ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: スキャンダル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    斉藤由貴、大河ドラマ「西郷どん」出演辞退 NHKが発表

    NHKは21日、50代の妻子ある主治医とのW不倫を認めた女優、斉藤由貴(51)が出演予定だった来年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」の出演辞退を発表した。

    s


    同局は「来年1月から総合テレビで放送する大河ドラマ『西郷どん』で、幾島役としてご出演いただく予定だった斉藤由貴さんの所属事務所から、本日、出演を辞退したいという申し出がありました。
    これを受けてNHKとして検討した結果、予定通りご出演いただくのは難しいと判断し、出演者を変更することとしました」と経緯を説明。
    代役については「今後、早急に出演者の選考を進めてまいります」としている。

    前日の20日には、斉藤がゲスト出演していた10月5日スタートのBSプレミアム「ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~」(木曜後9・0)の第1回を第7回に差し替えると発表。
    理由について、「ドラマなどで何かを演じての出演ではなく、個人として出演しているので総合的に判断した」と説明していた。

    斉藤は先月、週刊文春に男性医師との不倫を報じられた。
    当初は否定していたが、不倫関係を認めて謝罪。
    木曜パーソナリティーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」は無期限休止が決まっている。

    http://www.sanspo.com/geino/amp/20170921/sca17092112400001-a.html


    所長見解:パンツはね・・・
    【【下着覆面】斉藤由貴、来年の大河ドラマ「西郷どん」への出演を辞退ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    かかりつけの医師との不倫を一転して認めた女優の斉藤由貴。
    マスコミ各社に送ったファクスの内容はおおむね以下の通りだ。

    《今回のことは、全て私の責任です。
    今後お仕事で派生するペナルティーは、覚悟してお受けいたします。
    斉藤にやらせよう、とせっかく依頼してくださったのに、本当に申し訳ありませんでした。
    また、先日の会見では、本当のことをお話しできず、誠に申し訳ありませんでした。
    子供達が目にすることを考えると、あの公の場で何もかもお伝えすることは、私にはどうしても出来ませんでした。
    お相手の男性に、女優としても、女性としても、頼りすぎてしまいました。
    でも、もう、終わりにしました。》

    《週刊誌に掲載されている写真などについては、事務所から警察に相談しております。
    今回、今後出されるかもしれない画像などへの言及は避けるよう指示されていますこと、ご理解下さい。》

    この謝罪文の中で、《今後出されるかもしれない画像》という部分が大きく注目を集めた。
    ツイッターなどでは、《まだ写真撮ってるってこと キッス以上なの?》などといった投稿が相次ぎ、新たな画像について憶測も出ていた。

    s


    「パンツかぶり写真」はどこから流出?

    そして、9月12日に発売された週刊誌で公開された写真に騒然となった。
    それは斉藤の自宅らしき場所で、相手の医師が女性もののパンツを頭にかぶっている姿だ。
    キスの写真だけでもダメージが大きいが、今回の写真流出は予想の斜め上をいくものだった。

    この写真はインターネット上で大量に出回り、ツイッターでは、かなりの騒ぎになった。

    《斉藤由貴の相手の医師がパンツかぶってフルーツ食べてる写真。ツボりましたわ(笑)》
    《正直、斉藤由貴ずっと苦手で、クドカンに好かれてたりとか、コゼットやったりとか、悔しく思ってたのだけど、今回のパンツ写真の件で鼻で笑うこと事ができて少しうれしいです》
    《斉藤由貴のキス写真までは、相手の医師が大ファンで憧れの存在と付き合えて、キスできたから思わず写真を撮ったんだろう。
    しかし、今日発売された写真週刊誌のパンツかぶり写真。あれはないな。
    しかも、斉藤由貴の自宅でとは。昔、好きだったのになぁ、キスは仕方ない。
    だが、パンツかぶりはNG。》  

    所長見解:近いところからだろう・・・
    【【どこから?】斉藤由貴不倫相手「パンツかぶり写真」流出源ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    男性医師とのダブル不倫疑惑の渦中にいる女優・斉藤由貴(50)の所属事務所が11日、斉藤の名前で各マスコミ宛てにファクスを送付。
    一連の騒動について謝罪した。

    斉藤は「今回のことは、すべて私の責任です」と謝罪。
    「先日の会見では本当のことをお話できず、誠に申し訳ありませんでした」とした上で「お相手の男性に女優としても、女性としても、頼りすぎてしまいました。
    でも、もう終わりにしました」と先月3日の釈明会見では否定していた男女関係を認めた上で、男性と別れたことを明かした。

    s


    斉藤は男性医師とのツーショット写真やキス写真を掲載した「週刊文春」と写真誌「FLASH」に対し、法的措置を取ることもにおわせた。

    ファクス中では「週刊誌に掲載されている写真などについて、事務所から警察に相談しております。
    今回、また今後出されるかもしれない画像などへの言及は避けるよう、指示されていること、ご理解下さい」とした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13597284/
    スポーツ報知

    所長見解:まだ出るよね・・・
    【【全面戦争】斉藤由貴、写真掲載の「週刊文春」「FLASH」に法的措置ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    斉藤由貴(50)が2つの意味で女優生命の危機に陥っている。
    9月5日発売の『FLASH』(光文社)が、斉藤とかねてより交際を噂されていた50代の男性医師と思われる人物とのキス写真を掲載した。
    それを受け、6日発売の一部スポーツ紙は「複数のスポンサー企業が斉藤との契約打ち切りの検討に入った」と報じている。
    違約金には触れていないものの、スポンサー契約は芸能人にとっての生命線であり、今後のタレント生命を脅かす事態になりかねない。

    「今回の件で、斉藤にとってスポンサー離れより痛いのは、じつは”視聴者離れ”だという見方が上がっている」と説明するのは週刊誌記者。

    「斉藤はここ数年、”50歳にしては”美しいという評価を得て、石田ゆり子(47)や森高千里(48)、永作博美(46)らとともに『奇跡のアラフィフ』として注目を集めていた。
    今クールの『カンナさーん!』(TBS系)でこそ姑役だったが、昨年『au STAR』のCMで見せたツインテール姿など若い層からも『余裕でイケる』と評判で、夏帆(26)を公開処刑したとまで言われていた」

    しかし、今回の「流出キス写真」で美熟女としての評価が一変したという。

    「写真を見た若い層には『やっぱりアラフィフのキス顔はキツい』とか『年相応=終了』など総じて不評を買っている。

    不倫自体のインパクトが強くて話題にならないが、美熟女・斉藤の”メッキ剥げた感”は甚だしい。
    肌のシワやシミを光で飛ばす照明、通称”女優ライト”もない自撮りだから仕方ないが、今回のキス写真流出でタレント価値は急落し、奇跡のアラフィフの一角からは完全に外れたでしょう」

    かつての斉藤の不思議少女然とした雰囲気をしらない若年層からは、50歳にもなってキスを写真に残す「女子高生のような乙女っぷり」に生理的な拒否反応も起こっている。

    尾崎豊(26)、川崎麻世(54)、そして今回と過去に3度に渡り、不倫スキャンダルを肥やしに妖艶さを増していった元祖・魔性の女も、今度ばかりは失う物の方が大きそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1352397/
    デイリーニュースオンライン

    no title


    所長見解:きついな・・・
    【【再検証画像】斉藤由貴、若者層から「アラフィフのキス顔はキツい」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    前原誠司新代表率いる民進党で幹事長に一度は内定したものの、9月5日の両院議員総会当日、一転無役となった山尾志桜里衆院議員(43)。
    前代未聞の人事撤回の背景には、「週刊文春」9月7日発売号に掲載される山尾氏の「禁断愛」の記事があったようです。

    9月2日、幹事長に内定した夜、山尾氏は都内の高級ホテルにひとり姿を見せました。
    白いシャツにデニムパンツというラフな格好で現れ、チェックイン。
    それから約20分後、黒いキャリーケースを引いたイケメン男性がホテルのエントランスに姿を見せました。
    この男性はテレビのコメンテーターなどでも知られる弁護士の倉持麟太郎氏(34)です。
    赤ワインやビールを買い込んだ彼は、彼女が待つ36階のダブルルームへと消えて行きました。

    2人がチェックアウトしたのは翌日早朝のことでした。

    no title


    9月3日、取材班は山尾氏と倉持氏をそれぞれ直撃取材しました。

    「9月3日、週刊文春から取材をうけた後、山尾氏は前原氏から事情聴取を受けた。
    山尾氏は『そのようなことはありません』と頑なに否定したそうです。
    一度は代表代行に据える方針に決まりかけましたが、結局、前原氏はスキャンダルから守り切れないと判断。
    山尾氏の執行部入りを断念しました。
    両院総会にヒラ議員として出席した山尾氏は明らかに不満げな様子でした」(民進党関係者)

    「週刊文春」取材班は、9月1日の代表選の最中を含め、2人の密会を週4回確認しています。
    週刊文春の取材に対し、山尾氏の事務所は文書で次のように回答しました。

    「(倉持氏との男女関係について)そのような事実は一切ございません。仕事上の関係です」


    山尾志桜里がイケメン弁護士と「お泊まり禁断愛」
    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/8557
    https://www.youtube.com/watch?v=ZJ6AhnlAOUk



    所長見解:週4はすごいな・・・
    【【これはアウト】民進党・山尾志桜里がイケメン弁護士と「お泊まり禁断愛」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ