ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年2月、所属事務所を退所、芸能界から“引退”した堀北真希(29)が、10月からスタートするフジテレビ系の月9ドラマで、女優復帰する可能性が出てきた。

    h


    2015年8月に俳優山本耕史(41)と電撃婚後、翌年12月に第1子を出産。
    育児に専念していると思われていたが、状況が急変したようだ。
    大物芸能人夫婦のバックアップに加え、堀北なき後、旧所属事務所の稼ぎ頭となった桐谷美玲(28)が三浦翔平(30)と結婚秒読みとなったことが影響しているという。

    人気女優だった堀北が交際0日で山本と“電撃入籍”し、世間を驚かせたのは3年前。
    翌16年12月に出産した第1子も今年で満2歳となる。
    昨年2月、堀北は「これまでやってきたお仕事から離れることを決意しました」とコメントを残し、所属事務所を退所した。

    ところが、ドラマ制作会社関係者は「フジのドラマスタッフが、子育てが一段落した堀北に連ドラ復帰を持ち掛けているんです。
    前事務所も今では堀北の復帰を歓迎していますからね。
    早ければ10月期の月9で復帰となるとの情報が流れてますよ」と注目発言する。

    堀北の復帰については、この4月、大物芸能人夫婦との家族ぐるみの交際が報じられていた。

    「堀北は昨年の声明文でも最後まで『引退』の2文字を出さなかったんです。
    それはいずれ芸能界に戻るつもりだったから。
    4月中旬、女性週刊誌に今井美樹・布袋寅泰夫妻との食事会での会話がスッパ抜かれたでしょ。
    布袋から『子育てが落ち着いたら、女優に復帰した方がいいよ』と言われた堀北が『実はドラマの話もいただいているんです』と答えていた」(女性誌関係者)

    堀北にドラマの話を持ち込んでいたのは“月9”のスタッフだった。
    ドラマオファーの話を聞いた今井、布袋夫妻は「私たちが主題歌を作ろう」とまで言ったともいう。

    だが、堀北と前事務所との関係は復帰への障害になっていた。

    「結婚、母親願望が強かった堀北でしたが、ジャニーズの嵐・櫻井翔との交際、結婚を事務所に反対された。
    山本と交際0日で、電撃婚をしたのも事務所への当てつけといわれ、以来、険悪な関係となっていた」(芸能プロ関係者)

    ところが、その事務所も状況が変わってきた。
    現在の稼ぎ頭の桐谷が三浦と“結婚秒読み”となったことが、堀北復帰の追い風となりそうだ。

    「桐谷は結婚を機に女優業を引退し、キャスターとモデル業だけで活動したいとの意向。
    そうなると事務所にとっては稼ぎ頭の桐谷による売り上げが減ることになりそう。
    堀北の復帰は願ってもない話に変わった。
    事務所と堀北が和解、再所属が無理でも、夫の山本の個人事務所と業務提携の形をとるなど、復帰となれば方法はいくらでもありますからね」(前出の芸能プロ関係者)

    ドラマや映画で主役を張ってきた堀北が結婚、出産を経て復帰が実現すれば話題性は十分。低迷するフジテレビの月9の救世主になる可能性も出てきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000003-tospoweb-ent

    所長見解:いいやん・・・

    【【状況急変】堀北真希、月9で女優復帰の模様wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「最近急にテレビで見ない」「ついに“あの人は今”芸人か」などと囁かれているオリラジの中田敦彦(35)が5日、妻でタレントの福田萌(33)とのツーショット写真を自身のインスタグラムに掲載した。
    この日は2人の6年目の結婚記念日と福田の誕生日であり、「#今日の妻も可愛い」とハッシュタグを書き加え、良き夫ぶりをうかがわせた。

    高学歴芸人で受験本も出版していた中田だが、今年3月に「ビビット」(TBS系)のコメンテーターを降板、準レギュラーになっていた「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)のパネリストとしても見なくなった。
    一部ではMC狙いのために「ビビット」を辞めたという話もあるが、中田のもうひとつの看板“イクメン”キャラも、妻の佐々木希が妊娠中のアンジャッシュ渡部にお株を奪われつつあり、影が薄くなる一方である。

    n


    「クイズ番組が人気なので、高学歴芸人の需要はあるけれど、中田の場合は何でも論破してしまうから知識が鼻についてしまって視聴者に好かれない」(テレビ関係者)という声も上がっている。

    芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

    「不倫に対しても厳しく、コメントとしては至極妥当。
    しかし、中田さんの本分はお笑い芸人。
    求められているのは正論ではなくて、笑いと安らぎです。
    クイズもワイドショーも市場としては狙い目なのは確かですが、“嫌われない”ことが大前提。
    本分のお笑いに落とし込めていないのが問題なのでは」

    頭脳派の中田だけに、マーケティングは合っているが……芸人として面白くないのが致命傷か。


    日刊ゲンダイ
    https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_466390/

    所長見解:干されてんのか・・・

    【【あの噂か】オリラジ中田が消えたワケ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「この町に住んでいる日本人をご存知ないですか?」
    日本から飛行機とバス、タクシーを乗り継いで50時間以上。
    日傘も差さず、汗だくで聞き込む“ミポリン”こと女優・中山美穂(48)。

    スニーカーにデニム姿が斬新な中山美穂

    先月放送された「世界の村で発見!こんなところに日本人 3時間SP」(テレビ朝日系)で、アルゼンチンの田舎町に住む日本人を訪ねたのだが……。
    「スニーカーにGパン姿で、キャリーバッグ片手に汗だくになりながら砂利道を歩く姿はある意味斬新。『どうしよう』と戸惑うシーンはドラマで見せたことのない表情だった」(芸能プロ関係者)

    m


    1985年、14歳でデビュー。
    フジテレビの“月9”ドラマ「すてきな片想い」(90年)などの主演作が大ヒットを記録、“月9の女王”として一時代を築いた中山。
    2002年に作家・辻仁成氏(58)と結婚した後はパリで順風満帆なセレブ生活を送っていたが、14年の離婚で一変する。

    「夫と子供を捨て、別の男性に走ったという構図が大逆風になった。
    拠点を日本に移したがイメージは回復していない。
    最近は積極的にバラエティ番組に出演するなど、なりふり構わないようにみえる」(テレビ局関係者)


    いまのCMの評判と契約料は?

    現在、出演しているCMについても、「CMが出来上がったとき、スポンサー企業の幹部が『なんで今さら中山美穂なんだ』とお怒りだった。
    同世代なら鈴木保奈美のほうが新鮮味があり、イメージもよかった。
    今の彼女のCM契約金は1社2000万円ほどに急落している」(広告代理店関係者)

    最近のインタビューでの「いただいたもの、歓んでもらえることを片っ端からやりたい」(「キネマ旬報」5月下旬号)という言葉の通り、公開中の映画「蝶の眠り」では新境地を開拓。
    不倫で離婚に至った、遺伝性アルツハイマー病を患う50代の女性作家役を熱演。
    「熟女」「オバちゃん」と言われるシーンや、老眼鏡を掛けて執筆する姿に“女優の意地”が漂っていた。

    今秋には“歌手ミポリン”も復活する予定だという。
    「今年初めからバンドメンバーを集めて定期的に練習をしており、本格的なソロライブを行うプロジェクトが進んでいる」(前出・芸能プロ関係者)

    再び“WAKUWAKUさせて”くれるか。


    文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180609-00007698-bunshun-ent

    所長見解:もうね・・・

    【【ミポリン】中山美穂、CM契約料急落の結果wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優・高畑裕太(24)が強姦致傷容疑で逮捕されてから、はや1年と9カ月が経つ。
    不起訴処分となったこの不祥事を、世間や当人以上に“風化”できていないのは、母・淳子(63)なのかもしれない。

    t


    高畑家をめぐるここ最近の状況を芸能記者に解説してもらうと、

    「まず昨年9月の『女性セブン』が、裕太が遺品整理のアルバイトをしている旨を報じました。
    事件で事務所とのマネジメント契約が打ち切りとなって以来、芸能活動は“無期限休止中”という体なんです。
    続いて今年1月に、今度は『FLASH』が近影を載せ、さらには本人の肉声も載せたのです。事件については『あれは自業自得じゃないですか。正直、そりゃ言いたいこともいろいろあるけど、これからどうするかが自分の課題だと思ってます』とのこと」

    “裕太は悪くない”
     
    一応は、前向きな姿勢を見せているようだ。

    「『FLASH』に続いて本人を直撃したのが、2月の『FRIDAY』でした。
    『歯医者に行くので』とインタビューは断られていましたが。
    そして4月が、母の高畑淳子が登場したアノ番組です」(同)

    “アノ番組”とは、4月18日にフジテレビ系列で放送された「梅沢富美男のズバッと聞きます!」を指す。
    この放送でゲスト出演した高畑は、梅沢に促される形で息子について口を開き、遺品整理やバーでのバイトをしていることや、「私はただ見てるだけ」と胸中を明かした。

    梅沢が「復帰させましょう」と語りかけ、高畑は思わず号泣――というのが放送のあらましなのだが、実際の収録現場は、かなりハラハラさせられたものだったという。


    バッサリとカット
     
    打ち明けるのは、さるテレビ局関係者である。

    「実際の現場はなかなかキツかったと聞いています。
    放送でも『私は世の中全部恨んでいるところもある』なんて淳子さんの発言を流しましたが、実際はもっとすごかったというんです。
    『裕太はハメられた』とか、『無実だ』とか。
    そりゃ不起訴に終わってますし、母親ですから気持ちは分からなくもない。
    それでも被害女性とは示談していることが前提の処分なわけで、まったくの無実というのはさすがに。
    番組側としても、裕太の近況について喋ってもらおうくらいの軽いつもりだったのが、淳子さんが熱くなっちゃって大変だったそう。
    もちろん、その辺はバッサリとカットになっていましたけれど」

    現場スタッフと高畑の間には、裕太の事件について温度差があるというのだ。

    先に紹介した「女性セブン」では、お蔵入りになった高畑の手記についての言及もある。
    ある月刊誌のインタビューに高畑が応じたのだが、そこで彼女は〈不起訴になったことで、“やっぱり裕太は悪くなかった。冤罪だったと証明されたようなものだ”と本音を熱く語った〉(記事より)という。
    結果、喋りすぎたと手記の企画はお蔵入りに。
    これが事実だとすれば、梅沢の番組での態度にも納得がいくというものだ。

    これを受けて、先の芸能記者はこんな懸念を漏らす。

    「もし裕太の復帰に期待しているというのであれば、正直言ってかなり難しい。
    裕太より業界需要があったベッキー(34)だってマトモに復帰できていないし、似たケースでいえば小出恵介(34)だってそうでしょう。
    もともと演技力があるわけではないし、良くて“主役の友だち”的なポジションクラスの役者だった。
    淳子さんは復帰させたいと考えていたとしても、それを飲み込んだほうがいい。
    下手をすれば自分の仕事に影響が出てしまうかもしれません」

    高畑は、昨年6月に連ドラに復帰し、今年の頭には厚労省とタイアップしたドラマ「隣の家族は青く見える」に出演。
    いわば“お役所”からも認められている。
    そして何より見逃せないのが、公共放送の大シゴトだ。

    「広瀬すず(19)が主演するNHK朝ドラ『なつぞら』です。
    配役を見る限りでは端役ですが、とはいえクリーンなイメージが求められる仕事であることは間違いない。
    せっかく裕太のマイナスの印象がつかずにここまで来られたのに、“自爆”をしてはもったいないですよ」(同)

    裕太もいい年である。
    ママが手を差し伸べなくてもやっていけるのでは。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14838246/


    所長見解:無理やね・・・

    【【あの息子は今】女優・高畑淳子「裕太は悪くない」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    品川庄司の品川祐の嫌われぶりが話題だ。
    品川は若手のブレイク時代に、新人スタッフに横柄な態度を取るなど、目にあまる行動があり、スタッフたちが出世した現在、仕事がほとんどない状態であるという。
    その様子は『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)でもイジられていた。

    s


    だが、売れて天狗になってしまうのは、ある意味では仕方がないことといえる。
    品川以外の芸人にもそうしたエピソードは多い。

    「よく知られているところでは、トミーズですね。
    吉本興業の芸人養成所である大阪NSCの1期生で、同期にはダウンタウンやハイヒールがいます。
    元プロボクサーといじめられっ子キャラという王道派のデコボコ漫才コンビであり、ダウンタウンよりも早くブレイクを果たしました。
    しかし、雅が天狗になり東京の仕事をなくしてしまい、現在は大阪を中心に活躍していますね。
    その様子を先輩芸人のオール巨人がたしなめると、雅は『売れて天狗になって何がいけませんの?』と突っかかったそうです」(芸能ライター)

    さらに関東芸人でも、近ごろ再ブレイクを果たしたヒロミも天狗になっていた一人だ。

    「もともと、とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンらが並ぶ『お笑い第三世代』のB21スペシャルの中心メンバーとして頭角を表し、ビートたけしや所ジョージ、和田アキ子など先輩芸能人にタメ口でツッコミをいれる生意気キャラとして90年代にブレイクを果たしました。
    当時は、放送作家の書いた台本を読まずに捨てるなどの横柄な態度を取っていたようですね。
    こうしたふるまいと、暴力的なイメージから徐々にテレビからフェードアウト。
    10年におよぶ長い沈黙を余儀なくされました」(前出・同)

    ほかにも、オリエンタルラジオの中田敦彦は、「武勇伝」ネタのブレイクと転落を経て、文化人キャラとして再ブレイクし、現在進行系で「天狗」状態にあるともいわれる。

    売れてもなお謙虚で居続けることは、実はとても難しいことなのかもしれない。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14810437/


    所長見解:しかたないね・・・

    【【あの人は今】天狗芸人といえばコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ