あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    「本気と本当」。

    三上博史の俳優生活40年というあぜ道に立つ道しるべには、きっとそんな言葉が刻まれているに違いない。

    劇作家・寺山修司に見いだされて1979年制作の短編映画『草迷宮』で俳優デビュー。

    このとき三上は15歳。

    映画作りという祭事に魅了されて本格的に俳優の道を歩み始めるきっかけとなった。

    そしてメジャー初主演映画『私をスキーに連れてって』(1987)がブームとなり、平成初頭のエンタメ業界をトレンディドラマのエースとして牽引した。

    ところが現在ではどうだろう。

    露出は極端に少なくなり、昨年2018年に至っては「ほとんど仕事をしていなかった」という。

    そこには道しるべの言葉「本気と本当」が大きく関係しているようだ。

    m


    俳優生活40年の三上博史、露出を控えた理由 5年に1作品のときも

    役柄を演じる上で心掛けるのは、自分自身を空っぽにすること。

    作品によって、役柄によってライフスタイルさえ変える。

    役を作るのではなく、自分を消す作業。

    命を削るくらいの本気度で作品と向き合って初めて、リアリズムが生まれると考えている。

    「作品との一蓮托生とうか、作品としっかりとコンニチワをして、しっかりとサヨナラをするタームじゃないと僕は仕事ができない。
    現場でもそうで、誰かが命がけでやっているものに対して一緒に乗りたいという気持ちがある。
    一度乗ると言った以上はとことんやる。
    ただ単に金儲けとか、当てたいとかそういうところにまったく興味がない」と情熱第一なのだ。


    しかし現実はやや複雑。

    作品を一過性の商品と捉える向きも少なくないわけで「中にはそこまで本気にならなくてもいいと思っている人たちもいるわけですよ。
    単に当てたい、単にヒットさせたいという人たちにとっては、本気の奴ってウザいんだろうね。
    僕のそういった姿勢が業界に広く認知されているから、『こいつに下手に声をかけたら本気になるから面倒だぞ』と思われて。
    それで5年に1本とかになっちゃう」と苦笑い。


    俳優生活40年の三上博史、露出を控えた理由 5年に1作品のときも

    多忙を極めたトレンディ時代は「自分の名前が広く認知されなければ好きなことはできないと思って、とにかく本気で名前を売ってやろうとガムシャラでやっていた」というが、向き合い方の温度差の相違が、その胸の内の熱を冷やしていった。

    そして徐々に「惹かれなくなっていきましたね。場所を与えられても、自分に何ができるのだろうか?と真剣に考えてしまって」。

    だから口癖も「もう役者を辞めたい」になる。

    その姿は演技力が称賛されながらも寡作で知られるイギリス人俳優ダニエル・デイ=ルイスを思わせるが「彼の気持ちは凄くわかる。
    寡作なのも、そうそう命は懸けられないからだろうね」とシンパシーを感じている。

    ちなみに私生活も実に近しいものがある。

    デイ・ルイスは俳優休養中に山にこもって靴を作っているが、三上も昨年まで山にこもっていた。

    ノーギャラで沖縄のカルチャースクールの講師を務めたこともあり「読み聞かせのワークショップをしようとしたら、集まったのは僕と同年代のおばちゃんばかり(笑)。
    その30人を相手に急遽、身の上相談会を開催。
    でも大勢の前でなかなか本音を打ち明けない人が多いから、あえて僕がドSになって『おめえよぉ、はっきり言えよ!』と発破をかけたり。
    でもさ、50代のおばちゃんたちが抱えている悩みって結構面白いんだよ」(以下ソースで)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010001-abema-ent&p=1

    所長見解:懐かしい・・・

    【【あの人は今】俳優・三上博史の現在・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    詐欺事件で服役している元タレントの羽賀研二受刑者が、被害者の賠償にあてられる不動産の差し押さえを免れるため、妻に財産分与したように装ったとして、警察は、強制執行妨害などの疑いで逮捕する方針です。

    no title


    捜査関係者によりますと、元タレントの羽賀研二、本名、當眞美喜男受刑者(57)は、所有する沖縄県内の不動産の差し押さえを免れるため、おととし、妻に財産分与したように装った疑いが持たれています。

    羽賀受刑者は、未公開株の売買をめぐる詐欺事件で知り合いの男性から3億7000万円をだまし取ったなどとして懲役6年の実刑が確定し、現在、服役しています。

    3年前、裁判所から被害者の男性におよそ4億円を賠償するよう命じられ、その2か月余りあとに財産分与していたということです。

    警察は、男性の告発を受けて捜査を進めていましたが、財産分与は差し押さえを免れるための偽装だったとして、強制執行妨害などの疑いで逮捕する方針です。


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190118/k10011782211000.html?


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【誠意大将軍】羽賀研二、また逮捕ってよwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    globeのボーカルで、2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在療養中のKEIKOが14日、1年以上ぶりにTwitterを更新。

    ファンから喜びの声が殺到した。


    g


    KEIKOはこの日、2017年12月11日以降、約1年1ヶ月ぶりにTwitterを更新。

    「お久しぶりです。Twitter再開しようと思いまーす よろしくお願いします」

    「今日は、かわいこちゃんの誕生日で…。嬉しくなって、ツイートしちゃいました」

    とつぶやいた。


    以前KEIKOはほぼ毎日ツイートしていたが、Twitter休止後に夫・小室哲哉氏の不倫疑惑報道や引退が重なり、心配の声が寄せられていた。

    久々の更新にファンからは

    「おかえりなさい!」
    「ずっと待ってました!!」
    「こんなにうれしい事はないです」
    「これからも楽しみにしてます」

    など、反響が殺到している。


    https://mdpr.jp/news/detail/1815911 


    所長見解:復帰してほしいな・・・

    【【ツイッター更新】globeのKEIKO「お久しぶりです」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ヒロミ 留学したウエンツ瑛士情報「全然通用しないらしい」とTVでイジる

    タレント・ヒロミが15日放送の日本テレビ系「火曜サプライズ」(火曜、午後7・00)に出演。

    前任の司会者で、舞台の勉強のため昨年10月から英国留学しているウエンツ瑛士の近況を明かした。

    w


    ヒロミは番組の途中で「ちなみにウエンツ情報ですけど」と切り出し「行って何カ月かたってますけど、全然通用しないことが分かったそうです」とニヤリ。

    「正月に電話かかってきて、言ってましたよ」と明かし、共演のオリエンタルラジオらが「大丈夫か?」「がんばれー」と声援を送っていた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/01/15/0011982332.shtml


    所長見解:いたね・・・

    【【あの人は今】留学したウエンツ瑛士は今・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年1月15日のももクロ卒業宣言からちょうど1年…。

    元ももいろクローバーZの有安杏果が「私、有安杏果は2019年、音楽活動や写真活動などを通して表現し伝えていく活動を始めます」とツイッターに投稿。

    直筆メッセージを添え、芸能界復帰を宣言した。

    m


    有安はグループ卒業からの1年を振り返り「充実した1年間を過ごしながら『これからの人生で何をしたいのか…』と自分の気持ちや心に、何度も問いかけてきました」と語り、「表現する人として、明日の生きる希望となるようなモノやココロをたくさんのみなさんに伝えたいと強く思いました」と活動再開を決めた経緯を説明している。

    続けて「自身の意志で判断し、自分を信じて自立した行動ができるようになりたいと思い、個人事務所で自分のペースで、表現活動をやっていきたいと思います」と個人事務所の設立の真意を明かした。

    「感謝と謙虚な気持ちを決して忘れずに、23年間の経験とホコリを胸に、自分の歩幅で一歩ずつ全力で生きていきたいと思います」と記している。

    ももクロ脱退時には「子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子に戻りたい」と、その理由を説明していた有安だが卒業以前から、ももクロへの加入が遅かったことやメンバーとの性格の相違から「ぼっち疑惑」がささやかれていた有安。

    最後まで他のメンバーになじめなかったと言われている。

    有安は大学に通って芸能界とは違う学生たちと触れ合い、普通の生活の居心地が良くなり、ももクロ脱退につながったと指摘する声もあった。

    引退発表も突然で、昨年の1月15日に発表し、21日に卒業ライブを開くという慌ただしいものだった。

    脱退からわずか2カ月、自身の誕生日である3月15日にはグループ時代に更新していた公式ブログを閉鎖。

    新たにTwitterとInstagramのアカウントを開設している。

    表舞台から完全に消えたわけではなく、ファンに向けて発信は続けていた。

    このことから引退直後から復帰も期待されていた。

    「引退宣言からちょうど1年。SNSを続けていたのも復帰プランが当初からあったからなのでは、と言われています」(芸能ライター)

    今回の芸能界復帰宣言を受けて、ネット上ではファンからの喜びの声が上がったが、複雑な心境を吐露するファンもいる。

    「待ってました!お帰りなさい!あれから1年というタイミング、僕たちはあなたを応援してます」

    「てっきり一般人になるのかと思ってた」

    「やっぱ他のももクロの4人と合わなかったのかな… 長い間辛かっただろう」

    「やっぱり不仲が脱退の理由?」

    「普通の女の子になりたいっていうのはウソだったってことになるね」

    「要はソロで生き生きとやるということか」


    有安は「はじめの一歩として」音楽活動でスタート。

    3月に東京と大阪でのライブが決まったことを報告している。

    「普通の女の子」から芸能界に舞い戻った有安の今後に注目が集まっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15875392/

    所長見解:緑か・・・

    【【計画的】元ももクロ(緑)有安杏果、芸能界復帰の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ