事件・事故

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    連れ去られた猫の「はと」見つかる 配ったチラシから目撃情報 三重

    三重県鈴鹿市の建物で3月16日、男に連れ去られた猫が、世話をしていた女性によって保護された。

    見つかったのは、窃盗容疑で逮捕された男の家の近く。

    女性がチラシを配って捜していたところ、周辺住民から目撃情報が寄せられ、保護につながった。

    h


    連れ去られたのは生後8カ月ほどの雄の「はと」。

    元々は捨て猫で、鈴鹿市の建物で女性の世話を受けながら他の猫たちとともに暮らしていたが、3月16日にひもを首に巻いて連れ去られる姿が防犯カメラに映っていた。

    女性の届けを受けた県警鈴鹿署が4月1日、同県桑名市の無職の男を窃盗容疑で逮捕したが、はとは見つからなかった。

    女性は、男が調べに「懐かないので近くの川に捨てた」などと話していることを報道で知り、男の住所周辺を捜すことを決意。

    3日から、はとの写真を載せたチラシを配りながら歩いた。

    長い日は4時間も。

    その結果、川の堤防道路周辺でよく似た猫の目撃情報が複数あることが分かった。

    さらに、近くで猫の餌やりをしている男性から「最近、家に来る猫のようだ」と連絡があった。

    そして7日、餌を食べに来た猫の写真が送られてきて、猫がはとだと確認、迎えに行った。

    はとは最初、人の姿を見て逃げるほど警戒していたが、女性が猫の鳴きまねをすると物陰から返事をした。

    さらに好物の餌を見せると近寄ってきたため、かごに入れて自宅に連れ帰ったという。

    女性の家で生活することになったはと。

    現在は先住猫に遠慮して部屋の隅に隠れているが、時々出てきて鳴き声を上げている。

    餌をもらっていたおかげで、健康状態に問題は無いようだ。

    女性は「見つかった場所は通行量も多い。
    行き場所も無く、おびえていたのでは。
    男性のおかげで再会できた。感謝します」と話していた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000087-mai-soci 


    ▼画像
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190408-00000087-mai-000-2-view.jpg 



    所長見解:よかったな・・・
    【【朗報】猫なのにハトが発見された模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    b


    「爆笑問題」の太田光(53)がTBS系で7日に放送された「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)で、2日に元巨人投手・桑田真澄さん(51)の次男で音楽家のMatt(マット、24)が、自身のインスタグラムで真澄さんとの2ショットを公開したことに「Matt、ちゃんと靴作れ」とイジると、相方の田中裕二(54)が「違う人」とすかさずツッコミを入れた。

    Mattのインスタグラムは、様々なコメントが寄せられ、話題となっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16279380/

    所長見解:後遺症・・・

    【【悲報】爆笑問題・太田さん、転倒事故の後遺症で少しおかしい様子・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4日に保釈されたピエール瀧被告(51)が、違法薬物について、「何度もやめようと思ったが、やめられなかった」と話していたことがわかった。

    p


    ピエール瀧こと瀧正則被告は、これまでの調べに対し、「20代のころから、コカインや大麻を使っていました」と話している。

    また、瀧被告は関係者に対し、「何度もやめようと思ったが、やめられなかった」と話していることがわかった。

    コカインは、違法薬物の中でも依存度が高いとされている。

    https://www.fnn.jp/posts/00415708CX/201904051730_CX_CX

    所長見解:もうやめな・・・

    【【緊急告白】ピエール瀧「何度もやめようと思ったが、やめられなかった」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    コカインを使用したとして麻薬取締法違反の罪で、2日に起訴された俳優でミュージシャンのピエール瀧被告(51才)。

    その影響は芸能界に大きく広がり、映画やドラマ関係者の間では、タレントや俳優に関する薬物の捜査情報が、まことしやかに共有され始めているという。

    芸能人が芋づる式に逮捕される可能性が囁かれる中、“キーマン”として注目されている人物がいる。

    「昨年4月に、薬物絡みで逮捕された40代の男性X氏です。
    彼は音楽関係の仕事をしていて、瀧被告とは古くからの親友だといわれています。
    X氏が捕まってから約1年後に瀧被告が逮捕されたことで、X氏の薬物ルートが瀧被告につながっていた可能性が指摘されています」(全国紙社会部記者)

    X氏と関係があったのは、瀧被告だけではない。

    逮捕当時のX氏は、リリー・フランキー(55才)の運転手だったというのだ。

    リリーといえば、イラストレーターやエッセイストなどマルチに活躍し、2005年に発表した自伝的小説『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』は200万部を超すベストセラーになった。

    俳優としても2009年に45才で初主演した映画『ぐるりのこと。』で、ブルーリボン賞の新人賞を受賞。

    福山雅治(50才)と共演した『そして父になる』(2013年公開)やカンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを受賞した『万引き家族』(2018年公開)など、数多くの話題作に出演している。

    リリーは瀧被告とも20年来の飲み友達で、バラエティー番組や映画で共演するなど公私にわたって親交が深い。

    「Xさんとリリーさんは古い仲というわけではなく、その頃、一時的に運転手を任せていたそうです。
    彼がクスリで逮捕されたと聞いて、リリーさんは呆然としていました。
    後日、リリーさんも、捜査員からXさんについて話を聞かれたそうです」(リリーの知人)

    l


    ◆本人を直撃してみたら…

    当時、リリーの行きつけのバーでは、彼のこんな姿が頻繁に目撃されていた。

    「深い時間になりお酒が進むと“Xが逮捕されちゃった…馬鹿だよ”って、ため息をよくついていました。
    XさんはクラブでDJなどもしていて、ミュージシャン仲間も多い。
    瀧さんの逮捕と関係があるのなら、さらに彼らの周辺が調べられる可能性だってあります。リリーさんの嘆きはしばらく止まらないかもしれません」(前出・知人)

    X氏に話を聞いたが、「ぼくの方からは何も言えません」と言葉少なに言うのみだった。

    運転手と友人の薬物逮捕。

    しかし、リリーはどちらの逮捕時も“公式コメント”は口にしていない。


    3月末、沈黙を続けるリリーを都内のライブ会場近くで直撃した。

    ──運転手のXさんがクスリで逮捕されていたようですが。

    「確かにその当時、Xには運転を頼んだり荷物を運んでもらったりしていました。
    逮捕されて起訴されたと聞いていますが、それ以来会っていません。
    あくまで一時的に、お願いしていただけなので。
    もう仕事をお願いするに値しないですよ」


    ──リリーさんも警察に事情を聞かれた?

    「(捜査員から)電話があって話しました。
    尿検査なんかは受けていませんよ。
    捜査員と話した時にいろいろ聞いたんだけど、おれに対しては疑いはなかったようですよ。
    Xと瀧との関係から、おれのことを怪しむ人もいるのかな…まぁ世の中もそう見ますよね…こういうことがあると」


    ──彼らに言いたいことは?

    「瀧とXにはすごく迷惑しています。
    こうやって取材されることも含めて…信じていたから人間不信になりそうです」

    穏やかな口調ながら、困惑した表情でリリーは答えた。

    前出の知人が言う。

    「リリーさんは間違いなくシロ。
    ただ、迷惑というのは彼なりの表現で、リリーさんは瀧さんの逮捕後、かなりショックを受けていました。
    面倒見がよいリリーさんのことですから、瀧さんやXさんを今後どう助けられるのか、考えていると思いますよ」

    瀧被告の一件は氷山の一角なのかもしれない。


    ※女性セブン2019年4月18日号
    http://news.livedoor.com/article/detail/16266188/

    所長見解:なるほど・・・
    【【悲報】リリー・フランキー「ピエール瀧は迷惑」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■CD販売停止は1999年の槇原敬之の覚醒剤事件から

    元号が昭和から平成に変わった1989年6月、美空ひばりが死去し、政府から国民栄誉賞を贈られる。

    かつて家族の不祥事により公共施設から締め出された歌謡界の女王は、死して昭和を代表する国民的スターに祀り上げられた。

    同じ年の4月、横山やすしは、飲酒運転による事故を起こし、吉本興業からすべての契約を解除される。

    前月にタレントの長男の傷害事件による4カ月の謹慎からテレビに復帰したばかりだったが、謹慎中にも交通人身事故を起こすなど、不祥事を重ねた末の事実上の「懲戒解雇」であった。

    平成の30年間には、芸能界や音楽業界で清浄化が進んだ。

    芸能人と暴力団の関係についても規制が強まり、判明した場合は厳しく処分されるようになった。

    2011年には、タレントの島田紳助の暴力団関係者との交際が発覚し、本人がけじめをとって引退する。

    多くのレギュラー番組を持っていた大物だけに、その決断は衝撃を与えた。

    薬物事件で逮捕されたミュージシャンのCDの販売が停止されるというケースもあいつぐ。

    これは1999年の槇原敬之の覚醒剤事件を機に定着したものといわれる。

    このとき、CDの出荷停止と店頭からの回収を決めたレコード会社は「社会的活動を行っている当社が、反社会的不法行為を犯した槇原の商品を出荷するわけにはいかない」と説明した(『朝日新聞』大阪版1999年10月4日付)。

    t


    ■結局は「商品イメージを傷つけないため」の行動

    不法行為ではないにもかかわらず、世間の批判を受けて活動を自粛するケースもたびたび起こった。

    2008年には、人気歌手のラジオ番組でのある発言がインターネット上で物議を醸す。

    これを受け、本人が公式ホームページで謝罪、所属レコード会社は活動自粛を発表した。

    しかし謝罪したことがかえって火に油を注いでしまう。

    スポンサー各社は出演CMを自粛、本人の掲載されている商品のHPも削除するなど対応する。

    テレビでも騒動後に放送された出演番組に抗議が殺到、これを受けてか別の番組が放送延期されるにおよんだ(『読売ウィークリー』2008年2月24日号)。

    インターネットの普及により、一般人の意見がより影響力を持つようになったがための現象だろう。

    スポンサーがすぐに出演CMを自粛したのは、そうした一般からのクレームをあらかじめかわし、商品イメージを傷つけないための行動ともとれる。

    商業上の理由による対応という意味では、方向性は違うものの、テレビ各局がたけしを事件後早々に復帰させたのと変わりはない。


    ■活動再開のきっかけは坂本龍一のクリスマスコンサート

    放言が原因の場合はともかく、警察沙汰を起こした芸能人が活動を自粛するのは、社会的影響を考えればやむをえないのだろう。

    活動自粛を余儀なくされた芸能人にとって、その期間は自分を見つめ直す契機なのかもしれない。

    ビートたけしは謹慎中、読書に明け暮れ、そこからのちの人気番組『平成教育委員会』につながるアイデアを得ている。

    不祥事を起こした歌手が、謹慎期間を経て、音楽業界の賞を獲得した事例もいくつかある。

    槇原敬之は覚醒剤事件で逮捕されてから4カ月後の1999年12月、懲役1年6カ月・執行猶予3年の判決を受けた直後、坂本龍一のクリスマスコンサートにサプライズ出演して、事実上活動を再開した。

    本格復帰は翌2000年11月にアルバム『太陽』をリリースするまで待たねばならなかったが、その後、SMAPに提供した「世界に一つだけの花」がヒットし、教科書にも掲載されるなど平成を代表する名曲との評価を得た。

    社会復帰できるかどうかは結局は本人次第と言ってしまえばそれまでだが、個人が責任を負うのにはやはり限界がある。

    所属事務所やテレビ局、さらには社会全体でバックアップしていく体制を整えることも必要だろう。

    とりわけ薬物に関しては、事件を起こした本人が治療の必要な場合も多いだけに、なおさらのはずだ。


    ■「教授の優しさを大切に受け止めたかった」

    ちなみに先述の槇原敬之の坂本龍一のコンサートでの復帰は、坂本が槇原に直接メールで出演を打診して実現した。

    槇原は10代のときから敬愛していた坂本に、このとき初めて対面したという。

    周囲のスタッフからは「常識を考えたら出るべきではない」と大反対を受けながらも自らの判断で出演を決めた彼は、その心境をのちに次のように明かしている


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190403-00028222-president-soci&p=1

    所長見解:あったね・・・

    【【薬物事件】槇原敬之が覚醒剤事件から復帰できた理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ