熱愛・結婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気フリーアナ・田中みな実の微笑ましい新情報が聞こえてきた。

    最近、医師と交際を始めたというのだ。

    「みな実は、非常に向上心が高い女性ですから、成り金的なIT経営者やたたき上げ社長など興味がありません。
    将来、結婚するのは伝統的な企業社長の御曹司や高度な学術研究者、医師だといわれています。
    ステータス職業でも、収入が見込めない弁護士などは対象外みたいです」(女子アナライター)


    m



    伝わってきた相手は、民間病院の勤務医であるA氏だ。

    「医師には大きく分けて国立大勤務医師、私大勤務医師、民間病院勤務医師、開業医という形があります。
    国立大はほぼ一律ですので、給料は準公務員査定。
    35歳なら700万円前後でしょう。
    私立大なら2割増しの850万円。
    民間なら倍増の1500万円。
    開業なら年齢問わず2000万円以上。
    全体平均では40歳で1500万円以上といわれています」(医学誌ライター)


    A氏が勤務医であれば、大金持ちというわけではなさそう。

    しかも、一部週刊誌報道によれば、田中の昨年度の年収は1億3000万円もある。

    「医師は永久職であって、よほどのことがない限り、免許はく奪もない。
    小さな医院を開いて聴診器での聴音、触診、処方ができれば70歳以上まで確実にできる。
    医師は国策ですから保険や年金も医師会のもと別枠。
    特別職なんですよ」(同・ライター)


    今年、テレビ朝日の竹内由恵アナが勤務医師と結婚。

    話題となった。

    「女性心理として、夫は一流企業勤めだと言うより、『夫は医者です』の方が鼻高々だと思います。
    人一倍プライドが高いみな実ですから、医者は当然の選択でしょう」(女子アナライター)


    田中の相手A氏は、内視鏡医。

    健康診断の際に知り合ったとされる。

    「女子アナでも、内視鏡検査を1年に1回受けるのは普通です。
    紙パンツもしくは紙ワンピのようなものを渡され、下剤で体内浄化。
    内視鏡を挿入され、体内を見られます」(前出の医学誌ライター)

    田中はすべてを見られ、心が傾いだのだろうか。


    http://dailynewsonline.jp/article/1927754/
    週刊実話

    所長見解:医者になろう・・・
    【【熱愛発覚】田中みな実が内視鏡医者に「すべてを見られちゃった」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の本田翼(27歳)が、7月16日に放送されたバラエティ番組「バナナマンのドライブスリー」(テレビ朝日系)に出演。

    「どんな人と結婚したい?」という質問に答えた。


    k


    バナナマンから「山ちゃん2号みたいな人と結婚して欲しい」「お笑い芸人さんはどう?」とたずねられると、本田は「バラエティ番組とかでしかご一緒したことがないので、どうって言われてもわからない」と回答。

    同業者との結婚について、本田は「できれば芸能人以外がいい」と答えたが、バナナマンから「そんなこと言って、もしバリバリの役者さんと結婚したとしたら、ウソばっかじゃないかってなる」と言われると、本田は「それは『あーっ!』てなった人かもしれないです。『あーっ!』て」と、驚くような出会いがあれば結婚する可能性もあると答えた。

    また、本田は現在懸念していることとして、結婚相手が本田の持っているお金に目がくらんで「変に裕福な暮らしをしたがる。それはダメです」と語った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16784402/

    ▼画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/e/0e9f4_249_20190717006.jpg

    所長見解:そうね・・・

    【【悲報】本田翼が結婚したい相手がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人生の数ある決断の中で、重みのあるものの1つが結婚だ。

    慎重になるあまり理想を高く持ちすぎ、素敵な出会いにたどり着けず疲弊している人は多い。


    k


    ガールズちゃんねるに7月10日、「【婚活】相手に求める年収について」というスレッドが立った。

    現在婚活中のスレ主は自分の年収が500万円なので、年収600万円以上の男性を希望しているが、なかなか条件を満たす男性に出会えず、不満を漏らしている。

    スレッドには、「相手の年齢にもよるけど、目先の金額よりも将来性があるかどうかが大事だよね」と、5年後10年後の収入も加味したほうが良いという建設的なアドバイスが見られた。

    大手企業でも、産業構造の変化によって大規模なリストラが行われる時代だ。

    額面だけではなく、勤め先が成長産業かどうかもチェックしたほうが良さそうだ。

    「年収600万円で嫌悪感のない見た目で、まともなコミュ力ある男は婚活市場にいない」

    ただ、スレ主に現実を突きつける厳しい指摘も散見された。

    高収入を得られる優秀な男性は学生時代から付き合っている女性と結婚したり、交際相手が途切れなかったりする。

    婚活市場に参加するケースは稀だ。

    仮にそういった男性が婚活市場にいても、ライバルが多く、知人以上の関係になることも難しいだろう。

    「30過ぎていてその条件にこだわっているなら結婚は遠のきそうな気がする」と、スレ主の年齢によっては、ハイスペ男性に見向きもされない可能性があると指摘する人もいた。

    自分が結婚相手を精査しているように、男性側もシビアな視線を女性に向けている。

    理想を高く設定することは悪くはないが、自分の婚活市場価値を見極めることも忘れてはいけない。

    年収600万円以上の20代未婚男性は2%、30代でも8%

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190714-38351751-careercn 

    所長見解:まあね・・・

    【【悲報】婚活女子「年収600万の男性に出会えない」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「レギュラー番組を10本以上抱えている山里さんは本当に忙しく、いまだに同居はしていません。
    そのため毎日欠かさず連絡を取り合って、会える時間を調整しています」(蒼井の知人)


    z



    誰もが驚いた蒼井優(33)と南海キャンディーズ・山里亮太(42)の電撃婚。

    そのわずか3週間後、蒼井は夫を日本に置き去りにして、親友・高畑充希(27)とロンドン旅行を満喫していた。

    「蒼井さんは女性アイドルグループ・アンジェルムの大ファンで、『アンジェルムック』の編集長を務めたほど。
    メンバーの卒業に、寂しさを紛らわせる“現実逃避”旅行だったそうです。
    結婚前から決まっていた予定で、もちろん山里さんも了承済みでした。
    帰国後は夫婦でメンバーの卒業公演を一緒に見に行っていました。
    自宅で2人で過ごすときは彼らのDVDを流しているほどです」(テレビ局関係者)

    結婚以来、仕事現場の山里に“ある変化”が生まれたという。

    「スタッフが『おめでとう!』と声をかけても『はい、どうも』と淡白な反応で、すぐに仕事の話になります。
    決して浮かれず、真面目。
    “蒼井優にふさわしい男になる”自覚が出たともっぱらの評判です」(山里の仕事仲間)

    別居婚ながら、蒼井は、夫を決して「独りにさせない!」という“新妻の矜持”があるようだ。

    「スケジュールが合えば、蒼井さんは愛車を出して山里さんの仕事場付近で待機しています。
    彼は運転免許を持っていませんからね。
    そして休憩時間中に、一緒に夕食をとるようにしているとか。
    深夜まで収録の日も多いので……。
    また、彼が4~5時間、空き時間がある日は蒼井さんの自宅を訪れ、一緒の時間を過ごしていますよ」(前出・蒼井の知人)

    番組“中抜け”ディナーで愛を育む2人。

    蒼井は会見で、「新婚旅行は高知に行きたい」と語っていた。

    「蒼井さんは大自然に身を置くのが好き。
    彼女の愛読書は旅行エッセイで、『アラスカにも行ってみたいね』と夫婦で話し合っているそうです。
    でも、なかなかまとまった時間がとれないのが悩みだそうです」(前出の仕事仲間)

    別居婚はいつまで続くのだろう。

    「蒼井さんは来年、舞台など大きな仕事がすでに数本、決まっています。
    仕事が落ち着いている秋までには新居が見つかるよう、良い物件を探していると聞いています」(前出・蒼井の知人)

    蒼井車でのドライブは貴重な夫婦“ひとつ屋根の下”の空間なのだ。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190715-00010000-jisin-ent

    ▼画像
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/07/aoi_yuu_1_line_tw.jpg

    所長見解:やはり・・・

    【【悲報】蒼井優、山里亮太 結婚1カ月も別居ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本一有名な家族が歩み出したそれぞれの道

    午後1時半過ぎ、高級中華『N』を出た河野景子さん(左)とI氏は談笑しながら裏原宿のマンションへと向かった。

    その夜、「旧・貴乃花一家」の面々が都内の有名イタリア料理店に集結していた。

    河野景子さん(54)は娘とその友人を伴って19時前にタクシーで到着。

    少し遅れて、長男で靴職人のタレント・花田優一(23)が姿を現した。


    当然といえば当然だが――景子さんが三行半(みくだりはん)を突きつけ、優一と靴作りや離婚を巡って衝突していた一家の長、花田光司氏(46)の姿はそこにはなかった。



    t


    昨年10月に景子さんと光司氏は離婚。

    本誌が不倫疑惑を報じた優一も陣幕親方の娘と破局した。

    以来、「日本一有名な家族」は一家離散状態にあっただけに、再会がよほどエキサイティングだったのだろう。


    2時間以上に及んだディナーが終わった後も優一は店の前の消火栓に登ったり、妹やその友人とバレリーナのようなポーズを決めて記念撮影をするなど大ハシャギ。

    最後は3人揃って自撮りしたりと、超ゴキゲンだった。


    一方、楽しげな子どもたちの様子に目を細めていた景子さんは、アゴヒゲを蓄えた恰幅(かっぷく)のいい中年紳士にそっと、肩を抱かれていた。

    テディベアを思わせる愛らしい風貌のこの男性、件(くだん)のイタリア料理店の有名オーナーシェフ、I氏(49)である。

    「お父さんは『POPEYE』や『BRUTUS』を創刊した有名編集長でテレビキャスターとしても人気でした。
    その影響か、I氏が経営するトラットリアには福山雅治や元格闘家の高田延彦、放送作家の小山薫堂など一流の著名人が常連として通っています」(芸能プロ幹部)

    昨年夏、広島の長野久義(34)が盟友の巨人・片岡治大コーチ(36)と合コンをしていたのもI氏の店であった。

    「先代・貴ノ花時代から交流が始まり、子ども同士も仲良し。
    文字通り、家族ぐるみの付き合いをしているそうです」(I氏の知人)



    旧知の店での食事会を終え、優一が乗ってきたミニバンで貴乃花一家は家路に就(つ)いたのだが――この3日後、本誌は意外な場面に遭遇した。

    いつものように朝、自分が経営する会社に出社した景子さんは、昼過ぎにタクシーを拾って原宿で下車。

    胸元の大きく開いたブラウスに黄色のスカートという、
    真夏を思わせる情熱的なファッションで老舗の高級中華『N』へ向かった。

    店先で彼女を出迎えたのは、つい先日会ったばかりのI氏だった。


    二人きりのランチデートが終了したのは、1時間以上経過したお昼1時半過ぎ。

    相撲一辺倒だった前夫と比べれば、I氏の話はバラエティに富んでいるのだろう、景子さんはケラケラと実に楽しそうに笑っている。

    そのまま二人は人気(ひとけ)のない裏路地へ入り、裏原宿にあるマンションへと入っていった。


    いかにも包容力がありそうなI氏はたしかに魅力的な人物だが、妻子持ちのはずである。

    まさか不倫……なんて訝(いぶか)っていると、マンションから二人が出てきた。


    I氏はキョロキョロと落ち着かない様子。

    そのまま大通りに出ると、二人はタクシーを拾って都心方面へ走り去った。


    マンションで二人は何をしていたのか? 

    後に景子さんはカシミアのショウルームを訪ねていたとブログで明かしたが、I氏の存在は伏せられていた。


    さらにこの数週後、I氏のバースデーを祝おうと優一が一人でトラットリアを訪れると、やはり一人で彼に会いに来ていた景子さんと遭遇する一幕があった。

    家族ぐるみの付き合いという枠を超えて、もはや新しい「パートナー」としか思えない距離感の二人なのである。  


    ※画像がコチラ


    https://news.livedoor.com/article/detail/16761710/
    FRIDAYデジタル

    所長見解:不倫・・・

    【【元貴乃花婦人】河野景子さんの新たなパートナーがコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ