トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『ラヴィット!』早期“打ち切り”濃厚へ 

    商品紹介ばかりに視聴者ブーイング→視聴率1.8%の大爆死 

    ネット「見続けるのが苦痛」


    t


    TBS系の朝の情報番組『グッとラック!』の後番組として、3月29日から放送を開始した『ラヴィット!』。

    朝の時間帯としては珍しいバラエティー番組ということで注目を集めていたが、早期打ち切り説が囁かれているようだ。


    同番組はお笑いコンビ『麒麟』の川島明と、TBSの田村真子アナウンサーがMCを務める情報バラエティー。

    〝日本でいちばん明るい朝番組〟をコンセプトとして、「衣」「食」「住」「遊」をテーマとした楽しい情報を取り上げていく。

    曜日別のレギュラー陣には、『ぼる塾』や『ミキ』、『宮下草薙』といった人気芸人たちが出演するのも見どころだ。


    意欲あふれる番組作りの姿勢が窺えるが、コロナ禍という時勢のためか朝からバラエティーを見ようとする視聴者は少なかったようだ。

    初回視聴率は2.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)、2回目の視聴率は2.1%と散々な結果に。

    視聴率の低迷で打ち切られてしまった「グッとラック!」の最終回ですら2.8%あったことを考えると、かなり厳しい状況に立たされている。




    まるで通販番組? 商品紹介ばかりの『ラヴィット!』にブーイング

    初回から視聴率が右肩下がりとなったのは、コマーシャルのように人気商品の紹介を垂れ流していく番組にガッカリした人が多かったためだろう。

    初回の企画内容を振り返ってみると、「超一流パティシエが選ぶLOVE it! ランキング」という、コンビニスイーツを紹介する企画を40分ほど放送。

    他にも、3000円未満で購入できる「お家トレーニンググッズ」を紹介するコーナーなどが登場したが、いずれもバラエティー的な要素よりも商品紹介がメインとなっていた。



    番組のほとんどが商品紹介で構成された「ラヴィット!」に、ネット上では、


    《もうちょっとバラエティー方向に振り切った方がまだ見る気も起きるんちゃうか》
    《初回からコンビニの人気スイーツランキング1時間やぞ。チャンネル変えたわ》
    《商品の紹介ばっかして何なん。ずっとCM見せられてるだけやん》
    《朝から冷凍食品ベスト10とかやられてもね。見続けるのが苦痛》
    《バラエティーにするなら帰れま10みたいにするとかしろや。中途半端やねん》
    《他のチャンネルにいくだろうねぇ。企画がゴミ過ぎる》

    などと苦言が殺到している。

    「スタジオのメンバーが積極的に絡むことなく、VTRばかり流れていたのもよくなかったでしょうね。
    スタジオにカメラが切り替わっても、話題のメインはキャストではなく商品。
    MCの川島がもう少し華のある人物だったら違ったのかもしれませんが、彼の地味な雰囲気も相まって、視聴者にバラエティー番組よりもテレビ通販に近いような印象を視聴者に与えてしまったようです」(芸能ライター)



    開始早々、低視聴率を叩き出してしまった「ラヴィット!」。

    TBSの朝の時間帯に番組が定着することはあるのだろうか…。



    https://myjitsu.jp/archives/271402

    所長見解:半年か・・・

    【【悲報】話題の新番組『ラヴィット!』打ち切りへ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉村知事、枝野幸男に「責任を負わず給与2000万もらってボーナスも満額…言われる筋合い全くない


    k


    大阪府の吉村洋文知事が3日、読売テレビ「あさパラS」に生出演。

    大阪府の感染拡大に関して「時期尚早の解除で事態悪化」などと指摘した立憲民主党・枝野幸男代表の発言に気色ばむ一幕もあった。

     
    MCを務めるハイヒールのリンゴから枝野氏の発言について「カチンときた?」と問われると、「はいそうですね」と即答した吉村知事。

    「枝野さんの政治的な立ち位置もあるんで、僕とか宮城の知事のことは言うんですけど、例えば沖縄とか兵庫も(感染)広がっているけど、そこは触れずに…ポジショントークがあるから、いまここに枝野さんがいないので、そこはおいといて」と一端は矛先を納めた。


    だがリンゴが「枝野さんは『まん延防止法(まん延防止等重点措置)までやって効果なかったら、吉村知事は辞職すべきだ』とまでおっしゃっているんですよ」と2日の会見内容を振ると表情が一変。

    「そうですか。枝野さんになんでそこまで言われる筋合いあんのかなって」と語気を強めた。


     
    「知事は現場で社会経済の責任を負いながら、感染症対策の責任も負う。
    矛盾するところも多いのを、なんとかバランスを取りながらやっていかないといけないのが現場の知事なんです」と現場で闘う知事の立場を説明。

    「枝野さんなんてその責任を負わず、国会議員の給与2000万もらってボーナスも満額でしょ。
    責任を負わず批判だけ言って、『お前、辞任や』って、そんな言われる筋合い全くない」と語った。


     
    それでも「枝野さんいないので一方的には…」と再び矛を収めた吉村知事。

    リンゴが画面越しに「枝野さんもこれを見ていたら…」と呼びかけると、その言葉を受け取り「直接討論しますよ。
    そこまで言うんやったら立憲民主党代表やめて、知事選挙を一緒にやろうよ。
    国会議員が反対や批判だけというのは簡単」と直接討論を訴えた。


     
    枝野氏は2日、まん延防止等重点措置で感染が減少しない場合、「内閣は総辞職すべきだし、大阪府の吉村知事も辞職ものだ」と発言していた。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/968ae768c1c8994a4f498414cf82567edf4cb1ea
    所長見解:せやな・・・

    【【激怒】吉村、大阪府知事 VS 立憲民主党・枝野幸男 ←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小林よしのり 「コロナはインフルエンザより怖くない」 「過剰対策をやめろ」 


    v


    緊急事態宣言が解除されても、人々のコロナへの恐怖は消えない。

    それどころか、外出や会食をする人への非難は増すばかりだ。

    恐怖に支配された「コロナ脳」の“暴力性”を、ベストセラー『コロナ論』著者・小林よしのり氏と京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授の宮沢孝幸氏が語り合った。



    小林:わしが「コロナはインフルエンザより怖くない」「過剰対策をやめろ」と発言すると、「コロナは怖い、怖い」とひたすら煽る連中に洗脳された“コロナ脳”の人たちがSNSなどで猛然と叩いてくるわけです。

    いくらデータを示して説得しても、洗脳されてコロナ脳になっているから、信じないし、「お前は嘘つきだ」と批判してくる。
    テレビから流れてくる情報やSNSで自分の周りの人間が言っていることを鵜呑みにするだけで、自分で調べようとしない。

    宮沢:おっしゃる通りで、私はウイルスを研究していて専門家のつもりですが、何か発言するたびにやたらと叩かれる。
    テレビにはウイルスどころか、感染症の専門家でもない町のお医者さんが出てきてデタラメをしゃべっているので、間違いをツイッターなどで指摘すると、「お前は専門家のくせにそんなことも知らないのか」と返ってきて唖然とするんです(笑)。

    小林:洗脳されてしまっているからね。

    宮沢:私も罵倒されれば腹が立ちますが、彼らは被害者でもあると思うんですね。
    だから、“コロナ脳”という言葉にはちょっとバカにしたニュアンスがあるので、本当はあまり使いたくない。
    洗脳したやつは誰やねんと。


    小林:それはわしも理解しています。
    ただ、洗脳を解くには、ちょっと強い言葉を使わないと、本人たちも気づかないと思うんですよ。

    ショック療法だと思って、あえて使っている。

    宮沢:ええ、わかります。

    小林:だから、本当の敵はコロナ脳の一般の人たちじゃなくて、テレビを中心とするマスコミであり、デタラメを言い続けてきた専門家であり、それらに引っ張られて過剰な対策をやり続けている政府なんですよ。

    テレビは毎日、毎日、「今日の検査陽性者は何人。過去最多」ってやり続けているでしょう。
    あんなのを毎日見ていたら、心を病んでも不思議じゃない。


    宮沢:前日より減ったときでも、「火曜日としては最多」とか言って、なんとかして多く見せようとしている。

    小林:宮沢さんは関西のテレビにはよく出演しているんですよね。

    宮沢:ええ。昔から関西の番組と東京の番組では、論調が全然違うんですが、コロナに関してもまったくそのままですね。

    大阪の番組だと、私の話をちゃんと聞いてくれる雰囲気があるんですよ。
    批判的な人ももちろんいますが、冷静に両者の意見を聞いてくれる。


    ところが、たまに東京のテレビ番組に呼ばれると、空気が全然違う。
    事前の打ち合わせでディレクターさんから
    「宮沢さん、どんどん言ってくださいよ」って焚きつけられるんですが、いざ収録が始まると、私が何を話してもMC(司会)が全部ひっくり返していくんですね。
    他の出演者もまともに聞く気がなくて、私一人、暴論を吐いている悪者のようにされる。

    小林:新聞で言うところの「両論併記」ではなく、片方の情報しか流さないんだよな。

    異論を唱える人間を呼んできて、みんなで袋叩きにして、面白がっているだけなんだよね。わしが見ていた番組でも、宮沢さんは完全に浮いていた(笑)。

    宮沢:ドン・キホーテみたいになっちゃうんですよ。
    つい熱くなってしまって。
    『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)でお医者さんが「感染者を1人も出しちゃいけないんです」って言うんですよ。

    ハァ?って思って、つい、指さして「お前なー!」って言ってしまったことがあります。
    反省しています。


    団塊世代の男性タレントからも「老人を切り捨てていいのか。とにかく若者を止めろ」とか言われるから、頭に来て「お前なー!」と言いそうになった(笑)。
    自分だって若い頃、好き勝手していただろうに。


    小林:宮沢さんの場合、怒っているところが面白いと思われていて、冷静に科学的に説明しているところはキャラが出ていないから放送で使わない。
    テレビの基準なんてそんなもんですよ。


    https://www.news-postseven.com/archives/20210402_1647681.html?DETAIL

    所長見解:せやな・・・

    【【告白】小林よしのり氏 「コロナはインフルエンザより怖くない」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    激オコな小池都政が“辛口”カンニング竹山に前代未聞の「猛抗議文」を送りつけていた! 


    y


    さすがは、「女帝」が君臨する“伏魔殿”だ。

    東京都がタレントのカンニング竹山(50)に対し、番組内での発言の訂正を求める抗議文を送付していた。

    31日、日刊ゲンダイの調べで分かった。

    行政機関による個人への抗議は言論封殺と取られかねず、今後、波紋を広げる可能性がある。



    都が問題視するのは、先月28日の生放送「アッコにおまかせ!」(TBS系)での竹山の発言。

    都の変異株検査数が少ない現状を批判した上で、小池都知事が出演したユーチューブの広報動画について、こう指摘した。


    「制作に4.7億円かかってるんですよ。
    全部じゃないけど、そのうちの一本に4.7億円の税金が使われている」


     
    その数分後、竹山は事実誤認に気付き、「4.7億円は、動画制作費ではなく、広告費全体の経費でした」と訂正。

    「すみません」と謝罪していた。


     
    竹山が言う「4.7億円」とは昨年、緊急事態宣言が解除された5月から9月までに、都が計上した広告費の総額。

    動画制作費だけでなく、テレビCMの費用、WEB広告出稿費なども含まれる。

    感染拡大防止を呼び掛けるため制作した動画には、小池氏自身がユーチューバーのフワちゃんと対談するものもあった。

    昨夏、上田令子都議の調べで発覚し「こんな広告に億単位の都税をつぎ込んでいいのか」といった批判が噴出していた。


     
    一定期間の広告費に計4.7億円を費やしたのは事実だが、都は竹山発言に即反応。

    放送の翌日(29日)、TBSと竹山の所属事務所「サンミュージック」に発言の訂正を求める抗議文を送ったのだ。


     
    都に問い合わせると、「動画の制作にかかった費用は計1800万円。
    4.7億円かかった事実はない。
    訂正を求めるため抗議文を送付した」(政策企画局)と回答。

    しかし、竹山は番組内で発言を訂正している。

    そう問いただすと「4.7億円という数字が独り歩きし、都庁に抗議電話が殺到し迷惑している。
    正しい情報発信をしてもらうためにも抗議が必要と判断した」(同)という。


     
    TBSは書面で、〈出演者の発言に誤りがあると放送中に番組担当者が気付き、番組の後半で訂正致しました〉と答えたが、抗議文が届いた事実については回答しなかった。

    サンミュージックからは「お答えできません」(広報担当者)とだけ連絡があった。


     
    竹山といえば、テレビやネットで都政への不満を爆発。

    舌鋒鋭く「小池さんは何もやってない!」と批判する「辛口コメント」が売りだ。

    それだけに、都民ファーストの会の都議からSNSを通じて名指しで批判されたこともある。

    小池都政に疎まれる存在とはいえ、タレント一人を掴まえて、「発言を訂正しろ」と抗議するとは、大人げない。

    前代未聞の異常な感覚だ。


    「行政機関が一個人の発言をとがめるなど、あってはならないこと。
    自由な言論を制限する由々しき事態です。
    特に、都を厳しく批判する竹山氏の発言を制する行為は、『余計なことを言うな』と圧力をかけているように映る。
    現場職員の苦労も一定程度は理解できます。
    しかし、曲がりなりにも首都を預かる行政機関なら、批判をキチンと受け止め、真摯に説明を尽くすべきでしょう」(法大名誉教授の須藤春夫氏=メディア論)


     
    小池氏も竹山の批判に耳を傾け、襟を正すべきだ。 



    日刊ゲンダイ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7b55c937003e84df020687a1d1658cd3738277b1
    所長見解:でもな・・・

    【【猛抗議】小池百合子都知事、カンニング竹山に激オコの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    t


    OLさん、胸がデカ過ぎてシャツがパツパツになってしまう

    えっろ


    ※画像がコチラ(閲覧注意)

    所長見解:重い・・・

    【【閲覧注意画像】OLさん、胸がデカ過ぎてシャツがパツパツがコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ