン 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170804-00000009-pseven-soci
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170804-00000009-pseven-soci&p=2


    所長見解:大丈夫なのか?・・・
    【【皇室婚約】小室圭さん「デリケートにならざるをえない」家族の身上ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ピコ太郎(自称54)のプロデューサーで、顔も声もうり二つのタレント古坂大魔王(44)が3日、結婚した。
    お相手は元グラビアアイドルでタレントの安枝瞳(29)。
    愛称の「やっさん」にちなみ、「8っ3」のこの日に婚姻届を提出した。
    2人は番組で共演して出会い、13年5月に交際に発展。
    古坂は「彼女の優しさと、真面目さと、切なさと、心強さとにひかれた」と話した。

    y


    ピコ太郎は「おふたりを見てると亀と牛のような、雨雲と小豆のような、マチュピュとネドベドのような感じがします。とても仲良しで、私と多味のようです」と、まるで“自分のこと”のように大喜び。
    ピコ太郎はこの日、病院でぶつかって一目ぼれしたという78歳の妻、多味さんをお披露目した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00000001-spnannex-ent


    所長見解:すべってんな・・・
    【【これは裏山】古坂大魔王、グラドル安枝瞳と結婚 ピコ太郎“自分のこと”のように喜ぶってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    まさに私生活でも天下分け目の戦いを迎えていた。
    間もなく公開する映画『関ヶ原』で主演を務める岡田准一(36才)にとって、一世一代の大決心。
    今、岡田は一戸建てを建てているという──。

    坂をのぼると富士山も望める、都内でも有数の閑静な高級住宅街。
    著名人も多く住み、豪邸が並ぶが、その中でもひと際目立つ敷地がある。

    「つい最近、工事が始まりました。土地は約230坪。
    このあたりは坪あたり150万~200万円が相場といわれるため、土地だけで約3億円ほどでしょうか。
    もともと2つに分かれていた土地を合わせて購入されたとあってかなり広い。
    都内の通常の戸建てでは軽く10軒が建つくらいです」(地元不動産業者)

    建築計画が張り出され、建築主の覧に岡田の名前を見つけると近隣の住人に驚きが広がった。

    「こんな広いお家を買うなんて、ついに…と。なんか嬉しいですよね。
    近所には同じジャニーズの先輩であるTOKIOの国分太一さん(42才)が家族で暮らすお家もありますしね。
    都心ではないですが子育てや家族で生活するにはとてもいい場所なんですよ」(近隣住民)

    岡田と宮崎あおい(31才)の交際を女性セブンが報じたのはちょうど2年前の2015年8月のこと。
    友人宅で行われたパーティーに参加しているところだった。

    m


    「最近も都内をドライブデートしたり、スーパーで一緒に買い物する姿も目撃されています。
    ふたりとも食材へのこだわりが強くて、韓国料理の食材専門店を訪れたりすることもあるようですよ」(スポーツ紙記者)

    順調な交際が続いているというふたりだけに、近隣住人ならずとも「もしや」と期待してしまうが、具体的な予定はまだないという。

    「岡田さんも、もう36才ですからね。
    今回も2億円のローンを組んだといいますし、ローンが組めるうちにと、購入を決意したんじゃないですか。
    もともと、岡田さんは近代建築に興味があって、地方ロケなどがあると現地の有名な建築物の写真を撮りに行くほど。
    昔から自宅へのこだわりが強かったようですし、40才を前に一度一戸建てを建ててみたいと思っていたことを実現したんでしょう」(芸能関係者)

    今回、岡田が設計を依頼したのは有名建築家の中村拓志氏(43才)だ。

    「中村さんは東京・表参道にある東急プラザや成田空港第二ターミナルの増築棟、羽田空港内のラウンジなどを監修した第一人者で、岡田さんのラジオにも登場するなど公私にわたって交流がありました。
    2年ほど前にもラジオで“中村さん、どうします? ぼくの家は”なんて話で盛り上がっていましたね。
    植物や太陽の光、風といった自然を多く取り入れるような空間デザインをする中村さんのセンスに岡田さんは魅了されていて、こだわりの未来図は絶対中村さんに頼むと決めていたようです」(前出・芸能関係者)

    竣工は来年8月の予定だという。

    「地上2階、地下1階のデザインだそうです。延べ床面積は400平方メートルほど。
    庭なんかにも相当こだわって、土地代をあわせて5億円はするそうです。
    建物の完成までに1年以上もかかるなんて、デザインや細かい部分にかなりこだわって作っているんだと思いますよ」(前出・芸能関係者)

    岡田の描く未来予想図は、ほら…。


    ※女性セブン2017年8月17日号
    https://www.news-postseven.com/archives/20170803_601230.html?PAGE=1#container


    所長見解:ついに結婚するのか・・・
    【【結婚へ】岡田准一 有名建築家に設計依頼し5億円豪邸建設ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ