ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: スキャンダル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1963年に始まった大河ドラマの長い歴史の中で、はじめての試みが4月1日に行われる。
    放送中の『西郷どん』(NHK)の本編に代わって、撮影舞台裏の密着映像や、主人公・西郷吉之助役の鈴木亮平(35才)と、西郷が師と仰ぐ島津斉彬を演じる渡辺謙(58才)との対談が放送される。

    「本編を休止して特番を放送するのは史上初。
    鈴木さんは謙さんから細かくアドバイスを受けています。
    演技のことだけでなく、座長として長い大河ドラマの現場でどんな気配りをすべきなのかなどについても意見を聞いています」(NHK関係者)

    物語は4分の1ほどまで進んだところ。
    青年期の西郷に大きな影響を与えた島津を演じる渡辺は、間もなく一足お先にお役御免となる。

    「謙さんは6月からブロードウェーミュージカル『王様と私』のロンドン公演が控えています。
    2015年にミュージカル界最高の栄誉であるトニー賞の主演男優賞にノミネートされた作品で、謙さんの思い入れも強いですからね。
    公演を前に、もう一度しっかり稽古を積むそうです。
    5月の連休頃までに、『西郷どん』の撮影は終了予定です。
    ただ“あの事情”のため、打ち上げなどの予定は今のところありません。
    謙さんの意向でもあるようですね」(前出・NHK関係者)

    事情とは他でもない。
    昨年『週刊文春』で報じられた、年下のジュエリーデザイナーとの不倫騒動だ。
    おしどり夫婦のイメージは瓦解し、渡辺は妻・南果歩(54才)と暮らしていた都内の5億円豪邸にも帰れないでいる。

    w


    「都内のホテルを点々としたり、軽井沢の別荘に帰ったりもしていたようですが、実はそれとは別に、ある女性のいる“避難先”があるんです」(芸能関係者)

    都内の閑静な住宅街。
    周辺に川を挟んだ緑豊かな公園があり、ゆったりとした時間が流れる静かなその地域の一角に、土地約60坪で、地下1階、地上2階建て鉄筋コンクリート造りのモダンなデザインをした一戸建てがある。
    自宅に帰れない渡辺は、仕事のあとにたびたびその家へと転がり込んでいた。 

    実はそこは、渡辺の娘・杏(31才)と、夫・東出昌大(30才)のスイートホーム。
    2015年元日に結婚し、2016年5月に双子の女児が誕生したふたりは、昨年春頃からその家で暮らしている。
    引っ越しから半年ほど経った昨年11月に、第三子となる男児も誕生したばかりだ。

    「杏さんは不倫騒動直後、謙さんの“裏切り”に呆れかえっていたそうで、いまだに複雑な感情を抱いてるみたいです。
    謙さんも、目に入れても痛くない孫に会いたい一方で、杏さんにはバツの悪さを感じているみたいですよ。
    でも、東出さんもドラマ収録で留守がちのなか、1才の双子と0才児の3人の面倒でてんやわんやの杏さんにとってちょくちょく顔を出す父親の手はありがたい部分もあるようです」(前出・芸能関係者)

    一部では、渡辺は5月にも離婚発表と噂されサムライの悩みは尽きないが、孫とのかけがえのない時間が癒しとなっているようだ。


    NEWSポストセブン
    http://news.livedoor.com/article/detail/14497582/


    所長見解:そうなるよね・・・
    【【ハリウッド不倫】渡辺謙、南果歩との自宅に帰らず、若い女優の家に通うってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    立憲民主党の美人すぎる山尾志桜里議員(43歳)と、イケメンすぎる倉持麟太郎弁護士(35歳)に不倫疑惑が浮上している件で、新たな展開があった。
    今回の不倫疑惑が報じられたのち、倉持麟太郎弁護士は自身の妻に対して「自分はハメられた」と言い訳したと報じられたのである。

    no title


    ・不倫疑惑のいい訳
    この情報を報じたのは読売テレビのワイドショー番組「情報ライブ ミヤネ屋」。
    元妻の激白した内容は、倉持麟太郎弁護士が語った不倫疑惑のいい訳だ。
    倉持麟太郎弁護士は元妻に以下のように語ったという。

    ・倉持麟太郎弁護士の不倫疑惑の言い訳
    「自分はハメられた。蓮舫さんや辻元(清美)さんは年齢が上過ぎるので(自分の)相手ではおかしい。山尾さんは40代でいい年齢なので相手として作られてしまったんだ」

    ・蓮舫議員や辻元清美議員は高齢すぎる
    つまり、この不倫疑惑はメディアの捏造で、年齢的に不自然ではない山尾志桜里議員を相手として不倫ネタを作られてしまったということか。
    蓮舫議員(50歳)や辻元清美議員(57歳)は高齢すぎるため、不倫ネタとして成立しないということか。

    http://buzz-plus.com/article/2018/03/24/furin-shiori-yamao-iiwake/


    所長見解:この期に及んで・・・
    【【炎上中】山尾志桜里と不倫疑惑の倉持弁護士「ハメられた!蓮舫は年上だから山尾を相手として作られた」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年「週刊文春」9月7日発売号が報じた山尾志桜里衆院議員(43)と倉持麟太郎弁護士(35)のW不倫疑惑。
    この不倫疑惑が原因で、昨年11月末に倉持夫妻は離婚。
    夫妻は2015年4月に結婚し、同年に長男が誕生していた。

    yamao


    これまで沈黙を保ってきた倉持氏の元妻・A子さん(34)が、自らの胸中を初めて手記に綴った。
    手記は次のように始まる。

    〈この半年は、私にとって地獄のような日々でした。
    本当に思い出すのも辛いことばかりです。
    あの日から半年が経ち、やっと健康状態が回復してきました。
    今回、全てを明かそうと思ったのは、私の中でまだ解決していない問題が多く残されているからです。
    その中でも私がいちばん深く傷ついたのが、山尾さんが私たち夫婦の寝室にまで上がり込んでいたことでした――〉

    A子さんの手記には、山尾氏が倉持氏の自宅マンションを訪れた直後、部屋に残されていた“異変”や、倉持氏の弁明などが赤裸々に記されている。
    山尾氏に改めて倉持夫妻の離婚などについて尋ねたが、答えることはなかった。
    倉持氏は「(離婚についての)経過及び内容等については第三者に口外、開示又は漏洩しないことを約しており、回答は差し控える」と答えた。

    A子さんによる手記は、3月22日(木)発売の「週刊文春」で5ページにわたって掲載される。
    また「週刊文春デジタル」ではA子さんの〈告白動画〉を同日朝5時より公開する。

    http://bunshun.jp/articles/-/6636


    所長見解:ゲスだね・・・
    【【ゲス不倫】倉持弁護士の元妻「山尾志桜里さんは私たち夫婦の寝室にまで上がり込みました。夫と息子を返して」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    佳代さんがA氏から約400万円の貸与を受けながら、一切の返済を行っていないことが明らかになり、宮内庁は秋篠宮眞子さま(26)の結婚を’20年まで延期することを発表。
    以来、小室母子を巡っては様々なトラブルが取り沙汰されてきたが、いま、新たな問題が浮上し、宮内庁が困惑している。

    問題とは他でもない、圭さんの過去の男女関係について――。

    k


    全文はソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00010001-friday-soci


    所長見解:終了だね・・・
    【【これは決定的】小室圭さん、元カノと眞子さまとの二股関係ってよ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    映画の舞台挨拶で「別に……」と発言し、バッシング報道が過熱してからはや10年。
    沢尻エリカ(31)の評判がいい。

    b


    今週からサントリーチューハイ「ほろよい」の新CMが全国で放送開始されたが、先月もP&GのCMに起用されたばかり。
    いつの間にかCMが7本に増えた。
    6年前から交際を続けているファッションデザイナーの男性と“事実婚状態”であることを先日の「週刊ポスト」が報じたが、“スキャンダル報道”すら追い風になるほど。

    「沢尻が“穏やかで真面目な優等生”に変化したのは、今の交際相手のおかげではないかという記事も目にしましたが、いささか違和感を感じます。
    私はあの騒動の真っただ中に沢尻とテレビ番組で同席したことがありますが、普通に接してくれて、当時、世間で言われていたような、態度の悪い無礼な女の子には見えませんでした。
    あの当時はまだ若く、感情のコントロールがうまくできなかったのでしょう。
    性格が素直だからこそ、あの発言が飛び出したんじゃないですかね」


    ■高速道路の追い越し車線で……

    こう語るのは芸能ジャーナリストの佐々木博之氏だ。
    2010年、前夫の高城剛氏との離婚騒動を取材していたベテラン記者は、こんなエピソードを明かす。

    「沢尻は夜な夜なクラブ通いをしている時期がありました。
    そんな彼女を、私を含めてマスコミが追いかけ回していたわけですが、たまたまある晩、ひとりで張り込みをしていると、ド派手なドレスで自宅から出てきた彼女がこちらを見つけてトコトコ近寄ってきたのです。
    怒鳴られるかと思ったら、彼女は『言えることは話しますけど、言えないことは話しません。それでもいいですか?』とニコニコしながら人懐っこい笑顔で言ったのです。
    テレビでつくられたイメージとはあまりにかけ離れていたのでびっくりしたのを覚えています」

    最新の目撃談はこうだ。

    「高速道路の追い越し車線を真っ黒なスポーツカーが走っていたんですが、制限速度を守って走り続けるものだから後続車がクラクションを鳴らしたり、パッシングを繰り返していたんです。
    それでも、全く譲ろうとしない。
    そのハンドルを握っていたのが沢尻でした。“エリカ様”は常にマイペースなのです」(ワイドショー関係者)

    ハデ好きだが、ルールを守り、基本的に礼儀正しい。
    10年前から沢尻は何も変わっていない。
    だから大企業が安心してCMに起用するのである。


    週刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/225277/1


    所長見解:別に・・・
    【【バッシング】「別に…」から10年、沢尻エリカが変化した結果wwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ