スキャンダル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    不倫男の前妻が告白、夫を奪った彼女を許せない 「福原愛の嘘と恐喝事件」


    no title


    5歳年下の男性との不倫疑惑が報じられた卓球元日本代表・福原愛(33)。

    不倫相手の前妻・B子さんが「週刊文春」の取材に応じ、「福原さんは嘘をついている」と告白した。



    福原と5歳年下で商社マンだった男性・Aさんとの“連泊デート”が報じられたのは、「女性セブン」昨年3月18日号。

    福原は「友達の1人」と釈明し、不倫を否定した。


    その後、福原は夫で卓球元台湾代表の江宏傑と離婚。

    Aさんも昨年11月初旬に妻のB子さんとの離婚が成立する。


    程なくして2人は、福原が所有するマンションで同棲を始めた。



    昨年12月22日朝7時には、「NEWSポストセブン」が<福原愛 あのイケメン商社マンと真剣交際スタート「再婚も視野に」>と題した記事を配信。

    福原とAさんが公園で銀杏の木を眺め、談笑する写真などを報じた。


    そこでは、「福原の知人」が以下のように証言している。

    <Aさんも学生時代から交際をしていた女性と結婚はしていましたが、あの頃は別居中で夫婦関係は破綻していたとか。
    お互いに"離婚へ向かっていた"という共通点もあり、あくまで友人として関係が深くなっていきました。
    ただ、(交際が)"疑惑"と報じられたため、2人で会うのは難しい空気に。
    連絡も一時絶っていたそうです>


    B子さんが語る。

    「まるで私と彼の離婚が成立してから、福原さんと彼が交際を始めたかのような記事でした。
    でも〈あの頃は別居中で夫婦関係は破綻していた〉のも、2人が〈連絡を絶っていた〉のも、真っ赤な嘘。
    それだけではありません」


    B子さんは記事を読んで、福原に連絡を取ったという。

    「私は『夫婦間の問題まで事実ではないことが報じられているので(取材に応じるなどして)記事を訂正したい』と伝えました。
    すると、『それはやめて欲しい。
    記事が出ると、報道が過熱し、結果的に巻き込むことにもなる』と。
    最後は福原さん側から迷惑料という形で、当事者間で収めることを提案されました」



    その後、今度は福原から電話がかかり、100万円という迷惑料の提示があったという。

    「福原さんは金額を提示する一方、あくまで週刊誌の報道に対するものという姿勢を変えませんでした。
    12月の(ポストセブンの)記事を踏まえると辻褄の合わないことも多く、言動に誠意が見られなかった。

    これ以上、個人間でのやり取りは無意味だと判断し、私からはわざと5000万円と無理な金額を伝えたんです。
    最後は、今後は代理人を通してご連絡すること、今後は一切個人間でやり取りをしないことをお話しし、会話は終わりました。」



    福原のマネジメント事務所に事実関係の確認を求めたところ、弁護士名で以下のように回答した。

    「貴社の取材元であるB子氏(回答は実名)は、貴社に情報を提供する前である昨年から依頼者(福原)に対し繰り返し架電し、週刊文春にリークされたくなければ、5000万円を支払えなどと法外な要求を行いました。
    B子氏が、恐喝の手段として、貴社を利用していることは明らかである」

    一方、B子さんの代理人弁護士はこう語る。

    「B子さんは事実を訂正して頂くことを強く希望しておりました。
    B子さんは『週刊誌に売るぞ』と恐喝していませんし、事実の訂正を求めることは犯罪ではありません。

    福原さん側の主張は事実無根であり、B子さんの名誉を棄損しています」

    B子さんが言う。

    「『友達の1人』という釈明に始まり、福原さんは影響力のある立場から、嘘を重ねてきました。
    私は最初の不倫疑惑については、福原さんを咎めるつもりは毛頭なかった。

    しかし、昨年12月の報道で一方的に事実を曲げられたこと、そしてその後の対応に耐えられませんでした。
    余りに不誠実と感じましたし、ただただ悲しい想いで一杯です」



    だが、100万円の迷惑料の提示を巡っての会話が、警察も巻き込んだ“恐喝事件”へと発展するのだ――。


    3月16日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」及び3月17日(木)発売の「週刊文春」では、不倫報道直前までは仲睦まじかったAさんとB子さんの結婚生活、手紙を巡るB子さんと福原とのやり取り、福原が既婚者のAさんに送った便箋4枚に及ぶ“ラブレター”の中身、そして、福原が恐喝されたとしてB子さんを刑事告訴する動き、それに対してB子さんが慰謝料請求を検討していることなどを詳報している。


    https://bunshun.jp/articles/-/52728
    所長見解:ややこしな・・・

    【【週刊文春】福原愛の嘘と恐喝事件がコチラ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    綾野剛「超絶女関係」

    柏木由紀、松平璃子、小島瑠璃子…DV癖などメチャクチャを東谷義和氏暴露


    s


    実業家の東谷義和氏が、YouTubeチャンネル「ガーシーch」で限定ライブ配信を行った。

    語ったのは俳優の綾野剛の件である。

     
    初の会員限定の配信で行ったのは、綾野の「不倫、女性、暴力事件」とのことであり、すでに大きな話題になっている。

     
    無料配信の時点で「作家の沖田臥竜氏から『過去をばらされたくないなら、これ以上将来のある俳優を脅すな』とDMが来た」とし、沖田氏と関わりがあるのが調べた限り綾野だけと指摘。

    知り合いから「綾野剛が相当慌てている」という情報も入っているそうで、「週刊文春」(文藝春秋)の取材に応じた事務所社長の指示ではなく、綾野が勝手に沖田氏に頼んだのでは、と予測した。



    柏木由紀、松平璃子…

    配信によれば、綾野との関係は10年以上に及び、毎日のように朝まで遊んでいた時期もあったという。

    しかし遊ぶに連れて「酒癖の悪さ」を見せるようになり、相手によって「暴力」「手が出る」とした。

     
    東谷氏は綾野の妬深さやプライベートを多数暴露し「恵比寿のラウンジでワンオクTakaらが飲んでいた時に、たまたまそこにいたのが綾野で会計を全額払った。
    その後長らくその話を続けて『おごられなきゃよかった』と思う、かっこつけられない男」などと暴露した。

     
    内容としては、NMB48の当時未成年だったメンバー(松岡知穂)と酒を飲んだ勢いで関係を持ったこと、大阪で不倫をしたこと、そして暴力事件を主に暴露した。

    詳細は「ガーシーch」のメンバーシップでご覧いただきたい。

     
    また「綾野剛との飲みにはAKB48柏木由紀がよく来ていた」「欅坂46の松平璃子とも関係を持っていた」「綾野が小島瑠璃子を酔ってタクシーに連れ込もうとしたところで逃げたと電話で聞いた、小島はそれから飲み会に来なくなった」など次々情報を暴露した。

    コレコレの暴露は「インスタDMでナンパし、ほぼ無理やりに関係を持たされた」とか……。

     
    いずれにせよ、女性関係だけでめちゃくちゃなのが理解できる話だ。

    綾野や事務所はどう回答するのか。


    https://social-fill.com/archives/10572
    所長見解:ヤバいやん・・・

    【【暴露】綾野剛「超絶女関係」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    城田優「一軒家ぶっ壊したいぐらいストレスたまっている」に心配の声


    s


    俳優の城田優、三浦翔平、米本学仁が6日放送のフジテレビ系トーク番組「ボクらの時代」に出演。

    コロナ禍で城田が精神状態の変化を口にして、大きな反響を呼んでいる。


    3人は城田が演出、出演を務めるミュージカル「カーテンズ」で共演している。

    番組の中で城田の結婚が話題に。

    三浦と米本は既婚だが、独身の城田は結婚願望について聞かれると、「ない!」と即答。

    「いや、あった。めっちゃ強かった。
    10代から30歳までは絶対結婚するっていう気持ちがあったし、子供も大好きだったから」と過去を振り返ったが、「ちょっと重い話になるけど、この2年でコロナ禍もあったし、ショッキングなこともたくさんあって。
    ご存じの通り、おれもメンタルがめちゃめちゃ弱いから。
    なんか、家族を持つとか、責任を背負うっていう事をこれ以上したくない」と現在は結婚に消極的な考えを示した。


    米本から理想の相手について聞かれると、「人間として一緒にいたいとも思える人。
    今までおれは恋愛体質というか、『この人と一緒にいたい!』みたいな。
    じゃなくて、おれがおれでいられるような状態でずっと隣にいてくれる人だったらいいなって」と語った。


    城田は多忙な日々を送っているため、最近はストレスがたまっていることも告白。

    「発散できてないよね、最近。
    こみあがってくるものをぐっと押し込んでいる状態。
    一軒家くらいぶっ壊したいくらいのストレスはたまっていると思う。
    今持っているものがなくなったらポジティブになれるかもしれない」と苦笑いを浮かべた。


    繊細な性格なのだろう。

    SNS上の書き込みに対し、三浦は「全く見ない」と話す一方で、城田は「どうしても気になってしまったり。
    本当に何も心当たりのないことを批判されたり…」と複雑な表情に。

    「誰かを落として、幸せなんだと思いたい人たちが多いんじゃないかな。
    マイナスも失敗も実はプラスだったりするっている考え方が、いまのこの時代、特に持てたらいいよね。
    だから、みんなポジティブでいこう」最後は前向きに締めくくった。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/8468caf5df5c9f79fd5c71a51f70ff1f9d874484
    所長見解:アレな・・・

    【【衝撃告白】城田優「一軒家ぶっ壊したいぐらいストレスたまっている」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    城田優、表舞台から消える


    s


    俳優の城田優さんをテレビCMに起用する企業が出演情報を削除している――。

    こうした指摘がSNSで相次いでいる。


    J-CASTニュースは城田さんを起用する2社などに経緯を聞いた。


    Skyとタマホームに聞くと...

    ツイッターで2022年3月2日ごろから、Sky(大阪市)の公式サイトについて、過去に放送されたテレビCMを紹介する「CMギャラリー」から城田さんの出演情報が削除されているという指摘があがった。


    城田さんは、同社が提供する名刺管理サービス「SKYPCE」のCM「Skyが変える名刺の未来」篇に出演していた。

    放送は1月末から開始され、歌舞伎俳優の尾上松也さんが共演する。


    同社は公式サイトのほか、インスタグラムやツイッターで当該CMに関する情報を発信していたが、これらについても消えたという。

    さらに、公式YouTubeチャンネルに投稿していたCM動画は非公開となっている。

    いつ対応をしたのかは不明だ。



    また、タマホーム(東京都港区)の公式YouTubeチャンネルも3月3日までに、城田さんを起用したCM動画を非公開としている。

    城田さんが単独で出演するものや、5人組ボーカルグループ・ゴスペラーズとの共演作など複数が投稿されていた。

    こちらも非公開とした時期はわかっていない。


    2社のYouTubeチャンネルはどちらも、芸能人が出演した過去のCMについて一律で非公開の対応をとっているわけではない。

    Skyは3日、J-CASTニュースの取材に、公式サイトから城田さんの出演情報を削除した理由や当該CMの放送状況について事実確認をすると「コメントはできない」と伝える。

    タマホームにも4日、同様の内容を質したが「回答することはありません」とする。



    活動をサポートするワタナベエンターテインメントおよび城田さんの個人サイトを通じて担当者にも見解を求めたが、期日までに返答はなかった。

    回答があり次第、追記する。



    城田さんをめぐっては、3月1日以降、週刊誌や夕刊紙など複数のメディアがネットの情報を基に過去の疑惑を報じていた。


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21776972/

    所長見解:あれな・・・

    【【悲報】城田優、表舞台から消えた模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    イメージに大打撃を与えた“あの衝撃写真”から8年…香里奈が復活するまで


    g


    2クールのミステリードラマ「真犯人フラグ」(日テレ系)。

    主演の西島秀俊と対峙する“謎の女”が香里奈(38)だ。


    「宗教団体に所属する通称“バタコ”役。
    最初は電話の声とシルエットだけの出演だったが、9話から登場。
    最新の第17話では、西島の命を狙い、ついに逮捕された」(放送記者)


    三姉妹の末っ子として名古屋に生まれた香里奈。

    地元では美人姉妹として有名だった。

    先にモデル業を始めた5歳上の長姉・能世あんな(すでに引退)に影響され、1999年、15歳で地元でモデルデビュー。

    3年後には次姉のえれなも後に続いた。


    「香里奈は早くも2000年に『Ray』の専属モデルに抜擢。
    東京に移り『テンカラット』に所属した。
    翌年『カバチタレ!』の山下智久の彼女役で連ドラデビュー。
    当時まだ16歳。
    ギャルっぽいが下品にならない絶妙なルックスが、安室奈美恵の流れを継ぐ00年代初頭のトレンドにピッタリ合った」(芸能デスク)

    順調に連ドラ出演を重ね、08年、「いつかは連続ドラマで主役をしたい」と語っていた夢が叶う。

    「『だいすき!!』で知的障害を持ちながら子育てに奮闘する母親という難しい役。
    髪をバッサリ切って臨み、まずまずの評価を得た。
    『私が恋愛できない理由』(11年)では吉高由里子らを従えフジ月9主演まで果たしたが……」(同前)


    しかし14年、事は起きた。

    14年間モデルを務めた「Ray」の“香里奈卒業号”の発売3日後、下着姿のままベッド上で大股開きする姿が「フライデー」に掲載されたのだ。


    イメージに大打撃を与えた“衝撃写真”

    「12年にハワイに短期留学した際に撮られた写真が流出したもの。
    主演格女優としては例のない写真流出にイメージは大打撃。
    翌年には『結婚式の前日に』で4年ぶりの連ドラ主演したものの、視聴率は5.6%と不調」(芸能記者)

    17年には「嫌われる勇気」に主演するも、アドラー心理学を捜査に応用する女刑事という設定に対し、アドラー心理学会から抗議を受けるアンラッキー。

    以降、年1本ペースで連ドラ出演はするが、主演からは遠ざかったままだ。


    「だが『恋はつづくよどこまでも』(20年)で演じた佐藤健の姉役は、一升瓶を持ち歩く酒好きのイイ女っぷりがハマっていた。
    昔は現場では近寄り難い雰囲気だったが、今は差し入れを欠かさないマメさでスタッフ受けもいい。
    『真犯人フラグ』しかり、モデル上がりの美人女優に留まらない悪女役などを選び続けていけばまだまだ一皮むけそう」(ドラマ制作関係者)


    復活のフラグも立った!?


    https://news.yahoo.co.jp/articles/fb488e02285522fe0ee69ce5c8b9a5279db90252
    所長見解:あれな・・・

    【【悲報】女優・香里奈のイメージに大打撃を与えた衝撃写真がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ