スキャンダル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大阪府大阪市生野区にある今里新地に、日本ボクシング連盟の終身会長であった山根明氏の妻の経営するクラブはある。

    自身のテリトリーというべき場所で、キープしていたボトルをちびちびと飲みながら、山根氏の弁舌は熱を帯びた。

    「この店は、働いている従業員のほとんどが日本人なんです。
    不法滞在しているような外国人がおらんのが良い。
    ここに来てくださっているお客さんや、街で出会った人に、写真をせがまれるし、『男の中の男です!』なんて励ましてくれる。
    そうした声に、どれだけ救われたかわかりません」

    「激動の1年」(本人談)の師走を、山根氏は忙しく飛び回っていた。

    疑惑に対する釈明の活動──ではなく、お笑い番組である『あらびき団』(TBS系)の特番への出演や、ドッキリ番組でデヴィ夫人らと共演する収録などため、東京と大阪を何往復もしていたのだ。

    y


    「わしがテレビに出れば、不思議なほど視聴率が上がるみたいやね。
    デヴィ夫人は素敵な方で、写真をお願いしました。
    しかし、何が面白いのかわからん芸人が出てきて、わしが激怒した番組もあるんや。
    それをまた面白がられて……完全な騙し討ちやった。
    もう2度と、出ぇひんわ!」

    口ではそう言っても、ビートたけしの番組に出演すれば初体験の年齢を告白し、バラエティ番組では50歳近く歳の離れた若手芸人にいじられ、10月に79歳になった山根氏はまんざらでもない様子である。

    メディアもメディアで、数か月前にはあれほど疑惑を追及していたのに、今や強面ながらたどたどしい口調で怒鳴り散らす山根氏を“キワモノ”のように面白がって高視聴率を狙うのだから違和感は拭えない。

    スポーツ界でスキャンダルが続出したことで、ひとつひとつの“消化”が極めて速くなっているのだろうか。

    山根氏は1939年に大阪府堺市に生まれ、終戦後、5歳で母の母国である韓国に渡った。

    10歳で日本に密入国し、27歳まで国籍がなかったと振り返る。

    若かりし日に国籍すらなかった人物が、どのような経緯で日本のアマチュアボクシングのトップにまで成り上がることができたのか興味は尽きないが、波瀾万丈の人生を送ってきたことだけは確かだろう(そのあたりの経緯は、来春に自伝を出版予定らしい)。

    そんな山根氏の自宅のリビングには、2歳だった時の両親との記念写真を挟むように、会長時代に大会を視察に訪れた今上天皇をおもてなしする2枚の写真が飾られていた。

    「天皇陛下に、わざわざ声をかけていただいた。
    あれには感激してねえ。
    頭を下げたまま、『ハハーッ』って感じで、頭を上げられなかった。
    わしはね、母の国である韓国も、北朝鮮も、愛しています。
    だけど、日本国籍を取得した以上、日本人として生きています。
    日本人として、日の丸を愛し、法人の代表として、日本ボクシング連盟を代表する会長として、これまで全世界を飛び回って日本の素晴らしさを伝えてきたつもりです。
    私の経歴には、何一つ、隠し事はありません」

    日本ボクシングを再興する会によって告発された12項目──判定への介入や過剰な接待要求などがなかったと主張するのであれば、解雇無効を求めて日本大学を提訴した内田正人・日大アメリカンフットボール部前監督や、虚偽の告発をされたとして、田南部力氏を名誉毀損で訴えたレスリングの栄和人・元至学館大学レスリング部監督のように、反撃の訴訟に出る考えはなかったのか。

    「弁護士に相談したら、支度金が200万円必要やという話やった。
    わし、貧乏やから、払えへん。
    今はねえ、こんな幸せな生活はない。
    連盟におる時は、下におる理事や選手との人間関係に悩み、2020年の東京オリンピックに向けて、重たいモノを背負っておった。
    それが全部なくなりましたから」

    山根氏の新しい名刺には、肩書きとして「無冠の帝王」(英語表記はUncrowned King)とあった。

    「わしは終身・無冠の帝王や。
    これからは芸能人として生きていく。
    79歳になって、夢も目標もない。
    現在、仕事と言えば、テレビ出演ぐらい。
    山根明を冷静に評価していただいて、呼んでくださる番組にはどの番組にも出たい」

    インタビューのあと、山根終身会長時代に使途不明の支出2400万円が見つかったことも、日本ボクシング連盟の現体制によって明らかになった。

    無冠の帝王は新たな疑惑にどんな釈明を用意しているのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181231-00000011-pseven-spo 


    所長見解:おもろいけどね・・・

    【【ボクシング元会長】山根明「これからは芸能人として生きる」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「愛情がなくなりました」

    1993年1月、まだ20歳だった元貴乃花親方(46)の、婚約者・宮沢りえ(45)への冷たい発言である。

    当時、人気絶頂だった2人のビックカップル誕生に世間は沸いたが、婚約会見からわずか2カ月後に破局。

    t


    あれから25年。

    元貴乃花親方は、一度は信頼した人物と、修復不可能な絶縁を繰り返している。


    兄・花田虎上氏(47)との兄弟喧嘩は有名だ。

    「若貴フィーバー」で相撲界を牽引した2人だが、常に比べられたこともあり、いつしか口もきかなくなった。

    元貴乃花親方も兄のことを「まさる氏」と呼ぶなど、現役時代から確執が始まっていた。

    2人の不仲が表面化したのは、2005年、先代・貴乃花の葬式の喪主をめぐっての対立だった。

    遺骨の管理や遺産相続について意見が合わず、溝が深まった。

    母・藤田紀子さん(71)は今でも息子への愛を語るが、元貴乃花親方は母に携帯番号を教えていないという。


    2018年、元フジテレビアナウンサーだった河野景子さんと離婚。

    理由の1つに、靴職人である息子・優一の芸能活動があげられている。

    『週刊文春』(12月27日号)は、元貴乃花親方を独占インタビューしている。

    そこには息子への絶縁ともいえる言葉が書かれていた。

    「(息子が)職人を語る以上、チャラチャラと表に出ている暇があったら、靴を作って土台をしっかり築くべき。
    まずは一流の職人になるのが先ですよ。
    タレントになりたいのなら、中途半端に靴職人の肩書きを使っちゃいけない。
    本当の職人さんに対して失礼です。  
    自分に力がないのに、親の名前でメシを喰おうとしているのが現状です。
    今はチヤホヤされるかもしれないけど、世の中はそんなに甘くない。
    我が子ながら恥ずかしくないのかと思います。
    私の靴ですか?  
    もちろん作らせていません。
    百年早いですよ」

    景子夫人は、優一が番組撮影で海外に行った際に同行するなど、大人になってからも溺愛してきた。

    だが、そんな様子も、元貴乃花親方には我慢ならなかったのだろう。

    見捨ててきたのは、息子だけではない。

    自身が相撲界から引退するきっかけとなった暴行事件の被害者である元弟子・貴ノ岩(28)が、暴力事件を起こし電話をかけてきたときも、「出なかった。10年は会わない」と美談のように語っていた。

    愛弟子の裏切りに対し、冷たく突き放した形だ。

    いったんはわかり会えた人間とも、結局は距離をおいてしまう孤高の男。

    元貴乃花親方を入門時からよく知る、相撲レポーターの横野レイコさんはこう語る。

    「よくも悪くも、思い込んだらまっすぐ。
    中途半端なことはできない人なんです。
    極端で、白か黒どちらかしかない。
    だからちょっとしたことで仲違いしてしまうし、それは親兄弟でも同じなんです。
    その性格は昔から変わりません」

    自分自身の考えを変えず、息子まで捨て去った。

    元貴乃花親方の2019年は、明るい1年になるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00010000-flash-peo


    所長見解:たしかにね・・・

    【【家族絶縁】貴乃花、すべての人を捨て去る説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年もいよいよ大詰め。

    今年もいろいろありましたよね。

    ゴシップや報道を遡ってみると、多くの著名人が自身のうかつな行動や言動によって社会的制裁やバッシングを受けています。

    そこで、平成最後の年に“やらかした”面々のナンバーワンを決定しましょう!(20~30代の女性200人にアンケート調査。協力:アイリサーチ)


    ■2018年やらかした王ランキング

    1位 淫行事件を報じられた山口達也 221pt

    2位 酒気帯びひき逃げ事件を起こした吉澤ひとみ 149pt

    3位 金融商品取引法違反の容疑で逮捕されたカルロス・ゴーン 130pt

    4位 秋篠宮眞子様との婚約延期後、海外留学した小室圭 105pt

    5位 悪質タックルを指示したとの疑惑がある日大アメフト部前監督・内田正人 92pt

    6位 引退した貴乃花、暴行事件を起こした貴ノ岩など貴乃花ファミリー 77pt

    7位 上沼恵美子をバッシングした久保田かずのぶ 67pt

    8位 未成年との飲酒など相次いで報道されたNEWSのメンバー(小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也) 44pt

    9位 正式に離婚が成立したものの世間を騒がせる松居一代 38pt

    10位 パワハラ事件を起こした元日本レスリング協会強化本部長・栄和人 28pt


    圧倒的1位は元TOKIOのメンバー・山口達也という結果になりました。

    ジャニーズの現役人気グループのメンバーであり、情報番組でキャスターを務めるほどの好感度の持ち主が、女子高生に対して強制わいせつを行った容疑で書類送検されるという特大スキャンダル。


    2位の吉澤ひとみは記憶に新しいですよね。

    今年9月、飲酒運転のうえ、ひき逃げという言語道断の犯罪行為で懲役2年、執行猶予5年という有罪判決が下りました。

    初公判では20の傍聴席に1000人以上の長蛇の列ができるなど、世間の関心の高さがうかがえました。(続きはソースをご覧下さい)

    no title


    https://www.jprime.jp/articles/-/14157 


    所長見解:いろいろあったね・・・

    【【結果発表】2018年やらかし王選手権がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上原多香子、今月17日に第1子男児出産

    「SPEED」の上原多香子(35)が、今年9月に再婚した夫で、劇団「Buzz Fest Theater」に所属する劇作家・演出家のコウカズヤ氏(41)との第1子となる男児を出産していたことが28日、分かった。

    関係者によると、上原は、今月17日に都内の病院で出産。

    母子ともに健康といい、しばらくは家事、育児に専念するものとみられる。

    2人は昨年4月、上原の初主演舞台「光と影からの恵み」の作・演出をコウ氏が手がけたことをきっかけに意気投合。

    公演終了後の同5月ごろ交際に発展、今年9月13日に婚姻届を提出した。

    t


    上原は昨年8月、前夫のET―KING・TENNさん(享年35)が14年に自死した原因に、上原の不貞行為があったなどと報じられていた。

    コウ氏は今年10月、自身のツイッターで結婚と、子どもを授かったことを報告。

    「誰が何と言おうと、僕は妻と産まれてくる子供を守りたいと思っております! 家族を守ります! もしも家族に、他者からの攻撃が降りかかることがあれば全力で僕が盾になります!」などと父親になる決意をつづっていた。

     
    ◆上原 多香子(うえはら・たかこ)1983年1月14日、沖縄県生まれ。35歳。
    96年「SPEED」の一員としてシングル「Body&Soul」でデビューしダンスパートを担当。97年「White Love」でNHK紅白歌合戦に初出場。
    00年に解散し、08年に3度目の再結成を発表した。
    女優としてもドラマ、映画、舞台などで活動。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00010000-spht-ent


    所長見解:よかったやん・・・

    【【元SPEED】上原多香子、いろいろあったけど男児出産ってよ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    本誌直撃に小塚は…

    離婚に向け別居していることが報じられている、元フィギュアスケート日本代表の小塚崇彦氏(29)と元フジテレビの大島由香里アナ(34)夫妻について、小塚氏に2年前から親密な女性がいたことがわかった。

    2人の関係を知る知人に話を聞いた。

    「彼女はユミさん(仮名)と言って、愛知県で働く25歳の女性です。

    no title


    ユミさんが小塚さんと知り合ったのは、2016年の暮れ。

    名古屋市内の飲食店で、お互いグループで隣の席で飲んでいて意気投合し、赤ワインで盛り上がった。

    結局最後は、男女2対2で小塚さんのマンションに行って、酔ってその日のうちに関係を持ったそうです」

    2016年の暮れといえば、大島アナは妊娠6カ月。

    小塚氏と大島アナは2016年2月に結婚していたが、しばらくは別居婚を続けていた。

    出会ってから、小塚氏はユミさんをたびたび呼び出して飲むようになった。

    「会うのは月に1、2回。一緒に飲む人には『友達』と言っているけど、気づく人は気づいてました。
    飲んだ後は、いつも小塚さんの自宅マンションに行っていたそうです。
    ユミさんは『家には赤ちゃんの服や、ベビーベッド、ぬいぐるみや、奥さんの化粧品まである。
    年賀状が置いてあったりもする』と話していました」(前出の知人)


    大島アナは、2017年4月に長女を出産。

    その年いっぱいでフジテレビを退社し、2018年1月から、小塚氏の実家から約300メートルの距離にある名古屋市内の高級マンションで同居を始めた。

    それでも大島アナの留守を狙って、小塚氏は夫婦の部屋にユミさんを呼んでいた。

    「さすがに気が引けたのか、夫婦のダブルベッドではなく、別の部屋にある小塚さんのシングルベッドを使っていたそうですが。
    小塚さんは、ユミさんの使った洗面台やトイレなどを、後できれいに掃除していたそうです」

    だが、前出の知人によると、いまはもう、小塚氏とユミさんは会っていないという。

    「今年の6月ごろが最後ではないでしょうか。
    あることでケンカをして、それっきりだそうです。
    もともと、ユミさんのほうは、小塚さんと付き合っているつもりはなかった(笑)。
    それでも2人の関係を後悔していたようでした。
    小塚さんのほうは、懲りてないでしょうね」
     

    小塚氏に連絡し、この件についてメールで回答を求めたが、返信はなかった。

    12月15日、東京・二子玉川で行われたスケートイベントに出演を終えた小塚氏に声をかけたが、記者の呼びかけには一切応じず立ち去った。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15752337

    所長見解:こらあかん・・・

    【【これはゲスい】フィギュア・小塚崇彦氏、大島由香里アナの妊娠中に自宅で不倫の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ