熱愛・結婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    手を繋ぐのはアウト?
    w


    所長見解:アウトやろ・・・


    【【恋愛問題】どこからが浮気? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ねぇ、どれにする~?」 

    都心のある映画館の窓口――かつてサッカー日本代表を率いたトルシエ監督の通訳、フローラン・ダバディ氏を彷彿させる長身のイケメン外国人に腕を絡め、小柄な女性が甘えていた。

    一応、変装はしているものの、キャップとマスクの間から覗く愛らしい瞳、総選挙のスピーチで何度も聞いたあの声で、彼女が『AKB48』の元エース、大島優子(30)であることはバレバレなのだが――周囲を気にする素振りはない。


    二人がチョイスしたのは『ボヘミアン・ラプソディ』。

    券売機で大島がチケットの購入手続きをしている間、今度はダバディ似のカレが彼女の背中に手を伸ばして、密着していた。

    スクリーンに向かう大島の後を、イケメンが静かにフォローしていく――そう、カレはレディファーストの国、アメリカで知り合った大切な人なのである。

    上映終了後、二人は帰宅ラッシュで混み合う品川駅へ徒歩で移動。

    横断歩道で信号が変わるのを待つ間、大島はカレの腕に頭をピタリとくっつけている。

    そして信号が青になるや、ガッチリつないだ手を前後に大きく振りながら、満面の笑みで歩き始めた。

    まるで高校生カップルの初デートのように……。

    y


    そして――極めつけだったのが、『罪と罰』の東京公演が無事に終わった2月上旬のある夜。

    大島のマンションから出てきたのは件のカレと、なんと大島の父親だったのである。

    翻訳アプリを介して会話しているようで、二人はスマホを見せ合いながら、和気藹々としている。

    その後、彼らは大島父の知人らしき女性を交えて三人で寿司をつまんだ。

    ちなみに『罪と罰』の大阪公演を控えた大島本人はこの間、ずっと不在である――。

    一番の理解者であり、ファンであり、究極のストレス解消法は「お父さんに電話すること」と公言している大島。

    全幅の信頼を置く父に紹介し、大島パパもまた全力で歓待しているのだから、大島とカレが深い関係なのは間違いない。

    二人はいつから付き合い始めたのか。

    結婚の予定はあるのか。

    大島の所属事務所は本誌取材にこう答えた。

    「プライベートなことは本人に任せておりますので、コメントは差し控えさせていただきます」

    『罪と罰』公演を終えたのも束の間、NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』の出演が発表された大島。

    渡米によってキャリアに空白ができることを危惧する声もあったが、留学は大島にさらなる実りをもたらせたのである。


    3月15日発売のFRIDAY最新号では、ツーショット写真ほか、二人のデートの様子を詳しく報じている。


    ※画像がコチラ


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00010000-friday-ent

    所長見解:もうね・・・

    【【手つなぎデート】元AKB・大島優子の彼氏がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    彼女いたことないよ
    b


    所長見解:数うちゃあたる・・・

    【【緊急速報】彼女の作り方がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「LOVEマシーン」の大ヒットから20年。

    二児の母となり、ママドルとして活躍中の後藤真希(33)が、私生活で浮気が夫に露見し、泥沼裁判に突入していることが「週刊文春」の取材で明らかになった。

    2014年に結婚した夫・A氏(30)が、後藤の元恋人で不倫相手のB氏(28・独身)を相手取り、330万円の損害賠償を請求しているのだ。

    小誌取材班はその裁判資料を入手した。

    後藤本人が署名した陳述書にはこうある。

    〈2人でタクシーを拾い、Bさんが宿泊していたアパホテルに遊びに行くことになり、その場でBさんと肉体関係を持ちました。
    (中略)22日の昼と23日の朝の計2回肉体関係を持ってしまいました〉(後藤の陳述書より)

    不倫関係は元カレであるB氏とのインターネット上の再会に端を発している。

    2人は昨年初めから頻繁にSNSなどで連絡をとるようになった。

    後藤はB氏とのLINEのやり取りの中で、夫への不満を爆発させている。

    B氏は、後藤が夫からDVを受けていたとし、「既に婚姻関係が破綻していたので、(損害賠償の前提である)権利侵害行為は認められない」と主張している。

    現在も裁判は継続中だ。

    g


    3月11日、夫と一緒に地元マッサージ店から出てきた後藤を直撃したが、記者の質問に対し、「知らないです」を繰り返した。

    後藤の事務所は「裁判は事実ですが、コメントは控えます」と回答。

    B氏にも話を聞こうと自宅を訪れたが、家人が不在を告げるのみだった。

    3月14日(木)発売の「週刊文春」では、裁判資料に基づき、後藤とB氏の関係を詳報する。

    また、「週刊文春デジタル」では後藤の直撃取材を収めた関連動画を同日朝5時に公開する。


    文春オンライン
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16152620/

    動画
    https://bunshun.jp/articles/-/11034?utm_source=news.livedoor.com&utm_medium=referral&utm_campaign=partnerLink&page=1

    所長見解:モー娘・・・


    【【泥沼裁判】元モー娘・後藤真希の不倫がバレた模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    担任の人妻教師と男子中学生――「禁断の恋」とは分かっていても、気持ちを抑えることができなかった。

    担任していたクラスの男子生徒にキスなどをしたとして、千葉県教育委員会は6日、県北西部の公立中学の女性教諭(44)を懲戒免職処分とした。

    h


    女性教諭は2017年12月15日~18年1月26日の間に、少なくとも7日程度、パソコン室や教科準備室など、他の教員や生徒がいないところで男子生徒と2人きりになり、抱き締め、キスをしていた。

    校舎内だけでなく、休日にも男子生徒を誘い出し、東京ディズニーランドや葛西臨海公園でデートを重ね、キスや抱擁を繰り返していたという。

    男子生徒が昨年11月、保護者に「先生とキスをした」と話したため、市教委に相談し、発覚した。

    女性教諭は既婚者で、県教委の聞き取り調査に対し、「お互い好きだった。
    いけないことだと分かっていた。
    ただ気持ちを抑え切れなかった。
    自分自身の責任感、自覚のなさが原因です。
    男子生徒と保護者に多大な迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」と深く反省しているという。

    身元の特定など“2次被害”につながる可能性があるため、県教委としては、男子生徒に聞き取り調査は行っていないという。

    「担任と教え子という関係から自然と恋愛感情が芽生えたようです。
    男子生徒は学校へはスマホを持ってきておらず、学校以外で女性教諭とLINEなどでやりとりをしていた。
    女性教諭は『(キスや抱き締めたことなど)それ以上のことはやっていません』と話していて、過去に他の男子生徒と『こういう関係になったこともない』『男子生徒を好きになってしまった』と話しています」(教委関係者)

    “かなわぬ恋”は余計、人妻教師を燃え上がらせたか。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16136683/

    所長見解:44・・・

    【【懲戒解雇】女性教師(44)と男子中学生「禁断の恋」の中身がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ