ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元チェッカーズの高杢禎彦(55)が、再結成への思いを語った。

    c


    高杢は30日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演。
    40歳の時に胃がんを患い手術を受けたが、「『決して初期ではありません』と言われました。食道の下半分と胃は全部(切除した)」と振り返った。

    現在は講演などを行っているという。
    チェッカーズ再結成については「いやぁ~、したいですよ」と率直な思いを語ったが、「したいんですけど、1人亡くなったんですね。そこが1番キツイかな。やろうと思えばやれると思うんですけど、『いいのかな、俺たちだけ集まって』みたいな」と、2004年に舌がんにより亡くなったドラムの徳永善也さんに思いをはせた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00315756-nksports-ent


    所長見解:仲悪いよね・・・

    【【あの人は今】高杢禎彦、チェッカーズ再結成「したい」←これwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「身内」から出た錆とはいえ、野田聖子総務相(57)まで疑惑の渦に巻き込んでしまったGACKTコイン(SPINDLE)。
    広告塔のGACKTは、以前から仮想通貨の売り込みには長けていたようだ。
    論より証拠、投資家の前で、別の怪しいコインを巧みに宣伝していたのである。

    時は2016年6月、神戸で開かれた「アセットコイン」なる仮想通貨のイベントには、500人以上が詰めかけていた。
    そこに登場したのがGACKTである。
    アセットコインはカンボジアで産出される金を担保にしており、1年後には上場し、最大で10倍になるという触れ込みだった。

    投資家を前にして、GACKTが言う。

    「アセットコインに関しては、非常に変わっているというか、サービスが多いというか、まず、担保(金)があるじゃないですか。
    担保があるって時点で優位性があるんですよ。
    あと、交換。
    ここらへんを、暗号通貨を運営する人たちが、どこまで実現できるかっていうのを考えると、(アセットコインは)そこをクリアしていますよね。
    それで、非常に面白い暗号通貨になるだろうなっていうのを感じていますし、あとは日本の方がどれだけ価値を見いだせるかどうかってことだと思うんですよ」

    まるで買わなければ損だと言わんばかり。
    が、アセットコインに120万円を投じた人によると、

    「購入しても数カ月は自分のコインをネット上で見られなかったばかりか、送金や着金については最後まで確認できませんでした。
    翌年1月には突然メールが来て、別のコインに交換するという。
    おかしいから返金するよう連絡したのですが、結局3、4万円が戻って来ただけでした」

    投資ライターの高城泰氏が指摘する。

    「詐欺ではないかと思われる点があります。
    金を担保にしていることを謳っていますが、それなら仮想通貨など必要ない。
    実際、私が取材した仮想通貨にもベネズエラの油田を担保にするというものがありましたが、これも詐欺まがいでした。
    不動産や金を担保にすると謳っていたら、その時点で怪しいですよ」

    そこで、GACKTの事務所に聞くと、

    「知人を通じてトーク出演の依頼があったことから、ゲスト出演に至ったようです。
    アセットコインに関してもGACKTはゲストの一人として話をしただけであり、その業務には一切関わっていないと把握しております」

    アセットコインは、すでに跡形もなくなっている。
    GACKTの売り口上に乗せられて大損した人たちを残して。

    「週刊新潮」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180906-00547105-shincho-ent

    no title


    所長見解:そうだろな・・・

    【【音声公開】怪しい仮想通貨を煽った「GACKT」の売り口上がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    26日に放送された「24時間テレビ41 愛は地球を救う」(日本テレビ系)にX JAPANのYOSHIKIが初出演した。

    YOSHIKIは、盲目の天才ドラマー少年の夢を叶えるべく、アメリカ・ロサンゼルスから、ライブパフォーマンスを終えた直後に日本武道館へ駆け付けたのだ。
    少年はX JAPANの大ヒット曲『紅』をドラムで演奏。
    続けて、同グループの『ENDLESS RAIN』では、少年がドラムを叩き、YOSHIKIがピアノを弾くという夢のセッションを実現。
    会場は感動の渦に包まれ、パフォーマンス時の視聴率は28.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

    x


    また、YOSHIKIは、番組の趣旨に賛同しノーギャラで出演したという。
    さらに、この日も自らステージで寄付金300万円の目録を手渡し、会場では盲目の少年に気を配りながら手を引く姿が印象的だった。
    そして、セットまでゆっくりエスコートする姿は大人として立派であり、世間からも絶賛の嵐である。

    しかしながら、YOSHIKIの若い頃の破天荒ぶりには、伝説に残るエピソードが多々ある。
    些細な理由で激高し、収録や撮影の予定をドタキャンするなど、大の大人の対応とは程遠い横暴ぶりであった。
    特に遅刻に関しては常習癖があり、業界でも有名な話。
    だが、この遅刻が先輩ギタリストの布袋寅泰を激怒させた事件が起こり、以降両者は共演NGといわれてきた。

    1994年、奈良の東大寺にて『The Great Music Experience』が開催された。
    出演アーティストは、ボブ・ディラン、ジョン・ボン・ジョヴィ、ジョニ・ミッチェル、クイーンのドラマーとして活躍したロジャー・テイラーなど、世界的に有名な顔ぶれが勢揃いした。
    日本代表としてエントリーされた中にいたのが布袋と、YOSHIKI率いるX Japanであった。

    事件は、そのリハーサルで起こった。
    大スターたちが定刻通りに集結し、最終確認を行う中、YOSHIKIは悪びれる様子もなく遅刻をして登場。
    そのわきまえのないYOSHIKIの態度が、布袋の導火線に火を付けた。

    コンサート終了後の打ち上げで、布袋の元へ挨拶に来たYOSHIKIに対し、「Xってのは何だよ!?」と息巻いたという。

    当然、因縁を付けられたYOSHIKIは即座に応戦し、先輩の布袋に殴り掛かったと報じられた。

    「慌てて仲裁に入ったスタッフによって、その場は何とか収拾したものの、YOSHIKIの怒りは収まらなかったそうです。
    打ち上げで酒に酔った勢いもあって、布袋が宿泊するホテルに出向き、「布袋、出てこーい!」と怒鳴り散らし、以降両者を共演させることはなくなったと言います」(芸能関係者)

    だが、2016年に音楽界からのノーベル文学賞が決定したボブ・ディランについてコメントを求められたYOSHIKIは、「スゴいですよね。僕らみたいなアーティストがノーベル賞に認められたのは画期的。
    宇宙のような賞と感じていた。
    全アーティストにとって新たな扉が開けた」と感慨にひたった。

    さらに、記者からディランとの接点について質問されると「共演したことはあります」と応え、前出の東大寺での音楽イベントを振り返り、「ボン・ジョヴィとか布袋さんとか」と、絶縁状態であるはずの布袋の名前を口にしたのだ。
    そんなYOSHIKIに、多くのファンおよび音楽関係者が驚嘆し、布袋との一件は、すでに和解したのではとまで囁かれた。

    今年、53歳を迎えるYOSHIKIだが、到底老いを感じさせない。
    血の気がみなぎっていた20代、30代とは一変し、“奉仕の心”そのもので挑む今回の出演はなかなかできることではない。
    YOSHIKIこそ、日本を代表するビッグアーティストとして、これからも世界中を駆け巡り、いつかディランの右に出る音楽家となることを期待したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1513867/

    所長見解:布袋さん・・・

    【【犬猿の仲】YOSHIKIと布袋寅泰は和解したのか・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「芸能人だからって信頼して連泊させてしまったホテル側も脇が甘いのかもしれませんが、それにしても悪質すぎますよ」(地元の旅館関係者)

    昨年9月、元マネージャーの自宅へ脅迫状と包丁、犬のフンを送りつけたとして刑事告訴された泰葉。
    それだけでなく、数々の金銭トラブルを起こしていることを週刊女性はこれまで報じてきた。

    「CD制作費の600万円が未払いで、クレジットカードの代金や事務所家賃、車のリース代に税金関係などの借金が膨らんでいる。
    現在、ブログの収入が月30万円ほどあるようですが、“焼け石に水”状態みたいですね」(スポーツ紙記者)

    過去に泰葉は、返済していない借金が2000万円から3000万円あると週刊女性に明かしている。
    また、CD制作のために集めたクラウドファンディングの資金を、生活費として使ったことも、悪びれる様子もなく話していた。

    さすがに巨額な借金を背負っているからか、ブログではホームレス生活を告白。

    例えば5月1日付のブログでは『自分のお家』と題し、

    《ホームレスは辛いよ。自分のお家で過ごしたい。自分のお風呂に入りたい。いいなぁお家がある人は》

    と、自身の不遇を嘆いていた。

    no title


    ホームレス生活のはずが……

    だが、このとき泰葉はホームレス生活とは真逆の場所で目撃されていた。

    「確か彼女は4月25日から5月4日までの9泊10日で、神奈川県箱根にある超高級ホテル『ハイアットリージェンシー箱根』に滞在していました。
    1泊10万円以上すると言われているペット同伴OKの部屋に泊まり、愛犬と一緒に楽しそうに散歩していましたよ」(居合わせた宿泊客)

    “ハイアット”といえば、世界に500軒以上ある高級ホテルグループ。
    その豪華さについて、ホテル評論家の瀧澤信秋氏はこう評価する。

    「ハイアットリージェンシー箱根は'06年にオープンし、箱根に外資系ホテルが進出した先駆け的な存在です。
    ブランドイメージが強く、訪日外国人からも絶大な支持を得ています。
    非常に高級なので、その地域のブランド価値を上げることにも貢献しています。
    10年以上たった今も人気は高いですね」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180904-00013244-jprime-ent


    所長見解:大丈夫なのか・・・

    【【これはヤバい】泰葉、高級ホテルで100万円踏み倒した言い訳がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「1986年のフライデーへの“襲撃”前夜と、あまりにも状況が酷似しています……。
    これはもしかしたら、ヤルかもしれませんよ」

    ベテランの芸能ライターがこう語る「1986年」と「襲撃」というキーワード。
    それは今から32年前に起こった、ビートたけしの“フライデー編集部襲撃事件”のことだ。
    実は今、あのときと同様、ビートたけしVS大手老舗出版社の“全面対決”が勃発寸前だというのだ。

    火種となったのは、『週刊新潮』8月16日&23日号。

    「たけしは松井秀喜と極秘会食している現場を週刊新潮に激写されました。
    さらに、たけしの“愛人”と噂される50代前半のビジネスパートナーの美人女性も、スクープ写真に映り込んでいたんです」(前同)

    記事によると、夏の盛りくだんの金曜日。
    たけしは件(くだん)の女性を伴って、超高級車「マイバッハ」で新橋の行きつけの老舗旅亭に現れた。
    この現場を撮影されたのだが、思い出してほしい。

    「“フライデー襲撃事件”の発端は当時、たけしが交際していた女子学生に対するフライデー記者の執拗な取材。
    立ち去ろうとした彼女の手を記者が引っ張り、ケガをさせたので、たけしは激怒したんです」(同)

    たけしは芸能界を引退する覚悟で編集部に乗り込んだのだが、「たけしさんは身内や大事な女性を傷つけるような真似をされたときは絶対に許しません」(民放局関係者)

    もちろん、週刊新潮の今回のスクープは取材方法もまったく問題なく、「まさにスクープ記事だと誇れる素晴らしい内容ですが、美人女性に関して、記事でも松井との会食ウンヌンより、“愛人”としての話題が中心になっているんです」(前同)

    件の美人女性は、たけしが『オフィス北野』から独立後に移籍した『T・Nゴン』の共同経営者でもある。
    「たけしさんは、このままでは絶対に終わらないはずですよ」(文芸誌編集者) 

    なんとたけしは、新潮社への“報復”を考えているのだという。
    現在発売中の『週刊大衆』9月17日号では、ビートたけしの新潮社に対する“報復”の内容、そして両者の“遺恨”について詳報している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15249048/
    日刊大衆


    no title


    所長見解:ないでしょ・・・

    【【勃発寸前】ビートたけし激怒「第2のフライデー事件」へ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ