あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    【画像】芦田愛菜ちゃん、デカくなる


    m
    所長見解:順調やん・・・
    【【検証画像】芦田愛菜さん、アレが大きく成長した模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6月13日、りゅうちぇるが更新したインスタグラムに注目が集まっている。

    現在、彼のファンの間では心配の声が飛び交っているという。

    「りゅうちぇるはインスタにて、茶色のポロシャツにジーパン、そして頭には帽子を被った全身写真をアップしました。
    ですが、まるで魂の抜けたような無表情を見せていたことで、コメント欄には『顔が死んでる』『どうしたの?』『メンタルがツライなら休養とかしてもいいと思いますよ』と心配の声が殺到しています」(芸能記者)


    r


    この投稿でりゅうちぇるは「ぼくの未来のためにはぼくが動きださないといけない」とコメント。

    その真意については明かしていないものの、最近の彼はメディア露出が激減しているため、テレビなどの仕事以外のステップアップを模索しているのではないかという憶測も飛び交っている。

    そもそも売れっ子だったりゅうちぇるが、テレビから消えたのには、ある理由が関係しているという。

    「りゅうちぇるのテレビ露出が減ったのは過去の発言が影響しているからなのだそう。
    りゅうちぇるといえば昨年、タトゥーを入れたことを公表しましたが、一部ネットユーザーからは批判的な声が殺到。
    これに彼は『こんなに偏見のある社会、どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい』と反論しました。
    しかしこの一件で炎上キャラとなってしまい、業界では扱いづらくなってしまった」(テレビ関係者)

    昨年、妻のぺことの間に第1子をもうけ、パパタレとしても期待されていたりゅうちぇる。

    今後、ほとぼりが冷めた後に再び仕事が増えていくといいのだが。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16638864/

    所長見解:もうね・・・
    【【検証画像】りゅうちぇるさん、テレビから干されてメンタル崩壊説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◇ピエール瀧被告に懲役1年6月、執行猶予3年判決

    瀧被告は今後どうするのか。

    関係者によると、年内にも新曲作りなどの音楽活動を再開するのではという見方が浮上している。

    保釈後の4月半ばから東京都小平市の医療施設へ週1回のペースで通院。

    臨床心理士による再発防止プログラムを受けており、全24回で現在残り19回。

    今秋にも終える見通しで、この治療の終了後に自主制作盤などの作製に入るとみられる。

    初公判で瀧被告は「音楽を作ることはこれからもやっていく」と俳優業はやめ、ミュージシャンとして活動していく意思を示していた。


    m


    ミュージシャンの薬物事件では、ASKAが14年9月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けた後、執行猶予期間中に自主制作盤をリリース。

    執行猶予が明けた18年11月に公演活動を解禁した。

    音楽関係者は「ASKAさんのように執行猶予中はステージに上がらず、インディーズ(自主制作)で細々とリリースする分には批判が起きないはずだ。時期をみて配信曲の販売などをしていくのでは」と指摘する。


    活動再開を急ぐのは、金銭面で切羽詰まった実情がある。

    事件で発生した損害額は芸能界史上最多の5億円超ともいわれている。

    逮捕で解雇された前所属事務所と折半したとしても負担は数億円。

    無職の瀧被告は経営していたおでんバーも廃業し、早急に収入源を探さなければならない。

    初公判でも「明るい展望はないに等しいが、どうにかして家族を養っていく責任がある」と切実に訴えていた。

    また、初公判の法廷に情状証人として立った医師も「薬物を断つために必要なのは社会における居場所と経済的安定」と明言。

    ストレスのかからないように音楽活動を始めることが再犯防止の環境にもつながるようだ。

    執行猶予が明ける3年後に本格復帰し、テクノユニット「電気グルーヴ」として復活する可能性もある。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00000080-spnannex-ent

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190619-00000080-spnannex-000-view.jpg

    所長見解:そうやね・・・

    【【復帰へ】ピエール瀧、音楽活動再開の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 市原隼人、テレビから“消えた”のはドラマ『ROOKIES』が原因? 薄毛問題を指摘する声も

    俳優の市原隼人が、14日に発売されたアイドル誌「EX大衆」(双葉社)内の特集企画『真相追跡!! 芸能人消えた理由』に取り上げられ、2008年に放送されたドラマ『ROOKIES』(TBS系)での役のイメージが強すぎたために出演作が減少したと紹介されたことで、「確かにアレはハマリ役だった」「他に完全に消えた俳優いなかったっけ?」などとネット上で反響を呼んだ。

    r

     
    熱血漢の高校教師・川藤幸一(佐藤隆太)が、不良の巣窟と化した野球部を建て直し、甲子園行きを目指す姿を描いた同ドラマにおいて、市原はエースの安仁屋恵壹役を熱演。

    不良役の似合うシャープな顔立ちで人気を集めたが、32歳となった現在はそのイメージがアダとなり、年齢に見合ったキャラ変更を余儀なくされているという。

    「市原は今年だけで出演映画が4本上映と、俳優としては決して“消えた”とはいえませんが、テレビドラマに限っていえば昨年と今年で各1本ずつ出演と、以前に比べて減少した感は否めません。
    また、当時は脇役だった佐藤健や桐谷健太が、現在は市原を凌ぐほどドラマやCMに多数出演していることが比較対象となっている部分もあるのかもしれません。
    その一方、不良揃いの中で唯一マジメなキャプテン役だった小出恵介が昨年、17歳の女子高校生との飲酒および不適切な関係をもったとされるスキャンダルが原因で引退したため、『完全に消えたのはこっち』『色々な意味で感慨深いキャスティングのドラマだった』などと指摘する声も集まったようです」(芸能関係者)

    同誌がいうように、不良役のイメージを脱却するような、年齢に見合ったキャラを発掘できれば再ブレークの可能性もあるが、その場合、薄毛問題がネックになるのではないかと指摘する声も寄せられている。

    「市原は16年に放送されたドラマ『不機嫌な果実』(テレビ朝日系)において、それまでとは一線を画すクラシック専門の音楽評論家の役を演じましたが、ネット上では『いつの間にか額が広くなってないか?』『ちゃんとケアしないと、20代後半から一気にくるからね』などと生え際の後退を指摘する声が飛び交い、イメージチェンジにも失敗。
    イケメンでありながら薄毛となれば、ますます使い勝手が難しくなるだけに、何とか劣化を食い止めて新たなキャラを見出していくことが期待されます」(芸能関係者)

    今月7日には、歌手・長渕剛の自宅で筋トレする姿を自身のInstagramにアップした市原。

    「#トレーニング後2人で風呂に入り話せた時間が好きだ」とのことだが、音楽業界に長きに渡り君臨する先輩から芸能界を生き抜く術をたっぷり口授されたのかもしれない。


    https://entamega.com/18877

    https://entamega.com/wp-content/uploads/2019/06/ichiharahayato_official.png
    所長見解:きてたね・・・

    【【悲報】俳優・市原隼人、テレビから消えたちょっとせつない理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本が世界に誇る名峰「富士山」。

    ユネスコ世界文化遺産に登録され、国内外から多くの観光客が訪れる日本一高い山だが、かつて大噴火を何度も起こしてきた活火山であることは忘れられがちだ。

    最後の1707年に発生した「宝永噴火」では、噴火が16日間も断続的に続き、火山灰は遠く房総半島にまで達した。

    雪のようにも見える白い火山灰は10日以上も降り続き、外は昼間でも薄暗くなったそうだ。


    そんな富士山が、宝永噴火から300年以上経った現在、いつ噴火してもおかしくない「スタンバイ状態」に入っているという。

    そう警鐘を鳴らすのが、本稿で紹介する『富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ(ブルーバックス)』(鎌田浩毅 /講談社)だ。

    本書を読むと、火山学の第一人者として富士山を長年見続けてきた著者が、なぜ今のタイミングで、富士山の噴火を懸念しているのか理解することができる。

    f


    ■東日本大震災で富士山の状況が一変

    富士山は噴火を繰り返して現在の高さになった「活火山」だが、江戸時代から令和を迎えた現在まで300年以上にわたって平静を保ってきた。

    しかし鎌田氏によると、2011年の東日本大震災によって、富士山の状況は一変したという。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16616794/
    所長見解:怖いな・・・

    【【これはヤバい】富士山が噴火するXデーがコチラ・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ