あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年5月7日に放送された情報番組「バイキング」(フジテレビ系)が、秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約延期問題を抱えている小室圭さんについての特集を放送した。

    この日、番組では「ニューヨーク現地緊急取材 小室圭さん目撃情報続々 立ち寄る店はリーズナブル!?」と題し、小室さんの米・ニューヨークでの留学先の周辺について行った取材の結果を放送。

    学生寮についての情報や、餃子パーティーに参加したなどの動向について触れた後、「ニューヨークは弁護士が飽和状態」と、ニューヨークで弁護士をするには多数の困難が伴うとの現地の声を紹介した。

    それに加え、特集の最後には番組スタッフが小室さん側の弁護士から聞いた話として、小室さんの最新の気持ちが紹介されたが、それに対し、スタジオで驚きが広がる事態となった。

    k


    「ちょっと気になるメッセージがあるんですけど」と怪訝な表情を浮かべつつ、番組司会の坂上忍さん(51)がスタジオ内のディスプレイに視線を向けると、スタッフが聞いた話として小室さんの最新の気持ちが文章で表示された。

    それによると、

    「(小室さんは)弁護士になるとは言っていません。
    彼は今ライフプランを作っている最中です」

    「メディアの方は勘違いしています。
    小室さんは弁護士資格の取得を目指していると言ってますが、弁護士になるとは言っていません。
    今彼がどんな仕事をするのかは決まっていません。
    例えば、どこかの企業に就職するとか、もしかしたら起業するかもしれない。
    少なくとも今から医者になるとか農業をやるとかは選択肢にはないですが」(句読点は編集部が加筆、以下同じ)とのメッセージがスタジオ内のディスプレイに表示された。


    これを見た出演者たちからは一様に驚きの声が上がった。

    秋篠宮さまと20年の親交があるという、ジャーナリストの江森敬治さんは、「(婚約)内定の会見の時も、『将来のことは2人で決めたい』ということで、結婚後の具体的な話には触れてなかったですよね。
    ですから、そういう意味でも(将来が未定というのは)あり得るのかなとは思っていましたけども......少し不安です」と回答。

    また、弁護士の清原博さんは、ビザの問題はあるとしつつも「弁護士になるのかどうかすら分からないとなると、一体この人は何になるのか?」と渋い表情。

    また、パネリストで女優の安藤和津さん(71)は、「(弁護士にならないと)ニューヨークに行ったのが逃げたのかと思えてしまう」とツッコミを入れるなど、「出演者総ズッコケ」とでも言える状況となった。

    番組はいったんCMに入り、CM明けには再度、小室さん側の弁護士からのメッセージとして、ではなぜ小室さんはニューヨークに行ったのかについての説明が流れた。

    それによると、「彼は今、ライフプランを作っている。
    アメリカでの3年間でさまざまな人と出会い、経験を得ている。
    彼自身の人生の視野を広げている最中」とのメッセージがディスプレイに表示された。


    これに対してもスタジオはズッコケ気味で、坂上さんは、「ここに来て、どうしていいか分からなくなった」と困り顔。

    また、パネリストのヒロミさん(54)は、「アメリカではもしかしたら視野が広がるかもしれないけど、日本ではこの(留学中の)3年間で(視野が)すんごい狭くなるからね」 と、ウンザリ気味に指摘。

    また、ミッツ・マングローブさんも「今さらこんな青臭いことを言う人が、よく婚約(内定会見)したなと思う」と、あきれていた。

    https://www.j-cast.com/2019/05/07356851.html 

    所長見解:もうね・・・


    【【皇室婚約】小室圭さん「弁護士になるとは言っていません」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの森下千里(37)が5日放送の日本テレビ「ニノさん」(日曜後0・45)に出演。

    約10年ぶりのグラビアを披露し、反響を呼んでいる。

    k


    この日の番組は「口説きの王様~芸能界のNG解禁に挑戦~」とし、芸能界のNGを口説きのプロの説得でどこまで解禁できるかに挑戦。

    芸能界の2大NGとして、「引退グラドルの水着復活を口説けるか?」に挑戦した。

    グラビア復活の口説きのプロとして、自身も46歳でグラビアに挑戦した「オアシズ」の大久保佳代子(47)が登場。

    自身の経験を生かして“口説き”を行った。

    森下はグラビア戦国時代と呼ばれた2000年代に、一大人気を誇り、代名詞とも言える「女豹のポーズ」で数々のグラビア雑誌を席けんした元グラビア女王。

    しかし、28歳の頃からグラビアは一切披露しておらず、現在はピラティスやゴルフのトレーナーとして活動している。

    大久保から企画を聞かされると、森下は「絶対イヤです。いいです、いいです」と食い気味に拒否。

    大久保が「何が一番ストッパーをかけているの?年齢?」と聞くと、森下は「年齢と言うより、脱いでるイメージみたいなのがなんか…」とグラビアに固執しているイメージが付くのが避けたいといい、「現役の時も企画会議とかから入ってたりして、一緒に作っていくのは楽しいなと思えるんですけど…」とグラビアへのこだわりが強すぎるためにNGを出していることを明かした。

    そこで大久保は「37(歳)って一番需要あるの。
    熊田曜子ちゃんのを最近見たんだけど…」と3児の母でありながらも、今も現役でグラビアを続ける熊田曜子(36)の名前を出した。

    すると、森下も「くまようは立派。きれいくまよう。3人も産んでるんですよ」と感心。

    大久保が「グラビアって女の人も見るじゃない?」という言葉にも、森下は「くまようの場合は女性からのリスペクト系。
    私もすごいなって思うし」と応じた。

    それでも中々なびかなかった森下に、大久保が「37(歳)ぐらいがほんと、多少肉質がやわらかくなっているんだろうな、みたいな時が一番見たい。私が見たい!」と説得。

    大久保の熱い“口説き”に、森下は「やめてほしい、口説かないでほしい。ちょっと心が揺らいできました。ちょっと考えていいですか?」を動揺を見せて、持ち帰った。

    スタジオに森下が登場すると、MCの「嵐」二宮和也(35)らは大興奮。

    大久保も森下の姿に「うーん、来たか」と大満足。

    森下は「やっぱり女性に見てもらって『きれいだね!』って言ってもらいたいという気持ちがあったので、『私が見たい!』って言っていただいたのが(決め手になった)」と明かした。

    「今回は言われて2日後ぐらいの日にちしかなくて、等身大の私ってなってしまうかもしれないんですけど。
    今の私の限界ギリギリです」と真っ白のシーツにくるまったセクシーなグラビアを披露。

    スタジオからは「キレイ!」と絶賛の声。

    二宮も「全然キレイよ」と感激した。

    森下は「公私ともに仲のいいカメラマンさんとご一緒させていただいたので、凄くやりやすい撮影で」と笑顔で撮影を振り返った。

    番組放送後に、森下は自身のインスタグラムを更新。

    「10年ぶりくらい?に番組企画でグラビア撮影」と企画を報告。

    「モニター見ながら、はぁ、歳とった…と思ったけれど、今の方が笑顔が丸くていい!と言ってもらえたり、嬉しいこともあるものだ。
    脱いだ甲斐ありました。
    若い頃は尖ることでしか自分を保てず、攻める感じの方が楽で、強い写真ばかりで応えていたけど、そのままがいいと言ってもらえることが、恥ずかしくも、こんなに嬉しいのだと初めて感じました。とてもいい思い出になりました!!」とつづった。


    今回の久々のグラビア披露に、ネットでは

    「変わらずキレイ」
    「女性から見て本当に綺麗だった!!!もっと見たかったー!!」
    「めちゃめちゃ色気あって綺麗すぎる」
    「もっと見たい」

    などと大きな反響が寄せられた。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16417826/
    スポニチアネックス

    所長見解:森高かと・・・
    【【画像あり】森下千里 約10年ぶりのグラビア「脱いだ甲斐ありました」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    酷すぎ


    g

    所長見解:もうな・・・
    【【悲報】紳助がいなくなった後の「行列のできる法律相談所」の件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    p


    【鳩山友紀夫プロフィール】

    中国の西安交通大学名誉教授
    東アジア共同体研究所所長
    東アジア友愛フォーラム大会名誉実行委員長
    アジアインフラ投資銀行顧問
    凱富能源集団 名誉会長兼上席顧問
    北京師範大学一帯一路学院抜擢教授(ディスティンクトプロフェッサー)

    https://www.google.com/amp/s/www.excite.co.jp/news/article-amp/Recordchina_20180316027/  

    【学歴】
    学士 東京大学工学部
    東京大学大学院工学部博士課程修了
    Ph.D.(スタンフォード大学・1976年)
    名誉博士(釜山大学校・政治学・2018年)

    『東アジア友愛フォーラム』~「一帯一路」構想が「友愛」理念で新結合

    https://www.data-max.co.jp/article/29011

    所長見解:あれやね・・・


    【【悲報】鳩山友紀夫元総理大臣の現在の肩書が凄すぎる問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元チェッカーズのサイドボーカルでミュージシャンの鶴久政治(55)が4日深夜放送のテレビ朝日「いまだにファンです!」(土曜深夜1・30)に出演。

    世間を騒がせたチェッカーズの“不仲・確執騒動”について言及した。

    c


    この騒動が起こったのは2004年。

    チェッカーズのドラマーだったクロベエ(徳永善也)さん(享年40)の葬儀の際、鶴久と高杢禎彦が、ほかのメンバー4人と離れて座っていたことに始まる。

    鶴久は当時を思い起こしながら「あれはショックでしたね」と告白。

    「フミヤさんと高杢さんは幼稚園のころからの幼馴染みで仲良くしてた。2人しか分からない何かがあったと思うんですよね」と、複雑な胸中を吐露していた。

    鶴久いわく「僕らの前では何かあったのかは全然分からない」とのこと。

    高杢派2人と他のメンバー4人が分かれた形になったのは“事務所に残った人間”と“事務所を辞めた人間”に分かれただけ。

    「しょうがなかったんですよね。記者会見やる時も」と、自身は微妙な立ち位置にいたことを明かしていた。


    スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00000248-spnannex-ent

    所長見解:あったな・・・


    【【暴露】チェッカーズの闇過ぎる確執がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ