スキャンダル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元トップアイドルの衝撃的な不倫劇が明らかとなった――。

    14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、元モーニング娘。の後藤真希が不倫を行い、その相手男性に対し夫が損害賠償を請求する民事訴訟を起こしていると報じた。

    記事によれば、後藤は昨年、複数回におよび一般男性と関係を持ったといい、後藤がアパホテルやラブホテルでこの男性と肉体関係を持ったと告白する生々しい内容の陳述書の一部も掲載されている。

    後藤は13日、自身のブログ上で不倫の事実を認め、謝罪している。

    g


    後藤は1999年に13歳という若さでとしてモー娘。“期待の大型新人”としてデビューすると、すぐにセンターに抜擢され、それまで不動のエースだった安倍なつみと人気1、2位を争う存在に。

    その後、高い人気を誇ったまま2002年に17歳で突然モー娘。を卒業し、世間を驚かせた。

    「最近ではバラエティ番組などに出演する機会も多く、モー娘。時代のメンバー間の確執などのエピソードや、ファングループとLINEグループをつくって一緒に遊びに行くなど、アイドルらしからぬ豪快なプライベートを赤裸々に語るなど、そのぶっちゃけキャラが受けてプチブレイク中でした。
    昨年にはモー娘。OGメンバーでの音楽活動もスタートし、“これから”という時期だっただけに、出鼻をくじかれた格好になりました」(週刊誌記者)

    そんな人気タレントである後藤のスキャンダルが発覚したわけだが、業界での評判について、テレビ局関係者は言う。

    「モー娘。OGでは、かつて自宅寝室での不倫が発覚して一時活動休止に追い込まれた矢口真里は、以前からさまざまな噂や目撃証言が流れていたので、業界では“やっぱり”という受け止められ方でした。
    また、同じくOGの吉澤ひとみが昨年、飲酒ひき逃げ事件を起こしましたが、吉澤の酒癖の悪さは業界では有名だったので、矢口の際と同じような反応でした。
    一方、後藤についてはそうした悪い噂はなく、所属事務所もエイベックスということで“守られた存在”。
    テレビなどでも夫や家族のことについて積極的に語っていただけに、意外でした」

    今後の後藤について、別のテレビ局関係者は語る。

    「今回の報道で衝撃的だったのは、“キスをした”“昼と朝の計2回関係を持った”などと、不倫相手との接触を赤裸々に語った陳述書の内容です。
    さらに、“あのゴマキがアパホテルやラブホテルで不倫”ということで、後藤サイドにとってはシャレにならない状況といえるでしょう。
    後藤は夫が完全な一般人であり、さらには私生活ではファングループと積極的に交流を図るなど、裏表のないキャラが世間から好感を持たれて再ブレイクを果たし、これからCMの仕事なども狙っていたともいわれており、今回の件はダメージが大きい。
    すでに裁判に発展しているということもあり、ウチも含めてテレビ各局は、どこも後藤を起用することを避ける方向です。
    芸能界引退は免れないのではないでしょうか」

    やはり、不倫の代償は大きいようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1732614/

    所長見解:ええやん・・・

    【【不倫代償】後藤真希、浮気現場が生々し過ぎてもう引退説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    その人柄を考えれば、あまり意外性はない!?

    元モーニング娘。の後藤真希が元恋人と不貞行為を行い、夫が不貞相手に330万円の損害賠償を請求する泥沼裁判に突入していることを3月14日発売の週刊文春が報じている。

    後藤と元恋人は昨年、アパホテルで2回の肉体関係を持ったとされ、後藤も不貞関係を持ったことを陳述書で認めているといい、後藤の所属事務所も裁判に突入していることは事実と認めている。

    「後藤は、14年に3歳年下の一般男性である現在の夫と結婚し、2児の母です。
    食事は基本的に週に4000円で抑えるように設定し、少し安いスーパーがあれば、多少遠くても車で出かけることがバラエティ番組で紹介されるなど、倹約主婦の一面をアピールしていましたね。
    本人もママタレとしてこれから活動していきたいという願望はあったことでしょうが、実際は1歳の子どもを誰かに預けて、アパ不貞をしていたわけですから、同じく元モーニング娘。で不貞愛スキャンダルを起こした矢口真里ほどのメンタルもないでしょうし、もはやタレントとしての道は絶望的でしょう」(エンタメ誌ライター)


    そんな後藤の不貞愛報道だが、世間からは

    「なんか予想通りだったわ」
    「ファンと海外旅行に行っているのも怪しい」
    「弟が弟だしな」

    などといった声が上がるなど、こういったスキャンダルを起こすことは想定できたという声も上がっている。

    g


    「昨年9月に発売された『週刊SPA!』で、『国民的元ヤンアイドルM』と関係を持ったという元ホストの男性がインタビューに応じていました。
    その元ホストは元アイドルMとの情事の様子を生々しく語っていますが、その元アイドルMについてのヒントを見る限り、後藤がその最有力として名前が挙がっていました。
    後藤が過去にヤンチャだったことは広く知れていますから、今回のスキャンダルでよりその噂が事実であると世間は感じたようです。
    また、年上の男性ファンと週1のペースで遊び、過去には海外旅行に行っていたことや、12歳年下の甥っ子が17歳になるまで一緒にお風呂に入っていたことをバラエティ番組で告白していましたが、実はそこでもよからぬ関係に発展していたのでは? といった疑いの目が向けられてしまっているようです」(前出・エンタメ誌ライター)

    男性ファンとの関係は夫も理解しているとのことだったが、こういったことがあった以上、万が一のために今後はファンとの関係を断ち切らせるべきでは?

    https://www.asagei.com/123485 

    所長見解:すごいな・・・

    【【不倫裁判】元モー娘・後藤真希、余罪疑惑が続出の模様www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元「モーニング娘。」の後藤真希(33)が13日、自身のブログを更新し、直筆メッセージを公開。

    一部で報じられた「ドロ沼不倫裁判」について「別の男性と関係がありました」と不倫を認め謝罪。

    DVについては「軽率なやりとりで誤解を招いた」と否定した。

    夫は「妻として母として、信頼を裏切った」と深く後悔する後藤を許し、受け入れたという。


    文春オンラインによれば、後藤は元恋人の28歳男性とインターネット上で再会。

    昨年初めから頻繁にSNSで連絡を取るようになり、不倫関係に発展。

    LINEのやり取りの中で、後藤は夫への不満を爆発させていたという。

    また「2人でタクシーを拾い、Bさんが宿泊していたアパホテルに遊びに行くことになり、その場でBさんと肉体関係を持ちました。
    (中略)22日の昼と23日の朝の計2回肉体関係を持ってしまいました」と後藤が署名した陳述書の内容を報じた。

    不倫を知った後藤の夫は、元カレを相手取り、330万円の損害賠償を請求。

    元カレは、後藤が夫からDVを受けており「既に婚姻関係が破綻していた」として「(損害賠償の前提である)権利侵害行為は認められない」と主張。

    現在も裁判は継続中だという。

    後藤は2014年、3歳年下の地元の後輩と結婚。

    2児をもうけ、ママタレとして活躍している。

    昨年10月にはモー娘時代から卒業、休業時代、結婚、家族など初の語りおろしエッセーを出版した。

    g


    ◇後藤の自筆メッセージは以下の通り(原文ママ)

    この度は、ファンの皆様、関係者の皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしました事を深くお詫び申し上げます。

    一部週刊誌で報じられている通り昨年、夫とは別の男性と関係がありました。

    誠に申し訳ございませんでした。

    私の未熟で軽率な行いにより生涯を誓った夫を深く傷つけ、妻として母として、またこのような立場でありながら自覚が足りず、信頼を裏切る事となりました。

    後悔の思いとともに深く反省しております。

    また、夫よりDVなどを受けていると報じられておりますが、当時の私自身が夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまい、相手との軽率なやりとりから誤解を招く内容となり、大変反省しております。

    現在、夫と度重なる話し合いの末、こんな私を許し受け入れてくれ、夫婦として向き合う時間も増えました。

    私自身、改めて家族の大切さと、してしまった過ちの重大さを深く感じています。

    これからは今まで以上に夫婦助け合い、子どもたちや家族を大事に育み、公私ともに精一杯の努力をして参ります。

    この度は誠に申し訳御座いませんでした。

    後藤真希


    https://news.nifty.com/article/entame/12275/12275-217822/
    東スポWeb

    所長見解:なんかね・・・
    【【不倫謝罪】後藤真希「妻として母として、信頼を裏切った」 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆語られなかった「祖母の死」

    小室さんの父・敏勝さんは2002年3月、小室さんが10才のときに亡くなった。

    「敏勝さんは、明治大学理工学部建築学科を卒業後、横浜市役所に勤務していました。
    饒舌な奥さんとは対照的に寡黙なかたでした。
    ところが、いつからか、仕事が多忙を極めたことと、お金の問題を抱え、弱ってしまったようです」(小室家の知人)

    小室さんが幼少の頃、小室一家は3人でアパート住まいをしていた。

    その一方で、敏勝さん名義でマンションを購入し、そこに佳代さんの両親を住まわせていた。

    「当時、佳代さんの両親と一緒に住むための二世帯住宅を建てる計画があったそうです。
    公務員である敏勝さんの収入では、バイオリンなどの圭くんの教育費に加え、佳代さんの実家を支えるお金を捻出することが厳しかったのではないでしょうか。
    敏勝さんは体調を崩し、実家に帰って療養するようになった。
    ある日、佳代さんが圭くんを連れて敏勝さんを迎えに行き、アパートに戻ってきた。
    それからすぐ、敏勝さんは自ら命を絶ったそうです」(前出・小室家の知人)

    38才という短い生涯を自ら閉じたことで、敏勝さんの両親の落胆ぶりはすさまじかったと、小室家関係者が語る。

    「両親共に、とても明るい性格のかたでした。
    しかし、特に敏勝さんの父親は憔悴しきってしまい、食事がのどを通らなくなってしまった。
    葬儀が一通り済んだところで、父親も自死したんです」

    一家を襲った悲劇の連鎖。

    k


    だが、その直後に、佳代さんが意外な行動を取った。

    「当時、長男と夫の相次ぐ死で、敏勝さんの母親は心身共に限界でした。
    そこに、『佳代さんの知人』を名乗る男性から連絡が入ったそうです。
    聞けば、“父親が亡くなったのなら孫の圭に遺産を相続する権利があるので交渉したい”という話だった。
    たしかに落ち着いたら遺産は整理しなければならないけれど、まだ悲嘆に暮れている母親に対して“よくそんな話ができるな”と親族の間で話題になりました。
    ある親族は、“佳代さんは本当に怖い”と呟いていました」(前出・小室家関係者)

    その後、敏勝さんの実家で遺産相続の話し合いが行われた。

    出席者は、敏勝さんの母親と弟、そして佳代さんの知人男性の3人。

    その結果、小室さんが相当な額の現金を相続することになったという。


    本誌・女性セブンは、佳代さんの知人男性に話を聞いた。

    「佳代さんは当時、“住む家がなく、親元に転がり込んで肩身の狭い思いをしている”
    “夫の実家に連絡しても相手にしてもらえない”と涙を流し、私に遺産交渉の代理人になってほしいと頼みました。

    私は昔、暴力団に関係していたこともあり、そうした経歴が利用できると思って、近づいてきたんでしょう。
    後から知ったのですが、本当は、敏勝さんが購入したマンションに佳代さんの両親が住んでいたので、“住む家がない”というのは嘘だった。
    それを、遺産分割の交渉のためなのか、敏勝さんの実家には隠していたようです。

    圭くんに遺産相続がされるとすぐに佳代さんは、私に一言の礼もなく、突然、“この件から一切、手を引いてくれ”と言ってきました。
    それ以来、絶交しています」


    敏勝さんと父親の2人の墓は、冒頭の寺院にある。

    墓石には施主として、母親の名前が刻まれている。

    別の小室家の知人が語る。

    「お母さんは気丈で明るいかたでした。
    しかし、2人の家族の死から1年経った頃でしょうか、お母さんも2人の後を追って自ら命を絶ったんです。
    小室家の墓には、今は3人が眠っています」


    一方で、遺産を得た小室さんは順風満帆なキャリアをスタートさせる。

    父の死から2年後、東京・品川にあるインターナショナルスクールに進学した。

    カナダのカリキュラムに則って学ぶ中高一貫の学校で、授業料は年間200万円、6年間で軽く1000万円を超えるという。

    大学は国際基督教大学(ICU)に進学。

    その際の入学金や授業料は、佳代さんの元婚約者が出し、今に至る金銭トラブルのもとになったのは、周知の通りだ。


    ※女性セブン2019年3月21日号
    https://www.news-postseven.com/archives/20190308_881203.html?PAGE=1#container

    所長見解:これはヤバい・・・
    【【闇深情報】小室圭さんの親族、父、祖父、祖母、全員自殺している問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の松本莉緒(36)が5日放送のTBS「有田哲平の夢なら醒めないで」(火曜後11・56)に出演。

    芸能活動をセーブするきっかけになった、アラブの王族にまつわる夜の出来事について明かした。


    94年に「松本恵」の名前で芸能界デビュー。

    4年間でCMに11本出演するなど人気を博したが、中学卒業を機に活動休止。

    19歳の時に現在の名前で復帰を果たした。

    「松本莉緒として、いただいたお仕事を頑張っていたんですけど…」。

    ここ3年間での出演作は1本。

    仕事のオファーは絶えないが、ほとんど断りを入れているとし、その理由の一つとして挙げたのが「アラブの王族事件」だった。

    s


    仕事にまい進する中、20代の時のある夜、「自分のやりたい仕事に近い人」(松本)から電話があり「アラブの王族がいるんだけど、その王族からの指名だから来て」と突然呼び出されたという。

    相手のしつこさに負けて出向いた先はクラブのVIPルーム。

    さらに、その呼び出した人物は松本に「一番端の人は一番お金を持っているからあとはよろしく」と告げて帰ってしまったのだとか。

    「これはヤバいと思って。5分もたたないうちに非常階段で逃げて帰った」と松本。

    「こんなことまでして仕事をもらわなきゃいけないのは、もうしょうもない。精神崩壊しました」と打ち明け、その後、仕事を断るようになったと説明した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000070-spnannex-ent

    松本莉緒
    http://pbs.twimg.com/media/D08SutdVAAEzENF.jpg


    所長見解:あるんやね・・・
    【【芸能界の闇】人気女優、アラブ王族からのご指名接待の結果・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ