ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: スキャンダル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「高橋由美子さんが私の家庭を壊した」実業家の妻が告白

    no title


    1989年にデビュー。
    アイドル冬の時代といわれた90年代前半にあって、愛らしいルックスで歌にドラマに孤軍奮闘した高橋由美子(44)。
    いつしか冠せられた称号は“20世紀最後の正統派アイドル”。
    とりわけ94年、ドラマ『南くんの恋人』で演じたヒロイン役と、自ら歌った主題歌「友達でいいから」は同年代の男性たちのハートを鷲?みにした。

    最近はバラエティ番組で“酔っ払いキャラ”を披露。
    元日の生番組では飲み過ぎて共演者に絡み一時退席するという豪快な振る舞いに及び、アイドル時代とはひと味もふた味も違う姿が話題を呼んだ。

    しかしその陰で、高橋には酒の上での話、ではすまされそうにない事実があった。

    3月初旬の夜、高橋は40代の男性と都内のバーで痛飲。
    タクシーに乗り込んだ2人は歌舞伎町で降り、ホテルに姿を消した。
    その日以外にも2人は繁華街を手を繋いで歩き、深夜まで飲み続けた。

    男性には、妻と3歳の娘がいる。
    妻のA子さんが週刊文春の取材に重い口を開いた。

    A子さんによれば、男性と高橋が飲み屋で知り合ったのは1年ほど前。
    もともと高橋のファンだった男性は喜びを隠さなかった。

    しかし今年初め、A子さんは夫に衝撃的な言葉を告げられる。

    「『高橋さんに告白を受け入れてもらったので、離婚の話を進めたい』と言われました。
    高橋さんから『奥様と話し合ってきてください』と言われたそうです」(A子さん)

    週刊文春は、男性と肩を寄せ合い歩く高橋を直撃。

    高橋は妻子ある男性とラブホテルに入ったことについて、

    「それがお付き合いしてることになりますか? 
    あなたたちが思っていらっしゃるホテルに入ったってことが、本当かどうかはちょっと私もヤブサカではありませんので、肯定も否定もしないです」

    と答えた(後日、所属事務所は「ホテルに行ったことは事実です」と回答)。

    A子さんは「こうなった以上、夫婦を続けられない。主人には父親としての責任を果たしてほしい」と語ったうえで「高橋さんが私の家庭を壊したのだと思っています」と言葉を絞り出した。

    詳細は、3月15日(木)発売の「週刊文春」で報じる。
    また、同日5時には本記事に関連する2つの動画《直撃編》《告白編》が「 週刊文春デジタル 」にて公開される。

    http://bunshun.jp/articles/-/6554 


    所長見解:あらら・・・
    【【略奪不倫】「高橋由美子さんが私の家庭を壊した」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮内庁の動きとは対照的に、小室家の親族のひとりはこんな打ち明け話をする。

    k


    「延期が発表された後、圭君から電話をもらいまして、
    “報道されているようなことではないんです”と話していました。
    要するに、破談ではない、少なくとも当人2人は結婚する気満々だ……
    そう伝えたかったのだと思います」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180307-00538755-shincho-soci


    所長見解:もうね・・・
    【【皇室婚礼】小室圭「報道されているようなことはない、絶対に眞子と結婚する」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小室圭さんが母の論法を踏襲で… 「解決金」という新たな火種

    「小室さんはいまだ結婚への気持ちを持ち続けていますが、ご当人同士はともかく、両家には大きな認識の隔たりがあります」(宮内庁関係者)

    となれば、最長2年間の話し合いも円滑に進むとは限らない。

    「宮内庁側としては、小室さん側から辞退を申し出てくれる方向に持っていくのが理想ですが、その通りにならない場合、専門家を交えて話し合うケースも想定しなければなりません」(同)

    k


    「宮内庁と小室さんの双方が弁護士を立てたとしても、裁判所で司法の判断を仰ぐとは考えにくい。
    おそらく示談による和解となるのでしょうが、その場合、一般人同士より口外されたくない事柄の機密性が高いはず。
    一般に婚約破棄の慰謝料の相場は数十万円から200万円ほどですが、今回は小室さん側への『口止め料』『解決金』といった意味合いになり、500万円程度になることも考えられます」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180227-00538272-shincho-soci


    所長見解:なんかね・・・
    【【婚約解消】小室圭さんへの「解決金」、500万円程度ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「破談じゃない」が「海の王子」のお言葉でも / 宮内庁を決意させた「小室家の新興宗教」

    s


    眞子さまと“海の王子”小室圭さんとの結婚延期。
    その水面下で破談へのシナリオを宮内庁が描いていることは前号で報じた。

    そう決意させたのは小室家と新興宗教との関わりが大きかったのだが、他方、圭さんは「破談じゃない」と近親者に訴えているというのだ。

    http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/


    所長見解:もうね・・・
    【【結婚延期】宮内庁を決意させた「小室家の新興宗教」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小泉今日子の告白に追いつめられた豊原功補 離婚の行方、慰謝料は

    煮え切らない男にしびれを切らしての行動か。
    さもなければ、理解しがたいカミングアウトである。
    前代未聞の不倫告白をした小泉今日子(52)。
    “なんてったって”彼女ならやりかねない、そんな強気の女性といったイメージが付き纏うが、離婚に向けた今後を占うと……。

    t


    その衝撃的な告白がなされたのは、2月1日のことだった。
    ホームページ上で、デビュー以来所属した芸能事務所からの独立を発表。
    同時に妻子がいる俳優の豊原功補(52)と不倫関係にあると小泉自らが告白したのである。
    豊原は、知名度こそ小泉に劣るが、過去には大河ドラマに出演、海外の映画賞受賞歴もある実力派だ。

    芸能記者によれば、

    「2003年にドラマで共演をした2人は、3年前に写真誌にツーショットを撮られて以来、度々、目撃談などが報じられていました。
    小泉の告白では、過去の記事で豊原の離婚が成立しているといった、誤った情報が書かれても打ち消さなかったことで、結果、豊原の家族を傷つけたと謝罪。
    今回、“けじめ”として、報告に至ったと言うのです」


    ■ 女の意地

    この発表を受け、豊原も小泉に恋愛感情を持っていることや、家族と3年近く別居状態にあることなどを公式サイトに掲載。
    だが、「結局、何のために発表したのかよく分かりませんね」と言うのは、別の記者。

    >>2以降へ続く

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02150559/


    所長見解:逃げられないよね・・・
    【【不倫代償】小泉今日子の告白に追いつめられた豊原功補ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ