あの人は今

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ハングオンかな 最強のヨーロッパクリアー 

    オチはライダーがヘルメットを脱いだらおじいさんだった。

    no title

    no title

    所長見解:懐かしいな・・・

    【【懐かしい】ゲームセンターで金を注ぎ込んだゲームがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1980年代にドラマ「不良少女とよばれて」「スクール☆ウォーズ」「ポニーテールはふり向かない」などで強烈なインパクトを残した俳優・松村雄基さん(55)。

    現在は大阪・松竹座で上演中の舞台「笑う門には福来たる~女興行師 吉本せい~」(26日まで)に出演しています。

    来年でデビューから40年。

    「失うものは何もない。前に進むのみです」と今の思いを明かしました。

    m


    来年でデビューから40年

    1980年にデビューしたので、来年で40年になります。

    芸歴の長さで言うと、上の方になる現場も増えてきたんですけど、今回の作品では(主要キャストのうち)若手の部類に入るのが喜多村緑郎さん、西川忠志さん、僕の50代の3人(笑)。

    周りは大先輩ばかりで、重厚な皆様のパワーをひしひしと感じながら、毎日舞台をしています。

    特に、主演の藤山直美さんはご病気のこと(初期の乳がんから復帰)を微塵も感じさせないパワー。

    こちらもパワーをいただいていますし「本当に良かったなぁ」という思いがこみ上げてくる毎日です。

    先輩方がパワフルにやってらっしゃるので、僕なんかはまだまだもっと頑張らないとと思っています。


    “大映ドラマ”での10年

    今こうやってお仕事を続けていられる契機となったのは、やっぱり、大映テレビのドラマ作品に出してもらったことだと思います。

    周りの方からもよく言われますし、実際、自分でもそう感じています。

    「不良少女とよばれて」とか「スクール☆ウォーズ」でツッパリというか、アウトロー的な役柄を20歳から約10年させてもらいました。

    今から思うと「10年も、あれだけ濃いキャラクターをやらせてもらっていたのか」と思いますけど(笑)、当時は、とにかく毎日が必死でした。

    セリフを覚えて、現場に行って、しこたま怒られて、の繰り返しでした。

    ただ、あそこまで情熱を注ぐものに出会えたのはとても幸せなことですし、作品は変わっても出ているメンバーは重なっていたもしたので、親戚がどんどん増えていったような感じにもなりました。

    もちろんお仕事なんですけど、僕にとっての青春でもありましたね。


    失うものはない

    何とか、ここまでやってきましたけど、それは当然ながら、支えてくださるファンの皆さんがあってのこと。

    最近で言うと、SNSも少しずつやるようになりました。

    機械に疎いもので、なかなか更新ができなかったりして申し訳ないんですけど、それでもやろうと思ったのは、一番はファンの皆さんへの恩返しです。

    最近はテレビへの露出が少なくて、舞台の仕事が多くなっているのもあって、皆さんに近況やなんかをお伝えする方法として、少しでも役立ったらなと。

    動画アプリの「TicToc」なんかも初めてやったんですけど、なかなか難しいですし、ちょっとした動きを覚えるのにも1時間くらいかかるんですけど(笑)、それでも、少しでも楽しんでもらえたらなと思いまして。

    ここまで来て思うのは、ま、何をやっても、失うものは何もないんだなと。

    進むしかないんだなと。

    これはウチの社長がいつも言っていることでもあるんですけど、その思いがこのところ、より大きくなってきました。

    少し前から、新たにシャンソンも始めまして。

    「やらなくてもいいかな」「どちらかというと、やりたくないな」と思うことでもやってみようと。

    失うものはないんだから。

    40年を前に、今はそんなことを思うようになりました。


    ▼画像
    https://i.imgur.com/vaxVNXk.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/byline/nakanishimasao/20190518-00126370/

    所長見解:スクールウォーズ・・・

    【【衝撃告白】松村雄基「失うものはない」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2011年8月に、暴力団との交際が発覚し、自らの意思で芸能界を引退した元お笑いタレントの島田紳助さん(63)が7月7日の午後7時から生放送でお送りする予定の「行列のできる法律相談所 お帰りなさい紳助さん! あなたが帰ってくるのをずっと待ってましたよSP」(日本テレビ系)で芸能界に復帰することが今月の16日に判明しました。

    s


    島田さんは日本テレビの取材に対し
    「元号が令和になったんで、芸能界に復帰すんねん。
    平成の時よりもテレビをオモロくしたいねん。
    吉本には7月7日からまた所属すんねん。
    7月7日になんの楽しみやねん。
    そういや、7月7日といや、七夕やねん。
    俺が彦星で壇蜜が織姫やねん。
    もちろん壇蜜は、行列に出るんやろな?
    俺の復帰楽しみにしててくれや。」とコメントした。

    所長見解:雑・・・


    【【行列特番】島田紳助さん芸能界復帰説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴された「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が今秋公開の映画「宮本から君へ」に出演していることが16日、同作の公式SNSで発表され、「本作品の改編・追加撮影を行わず、劇場公開する」ことが明らかになった。

    公式ツイッターで「2018年9月29日から10月30日に撮影した『宮本から君へ』にはピエール瀧氏が出演しています」と瀧被告の出演を告知。

    「事件発覚後協議を重ねた結果、本作品の改編・追加撮影を行わず、劇場公開することを決定しました」と発表した。

    公式フェイスブックでも「映画『宮本から君へ』の公開に際してのお知らせ」と題し、告知を掲載。

    「映画『宮本から君へ』の本秋公開を楽しみにお待ちいただいている皆様へのお知らせがございます。
    本作品には、麻薬取締法違反容疑で逮捕、同法違反罪で起訴されたピエール瀧氏が本作に出演をしております」と瀧被告の出演を改めて明かし、「尚、本作品の撮影は昨年9月29日~10月30日の期間に完了しております。
    事件発覚後、映画『宮本から君へ』製作委員会は幾度となく協議を重ねてまいりました。
    その結果、ピエール瀧氏は、今後も法律に従って裁定が下されることになり、それ以上の措置について、本作品が関与するものではないという結論に至り、製作委員会の総意として、本作品の改編・追加撮影を行わないまま、劇場公開することと致しました」と作品の改編・追加撮影を行わずにそのまま公開するとした。

    「議論を経ての結論であることをご理解頂ければ幸いに存じます。これからも本作の応援をよろしくお願いいたします」とファンに呼びかけた。

    e


    4月4日に保証金400万円を納付して保釈された。

    所属事務所はマネジメント契約を解除。

    初公判を6月5日。

    起訴状によると、3月12日ごろ、東京都内のマンションの一室でコカインを吸引したとしている。

    瀧被告の出演作品をめぐっては、大河ドラマ「いだてん」は俳優の三宅弘城(51)を代役として撮り直すことが決定。

    出演映画「居眠り磐音」(監督本木克英、17日公開)も奥田瑛二(69)を代役に出演部分再撮影を行った。

    また、4月5日に公開された映画「麻雀放浪記2020」は 映像の差し替えなどの措置はとらず、瀧被告の登場シーンもカットせずに上映された。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16466135/
    スポニチアネックス

    所長見解:まあね・・・

    【【復帰へ】ピエール瀧被告、今秋公開の映画に出演の模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「地獄に落ちるわよ」などの毒舌ワードで人気を博した占い師・細木数子さん(81)の娘で、後継者の細木かおり(40)が、初の冠番組を持つことが16日、分かった。

    テレビ東京系「細木数子の娘かおりがズバリ!あなたの人生 変えに来ました」(21日放送、後6・55)で、一般家庭を突撃訪問し、相談者の悩みを一刀両断。

    母から後継指名され、2018年から独り立ちしている2代目が、心境をズバリ明かした。

    h


    00年代にTBS系「ズバリ言うわよ!」などのレギュラーを持ち、平成を彩った細木数子さんの後継者が、令和でもズバリ言う。

    スタジオ収録のみだった初代と違い、かおりは一般家庭を訪問するスタイル。

    生年月日しか知らされぬまま突撃し、夫婦の悩みなどを解決していく。

    母譲りの舌鋒で、相談者が号泣することもあったという。

    数子さんの妹の長女として生まれ、数子さんが提唱する六星占術に囲まれて育ってきた。

    数子さんのすすめで19歳のときに結婚しており、3児の母。

    約10年前から後継指名されていたが、初代の多忙さや誹謗(ひぼう)中傷を間近で見てきただけに「最初は『冗談じゃない』とお断りしていた」という。

    だが、運気に合わせて包囲網を狭められ、2014年から数子さんのマネジャー兼アシスタントとして共同鑑定をスタート。

    16年に養子縁組で娘となり、腹を決めた18年から独り立ちしている。

    他に弟子はおらず、かおりが唯一の後継者となる。

    18~20年は六星占術で財運が強くなる「財政」の3年間だといい「オファーがきたときは『え?』って感じでしたけど、いただいた仕事は誠心誠意、頑張ろうという気持ちです」と意気込む。

    初代は「地獄に落ちるわよ」などのパワーワードと歯に衣(きぬ)着せぬ発言で一世を風靡したが「あのワードの継承は、できればしたくないですね。子供たちも『ママはママらしくやったらいいんじゃない?』と応援してくれてます」と苦笑い。

    2代目なりの道を行く。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000002-dal-ent

    所長見解:もういいよ・・・


    【【悲報】細木数子さんの娘が初番組「かおりがズバリ!」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ