あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■「住んでいた地」と「名前」からわかる先祖の身分

    b


    ◆名前から武士かどうかわかる⁉

    先祖が武士かどうかの見極めに大事なことは、二つ。

    「住んでいた地」と「名前」です。

    先祖が住んだ地は、武士がいた城下町だったのか? 

    武士と庶民が半々で住んでいたのか? 農村か? 漁村か? その地の藩は? を調べます。

    次に、名前です。

    江戸時代には、武士の名前、神主の名前、お坊さんの名前などがおおよそ分かれていました。

    現代では時代錯誤も甚だしい話ですが、当時は庶民が武士っぽい名前を付けることができませんでした。

    経験から来る感覚で判断する部分もあるので、やや難しいですが、例えば、必殺仕事人の中村主水。

    主に水と書いて「もんど」と読ませるような名前。

    これは武士としか思えません。

    また、北島三郎の木こりの与作のような「よさく」という名前。

    これはちょっと武士っぽくありません。

    ただし名前だけで、必ずしもわかるわけではありません。

    もう一段階深く話すと、武士は実名(じつめい)と通称(つうしょう)という二つの名前を持っていました。

    実名は、諱(いみな)ともいい、殿様の前などフォーマルな場で使う名前。

    通称は、普段使う名前。

    実名はいかにも武士っぽい雰囲気の2文字の名前。

    通称は、庶民とさほど変わらない名前です。

    例を出します。

    ・織田信長(おだ のぶなが)の通称は三郎(さぶろう)、実名は信長

    ・坂本龍馬(さかもと りょうま)の通称は龍馬、実名は直柔(なおなり)

    明治に入って戸籍ができたとき、武士は通称と実名のどちらかを選んで登録しました。

    実名登録なら武士とわかりやすいですが、通称登録だと、名前だけでは確定しにくくなります。


    ◆先祖が武士であった場合の調査方法

    江戸時代(1603~1867)は、全国に300以上あった藩では、藩士の名簿を作っていました。

    それを「分限帳(ぶん(ぶ)げんちょう)」といいます。

    「武鑑(ぶかん)」「士族明細帳」「禄高帳(ろくだかちょう)」などもありますが、内容はほぼ同じで、藩士の氏名・役職・禄高(年俸)などが記載されています。

    なかには、居住地や作製時期の藩士の年齢・家紋などが記されているものもありました。

    現在の住宅地図のような、城下町の屋敷地図が残されていることもあります。


    このような史料の多くは、地元の図書館や公文書館・博物館などに現在でも保管されていることが多く、丹念(たんねん)に調べることによって、その家の先祖がどのような身分の武士であったかが、より具体的に判明すると思われます。

    また、武士である先祖は、仕えていた藩に、家系図や親類書(武士が、家族・親類の氏名や仕官先、本人との続柄などを書いた文書)を提出している可能性があります。

    それらの多くは、筆字で書かれた古文書ではありますが、先祖が書いた家系図類を発見し、活字化することによって、江戸時代初期か、あるいはそれ以前の先祖のことまでが詳細にわかる可能性があります。

    いずれにしても、先祖がかつて仕えていた藩の史料は、当家の家系を調べるうえで、貴重な情報源となります。


    ●明治5年の人口統計(身分別・職業別)

    江戸時代は正確な人口統計が調査されていませんが、明治維新直後の1872(明治5)年の身分別人口によれば、農民・職人・商人・町人などの平民(庶民)が約3083万人、旧幕臣や藩士などの士族(武士、卒族といわれた足軽などの下級武士を含む)が約194万人、皇族・神主・僧侶が2666人いました(※諸説あり)。

    これを比率にすると、平民が93%で、士族(武士)が約6%、その他の皇族・神主・僧侶が約1%です。

    また、1873(明治6)年の職業別統計では、人口のおよそ79%が農業、6.6%が商業、3.5%が職人とあり、その他は雑業と分類されました。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190602-00020763-gonline-bus_all

    所長見解:そうなんやね・・・


    【【調べる方法】先祖は武士か庶民か問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    伊藤英明のハリウッドデビューが話題にならず?

    国内の仕事がなくなったきっかけはあの作品か


    俳優の伊藤英明が来年から順次世界公開される米映画「ザ・ドアマン」(北村龍平監督)でハリウッドデビューすることが28日、配給会社から発表された。

    同映画は、ニューヨークを舞台にテロリスト集団の闘いを描くアクション映画で、オーストラリア人女優、ルビー・ローズ、フランス人俳優、ジャン・レノらが出演。

    伊藤はテロリスト役で、全編英語のセリフをこなし、ルーマニアで撮影中。

    関係者を通じ、「夢だった初のハリウッド映画の現場で、今までで一番と言っていいほど楽しく撮影ができています」とコメントを発表している。

    e


    「ハリウッドデビューと大げさな話になっているが、北村監督の現在の拠点はハリウッド。現地に拠点を移してから何本かメガホンを取っているがヒット作はない。
    おそらく、公開規模はそれほどでもなさそう。
    とはいえ、伊藤は来たるべきチャンスをゲットすべく、以前から肉体を鍛えあげて来た。
    インパクトを残せば今後もハリウッド作品のオファーが来そう」(映画業界関係者)


    主演を務めた映画・ドラマシリーズの「海猿」が大当たりして、以前は映画やドラマに出ずっぱりだった伊藤だが、ここ数年でドラマは主演を務めた16年4月期の「僕のヤバイ妻」(フジテレビ系)、映画は17年公開の「22年目の告白-私が殺人犯です-」以来出演作がなく、仕事はCMのみ。

    俳優として開店休業のような状態だった。

    「『海猿』は原作者と製作サイドのフジテレビが揉めて、もう続編ができなくなりモチベーションが低下。
    さらには、もともと、伊藤のプライベートについてあまりいいうわさがなく、テレビ各局が起用を控えるような流れになってしまった。
    とはいえ、ハリウッドデビューで俳優としての格が上がれば、またまたオファーが増えるのでは」(芸能記者)

    ハリウッドデビュー作での好演が期待される。


    https://npn.co.jp/article/detail/79299374/

    https://images.npn.co.jp/article/1/1/74/79299374.jpg

    所長見解:あれね・・・


    【【全米進出】俳優・伊藤英明の日本での仕事がなくなった理由がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年8月に芸能界引退を発表した元フリーアナウンサー小林麻耶さん(39)が30日、フジテレビ系で放送された「直撃!シンソウ坂上」に出演。

    夫で整体師・国光吟(あきら)氏(35)同席のもと、坂上忍のインタビューに応じた。

    妹・麻央さん(享年34)の死後に報じられた市川海老蔵との再婚説など、週刊誌報道への怒りを涙で声を震わせたインタビューは反響を呼んでいる。

    放送では、自身の「引退」宣言を撤回し、メディアなどの仕事に復帰したい意欲がひしひしと伝わってきた。

    k


    放送から一夜明けた31日、國光氏もブログを更新し、「講演やテレビの仕事をしている麻耶ちゃんを見ていて、すごく輝いていました」「仕方なく引退になってしまった時から今、元気になり大好きな仕事を再開できるようになったので、すごく嬉しく思います」とメディア復帰への思いをつづっている。

    4月に放送されたTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」にも夫婦そろって出演しており、夫婦でのテレビ出演は今回が2度目だった。

    麻耶さんは昨年7月24日に4歳下の國光氏と結婚。

    直後の昨年8月3日に所属事務所を辞め、「メディアの仕事」を離れるとブログで宣言。

    同4日にも「今日からは普通の主婦として生活します!!」、同6日には「私は、引退しました。主人も、一般の人です」と記した。


    今回の「シンソウ-」では、突然の引退宣言について「ずっと心と体がボロボロな状態で…。考えた結果、事務所を辞めるという決断しか私にはなかったんです」と説明。

    麻耶さん曰く、「その後、引退という報道が出たので、体調も本当に悪かったし、仕事ができる状態では絶対になかったので、『引退』も仕方がないなと思いました」ということで、当初は「事務所を辞める=引退」ではなかったとのニュアンスだった。

    引退宣言した8月6日のブログについて、麻耶さんは「我慢の限界に達した時、怒りに任せて」書いたと説明。

    今後については「ずっと伝えるという仕事をしてきたので、伝えていきたい、表現していきたい」と芸能界復帰への思いにじませていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000075-dal-ent

    所長見解:どないやねん・・・

    【【完全復帰】小林麻耶さん「引退」宣言撤回ってよwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    コーラは骨が溶ける
    c



    所長見解:あるある・・・


    【【都市伝説】昭和生まれが未だに信じてる迷信がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年8月に芸能界引退を発表した元フリーアナウンサー小林麻耶さん(39)が30日、フジテレビ系で放送された「直撃!シンソウ坂上」(木曜、後9・00)にVTRで出演。

    昨年7月に結婚した夫で整体師・国光吟(あきら)氏同席のもと、坂上忍のインタビューに応じた。

    麻耶さんは2017年6月に最愛の妹・麻央さんが34歳の若さでこの世を去った直後から、義弟の市川海老蔵との再婚報道などが続き、「心がボロボロになった」と打ち明けた。

    z


    麻央さんが亡くなった直後に、ピンク色のバッグを持ち、手を挙げている1枚の写真がメディアに掲載され「“悲しんでいない”“後釜狙ってる”“再婚説”に結びついていきました」と麻耶さん。

    街を歩いていても、知らない人に「再婚は進んでる?」などと声をかけられたという。

    さらに、麻央さんの娘の麗禾ちゃん、息子の勸玄君を幼稚園に送り迎えすると「“母親気取り”って(言われ)」。

    2人の舞台を観に行くと、実際に観客らに「よく来れますね」「(2人は)あなたのことを必要としてませんよ」などと言われたという。

    「どんどん心がボロボロになって…。
    妹の亡くなった直後ですよ。
    そこからずーーっと(海老蔵との)再婚のことを言われ…、
    姪っ子、甥っ子と離れろ、と言われ…
    私は、最愛の妹を亡くし、そのように書かれ……、
    本当に…、こう言うことを言ってはいけないけれど、死にたくて仕方がありませんでした。
    本当に死にたかった」と怒りと涙で声を震わせた。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000164-dal-ent

    所長見解:たしかに・・・

    【【衝撃告白】小林麻耶さん、海老蔵との「再婚説」の真相がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ