あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    目頭ヤバいっ…鈴木亜美の“最新画像”に恐怖の声「切れ込み過ぎ!」


    z


    歌手の鈴木亜美が7月1日、自身のインスタグラムを更新。

    デビュー21周年に際し、あらためてファンへ感謝の気持ちをつづったのだが、その近影に「目頭切れ込み過ぎ! 怖いよぉ」「本当に目どうなってるの?」などと鈴木の目の形に恐怖を覚える声が続出している。


    1998年当時放送されていた人気バラエティー番組『ASAYAN』(テレビ東京)の『ボーカリストオーディション・ファイナル』で1位となり、小室哲哉プロデュースで歌手デビューを果たした鈴木。

    私生活では2016年に7歳年下の一般男性と授かり婚。

    翌年に男児を出産している。


    今回のインスタグラムの投稿では、《21周年を迎えました これからもどうぞよろしくお願いします》などと報告。

    続けてハッシュタグで《#7/1デビュー日 #ありがとうございます》と、あらためてファンへ感謝の気持ちをつづるとともに、愛息子とのツーショットを公開した。


    《#ファミリーで肉 #スタミナつける》とあるように、家族で焼肉屋に行ったときに撮られた写真のようで、息子と頬を寄せ合い仲むつまじい様子が伝わる。


    ※画像がコチラ


    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2018/02/suzuki_ami.jpg

    https://myjitsu.jp/archives/88091

    所長見解:怖いね・・・
    【【検証画像】鈴木亜美「切れ込み過ぎ!」 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1990年代に大量に流れたレオタードのダンサーが大勢で踊るあのTVCM。

    誰もが一度どころか何回も耳にした『シンクロナイズド・ラブ』。

    t


    この曲が今年春から再び話題になっている。

    きっかけは、So-netがアップしたWEB-CMだ。

    平成を締めくくるタイミングの今年の4月に、平成を代表するCM「武富士ダンス」にオマージュを捧げる形で、バブリーダンスでおなじみのアカネキカクが登美丘高校OGのダンスで映像を制作。

    新たに「ソネットダンス」として復活させた。

    昔と比べてダンスかキレキレで、黒の衣装もシャープだと評判になっている。

    https://news.goo.ne.jp/article/dwango/entertainment/dwango-37514.html

    所長見解:懐かしいな・・・


    【【これは懐かしい】昔のテレビCMは良かった説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    反社会的勢力の闇営業問題で謹慎処分を受けたお笑いタレントらの出演シーンがカットされるなど、いまだ騒動の沈静化は見えない。

    そうしたなか仲介役となり、吉本興業から契約解除処分となった「カラテカ」の入江慎也(42)は、依然として雲隠れしたまま鳴りを潜めている。

    今後の芸能界復帰は難しいとみられる入江だが、なんと! パン屋さんに転身するという仰天情報をキャッチした――。


    p



    ※全文は記事
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000007-tospoweb-ent

    所長見解:食パン?・・・


    【【闇営業問題】カラテカ・入江氏、パン屋に転身ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6月から日本を拠点に芸能活動をスタートさせていた、韓国の女性アイドルグループ「KARA」の元メンバー・HARAが同26日、テレビ東京系音楽特番「テレ東音楽祭2019」に生出演した。


    k


    5月26日にソウル市内の自宅で“自殺未遂”騒動を起こして以降、初のテレビ出演。

    ステージでは、KARAの代表曲「ミスター」を、同じ「プロダクション尾木」に所属する女性5人組「Chuning Candy」とコラボし披露。

    歌唱中、激しいダンスの影響でベアトップの衣装が下がってきてしまい、下着(ヌーブラ)が“ポロリ”するアクシデントがあったのが話題になった。

    「平均視聴率が番組歴代最高の9・7%(ビデオリサーチ調べ)を記録したが、KARAは一時期、日本で爆発的な人気だっただけに、HARAの歌唱シーンは注目されていた。
    コラボしたグループは、なんとか事務所が売り出そうとするも鳴かず飛ばず。
    今後、HARAのイベントでバックダンサーを務め、少しでも顔を売る戦略なのでは」(芸能プロ関係者)

    なんとか日本での“受け皿”が見つかったHARAだが、今後、事務所としては売り方が難しいところだとか。

    そのため、すがるのは過去の栄光のようだ。

    「当初、日本のほかの芸能プロに売り込んだが断られてしまった。
    そこで、もともとKARA時代に日本でプロモーションを手がけてもらっていた尾木プロに泣きついた。
    とはいえ、HARAはKARAの中でも目立つ存在ではなかった。
    そのため、関係者がKARAを再結成させようと奔走。
    日本を活動の拠点にしている知英(ジヨン、スウィートパワー所属)にも声をかけているようです」(音楽業界関係者)

    ほかのメンバーとHARAの関係が気になるところだが、KARAに熱狂したファンたちは再結成を切望しているに違いない。


    https://npn.co.jp/sp/article/detail/12158084/

    所長見解:懐かしいね・・・
    【【朗報】KARA、再結成説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    j



    これ懐かしい奴はおっさん




    所長見解:懐かしいな・・・

    【【悲報】これ懐かしい奴はおっさんってよwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ