ミーハー総合研究所

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: トラブル

    Sponsored Link

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気モデルでタレントのローラ(27)が所属事務所に対し、実質20年間の専属契約で不当に拘束されているとして、契約終了を求める申し入れ書を送付していたことが21日、分かった。
    ローラ側は、ボランティアのために拠出した2000万円の使途が不明になっているとも主張。
    信頼回復は「不可能」としており、独立を巡る法廷闘争に発展しそうだ。

    r


    ツイッターのフォロワー数が400万人を超えるローラが「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼を返して」と“謎のツイート”を投稿してから2カ月。
    沈黙を貫いていたローラが、ついに動いた。

    申し入れ書を送付したのは、2007年のデビュー時から所属する芸能事務所「LIBERA(リベラ)」。
    ローラは弁護士を代理人に立て、専属契約を終了する協議に応じるよう求めている。

    問題視しているのは、ローラがテレビで一躍脚光を浴びた直後の2010年7月に契約した内容。
    ローラの知人によると、有効期間が満10年と「芸能界でも相当長期な契約」(芸能プロ関係者)であるのに加え、期間満了の3カ月前までに契約更新しない意向を伝えても、事務所の了承がなければ、さらに10年間更新することができる内容になっている。
    「事務所の一方的な意向で実質20年間、不当に拘束できるわけで、これはさすがに公序良俗に反し無効であるというのが、彼女が相談した代理人の見解だった」という。

    現在、仕事などで渡米中のローラは友人らに「このままでは自分自身が壊れちゃう」と明かし、帰国した際に精神科に通院したことも。
    その原因は「デビュー時からずっと一緒に仕事をしてきたマネジャーや信頼していた女性役員など、5人ほどのスタッフがこの数年で次々と退社したことです。
    事務所社長と意見が対立した人がみんな辞めてしまい、信頼できる人がいなくなってしまった」(友人)という。

    ローラ自身も米国での仕事などで社長とは意見が対立。
    知人によれば「ボランティアのために使ってほしいと拠出した2000万円の使途が不明になっているなど信頼回復は不可能な状態」で、契約終了の協議を申し入れることになった。

    所属事務所はこの日、本紙の取材に「担当者が不在のためお答えすることができません」とコメント。
    一部では、昨年の同社の売り上げ推定8億円の9割がローラ関連だったとされるだけに“独立オッケー”と簡単にはいかないのが実情だ。

    ◆ローラ 1990年(平2)3月30日、東京都生まれ。
    父はバングラデシュ人、母はクオーター。
    雑誌「ViVi」の専属モデルを経て、CMやバラエティー番組などで活躍。
    タメ口キャラで人気となり、頬に手を当てる“オッケー”ポーズも流行。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000070-spnannex-ent


    所長見解:これはひどいね・・・
    【【闇深】ローラ、所属事務所に“独立”要求ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ダウンタウンの松本人志が20日放送の「ワイドナショー」で、自身がツイートした「しゃべっても。謎の事情でカットされ。。。」という内容について、言及した。
    前週13日の放送で、上原多香子のかつての不倫疑惑についての発言がカットされ、「フジテレビには怒ってるんですよ。フジテレビには怒ったんですよ」と語った。

    m


    先週の放送では後輩芸人の雨上がり決死隊・宮迫博之の不倫報道についても取り上げ、笑いも交えながら松本らそれぞれの出演者がコメントした。
    しかし、松本としてはインターネットを中心に世間の感心として、「上原多香子のニュースの方が興味は全然ある」と感じていた。

    ただ、収録の際にフジテレビ側からは「扱うのはなしにしてほしい的なことを言ってくるわけですよ」と申し出があり、松本も「そういうのいややから、触れようよと。触れないと恥ずかしいぜ」と反論。
    結局、局側と相談した上で「当たり障りのない」内容の発言をしたが、放送直前に「カットしていいですか」との連絡が入り「いやいやいやいや」と不快感が爆発した。

    「何でなん?っていったら、フジテレビでは扱わないということになりました。何じゃそらでしょ」と怒る松本。
    さらに後日、同局系の「とくダネ!」でこの話題が取り上げられたことも松本の不信感に拍車をかけたという。

    この日ゲスト出演したヒロミからは「V(TR)だけ流してコメントをしないとか」など、テレビ局が扱いにくい話題の時の対処方法も提示されたが、松本は「僕はこの番組はそうじゃないようにいきたいし、そういうことから逃げない『ワイドナショー』やと(視聴者には)思ってほしいし、そこは貫かないと」と持論を展開。
    「フジテレビにとってもよくないですよ。フジテレビを愛するがゆえに言ってるのに、フジテレビ側から足を引っ張られるという」とフジテレビの姿勢に強く反論した。


    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/20/0010478652.shtml


    所長見解:たしかにそうだよね・・・
    【【これは激怒】松本人志、フジに怒り 上原多香子の話題カットってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    異変が伝えられていたタレントのローラ(27)に新事実が発覚だ。
    発売中の週刊文春によると、ローラは所属事務所と10年にも及ぶ長期の契約を交わしていて、仮に契約が終了したとしても、その後2年間は芸能活動ができないという、まさに“奴隷契約”と言っていい内容の契約書にサインをしているという。

    また、ローラが契約の内容を確認しようとしたところ、事務所社長から「辞めるつもりなら、暴露本を出してやる」「日本だけでなくアメリカでも活動できなくするぞ」と恫喝されたというから恐ろしい。
    さらに、ローラが信頼する事務所のスタッフが次々に辞めていて、ローラはパニック状態に陥り、うつ病の一歩手前だという。

    r


    ベテランの芸能記者がこう言う。
    「10年もの長期契約は今まで聞いたことがありません。
    ただし、このような奴隷契約は表面化してないだけで、芸能界ではいくらでもある。
    韓国の芸能界はもっとひどく、“20年契約”や“30年契約”なんてザラです。
    ひどいものになると、コンサートのチケット50万枚をさばけなければ、ギャラを払わないという契約もある」

    タレントと所属事務所が契約でもめ、裁判で争った例はいくつかあり、タレント側が勝訴するケースが多い。
    今やママタレとして活躍するゆうこりんこと小倉優子(33)も、前所属事務所と契約解除をめぐって裁判となったが、小倉側の言い分を認める判決が出ている。

    「ローラが訴訟を起こせば、勝つ確率は高いと思います。
    社長が『暴露本を出してやる』などと言ったことが本当であれば、“恐喝”にあたる可能性もある。
    今後の芸能活動を円滑に行うためにも、今の事務所から独立するか、移籍するかしたほうがいい。
    “もめている”というイメージを引きずらないためにも、できるだけ、早期に決着すべきでしょう」(前出の芸能記者)

    ローラは“第2のゆうこりん”になれるのか。

    https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_408807/


    所長見解:これはもめるよな・・・
    【【これはひどい】ローラ、10年奴隷契約発覚ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「SPEED」上原多香子が追い込まれている。
    発売中の「女性セブン」(小学館)で、夫のTENNさんが2014年9月に自殺した遠因に上原のダブル不倫があったと報じたのだ。
    お相手は既婚のイケメン俳優・阿部力。
    同誌ではTENNさん直筆の遺書に加え、上原と阿部のラブラブ写真も数点掲載されている。

    t


    SPEEDと言えば、先に今井絵理子と橋本健市議のダブル不倫が話題になったばかり。
    だが、上原の方はなぜか新聞やワイドショーでも取り上げる回数が極端に少ない。

    その理由についてテレビ関係者は「上原さんの所属事務所は芸能界に強い影響力を持つため、多少の忖度は働いたとは思いますが、今回はやはり人が亡くなっている案件ですからね。
    どうしても重い話になってしまうので、お茶の間向きではないという判断です」と話す。

    一方、別の関係者はこうも語る。
    「なぜTENNさんの死後3年が経過した今になってこのネタが出たのか?
    そこを掘り下げていくと、いろいろと面倒くさい問題が出てくる」

    女性セブンや一部スポーツ紙がやんわり触れているが、現在、TENNさんの遺族と上原の間で不倫の後始末をめぐって金銭トラブルが生じている模様。

    事情を知る関係者の話。
    「女性セブンではTENNさんの弟さんが全面に出て証言していましたが、息子を亡くした怒りが大きいのは母親。
    遺書を読む限り、息子が命を絶った遠因に上原さんの浮気があったことは間違いない。
    一説には3000万円以上の“解決金”を上原さんサイドに要求しているそうです」

    3000万円という大金はそう簡単に用意できるものではない。
    しかも「ややこしいのはここから」だという。

    「ややこしいのはここから。
    その交渉ごとに第三者が介入してきているそうなのです。
    どうも母親の地元の関係者のようで、上原さん側が3000万円という金額提示に渋ると、逆に4000万、5000万円と値段を釣り上げていったとか。
    さすがに現在上原さん側は顧問弁護士に相談しているそうです」(同)

    そうこうしているうちに、女性セブンで突然記事が掲載された。
    ほかの媒体にも似たようなリークがあったというから、何らかの意図が働いたスキャンダルである可能性が高い。
    とはいえ、元を正せば上原の男グセが招いた結果。

    今月18日まで上原は舞台「音楽喜劇 のど自慢~上を向いて歩こう~」に出演するが、以降は無期限の休養に入る見込みという。
    前出テレビ関係者によると「金銭トラブルで所属事務所にも少なからず迷惑をかけている。事実上の芸能界引退になってしまうかもしれません。
    週刊誌の合併号休み明けの来週には新たな衝撃写真とともに続報が掲載されるという情報もありますからね。事務所もお手上げです」と話す。

    夫を亡くした上に、その親族と骨肉の金銭トラブルが繰り広げられているとあれば、さすがにメディアも手を出しづらい。
    しばらくは静観した方が良さそうだ。

    http://tocana.jp/2017/08/post_14147_entry.html


    所長見解:ややこしくなりそうな・・・
    【【泥沼化へ】上原多香子、不倫の解決金は5000万円 メディアも扱いをためらう“激ヤバ真相”ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・小池栄子(36)が「金銭トラブルに巻き込まれている」と、「週刊新潮」に報じられた。
    同誌によると古巣の芸能事務所「ドリームキャブ」が原告となり、所属していた期間の未払い精算金約1200万円の支払いを要求するもの。

    被告は小池と、夫で現事務所「e―PRODUCTION」の社長を務める坂田亘氏(44)だ。

    k


    小池は駆け出しのころ、「イエローキャブ」の関連会社「サンズエンタテインメント」に所属。
    その後、移籍したイエローキャブが経営破綻したことで、業務提携先のドリームキャブ所属となっていた。

    現在所属する「eプロ」への移籍にあたって、小池がやるべきことが“精算”だった。

    「ドリームキャブやイエローキャブで取ってきた仕事の報酬は、タレントが事務所を離れた後も受け取る権利がある。
    当初、坂田さんも内容に納得していたのですが、途中から『払いません』と言いだした。
    小池の商品価値に傷をつけたくないから、話し合いを進めて訴訟をギリギリまで避けようとしてきたが、坂田さんが全く対応してくれなかった」(ドリームキャブ関係者)

    約1200万円という金額は、過去3年間のCM出演料を除く仕事の稼ぎの平均に約30%をかけたもの。
    「これでも良心的。昔は事務所を移籍するとなればタレント側が5000万円、1億円払うのが普通だった。
    かなり現代的でビジネスライクな要求だと思う」とは古株の芸能関係者だ。

    前出のドリームキャブ関係者は「小池は業界のルールを破ってしまった。こんなことがまかり通ると、事務所がゼロから育てて、一人前に稼げるようになった途端、独立していく芸能人が増えてしまい事務所は存続できない」と嘆いた。

    坂田氏サイドは弁護士と話し合ったうえで、「1200万円は支払う必要はないと判断したそうだ」(事情通)。

    1回目の口頭弁論は今月31日の予定。
    ドリームキャブの弁護は多くの芸能事務所が所属する音事協の顧問弁護士が担当。
    業界の慣習の未来を占う裁判となり、判決が注目されそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13452196/


    所長見解:旦那がね・・・
    【【芸能界の掟】小池栄子が前事務所と金銭トラブルってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ