ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: 事件・事故

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    紀州のドン・ファンこと野崎幸助さん(77)が急性覚せい剤中毒で「怪死」して3週間が経過したが、「事実は小説より奇なり」の展開となってきた。

    d


    和歌山県警は6月7日に、3回目となる、野崎さんの自宅を家宅捜索するとともに、5月6日に同じく“怪死”した愛犬、イブちゃんの土葬された、亡骸を掘り出した。

    生前、野崎さんは知人らに赤い引っ掻き傷が残る胸元を見せながら、「イブちゃんはなぜあんなに苦しんで死んだんだ。イブちゃんは私の胸を掻き毟って死んでいった。おかしい」と繰り返し訴えていたという。
    「あの時、死因を調べていれば、野崎さんが亡くなることもなかったと思うと残念でなりません」(知人)

    県警は現在、イブちゃんの遺骸から覚せい剤の成分が検出されるかなどを鑑定中だ。

    「死後、1カ月ぐらい経過しているが、鑑定に支障はない。
    イブちゃんの亡骸の周囲の土なども持ち帰った。
    実はイブちゃんの遺骸から覚せい剤の成分とみられる反応が出ている。
    確定的な鑑定結果はまだ先になるが、イブちゃんも覚せい剤で殺害されたとみて、おかしくない所見が明らかになっている」(捜査関係者)

    イブちゃんの鑑定は、大阪の獣医学の専門家に依頼して、進めているという。

    捜査関係者によれば、イブちゃんの亡骸の保存状態は非常によかったという。
    その理由を野崎さんの会社の従業員がこう明かす。

    「防腐用に石灰を事前に撒き、イブちゃんの遺体にサラシを撒き、土葬しました。
    社長は土葬にこだわった。
    社長は自分のお母さんが大好き。
    お母さんも土葬だったため、イブちゃんもそうしたかったようでした。
    自分の家の庭に埋めると言い出し、周囲は衛生面などから反対。
    奥さんも反対したのですが、社長は譲らず、『エルメスの箱に入れて埋める』と言い出した。
    造園業者にお願いして掘ってもらった穴は深さ1.3メートルくらい。
    けど、穴のサイズが小さく、箱に入れたままではイブちゃんの亡骸を土葬できなかった。
    そこで、社長のいない間に亡骸を箱から出してサラシを撒いたまま、土葬しました」

    愛犬、イブちゃんも覚せい剤が原因で死亡したとなると、殺人事件の可能性が高まってくる。

    「覚せい剤が共通点となると、野崎さんとイブちゃん、どちらにも近づける人物の犯行と考えられる。
    犯人をぐっと絞り込む捜査になっていくだろう。
    野崎さんの自宅や会社には数多くの防犯カメラが設置されている。
    今、その映像を出してもらい、調べている」(前出の捜査関係者)

    また、野崎さんには注射器などを使った形跡がなく、大量の覚せい剤を摂取した原因は、食べ物や飲み物などに入れられたものを口から摂取したとみられている。
    和歌山県警は野崎さんの会社から中瓶のビール瓶約2400本を押収している。

    「社長が亡くなった時に飲んだビール瓶を誰が、会社に持ち帰ったのかなど、かなり詳細に事情を聞かれました。
    ビール瓶はこちらから大きなトラックに積み込み、警察に運びました。
    向こうにはフォークリフトがなく、15人ほどの警官が人海戦術でトラックからおろしていた」(従業員)

    前出の野崎さんの知人はこう振り返る。

    「野崎さんは報じられている通り、おむつが手放せなかった。
    その上、エルメスの香水を愛用しているので異様な匂いがいつも周囲で漂っていた。
    先日、野崎さんの会社に行ったが、今も野崎さんの残り香があり、まだ生きているような気がした」

    果たして野崎さんの死のミステリーが解ける日が来るのか。(本誌取材班)


    週刊朝日
    https://dot.asahi.com/wa/2018061300090.html?page=1


    所長見解:そろそろか・・・

    【【ドン・ファン事件】愛犬イブから覚せい剤反応か いよいよ・・・ ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    神奈川県内の東海道新幹線車内で起きた殺傷事件で、「他の男性客は被害者をなぜ助けに行かなかったのか」などとツイッター上で疑問の声が出て、議論になっている。

    一方で、助けに行けば犠牲者が増えた可能性もある、などと反発の声が次々に上がり、ツイートが炎上、削除される騒ぎにもなっている。

    j


    この事件では、小島一朗容疑者(22)が座席の両隣の女性にナタやナイフで切り付け、後ろの座席にいて止めに入った梅田耕太郎さん(38)が首などを切られて失血死している。

    周囲にいた乗客は、慌てて別の車両に逃げ込んだなどと報じられているが、ツイッター上では、他の男性客もいたはずなのになぜ助けなかったのか、といった趣旨のツイートを中心に疑問の声が相次いだ。

    梅田さんの勇気を讃え、追悼の意を示すと同時に、「他の男性陣もすぐさま応援駆けつけして欲しかった」などというのだ。
    「勇気ある人を守らないで、他の男性が逃げる世の中が恨めしい」「他の誰かが、一緒に立ち向かえば、あそこまでの惨事にならなかった」といった声が続々寄せられている。

    アメリカなどだったら、複数の男性たちが立ち向かって犯行を食い止めていたはずだとの指摘もあった。

    これに対し、ネット掲示板などで、こうしたツイートに疑問や批判が相次ぎ、炎上してツイートが削除に追い込まれるケースも出てきている。


    専門家「どんな行動が最善かは分からない」
     
    疑問や批判としては、

    「なた振り回してるのに立ち向かうのは、死ぬ気で行かないと無理」
    「男数人で押さえに行けば止まっただろうけど死体は無駄に増えてただろう」
    「そりゃ逃げるよ オレの家族は誰が守ってくれるんだ?」

    といった声が上がった。

    また、新幹線の車両内は狭い通路になっていることから、「どんなに大勢いようが対峙する時は一対一」だとの指摘もあった。

    他にも

    「男の命は軽いって言いたいのか」
    「なんで女性は助けに行かなかったの?」
    「すげぇ男性差別」

    といった反発も出ていた。

    一方で、

    「こういう事言いたくなる気持ちは分かる」
    「目の前で襲われてる状況なら俺は助けたい」
    「この事件で自分だったらどうするか考えさせられた」

    との書き込みもあった。

    新潟青陵大学の碓井真史教授(社会心理学)は、ヤフー・ニュース(個人)への6月11日の投稿で、梅田さんの勇気ある行動で被害者を最小限に留めたと讃えながらも、「あのとき、どんな行動が最善だったのかは分かりません」と指摘した。

    そのうえで、「みんなで力を合わせ、だれも亡くなることなく犯行を止めることができていれば、一番良かったでしょう。
    けれども、ドラマのように上手くはいきません。
    冷静で安全な立場にいる人が、緊急事態に直面した人を安易に責める事はできません」と指摘している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000012-jct-soci

    所長見解:なかなかね・・・

    【【新幹線殺傷事件】「他の男客も助けて」「他の男が逃げる世の中恨めしい」「欧米なら複数男性で制圧」批判ツイートの結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    謎が謎を呼ぶ、紀州のドンファンこと野崎幸助さんの死。
    各メディアが様々な角度からこの「事件」について報じる中、本日発売の週刊現代では、遺された若妻のSさんの言葉と、いままで語られなかった通夜での「異変」について報じている。

    d


    極度のストレス

    「もういいかげんにして、私は犯人じゃない」―。

    東京・新宿にある若妻Sさん(22歳)の別宅マンションに家宅捜索が入ったのは6月2日のこと。
    それから4日後、和歌山に戻るため彼女は羽田空港に向かっていた。

    空港に着くと到着を待っていた大勢のマスコミがSさんを取り囲んだ。
    マスクと大きなサングラスで顔を隠し、終始無言をつらぬくが、連日メディアに追いかけ回され、イライラがつのっていたのだろう。
    スマホで撮影する記者の一人に向かって、彼女は思いがけない行動にでる。
    記者からスマホを奪い取り、地面に投げ捨てたのだ……。

    5月24日に「紀州のドンファン」こと野崎幸助氏(77歳)が、謎の死を遂げてから約半月がたった。

    テレビのワイドショーでは連日「ドンファン怪死」について報じられている。
    改めて彼女にインタビューし現在の心境を語ってもらった。

    ―警察の事情聴取ではどんなことを聞かれましたか? 

    「ウソ発見器にかけられ、犯人しか知らないことを聞くので、すべて『いいえ』で答えるように言われました。
    飲み物に混ぜましたか、食べ物に混ぜましたかなど、覚醒剤に関する質問を細かく聞かれました」

    ―野崎氏はサプリを飲んでいましたか? 
     
    「大量のサプリを持ち歩いて、飲んでいたらしいけど、実際に飲むところは見たことがありません」

    変なものが出てこないか

    ―愛犬のイブが死んでからは相当落ち込んでいたようですね。

    「社長はイブちゃんの件以降『死にたい』とも口走っていましたが『そんな気ないでしょ』と私が聞いたら、『君がいてくれるから』と言っていたので自殺はないと思います。

    かといって他殺で疑われても困るけど、お手伝いのKさんが殺したとは絶対に思えないです。
    あそこの家は、だれでも簡単に出入りできたから、仕込もうと思えばいくらでも仕込めるっていうか……。」

    ―Sさんにとって野崎氏はどんな人でしたか? 
     
    「話したがり屋の寂しがり屋な人でした。おじいちゃん的な可愛さはありました。
    『夫婦関係というよりも介護』という感じでした。
    足腰が弱っていて、お風呂で立ち上がれなくなったときは、このまま溺れちゃうんじゃないかと心配しました」

    ―改めて聞きますが、Sさんが事件に関係していることはない? 
     
    「それはないです。でも(家宅捜索で)変なものが出てこないか怖い」

    本日発売の週刊現代では、Sさんのインタビューのほか、家政婦Kさんの新証言、そして、複数枚の写真で野崎氏の通夜の「語られなかった部分」を詳細に報じている――。


    週刊現代
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180611-00056047-gendaibiz-bus_all


    所長見解:そろそろ・・・

    【【衝撃展開】「紀州のドンファン」の若妻が漏らしたってよ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元TOKIO・山口達也の“不安定”な今……
    「大声で叫ぶ」「突然泣き出す」退院後はハワイ移住か

    y


    未成年への強制わいせつ容疑で書類送検(起訴猶予処分)となった元TOKIO・山口達也(46)の精神状態が心配されている。

    山口の「今」について、芸能関係者は「現在も日本国内で治療、療養しているようです。
    事件発覚直後から超高級病院に入院していました。
    まさにホテルのようなゴージャスさで、億ションの一室のような部屋で過ごしていたようです。
    ところが、自分の置かれた立場、他のメンバーの苦悩、世間のバッシングを報道などで知るにつれて疲弊。
    突然大声で叫ぶ、泣く、不眠など精神的な不安定さから、メンタル専門の病院に転院したようです」と声をひそめる。

    そういった事情もあり、事件の現場となった山口が住んでいた都内のマンションや、所有する都内一等地の一軒家も家主不在のままになっているという。

    「いずれその家も、売却することになるでしょう。
    今後、NHKから請求される損害賠償も払っていかなければならないかもしれませんし、収入が見通せない中で、高額の入院代など出費もかさんでいます。
    そういった金銭的な事情もますます精神的な不安に追い打ちをかけているようで、心配されていますよ」(同)

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-164550/ 


    所長見解:ほんまかいな・・・

    【【あの人は今】元TOKIO・山口達也さんの現在の状態がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「警察の聴取はもう7回も受けています。
    (和歌山県警)田辺署に呼ばれたのが3回、家や社長(野崎氏)が経営する会社の捜索に立ち会ったのが4回。
    携帯も2度取り上げられたし、6月に入ってからは私の東京の家も家宅捜索されて……。
    警察が私を疑っているのは間違いありません。
    事情聴取の際にはっきりと、『殺人容疑として捜査しています。家にいたのはあなたと家政婦だけなんだから疑うのは当然でしょ』と言われましたから。
    でも、私は絶対にやっていません」

    「紀州のドン・ファン」こと和歌山の資産家・野崎幸助氏(享年77)が亡くなってから、2週間。
    これまで沈黙を貫いてきた55歳年下の新妻・Sさん(22)は、静かな口調でそう語り始めた。

    「事情聴取は同じ質問ばかりです。
    亡くなった日の私の行動や遺体発見の状況などを細かく細かく聞かれる。
    つらかったのは、亡くなってから1週間後に、13時間拘束され取り調べを受けたとき。
    『ウソ発見器』にかけられたんです。
    心拍数を測るようなテープを手首や足首に貼られて、『質問にはすべて『いいえ』で答えてください』と。
    『(覚醒剤を)食べ物に混ぜましたか』『風邪薬として飲ませましたか』と、とにかく覚醒剤に関する質問をしつこく聞かれました」

    野崎氏が亡くなった5月24日、Sさんは昼頃に起きた後、夕方から夫と2階の寝室で相撲中継を見ていた。
    相撲中継が終わった18時頃に1階のリビングへ降り、ともに食事。
    その際、野崎氏は「食欲がない」と語り、自らビールをグラスについで飲んでいたという。その後、野崎氏は一人で寝室へ。
    そして、Sさんが22時半頃に2階に上がると、野崎氏が全裸で死亡していた。

    「私も、当日一緒にいたお手伝いさんも絶対に殺していません。
    社長も絶対に覚醒剤をやる人ではありません。
    愛犬のイブちゃんが5月上旬に亡くなってから、社長は『私も死にたい』と言い出すようになりましたが、私が『そんな気ないでしょ』と言ったら『Sさんがいてくれるなら』と答えていました。
    自殺はないと思います。
    田辺の家はセキュリティが甘いので、もしかしたら誰かが何かを仕込んだのかもしれませんし……真相は本当にわからないんです」

    6月8日発売のFRIDAY最新号では、野崎さんとの出合いから事件当日の状況、その後の捜査内容までSさんがすべてを告白している。
    また、本誌の取材に答える彼女の姿も掲載している。

    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180608-00010000-friday-soci

    和歌山県警の捜査員と歩くSさん。
    2月に入籍して以来、東京と和歌山を往復する生活を送っていたという

    no title


    所長見解:どうなんだろな・・・

    【【ドン・ファン事件】渦中の妻Sさんの独占告白がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ