スキャンダル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    佐々木希に逆不倫疑惑


    s


    昨年は、夫『アンジャッシュ』渡部建の不倫騒動でボロボロだった佐々木希が、同じ事務所の先輩イケメン俳優との〝ラブラブ〟ツーショット写真を自身のインスタグラムにアップしたことで、一部で〝当て付け逆不倫〟疑惑が囁かれ始めている。


    「佐々木は昨年12月26日、同じ事務所に所属する先輩イケメン俳優・中村倫也との仲良さげなツーショット写真をアップしたのです。
    自身がプロデュースするブランドの長袖シャツを中村が着ていることを報告する内容で、事務所で撮影した写真でもあるのですが、2人ともマスク姿でピースサインをし、まさに〝ラブラブ〟ムード。
    佐々木が渡部不倫騒動でダメージを受けていることもあり、ネット上では中村との〝逆不倫〟疑惑まで指摘する声が出るほどの反響になったのです」(スポーツ紙記者)



    佐々木はもともと、年齢が近い先輩・中村と仲が良かったとされる。

    2016年公開の中村主演映画『星ガ丘ワンダーランド』では共演し、初日舞台あいさつでは、中村が「みんな丸裸にして(作品に)出ている。
    佐々木希も丸裸」と突っ込み、佐々木がうれしそうに「本当に頼れる先輩」と返すなど、恋人のような雰囲気だった。


    「その後もバラエティー番組に2人で出て、かなり親しい仲であることを告白するなど、熱愛疑惑もあったほどでした。
    今回、佐々木自身もわざと、不倫騒動で自分を困らせた渡部への〝けん制球〟として、過去に〝熱愛寸前〟だった中村とのツーショットを意図的にアップした可能性もありそうです。渡部が今後、芸能界復帰に難航した場合、佐々木が三くだり半を突き付け、中村に乗り換えるという選択肢も当然あり得るでしょう」(芸能プロ関係者)



    「佐々木は今回、離婚をしないことをいったんは決意。
    収入が激減した渡部を支えていく覚悟を固めたとされますが、その〝バーター〟として今後、渡部は佐々木の私生活に口出しできない状況になっています。
    それだけに佐々木の気が変わり、渡部を見限った場合、当然、中村との関係が一気に深まる可能性はあるわけです」(同・関係者)



    「何をしても渡部から怒られることがないというポジションを手に入れ、佐々木はかねて希望していたフルオープンを披露するタイミングも模索し始めているようです。
    突然の〝すっぴん〟アップも、そのニオわせの可能性が高い。
    〝楽しく頑張りたい〟というコメントも〝男遊びもやりたいようにやるわ〟という、ある種の開き直りの宣言とも受け取れます。
    今年の佐々木は何かサプライズを仕掛けてきそうですね」(女性誌記者)


    https://this.kiji.is/723360203516182528?c=642615283276121185

    所長見解:渡部め・・・

    【【悲報】佐々木希に逆不倫疑惑ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女性タレントのラブリさん(31)書類送検 

    知人女性に対する強制わいせつの疑い



    k


    和歌山県警白浜署が、知人女性に対する強制わいせつの疑いで、女性タレントのラブリさん(31)を昨年3月に書類送検していたことが20日、捜査関係者などへの取材で分かった。

    同署が送検時に付けた刑事処分に関する意見の内容は、明らかになっていない。

     
    複数の関係者によると、書類送検容疑は2019年5月、同県白浜町の宿泊施設の一室で、一緒に旅行していた知人女性にわいせつな行為をした疑い。

    女性は同年8月に告訴状を白浜署へ提出したという。


     
    ラブリさんの所属事務所は取材に「対応は弁護士に任せている」と答えた。

    担当弁護士は「犯罪に当たる行為はなかった」と主張している。



    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19565731/


    ▼画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/e/be4fe_1675_605404a2b31b2c785d5203bb0b5fb875.jpg

    所長見解:あれま・・・


    【【これはヤバい】女性タレントのラブリさん(31)書類送検された理由・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    桑子真帆アナ“不倫デート”プリクラを入手「弄ばれた9年」男性が自嘲告白 


    d


    「僕と “まーたん” は、彼女が大学に入った年から、NHKに入局してからもずっと “深い” の関係でした。
    僕は一度も彼氏に昇格することはなく、ただの都合のいい『間男』でした」


     
    30代男性のAさんと、彼の言う “まーたん” こと桑子真帆アナ(33)が出会ったのは、2006年のこと。

    2人は、東京外国語大学の先輩と後輩という間柄だった。


    「2010年にNHKに入局した桑子アナは現在、『おはよう日本』のメインキャスターを務めています。
    2020年末には、3回めとなる『紅白歌合戦』の総合司会の重責を果たしました」(スポーツ紙記者)


     
    そんなNHK看板アナに、意外すぎる素顔が――。


    「彼女と知り合ったのは、彼女が大学1年の夏休みが終わったころの飲み会でした。
    たまたま席が隣になり、連絡先を交換しました。
    彼女は、学内でもチャラいことで有名な音楽サークルに所属していました」(Aさん、以下同)


     
    女子校育ちで、「勉強、部活で忙しかったし、彼氏はいなかった」とAさんに語っていた桑子アナ。

    その反動か、出会ったときにはすでに、遊び慣れている様子だったという。


    「サークル内はもちろん、他大学の学生にもモテモテでした。
    僕と彼女が男女の関係になったのは、飲み会から約2カ月後。
    それまで複数人で何度か会っていたのですが、2人だけで飲むことになり、盛り上がってこちらから誘ったのがきっかけです」


     
    だが当時、桑子アナには、すでに彼氏がいた。

    そのため、Aさんと桑子アナは、周囲には自分たちの関係を秘密にしていた。


    「彼女は実家から通っていたので、人目にふれないように私のワンルームマンションか、ホテルで会うことが常でした。
    恋人関係にはしてもらえなかったので、デートらしいデートは、ほとんどしたことがありません。


    私との関係を続けつつ、“本命” の彼氏も何人か代わり、私とは数カ月会わないこともありました。
    彼女は新しい彼氏ができると、わざわざ私に報告してくるんです。
    『僕の存在は、いったいなんなんだろう』と落ち込みましたね」


     
    桑子アナは「好きになったら、とにかく突き進む性格だった」という。

    狙った男性に交際相手がいても、おかまいなしだった。


    「男選びは、とにかくビジュアル重視。
    『友達の彼氏がいちばんスリルと背徳感がある』そうで、『◯◯ちゃんの彼氏はイケメンすぎる! デートしてみたい』『(自分の)彼氏よりよかった』とも、僕に言っていました。


    交際相手がいる男性と遊ぶことを彼女は『不倫デート』と呼んでいて、女友達の彼氏と陰で関係を持ったことは、私が知るだけで何回もあります。
    多いときには、僕を入れて同時に3股交際していたこともありました」


     
    当時交際していた複数の男性と桑子アナとのツーショットプリクラを見せてもらうと、Aさんが言うとおり、そのなかの一枚に「不倫デート」という書き込みがある。

    なぜ、そんなにモテたのか。


    「彼女は酔うと、あの大きな目がトロンとして、ふだんは低めの声が猫なで声になり、『指が細くてきれい』とか言いながら、甘えた感じでさわってくるんです。
    私も虜になったひとりですが、狙われた男は、ほぼ全員彼女に惚れていました」


     
    大学生活を満喫した桑子アナは、2010年にNHKに入局する。


    「彼女は在学中、NHKでアルバイトをしていましたが、アナウンススクールには短期間通っただけでした。
    内定したことは、本人がいちばんびっくりしていました」


     
    最初の配属先は、長野放送局。

    当時の桑子アナを知る、あるNHK関係者が証言する。


    「お酒が好きで、種類はなんでも飲みます。
    地方局時代は、上司や先輩などの誘いは基本断わらず、深夜3時くらいまで飲むこともありました。


    同期入局で、広島に配属されたジャニーズ系の記者と遠距離恋愛していましたが、桑子アナが長野から広島に異動するころには、もう別れていましたね」

     
    そのころには一般企業に就職していたAさんだが、2人の関係は、社会人になってからも続いていたという。


    「彼女が地方局に勤務していたころは、数カ月に一度、私が彼女のマンションに行く形で会っていました。
    彼女が自宅のベッドのマットレスを替えたとき、古いマットレスを捨てずに、なぜかベランダに放置していたことを覚えています」(Aさん、以下同)



    画像① 


    画像② 


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    https://smart-flash.jp/showbiz/129085

    所長見解:あれま・・・
    【【暴露】NHK・桑子真帆アナの不倫相手がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    森七菜に何が起こっているのか…

    公式インスタアカウント削除に続き事務所からも名前消える…


    h



    女優・森七菜の公式Instagramアカウントが予告なく削除されたことが分かり、ファンが騒然となっている。

     
    来月には映画『ライアーxライアー』の公開も控えており、ますます注目が集まる中、森の公式Instagramアカウントが消えていることが発覚。

    2週間以上も投稿がされていない状態だったが、SNSでの反応を見ると、14日の0時30分の時点で「見られない」との報告が上がっており、13日までに削除された可能性がある。

     
    ネット上では

    「森七菜ちゃんのインスタのアカウントが消えたのはなんで? 最近投稿も無かったし、気になる」

    「ただでさえ新年入ってから投稿なくて心配だったのに」

    「何があったんだ」

    などファンから心配の声が相次いでいる。

     
    所属事務所「ARBRE」の公式サイトや公式Twitterからの説明もなく、事態は混迷するばかりだが、こうした中、14日午後には事務所公式サイトから森のページそのものが消えてしまった。

    そのため余計にファンは混乱している状況で、SNSでは「ライアーxライアーを最後に引退とかないよね?」「ライアーライアー以降のお仕事も発表されてないし不安が募る……」と不安がる声も上がっている。

     
    トラブルがあったわけではないことを祈りたいが、はたして……。


    https://entamega.com/55734


    ▼画像
    https://www.instagram.com/morinana_official/

    https://i.imgur.com/qanZZ1b.jpg

    所長見解:なんやろな・・・
    【【これはヤバい】人気女優・森七菜、公式SNSアカウント削除、所属事務所からも名前が消えた模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    斉藤由貴、板尾創路の“不倫相手”の現在は…悲惨すぎる不倫の代償

    j


    複数女性との〝多目的トイレ不倫〟で芸能活動を休止し、謝罪会見を開くも火だるまとなった『アンジャッシュ』渡部建。

    相手女性については、一般人であることを理由に頑なに明言を避けたため、未だ多くの疑問が残っている。



    他方、相手の現在がつまびらかになっている不倫芸能人も、数多く存在している。


    一般人と不倫した女優・斉藤由貴もその1人だ。


    斉藤は2017年9月、50代の男性医師とダブル不倫していたことが発覚。

    翌年5月には『週刊現代』にて、相手の医師が離婚調停中であることが報じられた。

    同誌によると、医師には5人もの子どもがいたが、不倫によって夫婦関係は冷えきってしまったのだとか。

    また、同誌記者の直撃には、医師が記者のICレコーダーを奪い、車で逃走したと報じられている。



    後日、記者が自宅を訪れると妻が応対し、別居中であることを明かしたとのこと。

    離婚については「お答えできません」とコメントしたが、5人もの子どもがいた家庭が崩壊したことは想像に難くない。

    現在、斉藤は女優として復帰を果たしているが、相手の人生を崩壊させたと言われても仕方ないだろう。




    吉本興業は不倫相手の方を追い込みがち?

    『ダウンタウン』の子飼いである板尾創路は、2017年にグラビアアイドルとの不倫が発覚。

    その後、板尾は謝罪会見を開いたが、相手はこの騒動により、芸能界から引退してしまった。

    ツイッターもアカウントだけが残されている状態であり、現在の動向は全くもって不明。

    相手の芸能人生を奪うという、なんとも胸糞の悪い結末となった。


    しかし、板尾は2020年2月にも、ツイッターのダイレクトメッセージで一般女性をカラオケに呼び出し、無理矢理キスをして下着を脱がすなどの行為を行なっていたことが発覚。

    女性1人の人生を奪ったにもかかわらず、再び繰り返している辺り、何も気にしていないサイコぶりがうかがえるだろう。



    「昨年の〝闇営業騒動〟では、『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮が、『吉本興業』岡本昭彦社長の『在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主やから大丈夫や』という発言をバラし、大きな話題になりました。
    板尾のカラオケ事件は強制わいせつにも当たる重大な事件でしたが、大手ワイドショーはスルーし、バッシングも皆無。
    大手メディアが吉本興業に対して〝忖度〟していることが浮き彫りとなっています。
    渡部があれだけマスコミの餌食になっているのも、吉本ではないことが影響しているでしょう。
    にもかかわらず、板尾の親分である『ダウンタウン』松本人志は、2020年8月の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で『(メディアの忖度は)吉本に対しては一切ないもんね!』と不満を爆発させているのです」(芸能ジャーナリスト)



    吉本で言えば、松本の相方・浜田雅功も、不倫相手を芸能界引退に追い込んでいる。

    自らの不貞行為にもかかわらず、女性側の人生を変えているのだから、その非道っぷりには唖然とする他ない。



    https://myjitsu.jp/archives/247521
    所長見解:ほんまやで・・・

    【【閲覧注意】有名芸能人の不倫相手の悲惨すぎる現在がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ