ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2017年9月27日、来年9月の引退を発表した安室奈美恵。
    今年の9月16日にデビュー25周年を迎え、故郷・沖縄での野外ライブを大成功させた直後の出来事だった。
    世間のインパクトも大きく、タレントのイモトアヤコをはじめ、“安室ロス”を嘆くファンが続出。
    世の関心も広く、12月19日に『NHK紅白歌合戦』への特別企画枠での出演が発表されるとトップニュースとして取り上げられた。
    こうした社会的な注目を浴びて惜しまれつつ去っていく芸能人がいる一方で、人知れず去っていく者、業界から追われる人など “芸能人の引退事情”は実に千差万別。
    そこで、2017年の代表的事例を元に“芸能人の引退模様”を振り返る。

    m


    ■伝説の歌姫・山口百恵を彷彿とさせた堀北真希の引退劇

    実は、芸能界において結婚を機に“寿引退”となるのは意外と稀だ。
    2017年2月末、「あたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたい」とのメッセージを残し、芸能界を電撃引退した女優・堀北真希はその稀なパターンといえる。
    前年には山本耕史と結婚、出産が報道。
    メッセージにハッキリ「引退」の文字はなかったものの、子供が成長してからの復帰も示唆されないままなので、現状は事実上の「引退」だ。
    ママタレへの転身、女優復帰の道があるにも関わらず、スッパリ芸能界を去ってしまうその姿から、メディア研究家の衣輪晋一氏は「伝説の歌姫“山口百恵”を彷彿させる」と話す。

    1980年10月5日、日本武道館でのコンサートを最後に、21歳の若さで引退した山口百恵。
    まさに人気絶頂の中での出来事で、家庭環境が母子家庭だったため、“幸せな家庭を築きたい”という想いが元々強く、またそれほど芸能界に執着してなかったとのではと言われている。
    衣輪氏は「堀北真希さんも芸能界にそれほど執着していなかったタイプでした。現役当時、堀北さんは自身について“世話焼きタイプ”であると語っており、さらには“今の自分がすべきことに集中するのがモットー。
    いろいろやらなきゃと考えすぎて自分に余裕がなくなった過去を反省しているんです”とも話していたのが印象的でした」と語る。
    堀北は自分がやりたい事、やるべき事を完璧にこなしたい人物。
    子育てと女優の両立は完璧にこなせないと考えたのかもしれない。


    ■本人の意に反して、引退せざるを得なかった江角マキコ

    一方で、2017年1月末、50歳になったのを機に芸能界引退を発表したのは女優の江角マキコだ。
    江角は2014年にそれまで所属していた芸能事務所を離れ、個人事務所・インクワイヤーを設立。
    同年8月、2012年12月頃に当時のマネジャーに命じて、タレントの長嶋一茂の自宅に「バカ息子」などと落書きをさせていたことが雑誌『週刊文春』(藝春秋)によって報じられ、世間からバッシングを浴びた。
    さらには不倫疑惑、夫との別居など様々な情報が錯綜し好感度も激減。
    通常、こうしたゴシップは役者であれば芸の肥やしにし挽回も可能だったのだろうが、あまりに連鎖するマイナスの報道にさすがの江角も引退を決意。
    以前から育児や子どもとの時間を大切にしたいという想いを語っていたということもあり、「今一度立ち止まり、子供たちのために、今私にしかできないことを選択し専念する時期だったと考え、このような決断に至りました」とコメントを残して芸能界を去った。
    一時代を築いた女優だけに、一連の報道による引退は、本人の意に反したものだったろう。

    (続く)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000365-oric-ent


    所長見解:今年も終わりだね・・・
    【【年末恒例】2017年に芸能界を去った人気タレントたちってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年、ディナーショーを開催し7年ぶりにファンの前に姿を見せた歌手の中森明菜だが、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が今年のディナーショーに潜入した様子を報じている。

    n


    同誌によると、チケットは大人気で発売されるや即完売。
    転売サイトでは18万円で売買されているチケットもあったという。
    同誌の記者が潜入したのは、今月14日に横浜ベイホテル東急で行われたディナーショーで額面は4万3000円。
    グッズ販売コーナーでは5500円のパンフレットなどが飛ぶように売れていたとか。

    明菜は途中からファンともども号泣したそうで、客席からは「泣かないでー!」との声が飛んだとか。
    すると明菜は、ステージのティッシュを手にして、「お化粧取れちゃう。全部お化粧の力だから」。

    その後、何曲か披露すると、「この年でこれだけ歌って踊るのはキツいんだから」など自虐トークを繰り出し、ファンをわかせたというのだ。

    「ディナーショーは1年で唯一、明菜がファンの前に姿を見せる貴重な機会。
    そのため、ファンは“生明菜”見たさで昨年も今年もチケットの争奪戦を繰り広げることになった。
    明菜サイドとしては、CD販売、ディナーショーの開催、そして、ディナーショーでの物販の3本柱でビジネスを展開すればたっぷり稼げることが分かったので、ほかのビジネスに手を広げることはないだろう」(レコード会社関係者)

    今年で52歳を迎え、今の年齢でしかできない“自虐トーク”はかなりの切れ味。
    そのトークをぜひ、テレビでも披露してほしいものだが…。

    「体調は回復している明菜だが、やはり、どこの局も恐れているのが“放送事故”。
    特に生番組では危なくて使えない。
    収録でも体調不良で番組が成り立たなくなったら一大事」(テレビ局関係者)

    やはり、“生明菜”が見られるのはディナーショーだけになりそうだ。

    http://wjn.jp/article/detail/2401331/


    所長見解:復帰してほしいよね・・・
    【【歌手復帰】自虐ネタのオンパレードだった中森明菜のディナーショーってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の裕木奈江(47)が来年1月9日スタートのフジテレビ系ドラマ「FINAL CUT」で23年ぶりに民放連続ドラマ出演を果たす。

    各スポーツ紙によると、裕木が演じるのは亀梨演じる主人公の母親役。
    メディアによって死に追い込まれる難役だというが、デビュー時から裕木を知るテレビ局関係者からは「かつての自分と重なるような役なのに、よく受けたなという印象」との声も聞こえてくる。

    裕木は90年代前半に同局系連ドラ「北の国から92 巣立ち」「ウーマンドリーム」などに出演しブレーク。
    女優としてのみならず、90年にはデビューシングル「硝子のピノキオ」を発売し歌手としても活動してきた。

    さらにはニッポン放送の「オールナイトニッポン」でパーソナリティーをつとめるなど、たちまち売れっ子となった。
    だが93年にヒロイン役で出演した日本テレビ系の連ドラ「ポケベルが鳴らなくて」で大きく人生が狂ってしまった。

    y


    「緒形拳さんが演じた妻子持ちの主人公と不倫するOL役を演じました。
    ところが、ドラマの中では不倫が原因で家庭が崩壊。
    すると世の女性たちの中でなぜか“裕木憎し”のムードが高まり、たちまち『女が嫌いな女』の代名詞のような存在になりました。
    メディアからも一斉攻撃を受けたこともあって結局、イメージは回復せず。
    徐々に仕事も減り、99年にヘアメイクアーティストとの結婚しました。
    それを機に、米ロサンゼルスへ移住。
    しかし09年1月に離婚したことを後に報告しています」(同前)

    その後はたまに帰国して細々と女優活動を続けていたが、米の大物映画監督デヴィッド・リンチ(71)の目にとまる。
    そして今年WOWOWで放送された人気ドラマシリーズの新作「ツイン・ピークス The Return」に出演し、アジア人で唯一リンチ監督から直接キャスティングされた。

    大作への出演を経て“凱旋”を果たした裕木の演技が注目されそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14092367/


    所長見解:懐かしいね・・・
    【【女優復帰】裕木奈江 日本の芸能界を離れた深刻な理由ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年4月「大麻取締法違反(所持)」で懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けた女優の高樹沙耶が29日、フジテレビ系「バイキング・ザ・ゴールデン」に出演し、大麻使用のきっかけを告白した。

    t


    現在執行猶予中の高樹は石垣島で営む宿「虹の豆」で、番組MCを務めるタレントの坂上忍のインタビューに応じ、「大麻はもうありません」と言い切った上で、犯した事件を振り返った。

    2016年7月に医療大麻の使用解禁を訴えて参院選に出馬した高樹は、「死を目前にしている傲慢な考えが招いてしまったと考えている」と反省。

    自身の使用については、一緒に石垣島で暮らし、共に逮捕された同居男性が使用していたものを吸引したとした。
    男性については「相方は一緒に大麻の法改正運動をされていた方」と説明。
    狭心症を患い、高樹の目の前で「紫色になってチアノーゼになって、死にそうな状態を何度か過ごしている。
    そういう死を目前とされる方が自分の生存権のために、ご本人が選択なさるならば何も言えないと思った」と大麻の吸引を認めたという。

    当時のやり取りについては、「同居の中で(男性から)“使ってもいいかな”と言われ、“どうぞ”と。
    その代わり、どこで手に入れたとか、どこに置いたとか私には一切知らせないでくれと伝え、私は許可してしまった」と明かした。

    その後、自身も親知らずを抜いて顔が腫れ上がったことがきっかけで大麻を吸引。
    「カシューナッツ大の骨を取ったら、痛みが続く日があって、彼も使っていたので、私も政治にまで出て医療大麻をみなさんに伝えたので興味があった。
    どういうものか試したくて使ってしまったのが使用の理由」と振り返った。

    この言葉に坂上は「普通だったらお薬を頂いて、痛み止めを飲めばいいでしょ」と諭すと、高樹は「医療大麻がたくさんの人を助けるならば、日本でも研究してもらって“使えればいいじゃない”という立場だった。
    でも日本の法律では絶対にダメ。
    法律を犯したことはルール違反」と後悔を口にした。

    高樹は「一番、甘かったのは世界の現状というか、危険なものだったらよその国が解禁する訳がない。
    大麻草の有効利用ばかりが頭の中にあったので、この国でのルールのことを忘れてしまったのが要因。
    もう大麻の法改正や啓もう活動とか、一線を引かせてもらいます」と話していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00000101-dal-ent 


    所長見解:大丈夫か・・・
    【【薬物逮捕】高樹沙耶 大麻使用は抜歯の痛みと告白 坂上忍「痛み止め飲めば」と諭すってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    “浪速のジョー”こと、辰吉丈一郎。
    現在、47歳。一応、現役のボクサーだ。
    しかし09年3月、タイでの敗戦からリングに上がっていない。
    よって、無収入。
    それでも、上がれるリングがあるという可能性を信じて、一日たりとも練習をさぼらない。すでに国内ライセンスは剥奪されているため、次の試合は未定。
    8年もファイトマネーを手にしていないため、無職。
    出口が見えない迷路をいまださまよいながらも、練習を続ける往生際の悪さ。
    それこそが、ジョーなのだ。

    j


    年上の妻・るみさんは何度も、「もう辞めて」と引退を勧告。
    すると、「おまえが悲しむことはしない。おまえが悲しむなら、辞める」と素直に応じるも、その数分後、練習道具を詰め込んだカバンを持って、家を出る。
    妻は、見慣れた夫の後ろ姿を見て、ニンマリする。
    ジョーがるみで、るみがジョー。
    伝説のカリスマプロボクサー・辰吉丈一郎は、辰吉るみでもあるのだ。

    そんな2人の今を伝えたのが、NHK総合の『ノーナレ』。
    タイトルどおり、ノーナレーションのドキュメンタリー番組だ。
    “ドキュメンタリーはナレーションありき”という映像業界の常識を逆手にとって、撮れた画、発した言葉をそのまま流す。
    ダイレクトに心に響くいっぽう、ナレーションなし、テロップに依存しないシンプルさは、不親切といえる。
    目を凝らして、耳をすませて、神経を集中させて身を投じなければ、理解できないからだ。優しくなりすぎた昨今の番組制作に異論を唱えるように、徹頭徹尾、視聴者を突き放す。

    それはさながら、辰吉の生き方でもある。
    頼らない。媚を売らない。社会不適合者。
    われわれがふと、「昔はよく観たなぁ」と20年以上も前のリングに思いを馳せるのは、不親切で不器用な男の生き方が、とてつもなくカッコよかったという残像があるからだ。

    12月18日には、「辰吉家の常識 世間の非常識」というタイトルで放映された。
    るみさんの親が経営する喫茶店で、2人そろってインタビューに答え、辰吉の練習、仲間とのBBQにもカメラが潜入。
    テレビ収録であるにもかかわらず、辰吉は遅刻。反省の色は、さほどない。
    眼下底骨折の悪影響か、両目の視線が定まらず、呂律も回らないパンチドランカー状態。
    日本国民を熱狂させた一流アスリートのその後としては、目を覆いたくなる実情だ。

    同番組は過去に、元やくざのうどん屋、ゲーマー夫婦、パーソナルスタイリスト、荒海で働く漁師、元棋士のひふみんこと加藤一二三、見当たり捜査員、北陸のすし職人ほか、多くの人間にスポットを当ててきた。
    今年最大のヒット回が、この辰吉夫婦。
    放送中・直後から、絶賛の声がツイッターや局に続々届いたという。

    定点カメラでその業界の3日間に密着する同局の『72時間』と同じく、人の魂が詰まっている『ノーナレ』。
    辰吉夫婦の回は、18年1月7日に再放送を予定している。
    魂が揺さぶられっぱなしになること、間違いなしだ。

    http://wjn.jp/article/detail/7517514/


    所長見解:老けたよね・・・
    【【辰吉無双】呂律が回らない“浪速のジョー”ってよ・・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ