ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: スキャンダル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    神田愛花
    @kandaaika55
    ツイッターにコメントを下さった皆様へ。
    この度は、夫に関する報道で皆様にご心配をお掛けしてしてしまい、大変申し訳ございませんでした。
    これまで以上に皆様に笑いをお届けする事が出来るよう、わたくしも精一杯彼をサポートして参る所存です。
    引き続き、日村勇紀をどうぞ宜しくお願い致します。
    午後1:59 · 2018年9月22日
    5,210件のリツイート1.9万件のいいね

    h


    所長見解:まあね・・・

    【【淫行疑惑】バナナマン日村、結局ノーダメージの模様・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    皆悪く言わなかったwww

    no title


    所長見解:たしかに・・・

    【【全裸前転】芸能界の飲酒事件が起きるたびに再評価される人物がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビから遠ざかって久しい歌手の中森明菜が、意味深な言葉を口にしているという。
    一部女性誌によれば、彼女は「今年は、もう無理かも」とメッセージ。
    唯一ファンが接することができた年末のディナーショーも危ぶまれているというのだ。

    「明菜は年3回、ファンクラブ会員用に会報を出すのですが、最新8月号のメッセージは絶望的なほどマイナス。
    また休業に逆戻りするのではないかという声も出ています。
    彼女は下降モードに入ると坂道落下的に悪くなる。
    会報でのメッセージは、そう思えてしまいます」(音楽ライター)

    明菜の会報は手書きでファンに送られるのも特徴だ。
    そこに個性的な字体で『さみしいねぇ…ほんとォーに…みんなに…会いたい…でも…無理かもぉー』と、今後の活動を示唆する表現がある。
    さらに『最近では…むかしの…映像とか…色んなところで…見れるでしょ!!』と、妙に寂しさを感じさせる文言を女性誌は伝えている。

    「明菜はお騒がせな人ですが、とにかくファンを大事にすることで知られる。
    だから姿を見せない分、会報で書くことがすべてなのです。
    仕事の話もなく明るい内容でないということは、今年は活動しない可能性もある。
    これまでの彼女のパターンからいっても十分あり得る話です」(同・ライター)

    n


    男性関係で“またもや”精神的ダメージか

    明菜は2016年に7年ぶりの年末ディナーショーを全国7都市10ステージを行い完売。
    そのあまりの人気ぶりから、昨年末は14都市で計18ステージに拡大し、これも即日完売。
    今年はディナーショーだけでなくNHK『紅白歌合戦』への出場も期待されていた。

    「彼女は芸能プロに所属せず、レコード会社と契約しているだけ。
    実質、個人事務所の社長であり、制作責任者でもある。
    そのため彼女が仕事をしたくなければ、それで活動休止。
    14年にはゲストながら紅白にも出演、順調に復活していた。
    また何か“つまずき”があったのかもしれません」(レコード会社関係者)


    所属先がない以上、明菜の今後は読めない。

    「レコード会社に伝わっている話では、彼女には私的マネジャーのような男性が存在。
    彼女より10歳ぐらい若い元音楽制作マンだそうです。
    同棲中で事実上のカレ氏でもある。
    ただ、この夏、金銭でモメてゴタゴタ。
    それで精神的ダメージを負ったという話も出ています。
    彼女は、これまで何度も公私混同のマネジャーを付けてトラブルになっている。
    『やはり、またか』なんです」(前出の音楽ライター)

    ディナーショーも紅白も幻で終わるのか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1512519/


    所長見解:いい歌手なのにな・・・

    【【復帰不可能】中森明菜が精神的下降モードになってしまった原因・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    錦戸亮 関ジャニ∞ツアー中に身勝手な情事 相手女性が怒りの告発

    短期間に二度も女性とのベッド写真が流出するという異常事態。
    報道を知った関係者の間に衝撃が走った

    no title


    「錦戸くんと寝た日から、生理が来ていないんです。
    『妊娠したかも』と焦ってジャニーズ事務所に電話しても、相手にしてもらえなくて」 

    そう語るのは、名古屋市に住む20歳の女性、K子さんだ。

    今年8月、関西に住む女性と『関ジャニ∞』錦戸亮(33)との、2年間にわたる“不貞関係”が明らかになった。
    この報道からわずか1ヵ月半、再び彼の女遊びが発覚。
    始まりは、ある錦戸の知人が開いた飲み会に、K子さんが参加したことだった。

    「高級クラブで働く私の友人がその知人と仲良くなって、『僕が錦戸くんに声をかけるから、もう一人女の子を呼んで一緒に飲もう』という話になったんです。
    錦戸くんは、ちょうど仕事で名古屋に来ていて、彼とその知人が滞在しているホテルの部屋で4人で飲むことになり、その後“王様ゲーム”を始めました」

    ゲームが始まって少し経つと、“王様”役になった錦戸の知人が、「K子さんと錦戸が部屋で5分間、二人きりになる」というお題を出したという。
    K子さんは断りづらい雰囲気を感じ、やむなくホテルの錦戸の部屋で二人きりになった。
    すると彼はすぐに、ベッドでK子さんに抱きつき、甘えてきた。

    「私は疲れて途中で寝てしまったのですが、信じられないことに、彼は勝手に行為を始めてきたんです。
    避妊具もない状態ですよ。
    信じられない思いで、とてもショックでした」

    その後、K子さんは連絡先を交換しようとしたが、錦戸に「いまスマホを持っていないから後でね」とうやむやにされたそうだ。
    振り返ると、女性をもてあそぶ彼の行動は、8月に本誌が報じた、関西に住む元・人妻との“ホテル密会”と、まったく同じやり口だ―。

    錦戸は仕事で関西を訪れた際、ミナミのバーで広告代理店勤務のOL・M子さんと出会い、猛烈に口説きまくったという。
    その日に初めて関係を結んでから、M子さんは月に1度のペースで錦戸と会うようになる。
    前回と同様、身勝手な錦戸のふるまいに、今回の被害者であるK子さんは、こう怒りをにじませる。

    「勝手にエッチしておいて、こちらが連絡を取ろうとしたら拒否するなんて、あまりにも卑劣です」

    短期間に2度も続けてスキャンダルが出た錦戸。
    このまま知らぬ存ぜぬで許されるほど、世間は甘くない。
     
    9月14日発売のフライデー最新号では、K子さんがベッドで撮った錦戸の熟睡写真と、生々しいやり取りを詳細している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180914-00010003-friday-ent 


    所長見解:懲りないね・・・

    【【激怒告発】関ジャニ・錦戸亮の王様ゲームがコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気タレントのバロメーターとも言われるCM出演だが、キャスティングの際に「極秘資料」が存在していた。

    大手広告代理店関係者が声を潜めてこう話す。

    「毎年春に、CM企業2200社やCMクリエーター300人を対象に徹底調査を行って、『使いたい・使いたくないタレント』を一覧にしています。
    クライアントに向けた資料で、企業側が起用したいタレントに本当に宣伝価値があるのか。
    実際に仕事をしたクリエーターの評判も参考にして、テレビで受ける印象ばかりではなく、商品の売り上げを伸ばす上で、タレントとしての振る舞いや実績をシビアに精査しています」

    no title

    さて、クライアントが選ぶ「使いたくない女性タレント」1位の烙印を押されてしまったのは、昨年秋に不貞スキャンダルを起こした斉藤由貴だ。

    「相手の男性の頭にアンダーウエアをかぶせた衝撃写真まで流出し、春の時点でもダメージの回復はできなかった。企業にとって起用はリスクしかありません」(前出・広告代理店関係者)

    意外なランクインは2位の広末涼子。
    昨年は3本のドラマに出演し、目立ったスキャンダルもなかったようだが…。

    「若手時代は“プッツン女優”と呼ばれるほどヤンチャでした。
    CM撮影をすっぽかしたかと思えば、同じ日に都内から千葉まで無賃乗車した奇行を写真誌に撮られたこともあった。
    今でこそ落ち着いていますが、痛い目にあった仕事関係者は危なくて使いづらい印象のままなんです」(CM制作スタッフ)

    3位に選ばれた松嶋菜々子も、事務所のイメージ戦略が足を引っ張っていた。

    前出の広告代理店関係者がこう明かす。

    「2000年の主演ドラマ『やまとなでしこ』(フジテレビ系)で最高視聴率34.2%を記録するなど、松嶋ブームが最高潮だった頃の話です。
    CMの撮影日が決まっていたのに、事務所側から『当日に行けるかどうかはわからないし、撮影も本人がコンテを見て判断する』と言ってきたんです。
    スタッフは撮影できるのか、ビクビクして待っていたら、すごく低姿勢でニコニコしながら松嶋が現場入りしたんです。
    コンテを見て判断する話も本人はどこ吹く風で、どうも事務所側が『こんなに忙しい最中でも仕事を受けました』というふうに好感度を上げたかったようなんです。
    そんなことをされて、また一緒に仕事をしたいとは思いませんよ。
    人気が一段落してもCM料金は7000万円と強気で、最近になって下がってきました」


    http://dailynewsonline.jp/article/1509890/
    アサ芸プラス


    所長見解:そらな・・・

    【【極秘資料】スポンサーが「使いたくない女性タレント」がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ