あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    STAP細胞はあります――。

    彗星のごとく現れた割烹着のリケジョ・小保方晴子氏(35)は、論文に疑義が呈された後の会見で、こう言い放った。

    しかし、彼女が目下生きるのは“実験”とは真逆の“虚構”の世界なのだ。

    2014年(平成26年)1月。

    小保方氏が発表した「STAP細胞」は、世界中の注目を集めた。

    しかし、「発表からわずか2カ月後、共同研究者に論文撤回を呼び掛けられ、小保方さんは一転、“疑惑の人”に。
    加えて、研究の根幹をなす画像が博士論文からの流用だったことまで発覚し、7月には論文が取り下げられるのです」(全国紙記者)

    騒動後、長らく雲隠れを続けていた小保方氏は、2年の月日を経て、初の著書『あの日』を刊行。

    さらに、18年3月には『小保方晴子日記』を上梓した。

    著書の中で、16年6月から小説の執筆に取り組み始めたと明かし、すっかり文筆家気取りの小保方氏。

    だが、この騒動に犠牲者がいたことを忘れてはなるまい。

    「論文撤回直後の14年8月5日、小保方さんの最大の理解者だった笹井芳樹先生が研究所で自殺したのです。
    笹井先生は最後まで彼女のことを信じ、彼女宛の遺書には〈STAP細胞を再現して下さい〉と書かれていたといいます」(同)

    no title


    「STAP細胞はありましたか」小保方女史へ笹井未亡人からの質問

    小説を書く前にSTAP細胞を再現する気は本当にあるのか。

    恐らく、小保方氏にこの質問が出来るのは、故・笹井芳樹氏の妻を措いていまい。

    神戸市にある閑静な住宅街に未亡人を訪ねたところ、

    「小保方さんの著書は読んでいませんし、彼女のことは、もう視野の中にもありません」

    とした上で、こう話してくれた。

    「主人は彼女を信頼していましたし、当時はバタバタの中にいたこともあって、STAP細胞はあると信じてしまっていたんじゃないかと、今は思っています」

    かつて夫とともにSTAP細胞の存在に期待を寄せていた彼女だが、

    「やっぱり色々考える時間もあったので……」

    と、心境の変化があったことをほのめかすのだ。

    もっとも小保方氏個人を責めるつもりはないといい、

    「彼女は、ユニットリーダーという立場だったから、研究を一生懸命やろうとしたけど、付いて行けなかった。
    それで、もしかして、夢中になって間違えちゃったんじゃないかなとも思います」

    とはいえ、小説の執筆については、

    「小説を書くことは別にいいと思いますよ。
    でも、そこまで力が、文才があるかって言われたらどうなんですかね。
    真に小説として、例えば東野圭吾さんのような面白さがあるのか。
    結局、話題性ですよね」

    と首を傾げる。

    「彼女は(瀬戸内)寂聴さんとの対談でもSTAP細胞があるようなことを言っていたそうですが、それならば小説を書く前に実験をやっていただきたい。
    STAPがあると言うのだったら、それを証明するべきだと思います。
    実験は、日本じゃなくても出来るんですから。
    もし、彼女に会ったら、なんで実験をやらないのと聞いてみたい」

    平成のコペルニクスとなるか、はたまた“俗物”として終わるのか。

    小保方氏は未亡人の質問に何と答えるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190114-00554762-shincho-soci 


    所長見解:そうやね・・・

    【【あの人は今】自殺した笹井氏の未亡人から小保方女史へ「STAP細胞はありましたか」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    その傷は左腕の内側、手首よりも肘に近い位置にあった。

    長さ約8センチ、深さ約2センチ。

    死への決意を明確に物語る、深い傷である。

    すでにトップアイドルだった中森明菜(53)が自殺未遂騒動を引き起こしたのは1989年(平成元年)7月。

    この悲劇が当時、大いに世間の耳目を集めたのは当然の成り行きだった。

    何しろ、明菜が倒れていたのは、やはりトップアイドルだったマッチこと近藤真彦の自宅の浴室だったのだから……。

    2人が交際するようになったのは、自殺未遂騒動の数年前。

    その日もマッチの自宅では、明菜が待っているはずだった。

    が、仕事を終えた彼が自宅に電話しても誰も出ない。

    不審に思ったマッチが急行し、血の海になった浴室を目の当たりにすることになったのだ。

    無論マッチはすぐさま119番通報。

    明菜は慈恵医大病院に搬送された。

    当時、明菜が所属していた芸能事務所「研音」の社長だった花見赫(あきら)氏が語る。

    「病院にかけつけ、マスコミに漏れなければいいんだが、と思いながら社員に“マスコミ対応はどうする?”と聞くと、“もう出てます”と言う。
    病院のテレビでは早くも明菜の自殺未遂が報じられ、マスコミが集まってきていました」

    花見氏は、医師から非公式に説明を受ける際、傷の写真を見せられたという。

    「神経と血管が全部切れていて、とても深い傷でした。
    血管は1本ずつ縫って繋ぐが、神経の場合は1本ずつは無理なので、光ファイバーのように束のまま繋いで復元していく、大変な手術だったということを後で知りました」(同)

    n


    レコーディング中の異変

    明菜の自殺未遂からほどなく、花見氏は麻布警察署で事情聴取を受けた際、マネージメントのやり方について厳しい叱責を受けた。

    それまで、明菜からはマネージメントについての不満を聞いたことがなかったので、何のことやらと首を傾げるしかなかったが、

    「少し考えて、自殺未遂の本当の原因はマッチとの関係がうまくいかないことだったんだろうけど、それを言うとマッチに迷惑がかかるから、事務所のマネージメントのせいにしたんだと合点がいきました」(同)

    82年のデビューから数年間、ワーナー・パイオニアのディレクターとして明菜を担当した島田雄三氏は、

    「明菜は一本気な性格だから、近藤くんに対しても一直線に思いつめてしまったのでしょう。
    デビューからしばらくした頃、あれほど好きだと言っていたレコーディングの最中にチラッと時計を見たりして、集中出来ていない様子が見られた。
    最初は理由が分からなかったのですが、色々と周りの話を聞いて、近藤くんが原因だと分かりました」

    として、こう語る。

    「誰と付き合っているのか、といったことは普段聞いても教えてもらえないから、ハワイの海岸で寝っころがってリラックスしている時なんかに聞くんです。
    その作戦で、2人くらい教えてもらったんだけど、マッチについては絶対に言わなかったね。
    それだけ大事な存在だったんでしょう」

    マッチと離れた後も、明菜の側には常に、彼女を支える男の存在がある。

    再び表舞台に戻る時、彼女はどんな男に支えられているのだろうか。


    デイリー新潮
    https://news.goo.ne.jp/picture/entertainment/dailyshincho-554857.html


    所長見解:そんなか・・・

    【【マッチ事件】中森明菜、あの騒動から30年ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2016年(平成28年)2月2日、球界に衝撃が走った。

    清原和博(51)が、覚せい剤取締法違反で逮捕されたのだ。

    すでに、懲役2年6月、執行猶予4年の判決が下されているものの、巨人時代の後輩にはまだいい足りないことがあるとか。

    その後輩とは、元プロ野球選手の野村貴仁(たかひと)氏(50)だ。

    巨人時代は清原を慕う選手の一人として知られていた彼は、06年に覚せい剤取締法違反で逮捕されている。

    ちなみに、判決は懲役1年6月、執行猶予3年だった。

    野村氏本人が憤りをあらわにしてこういう。

    「アイツは、“現役時代は覚醒剤に手を出していなかった”といっている。
    何を寝ぼけたことを言っているんだ。
    これだけはいっておきたいけど、ヤツが現役時代からシャブを使っていたことは間違いない」

    当の清原は裁判でも、後に出版した『告白』でも“覚醒剤を使い始めたのは引退後”としているが、「俺が巨人へ移籍した1年目の1998年、宮崎キャンプが終わった後に残ってグラウンドで調整していた。
    そこへ初対面の清原から、“マリファナを仕入れてもらえへんか”といわれたのが始まり。
    結局、マリファナは入手できなかった。
    すると、今度は“覚醒剤が欲しい。手に入るか”と。
    それで、俺がシャブを用立てることになったわけだ」

    野村氏は、“裏社会”に通じた名古屋市内に住む旧知の女性に頼んで覚醒剤を入手している。

    ちなみに、この時の数十万円に限っていえば、彼がすべて支払っていた。

    「ヤツはホテルや車中などで常習的にシャブを使っていた。
    方法は(腕などに注射で打つ)ショットでなく、覚醒剤を細かく砕いて鼻からの吸引。
    次第に清原の髪の毛はボサボサになり、目の周りの窪みが目立ち始めた。
    それで心配になり、“シャブは止めた方がいいですよ”といったほど。
    まあ、俺の忠告なんて聞く耳を持たなかったけどな」

    n


    “おふくろは元気か”
     
    野村氏の巨人在籍期間は4年間。

    退団後、清原と疎遠になっていた。

    「俺が逮捕されて刑が確定した後、清原から電話があり、“おふくろは元気か”と聞いてきた。
    アイツはおふくろと面識はないから、すぐにピンときたね。
    俺が、ヤツのことを警察に話していないかを探ってきたんだ。
    それで“警察にはうたってない”と答えると、“そうか、すまん”とだけいって電話を切った」

    翌日、清原から再び電話があった。

    が、写真誌の記事を巡って2人は口論となり、それ以降、野村氏は彼と一切会話を交わしていないという。

    「俺のいっていることは絶対に間違いない。
    清原が嘘だというのなら、白黒つけよう。
    対談だって、なんだってしてやる。
    実は、2年ほど前から大工の仕事をしているんだ。
    高知市内にお遍路さんが立ち寄る接待所を作っている。
    そこでたこ焼きや今川焼きを売るから、清原が来たら歓迎するよ」

    清原に真偽を確認したが、返答はなかった。

    かつて番長と呼ばれた男は、大工になった後輩の“挑戦状”にどう応じるのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190113-00554672-shincho-base


    所長見解:あいかわらずやね・・・

    【【清原問題】野村貴仁「嘘だというのなら白黒つけよう。対談だって、なんだってしてやる」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年はさまざまな出来事があった芸能界だが、何と言っても“顔”となったのは、『U.S.A.』が大ヒットした『DA PUMP』だろう。

    18年6月にリリースされた同楽曲は、耳に残るメロディーと歌詞がSNSユーザーを中心に大ウケ。

    一度は活動停止に陥ったグループながらも見事に這い上がり、16年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へも出場した。

    “どん底からの再ブレーク”は各メディアで美談扱いされたが、そもそもグループが低迷した要因の1つには、ボーカル・ISSAの素行不良があった。

    もともとISSAはかなりのプレイボーイとして知られており、ブレーク中もファンやスポンサーなどどこ吹く風で、上原多香子、柴咲コウ、あびる優など数々の女性芸能人と浮き名を流してきた。

    そして12年、ISSAは当時婚約中であったにもかかわらず、舞台で共演した『AKB48』の増田有華と“お泊り”していたことが『週刊文春』により発覚。

    これにより増田は「AKB48」からの脱退を余儀なくされ、ISSAも約1年間活動を自粛するという後味の悪さが残った。

    i


    “恥ずかし写真”から、干されて当然の悪態まで…


    女性芸能人では、女優・香里奈もスキャンダルをきっかけに消えた1人だろう。

    香里奈は数々のCM契約や主演ドラマを誇る人気女優だったが、14年3月に写真週刊誌『FRIDAY』でベッド写真が流出してしまった。

    さらに、この写真が“大股開き”をしたあられもない1枚だったため、あまりの衝撃から業界内外は騒然。

    以降、ドラマやCMからも身を潜めることになり、今やすっかり“消えた芸能人”扱いされてしまった。


    かつて『ゴリエ』のキャラで一世を風靡し、「紅白歌合戦」にも出場した『ガレッジセール』のゴリも、近年はメディア露出が激減。

    しかし、その理由はゴリ自身の行いにあるようで、お笑い界ではさまざまな悪評が上がっている。

    ゴリと同じ沖縄出身芸人の『スリムクラブ』真栄田賢は、昨年放送の『お笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、「自分の価値観を押し付けてくる」「正直に言いますけど、大嫌いなんです」とゴリを名指しで非難。

    また、有吉弘行も「向こうの芸歴が下だから敬語だったのに、『ゴリエ』で売れたら急に『有吉』と呼び捨てにしてきた」と語り、ゴリを“唯一の共演NG芸人”に指定しているらしい。

    確かに、ゴリエのブレークと有吉が消えていた時期は重なるが、今や2人には天と地ほどの差が。

    再び立場を逆転されたゴリは、この状況に何を思うのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1641424/


    所長見解:消えたね・・・

    【【あの人は今】消えた芸能人の本当の理由がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    古田新太が「あまちゃん」裏話、のんを絶賛

    俳優の古田新太(53歳)が、1月11日に放送された朝の情報番組「あさイチ」(NHK総合)に出演。

    2013年上半期に放送された連続テレビ小説「あまちゃん」の裏話などを語った。

    古田は「あまちゃん」で大物プロデューサーの役を演じたが、劇中、手を脇の下に挟むポーズについて、映画「トレインスポッティング」のポスターを真似たという。

    ところが、あとでとんねるずの石橋貴明から「あれは秋元(康)さんの癖を知っていたの?」と聞かれるほど、秋元康の癖に似ていると指摘されたそうだ。

    また、主演を務めたのん(能年玲奈)について「キラッキラしてました。クドカンからヒロインはどうなの、という話は聞いていたんですけれども、のんちゃんはキラッキラしていました」と絶賛。

    n


    さらに、親交のあった勝地涼が演じた前髪クネオは、古田による演技指導があり、「くねらせるなら、もっとしっかりくねらせるし、前髪いじるならもっとしっかりいじらなきゃいけない!」、腰を振るシーンも「縦だけでいい!横は捨てろ、縦だけで押せ!余計なことするな!」ともはや監督のようだったとのこと。

    そのおかげもあってか、勝地はNHKに爪痕を残したと、古田に対して感謝の言葉を伝えた。

    https://www.narinari.com/Nd/20190152818.html


    所長見解:もったいないな・・・

    【【あまちゃん】古田新太がのんを絶賛した件・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ