ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    トラブル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “タピオカ店恫喝騒動”が表沙汰になってから約1か月半。

    タレント木下優樹菜が11月18日に、芸能活動の無期限活動自粛を発表した。

    これにより、ようやくテレビやスポーツ紙が一斉に報道した。


    木下の姉が勤務していたタピオカドリンク店のオーナー女性と給料の支払いなどのトラブルになり、“姉思い”の木下がオーナーに《ウチら怒らせたらどうなるかわからせてやろうか?》《いい年こいたばばあ》《事務所総出でやりますね》などと恫喝めいたダイレクトメールを送信。

    それをオーナーサイドがSNSで暴露したため、木下は謝罪から謹慎状態に追い込まれたものだ。


    当初はテレビやスポーツ紙などが一切この騒動を扱わないことにより、ネット上では所属事務所やマスコミの報道の在り方に対し物議を醸していた。


    y


    ワイドショー関係者が内情を明かす。

    「11月18日に事務所サイドから連絡があり、木下が休業する旨が伝えられました。
    放送するにあたっては“木下の動画の使用は全てOK”“過去のインスタやツイッターなども全てOK”“事務所のHPも公開OK”と、今までとは180度違う対応だったのです。
    しかし、彼女の画像素材を使用して報道するには一つだけ“条件”がつきつけられました。
    それは“今回1度の放送だけで、そのあとはこのタピオカ騒動のために素材を使わない”というものでした」


    それにしても、なぜこのタイミングで突然休業を発表することになったのか。

    「事務所サイドはレギュラーの収録済み番組が2本あったので、引き続き協議を重ねていた結果、発表がこの時期になったと言っていました。
    ですが、ここまでバッシングが大きくなってしまっては、“活動休止”を発表しないことには“復帰”ができないと思ったのが正直なところでしょうね。
    沢尻エリカ容疑者の逮捕や安倍総理の『桜を見る会』など、大きなニュースがあるうちに“1度だけの条件”で報道さえすれば、最小限のダメージで禊は済ませられると踏んだのかもしれません」(スポーツ紙記者)


    レギュラー番組だけでなくCMやインスタのPR案件、さらには夫の仕事への影響を考えると“タピオカ恫喝”の代償は計り知れない。

    いまだに木下のインスタには“二度と戻ってくるな”などという厳しいコメントが多い。

    「騒動が発覚したら即座に会見を開き、記者からの質疑応答がなくなるまで長時間でも対応するという真摯な態度が復帰への一番の近道だったでしょう。
    また、テレビやスポーツ紙などがこのニュースを扱わなかったことも、ネット全盛の時代には逆効果になってしまった」(芸能リポーター)


    今回の騒動では、人気ママタレの「ウラの顔」が公になってしまった。

    復帰にはまだまだ時間がかかりそうだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191121-00000002-friday-ent



    所長見解:もうな・・・

    【【暴露】木下優樹菜「タピオカ恫喝騒動」全内幕がコチラ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    20日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は、タレントの木下優樹菜(31)が“恫喝DM”で活動自粛した騒動を特集。

    タピオカ店の女性店長が“トラブルの真相”を打ち明けた。


    女性店長は木下の姉とママ友で、店長がオーナーで姉は従業員という立場だ。

    木下は7月、自身のインスタグラムで姉が勤務するタピオカ店を宣伝。

    しかし3月後には「もうお店には行かなくて大丈夫です」と投稿。

    姉と店のトラブルがあったことを公表し、批判に転じた。


    y


    番組では女性店長の顔、声を出さずテロップとナレーションで言い分を伝えた。

    女性店長は木下が店の宣伝をしたことに「それで、お客さんが来てくれたので文句を言うことはない。
    お姉さん目的のお客さんもいる」と返答した。


    経営について「(従業員の)お姉さんが『私がお店をやる』と言っていたし、近所には私の店だと言っていた。
    それで(妹の)優樹菜さんもSNSで宣伝していた」と説明した。


    姉への給料未払いについて「外の用事を済ませると、お姉さんは帰ってしまっていた」と説明。

    「その後、お姉さんがお店をやめて、来なくなった。
    いつでも取りきてねと言っていたし、お姉さんが文句を言ってきたわけではなかったので、怒っているとは思わなかった」と答えた。

    木下のメッセージについては「びっくりして何が起こっているのかという感じだった。
    お姉さんともめている認識は全くなかった」と明かす。


    騒動後、木下の謝罪について「自宅に優樹菜さんの母親と夫の藤本さんが訪れた。
    事前に連絡がなかったので、自宅にいた母が対応した」という。

    その後、連絡はなく謝罪はこの1回だけだという。


    女性店長は今回の騒動を「お姉さんが一人暴走している感じ。
    給料をくれなかったとか、思ったよりも少なかったとか、(私に)直接言ってくれればよかった。
    お姉さんの不満に優樹菜さんが同調した感じだと思う」と振り返る。

    木下の自粛について「弁護士に一任しているのでお話することはできない」と答えた。


    番組では木下がインスタグラムに謝罪コメントを掲載した10月9日、女性店長に「お互いに誹謗中傷をしない」「第三者に話をしない」など“口止め”を要求するメッセージを送っていたと紹介したが、それに関する質問はなかった。

    また、女性店長が“恫喝DM”をSNSで公開した理由にも触れなかった。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17407299/

    所長見解:どないなん・・・
    【【木下優樹菜恫喝問題】タピオカ店の店長「お姉さんが一人暴走している感じ」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    d

    おっさんガン見やん

    ※画像がコチラ


    所長見解:ほんまや・・・
    【【悲報】女さん、デモ行進中にポロリしてしまうも気づかない模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    彼女と出会って、殿は変わってしまった――。

    ビートたけし(72)の10年来の弟子で運転手を務めていた石塚康介さんは、「週刊新潮」11月14日発売号で、たけしの愛人とされてきた横井喜代子さん(仮名)からのパワハラ被害と提訴した事実、そしてたけしと横井氏との「真実」を明かしていた。


    石塚さんはさらに、たけしらによる「オフィス北野」の元社長・森昌行氏への“糾弾”の詳細も明かす。


    b


    コトが起きたのは2018年2月11日。

    東京都世田谷区にあるたけしの自宅兼事務所、通称「等々力ベース」だった。

    たけしはこの日、軍団と会計士ら約10人を引き連れ、森氏を取り囲んだ。

    「その日、殿と軍団は『金を貰い過ぎだ』『10億円なんてもんじゃないに決まってる』『株主総会になぜ呼ばない』『会社の株はどうなっているんだ』などと、延々とカネ絡みのことで森さんを追及していました。
    それも約3時間にわたって――」(石塚さん)


     
    石塚さんによれば、13年に横井氏と出会って以降、たけしはカネにうるさくなった。

    この“糾弾会”も、横井氏に影響されたたけしが、森氏の役員報酬が高すぎると思い込み、開かれたという。

    被害と提訴した事実、そしてたけしと横井氏との「真実」を明かしていた。



    【音声】たけし、「刀出せ!」の激高

    動画がコチラ

     

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17403956/

    所長見解:怒ってんな・・・
    【【閲覧注意】森社長に殴りかかるビートたけしの衝撃音声がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年3月末にオフィス北野を退所したビートたけし。

    その騒動の渦中を収めた音声が流出し、週刊新潮が報じている。

    当時社長だった森昌行(現代表、つまみ枝豆)をビートたけしの自宅兼事務所で取り囲んだ「糾弾会」が行われた。

    「糾弾会」が行われたのは2018年2月11日で、ビートたけしが退所すると発表される1か月前(発表は同年3月14日)。

    no title


    音声は一部聞き取りにくい部分もあるが、ハッキリ聞こえるのは森昌行が「殿自身が経営には……」と言いかけたところでビートたけしが「オイ、刀出せ」と激高する。

    音声が変えられてわからないが周りの人がそれを見て叫びながら「やめてよ」と止める音声も確認できるが更にビートたけしは「なめてんじゃねーぞ、コノヤロー」と詰め寄っている。

    「あなた、あなた本当にやめて」という女性の声も聞こえるが、それに耳も貸さず「てめぇ、いい加減にしろよ、コノヤロー」と怒りが収まらないビートたけし。

    少し落ち着いたビートたけしは「普通だったら、軍団もお前半端じゃねえぞ。お前、いいか? こんな、お前30年も騙され続けて、最後の最後にこのザマだぞ。この汚さ。見たか。え? 株もみんな返せよ」とここで音声は終わっている。

    詳しくは11月20日発売の週刊新潮で報じられるという。

    http://dailynewsonline.jp/article/2083654/

    所長見解:怖いな・・・
    【【音声流出】ビートたけしが森社長を恫喝「オイ、刀出せ」「なめてんじゃねーぞ、コノヤロー」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ