熱愛・結婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    40越えた独身女って完全に詰んでるやろ


    g

    所長見解:しゃあない・・・
    【【悲報】40歳越えた独身女、完全に詰んでる説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    付き合って5年の彼女がHを許してくれない


    m


    付き合って5年経つけど、
    未だにH許されない理由を一緒に考えて欲しい
    所長見解:付き合ってないで・・・

    【【悲報】付き合って5年の彼女がHを許してくれない件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    田代まさし 隠し続けたファンとの結婚を初告白!

    3度目の刑期を終えて「妻の手料理がいちばん心に沁みた」



    m


    「つい、『おかえりなさい』が『コカイン買いなさい』に聞こえるとかギャグを言っちゃうけど、反省してないと思われちゃうんだよな」

     
    薬物で逮捕されること5回。

    人生で3回めの服役を終えたのは、田代まさし(66)だ。

    2020年7月に、懲役2年6カ月(うち6カ月は保護観察付き執行猶予2年)の判決が確定し、10月27日、福島刑務所から満期出所を果たしたのだ。

    娑婆に出てからわずか1週間。

    本誌はいまだ“ムショぼけ”が続くという田代に取材をおこなった。



    「今までで、いちばんキツかったよ。福島刑務所は楽だと聞いていたのに、5回も懲罰を受けたからね」

    と力なく笑う“マーシー”だが、血色はいい。

    「収容前は、糖尿病で気絶するほど体調が悪かったけど、刑務所は粗食だし、運動時間に筋トレをしていたから、かなり健康になったんだ。
    でも、精神はすごく削られたよ」


    というのも、服役中は刑務官にかなり苛められたという。

    「ダルマを作る刑務作業中、細かい作業に向くからと爪楊枝を使っていたら『なんだこれは』と刑務官に見つかってね。
    『効率的なんです』と弁明したって『屁理屈言うなこの野郎』と一喝されて懲罰だよ。
    若い刑務官からは『年下にここまで言われて恥ずかしくないのか』とかイビられたりもした。
    顔を知られているから、ほかの受刑者から喧嘩を売られることもある。
    俺もやんちゃだから『いつでもやってやるよ』なんて言い返したりしてね(笑)。
    懲罰房はつらかったですよ。
    誰とも話せず孤独で、数日でキツくなる」


     
    裁判中には、恩人である志村けんさんが亡くなるという悲報があった。


    「つらかった。
    入院中の病院から『自分が代わりに死ねばよかった』とコメントを出したけど、そのとおり。
    でも笑い話もあってね。
    受刑者のなかに『志村さんが亡くなる直前までつけていた数珠を作ったのは俺だ』と自称する男がいてね。
    志村さんに『地位や健康』と『女と快楽』が上がる数珠、どっちがいいか聞いたら、迷わず後者を選んだってさ(笑)。
    前者を選んでいてくれればね……。
    早く東村山市にお墓参りに行きたいと思っています」


     
    以前、収容前の本誌の取材で、服役中は仏画を描きたいと話していた田代。

    それもかなわなかった。


    「刑務所では、模範的かどうかで等級が決まるんだ。
    俺はずっと最低ランクの5等のまま。
    差し入れが制限され、色鉛筆を受け取れなかった。
    月に二度ある貴重なお菓子すら、一度も食べられなかったよ……」


     
    念願の出所を果たし、最初に口にしたのは豆腐だという。


    「韓国映画によく出てくるんだけど、向こうでは縁起物として豆腐の角を食べるんだって。黒い自分を豆腐のように白くする。
    豆腐が大豆に戻らないように、自分もここに“戻らない”という意味があるんだってさ。
    これをやってみたくて、妻に用意してもらい、出所後に刑務所の前ですぐに食べた。
    でも美味しかったのは、帰宅して食べた妻の手料理。
    心に沁みたなあ」


     
    じつは田代は、これまで“現妻”の存在を、ひた隠しにしてきた。

    長男と長女をもうけた前妻とは、2005年の一度めの服役中に獄中離婚している。


    「今の妻とは、2011年に府中刑務所に収容される直前に籍を入れました。
    『差し入れも面会も、身内だと便利だから』ってね。
    デビュー当時から俺のファンで、世界中探してもこれほど俺のことをわかってくれるのは、こいつだけですよ。
    今回はコロナ禍のせいで、雪の中わざわざ面会に来たのに追い返されたり、かわいそうな目にも遭わせた。
    息子はいろいろと理解があるんだけど、娘との関係が難しくて。
    嫌われたくないから、これまで再婚したことを自分の口からは話せなかったんだよね」



    ▼画像
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221108-00010002-flash-000-4-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/7e62275fd324d9620f9eeaa862751899ac3699d9
    所長見解:もうな・・・

    【【マーシー】田代まさし氏、出所して結婚ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    30歳まんさん「最近、寄ってくる男性の質が落ちた気がする…」 
     

    k


    麗奈さんが30歳を超えたある日のこと、ふとあることがアタマをよぎります。

    「最近、寄ってくる男性の質が落ちた気がする…」

    ハイスペックな男性からアプローチされることが少なくなって、デートの回数がかなり減っていたのです。

    たまのデートも、そこそこの年収の年上男性と大衆的なレストランに行くようなものばかりでした。

     
    当初は憤慨するばかりの麗奈さんでしたが、さすがにこうも続くと危機感を覚えたといいます。

    そうして彼女は少しずつ妥協したほうがいいのではないかと考え始め、少しくらい(麗奈さんにとって)年収が低い男性でも誘われたら応じるようになったそうです。


     
    そんな中、32歳になったタイミングで彼女はある男性と出会います。

    大手企業で働く、年収700万円の男性、吉田勇人さん(40歳)です。


     
    この頃に出会った男性の中では、年収が一番マシだったといいます。


    …しかし、デートに行っても不満を感じる麗奈さん。

    勇人さんは好意的に接してくれますが、

    「なにこのお店。思いっきり普通のお店じゃん」
    「何とか清潔感はあるけど、おっさんにしか見えない」
    「全然盛り上がらない。もう少し上手くリードできないの?」

    と、ひたすら心の中で毒づいていたといいます。

     
    どうしても過去に付き合っていた男性と比較して見てしまったのかもしれません。


    とはいえ、さすがに年齢的な焦りを感じていた麗奈さんは、今までなら即切りでしたが、ガマンして交際を続けたそうです。

    そして少しでも気持ちよく交際ができるよう、彼女なりに努力して、彼に色んな提案をしたといいます。


    「次は新しくできた〇〇のお店に行きたいな」

    「次は〇〇の服を着てきてね。できればそれまでに少しダイエットもお願い」

    「私は〇〇が好きだから、しっかり覚えて趣味や話を合わせてね」

     
    そうやって、相手が自分の好みに変わってくれたら「結婚してあげよう」と思っていた麗奈さんだったのですが…交際が半年ほどになる頃、彼から衝撃的なことを言われてしまったのです。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/25c4e665c729b6357add0013cf62d9ae9ff7a993
    所長見解:これな・・・

    【【悲報】女さん(30)「最近、寄ってくる男性の質が落ちた気がする…」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    p



    【あるある】まんさん「風呂トイレに携帯持っていく男は100%浮気してる」→Twitterまん同意の嵐


    所長見解:まあな・・・

    【【あるある】女さん「風呂トイレに携帯持っていく男は100%浮気してる」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ