あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年8月にタレントのウエンツ瑛士(32)が、10月から1年半イギリスへ留学すると発表。日本での活動を休止して、ロンドンで舞台を勉強するという。

    w


    留学を発表する芸能人は意外と多いが、留学を機に芸能界から消えてしまった芸能人もいる。
    2016年4月に活動の拠点をアメリカ・ニューヨークへ移すと発表した、ピース・綾部祐二(40)もその内のひとりだ。

    昨年10月からニューヨークへ移り住んだ綾部は、自身のInstagramへアメリカを全力で楽しんでいる様子を公開。
    女子大生の卒業旅行のような投稿に最初は注目が集まったが、徐々にメディアへ取り上げられることは無くなった。
    とはいえ、インスタグラムにあげた写真は2万を超える「いいね」がつくなど、まだまだ世間からは忘れられていない様子。
    渡米する前に「コメディアンとしてやりながら、最終的な目標はハリウッドスター」と明かしていた綾部だが、花開く日は来るのだろうか。

    今回は綾部のように、留学を発表して姿を消した芸能人たちをご紹介していこう。


    ●大島優子

    元AKB48・大島優子(29)は、火消しのために海外へ姿をくらませたと言われている。
    去年6月に大島は、「AKB選抜総選挙」で結婚宣言した元NMB48・須藤凜々花(21)への批判動画を公開。
    動画内で大島は「結婚発表ね。何考えているのかしら?」「この帽子が、きっと私のすべての言葉だと思うの」とコメントし、“F●CK”と書かれた帽子を画面へ差し出した。

    すると、「ひたすら下品」「結婚の子も無いけど、これも無いわ」と大炎上。
    大島は「不適切なコメントをして申し訳ございません」と謝罪している。
    その後、大島は留学を発表して渡米した。
    しばらく音沙汰がなかったが、来年1月から上演される舞台『罪と罰』への出演が決定。
    このニュースが拡散されると、ネット上からは「存在忘れてたわ」「もう引退していいのに」といった手厳しい声が上がっている。


    ●マリエ

    2005年から、“セレドル”(セレブなアイドル)として活躍したマリエ(31)も留学を機に姿を消している。
    マリエは11年3月19日に、自身のTwitterへ「くだらね、世の中チャリティ産業かょ!?」
    「こっちはいろんなところから募金です金くださいって れんらくがたえなくってこまってんだよ! もー! だれもしんじらんない! みんなだいっきらい!」(原文ママ)とツイート。
    東日本大震災の直後に行われた、有名人たちの支援活動に苦言を呈していた。

    その後ブログで謝罪したマリエだったが、テレビの仕事が激減。
    11年10月に、ニューヨークにある美術大学への留学を発表している。
    翌12年に半年間の留学から帰国していたことを明らかにしたが、全く話題にならず仕舞い。
    しかし今年4月に『有吉ジャポン』(TBS系)へ出演した際は、「懐かしいなあ!」「こんな人いたね! 今何してんだろ」と少し話題になった。


    ●鞘師里保

    元モーニング娘。の鞘師里保(20)は、2015年のグループ卒業後に留学を発表して忽然と姿を消した。
    ダンスと英語を勉強すると言って海外へ旅立った鞘師。
    しかし留学先から音沙汰は無く、ファンは現在の鞘師を知ることができずにヤキモキしていた。

    しかし今年6月、元モー娘。の新垣里沙(29)がブログに鞘師とのツーショットをアップ。
    久しぶりの鞘師を見たファンからは、「帰国してたの!?」「ううう、やっぱり鞘師が好きだ…」「鞘師ぃぃぃぃい!」と歓喜の声が上がっていた。
    しかし、新垣は鞘師とのツーショットをその日の内に削除。
    ネット上からは「事務所は鞘師を使ってなんかやろうとしてるのか?」「まさか復活とか?」「事務所が鞘師を表立たせない理由って何?」といった声が上がっている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1521734/


    所長見解:いろんな理由がね・・・

    【【あの人は今】留学して姿を消した芸能人がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title


    高梨サマージャンプ4戦4勝 「大きな決断」ヘアチェンジも成功
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000085-sph-spo


    所長見解:別人・・・

    【【スキージャンプ】現在の高梨沙羅さんがコチラ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

    2008年、「ぽっぽぽぽぽぽぽ~♪」のフレーズが印象的なムード歌謡「六本木~GIROPPON~」で一躍有名になった鼠先輩(45)。
    ブレークした当時はテレビに引っ張りだこだった。
    ちょうど10年たった今、どうしているのか。



    鼠先輩に会ったのは、昨年オープンした西武新宿線久米川駅から徒歩2分のバー「飲鼠(のみーまうす)」。
    トレードマークのパンチパーマにサングラス、白スーツ姿は今も変わらない。
    が、ネクタイには「ガッチガチの一発屋」の文字……。

    フリーで活動する現在は「地方営業が多いです。町のお祭りとかスーパーの土曜市、飲み屋のイベント。
    呼ばれれば全国どこへでも行って、どんなことでもやらせてもらいます」と鼠先輩。

    それでも、時にはビックリするような現場もあるという。

    「富山県の夏祭りは、おじいちゃん、おばあちゃんしかいない人口190人の田舎町でした。
    で、楽屋がなかったんですよ。
    外に段ボールを敷いて着替えて、軽トラックの上で豆カラを使ってぽっぽぽっぽ歌いました。でも楽しかったですよ」

    以前、テレビ番組でブレーク時の最高月収を1200万円と告白していたが、年収は「夢がない話で申し訳ないけど2000万円もいかなかったです」と語る。

    「稼いだのはほんの1カ月ほど。一瞬の通り雨です。
    ただ、バッターボックスに立つ時から自分は一発屋だと分かってましたし、そう決めてました。
    『のるか反るか』だったのは間違いないです」

    人から“一発屋!”とやゆされることもあるが、「嫌な気持ちはしません。当たり前のことを言われてるだけ。
    バカにする人もいますけど不発よりマシ。
    今の時代、どんなにお金を積んでも当たらない人は当たらないですし。
    一発当たるのは宝くじみたいでありがたいです」


    ■「才能ゼロ、ビジュアルも悪いからスキマ産業で」

    さて、岡山県赤磐市出身の鼠先輩は、幼少期は運動も勉強もできなかったそうだが、明るくて目立ちたがりの性格だった。

    「団地住まいで貧乏だったから、友達とおやつ代わりにアリとかいろんなものを食べておなかを壊してましたね(笑い)。
    でも貧乏だからこそ、いろいろと考えて面白いことをしてました」

    中学に入るとバンドブームが到来。
    鼠先輩も米パンクバンド「ラモーンズ」のレコードを借りてパンクロックに目覚めた。
    中1から音楽活動を始め、結成したバンドで出場した「BSヤングバトル」(NHK)の岡山大会で優勝。
    高校中退、バンドは自然解散したが、プロのミュージシャンを目指した。

    アルバイトで貯めたお金で大阪へ出て音楽を続けるかたわら、貧乏バックパッカーに。
    1年半ずつ滞在したインドとメキシコを中心に世界を放浪した。

    「ニューヨークでメキシコ人のスパニッシュ系のバーでアルバイトをして稼いだり、彼女に送金してもらったりしてました。
    文法はムチャクチャですけど、スペイン語は今でもちょっと話せます」

    25歳で海外放浪を切り上げ、上京して同郷の恋人の家に転がり込んだ。
    アルバイトをしながら音楽に打ち込んだが芽が出ず、結婚を機にプロの道を諦めて就職。
    それでも音楽はひっそり続けた。

    「才能はゼロ。
    歌唱力がないしビジュアルも悪いからスキマ産業で勝負しないとダメ。
    考え抜いてたどり着いたのが『鼠先輩』という名前とビジュアル、『ぽっぽぽっぽ』という歌でした」

    08年、「六本木~GIROPPON~」が大当たり。
    世間の注目を浴びて一発花火を打ち上げた。

    ブーム終了後の日々を振り返り、「10年間ぽっぽぽっぽ言ってきました。
    そのへんのハトよりも、ぽっぽぽっぽ言ってると自負してます」と笑う鼠先輩。
    現在の年収は「4人家族が不自由なく養えるくらい」とのこと。

    先の見えない状況でも鼠先輩は前向きだ。

    「基本的に、ダルくて面倒くさくて、うっとうしいのが世の中。
    サラリーマンも学校の先生もタレントもアルバイトも、皆それぞれ大変。
    だからこそ、与えられた環境でポジティブに、なるべく自分の好きなことをやっていくしかないと思いますよ」


    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/236445

    no title


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【ぽっぽぽ】ブレークから10年たった鼠先輩は今・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビから遠ざかって久しい歌手の中森明菜が、意味深な言葉を口にしているという。
    一部女性誌によれば、彼女は「今年は、もう無理かも」とメッセージ。
    唯一ファンが接することができた年末のディナーショーも危ぶまれているというのだ。

    「明菜は年3回、ファンクラブ会員用に会報を出すのですが、最新8月号のメッセージは絶望的なほどマイナス。
    また休業に逆戻りするのではないかという声も出ています。
    彼女は下降モードに入ると坂道落下的に悪くなる。
    会報でのメッセージは、そう思えてしまいます」(音楽ライター)

    明菜の会報は手書きでファンに送られるのも特徴だ。
    そこに個性的な字体で『さみしいねぇ…ほんとォーに…みんなに…会いたい…でも…無理かもぉー』と、今後の活動を示唆する表現がある。
    さらに『最近では…むかしの…映像とか…色んなところで…見れるでしょ!!』と、妙に寂しさを感じさせる文言を女性誌は伝えている。

    「明菜はお騒がせな人ですが、とにかくファンを大事にすることで知られる。
    だから姿を見せない分、会報で書くことがすべてなのです。
    仕事の話もなく明るい内容でないということは、今年は活動しない可能性もある。
    これまでの彼女のパターンからいっても十分あり得る話です」(同・ライター)

    n


    男性関係で“またもや”精神的ダメージか

    明菜は2016年に7年ぶりの年末ディナーショーを全国7都市10ステージを行い完売。
    そのあまりの人気ぶりから、昨年末は14都市で計18ステージに拡大し、これも即日完売。
    今年はディナーショーだけでなくNHK『紅白歌合戦』への出場も期待されていた。

    「彼女は芸能プロに所属せず、レコード会社と契約しているだけ。
    実質、個人事務所の社長であり、制作責任者でもある。
    そのため彼女が仕事をしたくなければ、それで活動休止。
    14年にはゲストながら紅白にも出演、順調に復活していた。
    また何か“つまずき”があったのかもしれません」(レコード会社関係者)


    所属先がない以上、明菜の今後は読めない。

    「レコード会社に伝わっている話では、彼女には私的マネジャーのような男性が存在。
    彼女より10歳ぐらい若い元音楽制作マンだそうです。
    同棲中で事実上のカレ氏でもある。
    ただ、この夏、金銭でモメてゴタゴタ。
    それで精神的ダメージを負ったという話も出ています。
    彼女は、これまで何度も公私混同のマネジャーを付けてトラブルになっている。
    『やはり、またか』なんです」(前出の音楽ライター)

    ディナーショーも紅白も幻で終わるのか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1512519/


    所長見解:いい歌手なのにな・・・

    【【復帰不可能】中森明菜が精神的下降モードになってしまった原因・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1980年代に起こった日本のバブル経済、当時はただただ好景気でお金が湯水のように使われていたようですが、「バブル」というだけあってそれは突然はじけ、さまざまな問題を残す事となります。
    そんなバブル時には独特な文化や言葉がたくさん生まれ、現在は当時を知る人たちにとって懐かしい言葉として話題になりますね。

    b


    そこで今回は「懐かしのバブリーワード」をアンケート、ランキングにしてみました。
    当時はやった懐かしいバブリーワードとは、一体どのようなものだったのでしょうか?

    1位ねるとん紅鯨団 169票
    2位アッシーくん 153票
    3位ボディコン(ボディ・コンシャス) 142票
    4位ポケベル(ポケットベル) 141票
    5位ワンレン(ワンレングス) 137票
    6位オバタリアン 136票
    7位ディスコ 132票
    8位マハラジャ 126票
    8位写ルンです 126票
    10位ソバージュ 124票

    11位W浅野 117票
    12位私をスキーに連れてって 116票
    12位三高(高収入、高学歴、高身長の3高) 116票
    12位メッシーくん 116票
    15位朝シャン 111票
    16位テレクラ(テレフォンクラブ) 109票

    https://ranking.goo.ne.jp/column/5296/


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【バブル世代】懐かしのバブリーワードランキングがコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ