ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: スキャンダル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月29日発売の「週刊文春」が、メルマガ読者投票を元に制作した「好きな俳優」「嫌いな俳優」ランキングを発表した。
    今年の「嫌いな男優」部門の第1位は、またしてもあのジャニーズタレントだった。

    「『嫌いな男優』ランキングの1位は、昨年に続いて元SMAP・木村拓哉でした。
    しかも2位の坂上忍が73票なのに対し、木村は448票とダントツの結果に。
    投票した読者からは『劣化が著しい』『格好つけたばかりの芝居はやめたほうがいい』と手厳しいコメントが並んでいます」(芸能記者)

    また今回、木村以外で「嫌いな男優」にランクインしたジャニーズタレントは、嵐・松本潤だった。
    松本は今年、ドラマ「99.9─刑事専門弁護士─ SEASONII」(TBS系)で主演を務め、高視聴率を連発していたものの、実際の人気には結びついていない可能性があるという。

    「今回のランキングで木村は、嫌い部門で1位を獲得したものの、好き部門は3位にランクイン。
    そして元SMAPの草なぎ剛も嫌い11位にランクインしていますが、好きは8位とバランスが取れている。
    しかし松本は嫌い部門のみに7位で顔を出しているのです。
    やはり世間にはまだ、同誌が報じた井上真央と艶系女優・葵つかさの二股報道の印象が強く残っているのでしょう」(芸能記者)

    m


    すでに井上とは破局したとも一部では伝えられている松本。
    今後、葵と結婚するという男気を見せてくれれば、人気は回復するかもしれない。

    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_49153/


    所長見解:イメージが・・・
    【【あの疑惑】「嫌いな俳優1位」のキムタクより松本潤がヤバイ理由がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    山尾志桜里衆院議員(43)の政策顧問を務める倉持麟太郎弁護士(35)。
    3月30日、その倉持弁護士が元妻A子さんに対し、メディアの取材に応じないよう圧力とも取れる内容の通知書を送付していたことが明らかになった。
    A4用紙3枚の通知書には、〈第三者への口外禁止を書面にて確約していただくことが必要です〉、〈(確約がなければ長男との)面会交流を見合わせざるを得ません〉などと記されていた。

    A子さんは、本誌3月22日発売号で「山尾志桜里さん、夫と息子を返して」という手記を発表。
    山尾氏が夫婦の寝室に足を踏み入れたことなどを明かし、不倫発覚後に倉持氏から離婚を突きつけられ、親権を失った現状を赤裸々に綴っていた。

    y


    A子さん本人が語る。

    「手記発表後、倉持に面会を拒否され、2週間も子供に会えていません。
    今回の文書は、まるで子供を人質に取り、脅すような内容でした。
    私がメディアの取材に応じたことを理由に、長男への面会を拒否するなんて許されるのでしょうか。
    また山尾さんは子を持つ親として、私の気持ちが分からないのでしょうか」

    倉持氏に見解を尋ねたが、期日までに回答はなかった。

    4月5日(木)発売の「週刊文春」では、通知書の詳細な内容などについて報じている。
    また「週刊文春デジタル」では、A子さんの告白動画第2弾《完全版》を同日5時より公開する。

    http://bunshun.jp/articles/-/6886


    所長見解:ゲスだね・・・
    【【不倫疑惑】山尾志桜里と不倫した倉持弁護士が元妻に送った文書がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title


    所長見解:顔・・・
    【【婚活事情】女さん「すみません、年収300万はちょっと・・・」 →結果wwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「(STAP騒動から)4年経って、小保方さんが久しぶりに公に姿を見せました」と司会の羽鳥慎一はやや興奮気味だ。
    雑誌「婦人公論」(2018年4月10日号)で、理化学研究所の研究者だった小保方晴子さんが最近の写真付きでインタビュー記事に登場し、宇賀なつみキャスターは「その変貌ぶりが話題になっています」

    羽鳥も「うーん、だいぶイメージが変わった感じです」

    STAP細胞はやっぱりあります

    小保方さんはこの1年、「婦人公論」に日記を連載し、このほど「小保方晴子日記」という1冊にまとめた。
    インタビューでは、理化学研究所を退職以降、精神科に通うほどに追い詰められていたが、いまは「今日を生きることに迷いがなくなったのです」と語っている。

    また、STAP細胞について、「もう一度、心ある研究者に見いだされ、正しく人類の役に立ってほしい。
    STAP細胞の未来にあまり心配はしていません」と語っている。
    いまでも、STAP細胞はあると考えているということだ。

    高木美保(タレント)「その人がもし悪かったとしても、死を考えるほど追い詰められてしまうことは、必要なのかなとあらためて感じるんですよね。
    お元気になって良かったなと思います」

    http://news.livedoor.com/article/detail/14501892/

    no title


    所長見解:整形?・・・
    【【あの人は今】小保方晴子さん4年ぶりの結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年、デビュー55周年を迎えた演歌界の大御所・北島三郎(81)。
    被告となった裁判の過程で、暴力団との関係が暴露されてしまった。

    k


    件の裁判は、都内の業者が2016年に起こした8000万円の求償債権(他人の債務を弁済した者が、その他人に弁済額の返還を求める権利)を請求する訴訟である。
    北海道函館市の「北島三郎記念館」建設にあたり、建設主が銀行の融資を仲介したブローカーに約束したという“取り分”の未払いがその発端だ。

    「支払いが一向になされずブローカーが激怒し、山口組系の暴力団関係者を頼ったというのです。
    その関係者は施設が『北島』の名を冠していることから、北島と旧知の間柄だった別の山口組系暴力団幹部に話を持ち込み、支払いを促そうとした」(司法担当記者)

    それを知った北島は交渉を幹部に任せたのだが、この幹部は件の裁判の原告である男性に相談し、男性は8000万円を“肩代わり”した。
    この度の訴訟はその支払いを北島サイドに求めるもので、つまり北島は、まったく面識のない相手から訴えられてしまった格好なのだ。

    暴力団幹部(青山氏・仮名)は数年前に引退し、現在は「元幹部」の身だが、法廷で明らかになった北島との関係は生々しい。
    例えば青山氏が提出した陳述書では“1964年夏に北島と兄弟分の盃を正式に交わした”と明かされていて、

    〈兄弟分となったことが世間に知られると北島の芸能活動に支障がでるので、私はあくまで黒子に徹する〉(陳述書)


    北島の長男で「北島音楽事務所」の大野龍社長は、青山氏との交際を認めつつも、

    「私は彼を暴力団関係者だとは知りませんでした」

    と答える。

    この問題が“芸能界の古き良き時代の話”として片づけられないのは、引退したキタサンブラックでも知られるように、北島が複数の競走馬の馬主であるからだ。
    日本中央競馬会(JRA)の馬主登録審査基準では、〈馬主として適格でないと認める基準〉として〈暴力団員と親交があると認められる者、又は過去に親交があったと認められ競馬の公正を害するおそれがあると認められる者〉とある。

    JRAに尋ねると、

    「馬主個人の情報については、プライバシーに関わることなので回答できません」

    というが……。

    3月29日発売の「週刊新潮」では、金銭が絡んだ北島と青山氏の“濃密な関係”について詳しく報じる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180328-00540100-shincho-ent


    所長見解:いまさらだよね・・・
    【【裁判結果】「北島三郎」と暴力団幹部の関係がコチラwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ