事件・事故

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元モーニング娘。の吉澤(本名・川前)ひとみ被告(33)の初公判が29日、東京地裁で開かれた。

    起訴事実を認めた吉澤被告は「一人の人間として考えが甘かった」と謝罪し、涙。

    二度と運転しないことは誓ったが、夫の証言で毎日台所で飲酒していたことや事件後も断酒していないことが明らかになった。

    検察側は懲役2年を求刑。30日に判決が言い渡される。

    y


    元人気アイドルは、グレーのジャケットにひざ丈のスカート姿で出廷した。

    逮捕時から茶色だった髪は黒く染められ、すっぴんに近い薄化粧の顔はやせこけていた。

    佐藤卓生裁判官から裁判資料の記載内容を確認された吉澤被告は、「職業のみ違います」とぽつり。

    「無職ですか?」の問いに「はい」と答え、保釈翌日の9月28日に引退してタレントではなくなったことを強調した。

    起訴事実については「間違いありません」と消え入りそうな声で認めた。

    結婚指輪をはめた左手で右手を覆い、視線を落としたまま冒頭陳述を聞いていたが、嘆願書が弁護人から代読されると表情が一変した。

    引退まで所属していた元芸能事務所社長から「一人の友人として、人生の先輩として、何かあれば協力する」と温かい言葉が寄せられると、涙腺が決壊。

    大粒の涙が顎からしたたり落ち、何度もはなをすすった。

    吉澤被告は9月6日午前7時頃、酒気帯びの状態で車を運転し、東京・中野の路上で男女2人をはね、そのまま逃走。

    事故前日の5日午後8時すぎから当日午前0時頃まで缶酎ハイ3本と焼酎のソーダ割2杯を飲んでいた。

    ドライブレコーダーの鑑定から事故当時は時速86キロ(法定速度は60キロ)で走行していたと特定され、現場から約5キロ離れた練馬区役所から夫にLINEで連絡。

    110番通報することをうながされたという。

    弁護人質問では、逮捕時に焼酎の話をしなかった理由について「その場で頭に浮かんだのは缶酎ハイ3本だったから」と説明。

    逃走したのは「気が動転してパニック状態になったから」と話した。

    被害者には慰謝料などを支払い示談が成立したが、女性の顔には傷が残ったという。

    当時の飲酒量について問われると、「飲んでしまったことを後悔しています」とざんげし、「酒が残った状態で車を運転してしまったこと」が事故の最大原因と話した。

    事故車は今後処分し、9年間失効された運転免許証の再取得はせず、車に乗らないと誓った。

    一方、アルコールへの依存も浮き彫りに。

    2015年に結婚したIT企業経営者の夫は、事故後に「毎日キッチンで酒を飲んでいた」と供述しており、家庭で飲酒を繰り返すキッチンドリンカーであることが判明した。

    この日、被告の両親とみられる2人と傍聴席で妻を見守り、証人として出廷した夫は、検察官から事故後の飲酒状況を聞かれ、「急激に減っています」と証言。

    「全く飲んでいないわけではない?」の問いに「そうです」と続け、長男(2)の母でもある被告が断酒していないことが明らかになった。

    今回と昨年9月の2件の交通事故以外に3件の違反歴があることも判明。

    その一つは今回の事故の5カ月前で、悪質な印象も際立った。

    最後に裁判官から「自覚の足りなさをどう乗り越えるのか。決意はあるか」と問われた吉澤被告は「被害者の方に十分に謝罪し…日頃の生活の…」としどろもどろ。

    「今回起こしたことを一生忘れずに過ごしたい」と振りしぼった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000033-sanspo-ent


    所長見解:アル中かね・・・

    【【飲酒ひき逃げ事件】吉澤ひとみの夫「毎日キッチンで酒を飲んでいた」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月21日、大塚愛(36)がRIP SLYMEのSU(45)と離婚したことを発表した。

    09年10月に結婚し、11年3月には長女が誕生したことを発表していた彼女。

    だがオフィシャルモバイルサイトにつづったのは《幸せな毎日から、耐え難い毎日まで、とても一言では伝えられませんが、子どもとの生活を守るために決断したことです》という言葉だった。

    SUは昨年4月、モデルの江夏詩織(23)との不倫が報じられた。

    s


    その影響は大きく、SUは活動自粛。

    他のメンバーも4人で活動し始めたが、活動休止状態となっていた。

    今年10月にはHPが閉鎖。

    今月3日にはSUがインスタで《全ての責任は私大槻一人、SUにあります》とつづっていた。

    実はこの不倫報道前、大塚を恐怖させるできごとがあったという。


    「不倫報道前からSUさんと江夏さんの関係は続いていたようです。
    江夏さんは『別れるなら私、死ぬから!』と言って離婚を迫るほど。
    大塚さんも夫の行動を不審には思っていたようです。
    そして16年11月深夜に“事件”が起きました。
    SUさんが不在のなか、江夏さんが大塚さんの自宅へやってきたのです。
    江夏さんは何度もインターホンを鳴らしてきて……。
    大塚さんが恐る恐るモニターを見ると、彼女は静かに立っていたそうです。
    大塚さんは警察に通報し被害届を提出。
    江夏さんは警察に連行されていきました」(大塚愛の知人)

    関係のない子どもと大塚を狙った卑劣な行動。

    だが被害届は受理されたものの、立件には至らなかったという。

    そのため、彼女の悩みが尽きることはなかった。

    「深夜の訪問以降も、江夏さんとSUさんは連絡を取り続けていたといいます。
    それもあって、大塚さんは『また子どもが危険な目に遭わされるんじゃないか……』と怯えるようになっていきました」(別の夫妻の知人)

    だが妻の不安をよそに、SUは意外な行動に出たという。

    「今年6月、大塚さんはSUさんの事務所へ『RIP SLYMEを存続させてください』とお願いしたそうです。
    しかしSUさんは自分の不貞を妻に詫びるどころか、逆に『余計なことをするな!』と激怒したそうです。
    そしてそのまま家を飛び出し、別居するようになったのです」(前出・夫妻の知人)

    身勝手すぎるSUのふるまいに、周囲も呆れるばかりだった。

    「そもそもRIP SLYMEが活動休止状態に陥ってしまったのも、SUさんの不倫が原因です。にもかかわらず、彼は周囲にいっさい謝罪もなかったといいます。
    江夏さんのことにしても、SUさんがきちんと受け止めていれば警察沙汰にまでならなかったはずです。
    しかし彼は最終的に、江夏さんも捨てるようにして別れたそうです」(前出・夫妻の知人)

    それでも大塚は子どものためを思い、別居後も関係修復をはかろうとした。

    だがSUの言葉により、彼女は絶望の底へと叩きつけられることとなった。

    「大塚さんは何度も『子どものためにもう一度、やり直してほしい……』とSUさんにお願いし続けたといいます。
    しかし彼は『そういうの、負担だから!』と言い放ったそうです。
    別居後も、彼は養育費をいっさい送ってきません。
    彼女は精神的に追い込まれ、音楽活動にも支障をきたすようになっていきました」(前出・夫妻の知人)

    妻や不倫女性を翻弄し、最後は逃げていったSU。

    そして大塚はついに決断を下したのだ。

    大塚の所属事務所に問い合わせたところ、担当者は「離婚したことや被害届を出したことは事実ですが、詳細についてはお答えできません」と答えた。

    また江夏のオフィシャルサイトに問い合わせたところ、《お答えすることはございません》との答えが。

    SUの所属事務所は「担当者が不在」とのことで、締め切りまでに返答はなかった。

    晴れ渡った11月中旬の朝、都内の自宅から大塚が長女とともに出てきた。

    長女の左手はママとしっかりつながれている。

    娘の手を握り返し、自宅を後にする大塚。

    その背中からは、「これからはシングルマザーとして生きていく」という強い決意が感じられた。

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1687969/


    所長見解:あかんわ・・・

    【【これは怖い】大塚愛・離婚の裏に警察騒動がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月20日、都内にある高級デパートの食品売り場をブーツ姿で闊歩する女性がいた。

    11月29日に初公判を控える元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告(33)だ。

    その横には母親がぴったりと寄り添っていた。


    9月6日に酒気帯びひき逃げ事件を起こし、逮捕された吉澤。

    9月下旬の保釈時には白のシャツに黒のロングスカートという質素な装いで報道陣の前に姿を見せていた。

    やつれたように見せつつも最低限の化粧をしっかりとほどこした顔つきは“反省メーク”と呼ばれ、話題を呼んでいた。

    実際、彼女は、“芸能界引退”という大きな決断もくだしていた。

    「吉澤さんはモー娘。黄金期を支えた立役者ということもあり、事務所内では『無期限活動休止でもいいのでは?』という声も一部であがっていたようです。
    ですが、事件後の厳しい批判に心を痛めた義母が自殺未遂を起こしてしまったそうです。
    そのことにショックを受けた吉澤さんは『これ以上家族に迷惑をかけられない……』といって自ら芸能界引退を決断したそうなんです」(所属事務所関係者)

    そして、保釈後は断酒治療のために東京郊外の心療内科専門病院に入院。

    着々と更生への道を歩み始めたかのように見えていた――。

    しかし、そんな生活に少しずつ綻びが見え始めている。

    「吉澤さんは専門病院からもう退院してしまったそうです。
    通常であれば断酒治療は長い時間を要するのですが……」(精神科医)

    そして、事件は意外なところにも波紋を広げているという。

    「実はモーニング娘。'18が『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)に出場すると言われていたんです。
    今年大ヒットしたDA PUMPの『U.S.A.』はもともと『モー娘。の曲調を彷彿とさせる!』とネットで話題になったことで火がつきました。
    さらに今年でモーニング娘。はデビュー20周年。
    紅白への出場は確実視されていました。
    ですが、今回の事件でそれもすべてが白紙になってしまいました。
    吉澤さんからメンバーへの公な謝罪は、今もありません。
    そのため周囲からは『反省の色がみえない』と憤る声もあがっています」(前出・所属事務所関係者)

    実際に本誌が目撃した彼女の姿もずいぶんリラックスしたものだった。

    まず、驚いたのはその服装だ。

    先ほどの“反省スタイル”から一転。

    耳元にはピアスがいくつも連なり、太ももが露わになった超ミニスカートを着用。

    派手派手しいいでたちをしていた。

    y


    そして“酒断ち”を誓ったにもかかわらず彼女が手に取ったのは漬け物、スナップエンドウ、揚げ物といった“宴”に欠かせないものばかり。

    母親とチーズを試食し、満面の笑みを浮かべる一幕もあった。

    吉澤がデパ地下で“爆買い”をしたのは理由があったという。

    「実は11月22日は吉澤さんの結婚記念日なんです。
    昨年のブログでも『我が家はパパとママの結婚記念日! 夜はパパとデートです♪』と綴っていたように、毎年夫婦で盛大に祝うのが恒例行事でした。
    ただ、今年は事件のこともあるので人目につくところで祝うのがなかなか難しいため、自宅での準備をしていたのでしょう」(芸能関係者)

    自宅近くにはより庶民的なスーパーもあったが、彼女はスルー。

    あえてデパートまで出向いていた。

    「芸能界を引退した吉澤さんの収入は当然ゼロに。
    旦那さんはIT会社の社長を務めていますが、事件の影響で仕事が激減していると聞きます。それでも、まだ恵まれた生活を送っているようです。
    逮捕後の今も家賃約50万円のセレブマンションに住み続けています」(吉澤の知人)

    果たしていま、彼女は何を思うのだろうか――。

    その真意を探るべく、買い物を終えた吉澤被告を本誌が直撃。

    デパートから出てきた吉澤に記者はこう切り出した。

    「来週から初公判が始まりますが、被害者の方々に一言お願いします」

    だが彼女は何も答えることなく、店内へと踵を返して去っていってしまった。

    今週からいよいよスタートする公判。

    だが、“本当の更生”が始まるのはまだ先のようだ――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181127-00010002-jisin-ent

    所長見解:おつまみ・・・

    【【あの人は今】元モー娘。吉澤ひとみさんがデパ地下で酒のつまみを物色の模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ひき逃げなどの罪で起訴された「モーニング娘。」の元メンバー、吉澤ひとみ被告について、東京都の公安委員会は16日、免許取消の処分を決定した。

    「モーニング娘。」元メンバーの吉澤ひとみ被告は今年9月、東京・中野区で酒を飲んだ状態で車を運転し、赤信号の交差点を直進して2人にけがをさせるなどしたうえ、逃走した罪に問われている。

    16日、警視庁が吉澤被告の代理人から意見を聞いたうえで、東京都の公安委員会が、吉澤被告の運転免許の取消処分を決定した。

    吉澤被告は少なくとも8年間は免許を取得できなくなったという。

    警視庁に対し、代理人は、吉澤被告の意見として「もう乗らない」「反省しており処分に従う」などと伝えたという。

    y


    吉澤被告の初公判は今月29日に東京地裁で開かれる。

    http://www.news24.jp/articles/2018/11/16/07409376.html


    所長見解:飲まない・・・

    【【飲酒ひき逃げ】吉澤ひとみ被告 「もう乗らない」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■見え隠れする弁護士事務所の思惑

    「紀州のドンファン」こと資産家の野崎幸助氏(享年77)が急死した事件から約5ヵ月。
    事件は新展開を迎えた。
    野崎氏の55歳年下の妻(22)が近く巨額遺産を手にし、海外へ移住するという噂が広まっているのだ。
    いったいどんな経緯なのか。

    d


    「当初、遺産は50億円以上と言われていましたが、蓋を開けてみたら約30億円だったようです。
    その内訳は、キャッシュと株券で15億円。不動産で10億円。
    ルノアール、藤田嗣治などの絵画は現在鑑定中ですが、おそらく億単位の金になると見込まれ、合計30億円。
    本来、相続財産の4分の3である22.5億円が妻に、残る4分の1を(野崎氏の)兄妹が分け合うことになっていました」(司法関係者)

    だが、今年8月に週刊文春が報じた通り、生前、野崎氏が「全財産を田辺市に寄付する」という遺言書を知人男性に託していたことが発覚し、それにより遺産配分の根底が崩された。
    「遺言書の有効性が認められた場合、全額田辺市に渡るのではなく、妻は最低限の遺産を保障する遺留分減殺請求を行うことで2分の1を相続することができます。
    つまり15億円が田辺市に、残りの15億円が妻に渡ることになるのです」(同前)

    遺言書により、妻の取り分は7.5億円ほど減ったわけだが、「損して得取る」という方針の裏には、弁護士事務所の欲に塗れた思惑があったという。
    「仮に妻が逮捕された場合、相続権が失われる。
    そのため代理人のレイ法律事務所は早く遺産を確定させ、利益を確保する必要があったんですよ」(同前)

    近く15億円を手に入れることになる妻は、上機嫌で韓国語を勉強し、海外に移住をする準備をしているという。
    まだ目が離せない状況だ。

    https://k-knuckles.jp/6/2962/2/


    所長見解:すごいな・・・

    【【紀州のドンファン事件】55歳年下妻「韓国逃亡」説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ