スキャンダル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「(不倫騒動については)本人から聞きました。娘に対する私の教育が至らなかったということは痛感しています」

    言葉を選びながら、ポツリポツリと語ったのは、タレント・高橋由美子(44)の父。

    3月15日、『週刊文春』に妻子ある飲食店経営者との“ラブホテル不倫”を報じられた高橋。
    同誌の直撃取材に対して泥酔しながら「アタシ、もっと色々やってっから!」と答える映像は、“20世紀最後のアイドル”とも呼ばれていたころの姿からはかけ離れたものだった。

    no title


    「最近はバラエティ番組などで“酔っ払いキャラ”としてのオファーも増えていましたが、この不倫報道で仕事も消えてしまいました。
    4月30日には所属事務所との契約も終了。
    これは事実上の解雇ですね」(芸能関係者)

    本誌が埼玉県に住む高橋の両親を取材したのは、契約満了の2日後のこと。
    父の目元は、どことなく高橋に似ていた。

    ――所属事務所を辞めることは聞いていましたか?

    「はい、社長さんと色々相談したそうです。
    ただ仕事も、全然なくなってしまったそうですからね……。
    娘も大人です。もう私たちが怒ったりすることはないですよ。
    でも『悔いのないような人生をおくりなさい』とは、言いました」

    高橋は昨年のインタビューで、毎晩のように酒を飲んで“午前様”だったために、実家から追放されてしまったことを明かしている。

    ――話題になった(文春の)映像でも泥酔していましたが、お酒に関する注意はしなかったのですか?

    「酒というものは間違いを起こしやすいから気をつけなさい、と言いました。
    でも、私もお酒は大好きなもので(苦笑)。
    いまは娘と晩酌するのが楽しみになっています」

    実は騒動後、高橋はかつて追放処分を受けた実家にひきこもっていたのだ。

    ――不倫していた男性とは別れたのでしょうか?

    「それは聞いていません……。
    今後の芸能活動ですか? いまは気持ちを整理するので精一杯じゃないですか。
    引退は考えていないようです。
    本人にそのことを聞いたら、『できればもう少し(芸能界で)やってみたい』と言っていました」

    記者と父のやりとりを静かに聞いていた、母がここで口を開いた。

    「かなり痩せてしまいました。
    元気もないしモノも食べられませんから、無理やり食べさせてはいるのですが。
    世間に迷惑をかけたわけですから、仕方ないのでしょうが……」

    “不倫相手”の妻は、高橋に慰謝料を求める訴訟を検討しているという。

    引退はしたくないという高橋だが、復帰までにはかなりの時間が必要になりそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14687327/


    所長見解:おもしろいのに・・・
    【【激やせ】事務所解雇の高橋由美子(44)、現在は実家に引きこもりの模様・・・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月いっぱいでTBSの朝の情報番組「あさチャン!」のサブキャスターを降板した宇垣美里アナウンサー(27)が針のムシロの日々を過ごしているという。
    同番組降板をプロデューサーから通告されたとき、コーヒーカップを投げつけたなどの情報が駆け巡った。
    これで局内の居場所がなくなっているといい、もはやフリーになるしかないかも…。

    g


    宇垣アナは同志社大学時代、「ミスキャンパス同志社」グランプリに輝き、2014年にTBSに入社。
    アイドル顔の美女アナとして注目され“ポスト田中みな実”になれる!と上層部からも期待されて、1年目から「あさチャン!」に出演した。

    それだけに宇垣アナが3月末で降板した直後、視聴者の中には“宇垣ロス”に襲われた人も多く見られ、SNSなどでは、悲鳴にも似た書き込みが見受けられたほどだ。

    TBSとテレビ東京などで設立したインターネットテレビサービス「Paravi(パラビ)」のCMで、宇垣アナはテレ東の鷲見玲奈アナとともに同社のPR大使としてパラパラダンスを披露。
    それだけ見ると、TBSの顔とも思える人気アナだが、「あさチャン!」降板について、背景をTBS関係者はこう語る。

    「番組スタッフはこれまで、宇垣の身勝手な行動を我慢してきた。
    にもかかわらず、プロデューサーが3月いっぱいでの降板を通告したら、宇垣は激怒したんです」

    実は、宇垣アナの“ワガママ”は以前から話題だったという。

    「入社早々、テレビ朝日の草薙和輝アナとの交際を写真週刊誌にすっぱ抜かれたこともあって、上層部は“要注意アナ”としてマークするようになった。
    その心配が一昨年12月に現実になったんです」(同)

    それは、ジャニーズ事務所の「Hey!Say!JUMP」の伊野尾慧の“女子アナ二股愛”が「週刊文春」に報じられた時のこと。
    その二股相手の1人が宇垣アナだったのだ。

    「TBSの女子アナがジャニーズタレントと交際なんてもってのほか。
    宇垣が付き合ったジャニーズタレントは伊野尾で2人目。
    さすがに『あさチャン!』降板という話になったんですが、宇垣は集まった番組スタッフの前で、号泣して謝罪。
    そのときは同情されて降板は免れたんです」(別のTBS関係者)

    これで伊野尾とは別れたとばかり思われていたが、実はひそかに交際は続いていた。
    しかし、昨年9月に伊野尾に捨てられていたことが明らかになって、スタッフの怒りは頂点に達した。

    「スタッフは宇垣の涙にだまされていたのです。
    その前から、宇垣は酒を飲むと男にすぐ、しなだれかかる“だらしない女”という悪評が立ってしまい、いつトラブルを起こすかわからない危ない女子アナとみられるようになって、プロデューサーがキリのいい今年3月いっぱいでの降板を通告したんです」(同)

    降板を通告された宇垣アナは「なんで、私が降りなきゃならないんですか!?」と、ものすごいけんまくで泣き叫んだという。

    「いまは『炎の体育会TV』にレギュラー出演しているが、こちらの降板も時間の問題かもしれません」(同)

    期待の星から一転“勘違いアナ”の烙印を押されてしまった宇垣アナ。
    周囲からは冷たい視線が注がれ、TBSに居場所はなくなりつつある。
    残された道はフリー転身しかなさそうだ

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14664726/ 


    所長見解:かわいいのにね・・・

    【【人気女子穴】宇垣美里アナウンサー「あさチャン!」降板の結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    y


    高橋 由美子 Yumiko TAKAHASHI

    マネジメント契約終了のご報告

    平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

    この度、弊社所属俳優・高橋由美子におきまして
    平成30年4月30日をもちまして専属マネジメント契約を終了しますことを報告申し上げます。

    弊社との契約は終了となりますが、引き続き高橋由美子への変わらぬご声援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

    合同会社 コニイ

    http://www.connie.co.jp/yumikotakahashi.html 


    所長見解:あれか・・・
    【【事務所解雇】高橋由美子さん、終了の模様・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    財務省の福田淳一事務次官が女性記者相手にセクハラ発言を繰り返したとして、週刊新潮が報じて騒動になっている。
    音声データの中には「おっ○い触って良い?」「縛って良い」「しばってもらっていい?」という会話が確認でき、セクハラともとれる。

    この音声を公開したところ福田事務次官本人の声に類似しているとしており、批判が相次いだ。
    しかし、福田事務次官は捏造されたものだと否定し、更に被害者女性に名乗り出るように要請。

    4月17日に放送された『ビビット!(TBS系)』と『情報ライブ ミヤネ屋(日本テレビ系)』が日本音響研究所に音声解析を依頼。
    偶然にも局が違う2つの番組は同じ音響研究所に解析を依頼していた。

    日本音響研究所の鈴木氏は「声は90%福田事務次官のもの」とした。
    しかしながら問題は録音された場所にある。
    週刊新潮によると音声は福田事務次官の自宅近くのバーで録音されたものと報じられているが、鈴木氏は「異なるシチュエーションで録られた音声を繋ぎ合わせている可能性がある」と説明した。

    1分の音声データは冒頭部分が男性ボーカルがバックに流れており、違う男性の声も聞こえる。
    2箇所目では福田次官が「手を縛ってあげる 胸触って良い?」と言う箇所で“カンカンカン”と何かを砕く音が聞こえる。
    これはアイスピックで氷を砕く音だという。BGMもジャズ風になっており最初の音声の男性ボーカルとは雰囲気が異なっている。

    最後の方では福田次官が「工口くないね、洋服服 その前工口いやつだったの?」と発言している箇所では先ほどの“カンカンカン”とは別の響きのある音が聞こえる。
    これはヘラで鉄板料理をしている音だと説明。

    つまり、男性ボーカルが流れる箇所、アイスピックで氷を砕く箇所、鉄板料理をしている箇所の3つの音声を繋ぎあわせ、1分の音声にしたという。

    福田次官が「おっ○い触って良い?」「縛って良い」と発言したのはほぼ間違い無いが、これがどういうシチュエーションで発言したのだろうか。
    単純に福田次官が全てのシチュエーションでセクハラ発言したともとれるし、仮にキャバクラのホステス相手に発言したものだとすれば、また違う展開になりそうだ。

    週刊新潮は「全て事実に基づいたもの」と説明している。

    http://gogotsu.com/archives/39141

    no title


    ビビット動画
    http://fast-uploader.com/file/7079565613121/
    ミヤネ屋動画
    http://fast-uploader.com/file/7079565640731/

    所長見解:なんか怖いね・・・
    【【これはやばい】財務省福田事務次官セクハラ疑惑 複数の音声を繋ぎ合わせた可能性 ←これwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆警視庁23歳の美人巡査がヤクザに惚れてすべてを失うまで 新宿署の「ともちん」と呼ばれて


    ■父も警官の厳格な家庭

    出会いは取調室の中だった。
    窓のない狭い部屋の中で向き合う二人。
    一目惚れしたのは女のほうだった。

    「見習い」として取り調べに立ち会った女性巡査は、男の威圧するような鋭い目に動くことができなくなった。

    k


    2017年、季節は夏。

    二人の関係が発覚したのはそれから約半年後のこと。
    3月19日、交際していた住吉会系暴力団組員の男に捜査情報を漏らしたとして、新宿署の女性巡査T子(23歳)が書類送検された。
    警視庁は停職6ヵ月の懲戒処分とし、T子は同日付で依願退職している。

    そもそも二人はなぜ交際することになったのか。
    当時、T子は留置管理課に所属していたが、かねてより組織犯罪対策課への配属を希望しており、昨年7月から「見習い」として組織犯罪対策課の捜査の講習を受けていた。

    「23歳で新宿署という大規模署の組対の見習いを認められたのは、将来を嘱望されていたからです。
    T子の父親は警視庁生活安全部生活経済課の現職警部。
    キャリアではありませんが、生活経済課は生安部の花形部署です。
    父親が『デキる』捜査員だということもあり期待されていたのでしょう」(全国紙社会部記者)

    警部の父親を持ち、厳格な家庭で育ったT子。
    警視庁担当記者によれば、合気道有段者で勝ち気な性格。

    メガネをかけているものの、目鼻立ちはくっきりしており、かなりの美人だという。
    高校時代の友人は語る。

    「高校生の頃は、おとなしいタイプでしたが、顔が当時AKB48で人気のあった板野友美さんに似ていたため、クラスでは『ともちん』と呼ばれていました。
    水泳部に所属しており、部活動には熱心に取り組んでいたので、夏の水泳の授業では目立っていましたね。
    泳ぎが速いということもありますが、彼女の水着姿に釘付けになる男子もたくさんいましたよ」

    男の取り調べに立ち会ったのは「組対」での講習が始まって間もないころ。
    まだ経験も少ない取り調べの現場。
    緊張していたことは想像に難くない。
    男は住吉会三次団体の32歳の独身組員だった。

    「EXILEにいてもおかしくないような色男で、その組のイケメンと言えば真っ先にその男が思い浮かぶほど。
    趣味はキックボクシングでガタイがよく、背も高かった」(事情通)

    真面目に生きてきたT子の前に突如として現れたイケメンヤクザ。
    自分とはまったく違う境遇の男と恋に落ちるのに時間はかからなかった。

    10月下旬のこと、最初に男に公用の「携帯電話」で連絡をとったのはT子のほうだった。
    警視庁は職務上、話を聞くためだったと説明している。

    「月が変わり、今度は男が頻繁に電話するようになり、ことあるごとにデートに誘いました。
    T子は警察官という身分上、最初は断っていましたが、何度も誘われるうちに、11月下旬に初めて食事をしました。
    その際、交際を求められ、そのまま男女の仲になったのです」(前出・全国紙社会部記者)

    女性警察官とヤクザの許されざる恋。
    仕事一筋だった生活が一変した。
    もしかしたら自分は利用されているのではないか。
    いや、一人の女性として彼は自分を愛してくれているはず。

    いけないことをしているとはわかっていても、気持ちを抑えるのは難しかったろう。
    そうしたT子の様子を男が見逃すはずはなかった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14535082/

    ※続きます

    所長見解:なんかいいな・・・
    【【なぜ?】警視庁23歳の美人巡査がヤクザに惚れて、すべてを失うまで ←これwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ