あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2009年から活動休止がつづく「CHAGE and ASKA」。

    現在ソロ活動を精力的に行うASKA(61)がチャゲ(61)に対して、このほど解散の意思を伝えていたことが「週刊文春」の取材で分かった。


    c


    音楽関係者が明かす。

    「活動休止の原因は、10年以上続くチャゲとの不仲に他ならない。
    2014年の薬物事件で2人の溝はさらに深まり、今では互いの連絡先さえ知らない関係です」

    だが、そんな2人が1年に1度だけ顔を合わせる場があるという。

    「毎年6月、ASKAが逮捕されるまで所属していた事務所『ロックダムアーティスツ』の株主総会で顔を合わせているのです。
    2人は同社の株式を50%ずつ所有しており、弁護士を挟んで話し合いをする」(同前)

    ASKAは、ロックダムとCHAGE and ASKAの解散を要求したが、チャゲが同意することはなかったという。

    ASKAはファンクラブの会員限定ブログで次のように記している。

    〈もう、2008年ごろから、ずっと(解散要求を=編集部注)繰り返しています。
    (略)会社を解散しないと言う理由には、「経営上」、頷けるところもありますので、それはいいでしょう。
    それなら、僕には、会社を2倍3倍にするアイデアがありますので、それを提言しましたが、
    持ち株50の人が反対すれば、そうはなりません。
    (略)今の状態では、何の建設的な話もできませんので、本日、答えを出してきました〉
    (6月27日付)

    ロックダム社の社長は、「(株主総会については)特にお答えすることはありません」と答えるのみ。

    一方、チャゲの所属事務所は、次のように回答した。

    「ロックダムアーティスツ社のことを口外する事はございません。
    またC&Aにつきましても各々の思いがあり、何かの結論が出ている訳ではございません」

    7月4日発売の「週刊文春」では、CHAGE and ASKAの“解散騒動”について詳報している。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190703-00012645-bunshun-ent

    所長見解:ひどいな・・・

    【【悲報】 ASKAがチャゲに「チャゲアス解散」を要求の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    石橋貴明、アンタ山崎の質問にぶっちゃけ回答 ウンナン、ダウンタウンとプライベートは…

    t


    お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(57)が2日、AbemaTV「石橋貴明プレミアム」(後7・00)に出演。

    アンタッチャブル山崎弘也(43)と“ぶっちゃけトーク”を展開した。

    「石橋貴明と友達になりませんか?」という企画で、「おぎやはぎ」の矢作兼(47)が主催した芸人の集い「矢作会」にサプライズ出席。

    会の途中から狩野英孝(37)が参加すると、狩野が所属するマセキ芸能社の話に。

    山崎が「タカさんってウンナンさんと飲みに行ったことはありますか」とマセキ芸能社のウッチャンナンチャンの名を挙げ質問すると、石橋は「ないねえ」と返事。

    「何年か前に、俺が世田谷にちょっと住んでいる時があって。
    世田谷の鉄板焼き店に食事に行ったら、南原が家族とご飯食べてて“おおー”って。
    小さい店だから“おおー”ってあいさつした」と語った。

    山崎が「内村さんとはほとんどないんですか?」と聞くと「内村とはないね」と答えた。

    続けて「ダウンタウンさんとはプライベートで会ったことは」と山崎が質問。

    石橋が「ないねえ。でも、一番最初に結婚した時の子供と、たしか浜田のとこの長男が同じ学校で。運動会とかで会ったくらい」と明かすと、山崎は「その時は、皆さんそれぞれに番組がありましたしね」と反応。

    矢作も「今みたいに、芸人がいろんな番組には行かないからね」とコメントした。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/02/kiji/20190702s00041000258000c.html
    所長見解:そうなんやね・・・

    【【大物芸人】石橋貴明、ウッチャンナンチャンやダウンタウンとの関係を告白・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    超能力や心霊現象、UFOなど、現代の科学や常識を超越した現象やものを取り上げる「オカルト番組」。

    一時期は人気を誇っていたものの、ここ10年ほど、テレビではめっきり減ってしまっている。

    著書『オカルト番組はなぜ消えたのか』(青弓社)があるリサーチャーの高橋直子氏に詳しい話を聞いた。 

    s


    ● 1974年に生まれた 「オカルト番組」

    まずオカルト番組とは、そもそもどのような内容の番組を指すのか。

    これはなかなか定義が難しいところだ。

    高橋氏は、「超能力(者)、霊能力(者)、超常現象、心霊・怪奇現象、未確認飛行物体(UFO)、未確認生命体(UMA)など、超自然的現象を企画の中心とする出し物とし、かつ、その真偽を積極的に曖昧にする傾向があるテレビ番組」のことだという。

    具体的には、ネッシーや雪男、80年代から90年代にかけて日本中を騒がせたノストラダムスの大予言、霊能力者・宜保愛子、00年代後半の「オーラの泉」が火付け役となったスピリチュアルブームなどが挙げられる。

    そのなかでも高橋氏は、オカルト番組というジャンルが成立したのは1974年だと分析する。

    「実は60年代末ごろから、すでにオカルト番組が制作され始めていたのですが、当時は何がオカルトなのか、制作側、視聴者側に周知されていませんでした。
    しかし、70年代に入ってオカルトがブームとなり、74年はスプーン曲げのユリ・ゲラーに端を発する超能力がブームとなり、翌75年1月には日本民間放送連盟が放送基準を改正。
    新たに『催眠術、心霊術などを取り扱う場合は、児童および青少年に安易な模倣をさせないように特に注意する』と定めたのです」(高橋氏、以下同)

    要するにテレビは、心霊術や念力などのオカルトを『安易な模倣を助長しないよう注意』して制作・放送することにしたわけだ。
    「この事実をもって、テレビ番組中の一ジャンルとしてオカルト番組が成立したと私は捉えています」と高橋氏は言う

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00207375-diamond-soci

    所長見解:あなたの知らない世界・・・
    【【懐かしい】あのワクワクしたオカルト番組は今・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元AKBが働いてる焼肉屋、水着で接客w


    y

    所長見解:行くか・・・

    【【急げ】元AKBが働いてる焼肉屋さん水着で接客ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    広末涼子38歳「賢くてエッチな女性」に近づけた

    h


    女優・広末涼子(38)が優れたテレビ、ラジオ番組や個人、グループに贈られる「放送文化基金賞」の番組部門の演技賞を受賞し、2日、都内の授賞式に出席した。

    広末は昨年6月放送のニッポン放送のラジオドラマ「ストリッパー物語」でヒモとのストリッパーのいちずな愛を声で演じた。

    広末は、10代の時、同様に同賞を受賞した桃井かおりからもらったバースデーカードに書いてあったメッセージを思い出したと紹介。

    「賢くてエッチな女性になってね」という言葉。

    広末は「賢いとエッチが共存する女性像がイメージできず、意味が分からなかったことを覚えています」と紹介。

    その上で、「私にはハードルが高い作品。映像化なら私はキャスティングされなかったと思われるセクシュアルな部分も必要とされる作品で受賞し、かおりさんの言葉に少しだけ近づけたのかなと思ってうれしい」とあいさつした。

    同賞は他に桃井が3月放送のNHKのドキュメンタリードラマ「NHKスペシャル 詐欺の子」で、浜田岳も今年1月期のテレビ東京系ドラマ「フルーツ宅配便」で受賞した。


    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907020000675.html 
    「放送文化基金賞」の授賞式に出席した左から広瀬涼子、桃井かおり、浜田岳
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201907020000675-w500_0.jpg 




    所長見解:いいよね・・・


    【【朗報】広末涼子さん、エッチな女性になった模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ