あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月20日、都内にある高級デパートの食品売り場をブーツ姿で闊歩する女性がいた。

    11月29日に初公判を控える元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告(33)だ。

    その横には母親がぴったりと寄り添っていた。


    9月6日に酒気帯びひき逃げ事件を起こし、逮捕された吉澤。

    9月下旬の保釈時には白のシャツに黒のロングスカートという質素な装いで報道陣の前に姿を見せていた。

    やつれたように見せつつも最低限の化粧をしっかりとほどこした顔つきは“反省メーク”と呼ばれ、話題を呼んでいた。

    実際、彼女は、“芸能界引退”という大きな決断もくだしていた。

    「吉澤さんはモー娘。黄金期を支えた立役者ということもあり、事務所内では『無期限活動休止でもいいのでは?』という声も一部であがっていたようです。
    ですが、事件後の厳しい批判に心を痛めた義母が自殺未遂を起こしてしまったそうです。
    そのことにショックを受けた吉澤さんは『これ以上家族に迷惑をかけられない……』といって自ら芸能界引退を決断したそうなんです」(所属事務所関係者)

    そして、保釈後は断酒治療のために東京郊外の心療内科専門病院に入院。

    着々と更生への道を歩み始めたかのように見えていた――。

    しかし、そんな生活に少しずつ綻びが見え始めている。

    「吉澤さんは専門病院からもう退院してしまったそうです。
    通常であれば断酒治療は長い時間を要するのですが……」(精神科医)

    そして、事件は意外なところにも波紋を広げているという。

    「実はモーニング娘。'18が『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)に出場すると言われていたんです。
    今年大ヒットしたDA PUMPの『U.S.A.』はもともと『モー娘。の曲調を彷彿とさせる!』とネットで話題になったことで火がつきました。
    さらに今年でモーニング娘。はデビュー20周年。
    紅白への出場は確実視されていました。
    ですが、今回の事件でそれもすべてが白紙になってしまいました。
    吉澤さんからメンバーへの公な謝罪は、今もありません。
    そのため周囲からは『反省の色がみえない』と憤る声もあがっています」(前出・所属事務所関係者)

    実際に本誌が目撃した彼女の姿もずいぶんリラックスしたものだった。

    まず、驚いたのはその服装だ。

    先ほどの“反省スタイル”から一転。

    耳元にはピアスがいくつも連なり、太ももが露わになった超ミニスカートを着用。

    派手派手しいいでたちをしていた。

    y


    そして“酒断ち”を誓ったにもかかわらず彼女が手に取ったのは漬け物、スナップエンドウ、揚げ物といった“宴”に欠かせないものばかり。

    母親とチーズを試食し、満面の笑みを浮かべる一幕もあった。

    吉澤がデパ地下で“爆買い”をしたのは理由があったという。

    「実は11月22日は吉澤さんの結婚記念日なんです。
    昨年のブログでも『我が家はパパとママの結婚記念日! 夜はパパとデートです♪』と綴っていたように、毎年夫婦で盛大に祝うのが恒例行事でした。
    ただ、今年は事件のこともあるので人目につくところで祝うのがなかなか難しいため、自宅での準備をしていたのでしょう」(芸能関係者)

    自宅近くにはより庶民的なスーパーもあったが、彼女はスルー。

    あえてデパートまで出向いていた。

    「芸能界を引退した吉澤さんの収入は当然ゼロに。
    旦那さんはIT会社の社長を務めていますが、事件の影響で仕事が激減していると聞きます。それでも、まだ恵まれた生活を送っているようです。
    逮捕後の今も家賃約50万円のセレブマンションに住み続けています」(吉澤の知人)

    果たしていま、彼女は何を思うのだろうか――。

    その真意を探るべく、買い物を終えた吉澤被告を本誌が直撃。

    デパートから出てきた吉澤に記者はこう切り出した。

    「来週から初公判が始まりますが、被害者の方々に一言お願いします」

    だが彼女は何も答えることなく、店内へと踵を返して去っていってしまった。

    今週からいよいよスタートする公判。

    だが、“本当の更生”が始まるのはまだ先のようだ――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181127-00010002-jisin-ent

    所長見解:おつまみ・・・

    【【あの人は今】元モー娘。吉澤ひとみさんがデパ地下で酒のつまみを物色の模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能界には有名人同士で結婚するカップルが多い一方で、離婚するカップルも少なくありません。

    かつて結婚していたことが有名な元夫婦もいれば、結婚していたことをあまり知られていない元夫婦も。

    そこで今回は、結婚していたと聞いて意外だと思った元夫婦について探ってみました。

    f


    1位 長渕剛と石野真子

    2位 森進一と大原麗子

    3位 アントニオ猪木と倍賞美津子

    4位  舛添要一と片山さつき

    4位  ダイアモンド☆ユカイと三浦理恵子

    6位  渡瀬恒彦と大原麗子

    7位  大沢たかおと広瀬香美

    8位  池田秀一と戸田恵子

    9位  辻仁成と南果歩

    9位  吉田拓郎と浅田美代子

    https://ranking.goo.ne.jp/column/5529/ranking/51643/



    1位は「長渕剛と石野真子」!

    男気溢れる生き様とハートに響く楽曲で、多くの男性から支持されているカリスマシンガーソングライター・長渕剛。

    そして10代でアイドル歌手としてデビューし、現在も女優として活躍している石野真子。

    実はこの二人は元夫婦。

    1980年に長渕剛はラジオ番組で石野真子との交際を堂々と宣言。

    石野真子は当時結婚したら芸能界を引退するとまで発言し、愛の深さをアピールしていました。

    しかし1981年に結婚したものの、1983年には離婚しています。


    2位は「森進一と大原麗子」!

    誰もが知るベテラン演歌歌手の森進一。

    森進一といえば歌手・森昌子との結婚・離婚が記憶に新しいところ。

    しかしそれ以前の1980年に女優の故・大原麗子と結婚。

    1984年に離婚しています。

    結婚したのが30年以上前であること、そして結婚期間が短かったこともあり、記憶にない人や、生まれる前のことで知らなかったという人も多いようです。


    3位は「アントニオ猪木と倍賞美津子」!

    伝説のプロレスラーであり、政治家としても活躍しているアントニオ猪木。

    74歳の誕生日に 4度目の結婚をしたことが話題になりました。

    そんなアントニオ猪木の2度目の結婚相手が日本を代表する名女優の一人である倍賞美津子。

    1971年に結婚し、1987年に離婚しています。

    結婚当時は人気もの同士の結婚ということで話題になったものの、こちらも30年以上前の話のため、知らなかった人が多いようです。

    このように、現在も活躍している大物有名人の元夫婦が上位に選ばれる結果となりました。

    気になる4位~59位のランキング結果もぜひご覧ください。

    みなさんは、どの有名人が元夫婦と知って驚きましたか?

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15637019/


    所長見解:有名だよね・・・

    【【知ってた?】 意外な「元夫婦」がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    globeのマーク・パンサーが24日、毎日放送「せやねん」に出演し、売れいていたころの懐事情を赤裸々に語った。

    1995年にデビューし、「2000円のCDが3000万枚くらい売れましたから」と飛ぶ鳥を落とす勢いだったglobe。

    g


    具体的収入こそ明かさなかったが、当時マークも「原宿駅の目の前のビル買いましたよ。8億円くらいのを一括で」とこともなげに振り返った。

    ビルには「屋上に露天風呂」を作り、新宿副都心のビル群が一望できるという。

    さらに「1階は美容室にして、朝はシャンプー。6階はレストランバー」と語った。

    さらに高級外車もいくつも所有したが「忙し過ぎて。小室哲哉さんと世界中を飛び回っていたから」と、原宿のビルの利用は月に1度、フェラーリなどの運転も3カ月に1度しかできなかったという。

    マークはglobeではラップを担当。

    だがKEIKOがくも膜下で倒れ療養、小室氏が引退し1人になってしまったため、現在はDJとしてさまざまな楽曲をかけ、合間にラップをするなどしてイベントをやっている。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000039-dal-ent


    所長見解:すごいな・・・

    【【globe】マーク・パンサー、原宿の8億円のビルを一括買いってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    経営コンサルタントの「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上(50、本名・川上伸一郎)が16日、「アートオリンピア2019」の開催発表会見に司会者として出席した。

    グレーのスーツに黒ぶち眼鏡をかけて登場したショーンK氏は、相変わらずのイケメンぶりで低音ボイスも素敵でした。

    ただ、16年3月に学歴や経歴詐称が発覚。

    k


    4月からメインMCを務める予定だった「ユアタイム」(フジテレビ系)をはじめ6番組すべてを降板して以来、初めての公式の場にもかかわらず、謝罪などが一切なかったことについて、集まった報道陣からは「反省なしか」という声も出ていました。

    「ショーンKと申します」と自身で挨拶していましたが、所属事務所は「ショーンK」はビジネスネームですので、これからも使っていきますとコメント。

    厚顔無恥としか…。(ワイドショー関係者)

    せめて本名の川上に戻して再出発するか、顔は出さず声だけの仕事に専念したほうが…。 

    https://news.infoseek.co.jp/article/92fujient1811249296/?ptadid=


    所長見解:もうええやん・・・

    【【あの人は今】ショーンKことショーン・マクアードル川上(本名・川上伸一郎)氏が復帰した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月22日時点で、投稿動画数は134本、チャンネル登録者数は約85万人。

    昨年11月にスタートした「ユーチューバー草なぎチャンネル」の数字である。

    これを多いととるか、少ないととるか……。

    さる芸能記者は「“元SMAP”の看板にしてはいまいち」と厳しい評価だ。

    k


    「草なぎちゃんねる」に投稿されているのは、愛犬のフレンチブルドッグ「クルミ」ちゃんと戯れる動画や、ゲームをプレイする動画、そして本人が「再生回数が良い」(8/30の投稿より)と語る、料理作りを公開する動画である。

    再生回数についていえば、元SMAPの“残り2人”との共演で200万回超や、人気YouTuberとのコラボ企画で100万回を超えることもある。

    ただし波があり、直近の10回分を平均すれば、その数字は12万再生ほど。

    普段YouTubeを熱心に見ない身からするとピンとこない数字だが、そこで尋ねてみると出てきたのが、冒頭の言。

    どういうことか。

    「ネットに疎い層でも知っているであろう『はじめしゃちょー』の登録者数は約710万人で、『ヒカキン』は約675万人。

    このあたりが日本のYouTuberのトップクラスの数字で、草なぎとの差は分かるはず。

    それぞれ6年前、12年前から投稿をしていて、たしかに草なぎと“年季”は違うわけですが、それでいえば彼の芸歴は何年なんだって話ですよ。

    草なぎサイドとしても、思ったより奮わなかったとの自覚はあるのでは」(先の記者)

    と手厳しい。

    “いまいち”の証拠として記者は、11月11日に草なぎがゲストとして登場した「U-FES」の模様も挙げる。

    このイベントは、件のヒカキンらも所属するプロダクション「UUUM」が主催する、いわばYouTuberが集うビッグイベントだとか。

    「サプライズの形で草なぎが登場し、観客からそれなりに声援は起きるんです。

    でも、コラボ相手として人気YouTuberである『フィッシャーズ』も続いてステージに上がるのですが、はっきりいってそっちの方が声援は大きかった。

    イベントの終盤には『サライ』よろしく出演者が勢揃いし、UUUMのオリジナル曲を歌うも、草なぎは手持ち無沙汰にして浮いている。

    天下のジャニーズのトップグループの一員だったとは、とうてい思えませんよ……」


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181125-00552187-shincho-ent&p=2
    続きます


    所長見解:そんなもんでしょ・・・

    【【一年経過】YouTuber「草なぎ剛」の結果www】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ