ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    j


    お父さん(松本智津夫)に会いたい

    お父さんお元気ですか
    お父さん、今日でお父さんが逮捕された1995年5月16日から、23年が経ちました。

    少女だった当時のわたしは、まさか23年間もお父さんとお話ができなくなるとは、想像もしませんでした。
    お父さんが壊れてしまい、赤ちゃん以下の状態になってしまうなど、――ほんとうに、一つも想像ができなかったのです。

    お父さん、お元気ですか。

    お父さんの姿が見られなくなってから、もうすぐ10年になります。
    壊れてしまったお父さんを見るのはつらかったけれど、お父さんと面会ができていた2004年から2008年のあいだ、今よりは幸せだったのだと思います。

    今日はけいれんは起きていない? おむつはちゃんとかえてもらっているかな。お部屋の中に落ちているという排泄物は、片付けてもらえましたか。

    体は相変わらず、棒たわしで洗われているのかな。

    殴られたり、髪をつかんで引きずられたりしていない?

    顔にあったあざや、ぼろぼろにはがれてしまった皮膚は、治りましたか。

    もう10年、誰もお父さんの姿を見られていないね。
    誰の目にも触れなければ、虐待は悪化するといわれています。

    お父さんのことが心配です。
    お父さんに会いたいです。

    http://blogos.com/article/301702/


    所長見解:ないな・・・

    【【非難轟々】麻原娘「お父さんに会いたい」 ←これ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    剛力彩芽(25)との交際が話題となった前澤友作氏(42)は、通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの社長。
    売上高はなんと984億円('18年3月期)に上るが、芸能界で一足先に「セレブ妻」となった女優いえば伊東美咲(41)だ。

    m


    売上げ566億円(17年6月期)を誇る大手パチンコメーカー・京楽産業.社長の榎本善紀氏(49)と結婚して9年となる伊東。
    今年8歳になる長女は、小学校入学前にはプレスクール(※インターナショナルスクールの幼稚部)に通わせており、子供たちを国際的な人間に育てたいと考えているようだ。

    義父にあたる京楽産業・会長の榎本宏氏(90)は本誌の取材に、家族の近況を語ってくれた。

    「ハワイには(京楽産業所有の)マンションがあって、2歳の孫(※伊東美咲の長男)も現地で生まれたんですよ。
    だから彼は日本とアメリカ、両方の国籍を持っているんです。
    孫たちも私たちが住んでいる名古屋に遊びに来ることもありますが、いっしょに花火をするだけでも、立ったりしゃがんだりで腰が痛くなって大変です(笑)」

    5月はじめに90歳の誕生日を迎えたばかりだという榎本会長。
    ホテルで開催した誕生会では、意外な超有名ゲストも出席したという。

    「うちがCRぱちんこ冬のソナタを作った関係で、ぺ・ヨンジュン(45)がわざわざ韓国から来てくれて。
    彼は2人の女の子のお父さんなので、『今度は、子供たちも連れてきて、会長にご挨拶させます』と言っていました」

    伊東美咲の子供たちとペ・ヨンジュンの子供たちがいっしょに遊ぶ日も近いかも!?


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180601-00010008-jisin-ent


    所長見解:懐かしいね・・・

    【【あの人は今】伊東美咲の仰天セレブ妻生活がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    5月28日に新たな公式サイトを開設し、新事務所への移籍を発表した歌手広瀬香美(52)に対し5月31日、これまでマネジメントをしていた事務所「オフィスサーティー」が、公式サイトで「広瀬香美」の芸名使用禁止を求めていることを発表した。

    h


    この日、オフィスサーティーはHPで「弊社に許可を得ることなく、新事務所に移りました」と、一方的な独立発表だったと説明。
    また「広瀬香美は弊社代表取締役が命名した芸名であり、使用権限は、弊社及び代表取締役に帰属し、弊社所属アーティストとしての活動以外には広瀬香美の芸名を使用できません」とした。

    さらに、芸名を使用した芸能活動には損害賠償請求を含め厳しい対応をとるとしている。
    同事務所によると、広瀬がデビューした際、事務所退所の際は芸名を使用しない約束を文書で交わしていたという。

    これに対し、広瀬はこの日夜ツイッターを更新し、「広瀬香美としての活動は今まで通り続けていきますので心配しないでくださいね」と宣言した。
    今後、芸名使用をめぐって泥沼化となりそうだ。

    広瀬は92年にデビュー。
    93年に「ロマンスの神様」がヒットし、98年のベスト盤は200万枚を超える大ヒットとなった。


    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806010000099.html

    所長見解:もめるよね・・・

    【【泥沼闘争へ】広瀬香美が事務所移籍で「広瀬香美」使用禁止 ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    のりピー、何でもない日常がありがたい…
    あれから9年“怪物級美魔女”の現在

    “のりピー”が贖罪(しょくざい)の道を誠実に歩んでいる。
    女優の酒井法子(47)が有罪判決を受けたのは2009年。
    12年11月に芸能界に復帰し、地に足をつけた活動で徐々に仕事の幅を広げてきた。
    現在の様子や心境、ファンへの感謝の思い、意外なマイブームなど赤裸々に語った。 

    デビュー30周年を迎えた一昨年、16年ぶりのコンサートに臨んだ。
    ディナーショーや地域のお祭りゲストなど、ファンとの距離が近いイベント出演にも精力的。
    初心を思い返しながら奮闘する日々だ。

    「デビュー当時は、そういうお仕事がたくさんあって。
    今また、お客さま一人ひとりの表情が見える所でやれているのは楽しいですね。
    この前のお祭りは子供さんが多かったので『のりピー音頭』とか、楽しんでもらえるような曲を並べたら、すっごく楽しそうに聴いてくれて。
    『のりピー!』なんて言ってくれて、とってもうれしかったですね」

    台湾、中国、香港などアジア圏の人気は健在。
    1月に香港で開いた単独コンサートのチケットは3日で完売し、現地メディアは「怪物級美魔女」と取り上げた。

    「温かいコンサートでした。
    ファンの方が曲ごとにやることを決めてくれていたみたいで、ライトを照らしたり、ボードを持ってくれたり。
    張り切りすぎたのか、3、4曲歌った頃に聞いたこともないかすれ声になってしまって申し訳ない気持ちでしたが、逆に私が力をもらったようなコンサートをさせていただきました」

    アジア友好の懸け橋として依然として大きな存在。

    「そんな大それたものはないですが、文化も言葉も違う人が音楽なりを通じて交わって、楽しい時間を過ごすっていうのはいいですよね。
    私が何かのためになるなら、うれしく思います」

    47歳になった今も美貌は健在。秘訣(ひけつ)は。

    「おこがましくて何も言えないですよ(笑い)。
    毎日、鏡の前に立つと『あちゃー』と嫌になりますが、自分を奮い立たせて頑張っています。
    太りそうな物は我慢しようとか、運動も自分に厳しく。
    週5日ぐらい、ホットヨガ、筋トレ、ダンスレッスンをやっています」

    事件から9年。今、思うこと。

    「こうして仕事をさせていただけて、本当にありがたいと思います。
    自分が犯したことはもちろん忘れずに、でも、ずっと立ち止まっていても何も変わらないので、前を向いてやっているつもりです」

    いまだに風当たりは強い。

    「もともと、私のやったことが原因ですから。
    私にはどうすることもできないし、する権利もない。
    私が活動していることに不愉快な思いをされる方がいても不思議ではないし、一方で応援してくださる方もいます。
    これは一生続くことだろうと思うので、させていただけることを一生懸命やって、応援してくださる方に少しでも喜んでいただくのが、私の生きる道なのかなと思います」

    最近は、何げない日々に幸せを感じるという。

    「何でもない日常が毎日続くってことが、ありがたいなあと思いますね。
    そんなふうに思うから毎朝、神棚に手を合わせたりしちゃって。
    『また一日を迎えさせてもらってありがとうございます』って」

    (後略、全文はソースで)

    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180528-OHT1T50234.html

    no title

    所長見解:介護は・・・

    【【のりP】酒井法子(47)…あれから9年の現在がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    明石家さんま(62)が27日、MBSで放送された「明石家さんまが語り継ぎたいレジェンド芸人20人」に出演。
    2011年8月に暴力団との交際を理由に芸能界を引退した島田紳助さん(62)の復帰計画を吉本と練っていたが、紳助さんと吉本の意見の違いで頓挫(とんざ)したことを明かした。

    s


    紳助さんについては、12年の新春会見で、大崎洋社長が自ら紳助さんの復帰について触れ、「皆さまのご理解をいただければ、いつの日か吉本に戻ってきてもらえると信じている。これは全社員、全タレントの思いです」と語っていた。
    この発言を受け、紳助さん復帰説がにわかに現実味を帯びたのは事実だ。

    さんまはこの日の番組で、引退後は「一切連絡とってない」という同期の紳助さんについて、「これはテレビで放送できひんと思うけど…」と迷いながら切り出し、「吉本と紳助と俺と、(紳助が)帰ってくる準備、俺はしててんけども」と復帰の準備をしていたことを打ち明けた。

    しかし、「本人と会社の意見の違いで、予定通りいかなかった」と紳助さんと吉本の意見の相違があり、最終的には実現しなかったことを明かした。

    さんまは紳助さんの引退後、ラジオ番組で「犯罪を起こしたわけやないんやから」と盟友をフォローする発言をしていた。

    なお、さんまと同様、紳助さんと同期で、引退後も交流がある大平サブローは「マッチョやで。(体)鍛えて、ムッキムキ。髪の毛伸ばして、すごいよ」と近況を報告していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000119-dal-ent


    所長見解:もういいよ・・・

    【【衝撃暴露】明石家さんま 島田紳助さんの復帰計画の結果・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ