事件・事故

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気アイドルのAKBグループのシングルCDが、福岡市早良区の路上に落ちていたり、団地や民家の郵便受けに入っていたりし、“拾得物”として早良署に届けられる事案が相次いでいる。

    署によると、11~15日、AKB48とHKT48の計14枚が届けられた。

    西日本新聞の取材で、他にHKT48の5枚が見つかった。

    届け出た人は「心当たりはない」と口をそろえ、署幹部も「今まで聞いたことがない現象。目的も全く分からない」と不審がる。

    b


    署によると、11日、同区南庄4丁目の路上でAKB48のCD1枚が見つかったのを皮切りに、同じ南庄で13日5枚▽14日6枚▽15日1枚-が届けられた。

    15日は同区小田部5丁目の路上でも1枚、届け出分以外で民家の郵便受けで5枚が見つかった。

    多くが一見、未開封という。

    小田部の6枚は、HKT48の指原莉乃さんが参加する最後のシングル「意志」。

    残りはAKB48の「NO WAY MAN」。

    自宅の郵便受けにCDが入っていたという40代女性は「いたずらかもしれないが、身に覚えがなく、気持ちが悪い」と話す。

    HKT48劇場関係者によると、今回見つかったCD「意志」は「劇場盤」でファン専用サイトのみで購入できる。

    同封の握手券などは、抽選に当たれば、希望するメンバーに確実に会える特別な仕組みという。

    福岡県内では、2017年10月、AKB48のCD計585枚を太宰府市の山中に捨てたとして、廃棄物処理法違反罪で30代の男が罰金40万円の略式命令を受けた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/16471295/

    所長見解:またやん・・・

    【【悲報】AKBのCDが路上や民家に捨てられまくりの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10年で3回目 交通事故で高田純次(72)が被害者とトラブル
     
    タレントの高田純次が、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、22歳の男性が怪我を負っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

    j


    事故が起きたのは4月14日。

    被害者のAさんが、事故の状況を説明する。

    「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。
    『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。
    その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」

    約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。

    高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。

    Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたという。

    事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。

    高田は、小誌の取材に対し、「当たった認識はなかった」と「当て逃げ」を否定。

    その上で、事故を起こしたことは認め、「もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね、それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と説明した。

    高田は2009年に、前方不注意でミニバイクと衝突事故を起こし、19歳の男性に全治2週間の怪我を負わせている。

    この時には、「二度とこのような事故を起こさないよう慎重に行動し、努力していきたいと思います」とコメントしていた。

    また、昨年3月にも、信号待ちの車に追突事故を起こしている。

    自身の運転について危うさを感じることはないのかを聞くと、「まあ、自分で(運転が)危ないなと思うことはほとんどないんですけどねえ。
    高齢は高齢なんですけど、運転は好きな方ですから」と回答した。

    Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と話した。

    5月16日(木)発売の「週刊文春」では、事故の内容や“示談交渉”の中身、高田との一問一答などを報じる。

    また「週刊文春デジタル」では、高田の「ナッシング」音声などを公開する。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190515-00011919-bunshun-ent



    所長見解:返納やね・・・


    【【これは無責任】高田純次に当て逃げ疑惑ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ハァ、ハァ、ハァ…」。

    荒い息遣いが聞こえてくる。

    坊主頭にヒゲをたくわえ、サングラスをかけた強面の男性は、おもむろに顔をしかめて路上に座り込み、こう呟いた。

    「あぁ…クソ…」。

    5月上旬の午後1時、都内の気温は20℃を超え、汗ばむ陽気となった。

    強い日差しに体力を奪われたのか、男はなかなか立ち上がれない。

    駅から家までの約15分間のウオーキングは一時中断に追い込まれた。

    それから5分、男は身を起こすと、再び歩き始めて自宅に向かった。

    だが時折足元がふらつき、また路上に座り込む──。

    この男性がTOKIOの元メンバー、山口達也(47才)であることを、道行く人は誰も気づいていなかった。

    あれから1年、人前から姿を消していた彼は、今も闘い続けていた。

    国民的アイドルの大スキャンダルが世間を揺るがせたのは、昨年4月だった。

    山口は自身が司会を務める『Rの法則』(NHK Eテレ)で知り合った女子高生2人を自宅マンションに呼び出し、強引にキスを迫ったという。

    女子高生が警視庁に被害届を出したことで事件が明るみに出て、山口は4月26日に謝罪会見を開いた。

    5月2日には城島茂(48才)、国分太一(44才)、松岡昌宏(42才)、長瀬智也(40才)のメンバー4人が1時間半にわたる緊急会見を開き、山口の不祥事を詫びた。

    その4日後、山口はジャニーズ事務所からの退所を発表した。

    当時、山口は都内近郊の療養施設に入院していた。

    それは、「ある持病」の治療に専念するためだった。

    山口の病状を知る医療関係者が言う。

    「事件発覚後、山口さんはアルコール依存症の疑いがあると報じられましたが、本当の病名は『躁鬱病』でした。
    彼はこの治療に専念するため、メンタルクリニックに力を入れる病院に転院したんです」

    躁鬱病の正式名称は「双極性障害」。

    気分が晴れてハイテンションになる「躁状態」と憂鬱で無気力になる「鬱状態」とを繰り返す病気で、日本における患者の割合は、1000人に4~7人とされる。

    「彼は5年以上前から躁鬱で精神的に不安定な状態が続いており、不安を打ち消そうとアルコールを頼ってトラブルを起こすことがありました。
    1年前の事件も長年にわたる病気が背景にあり、事件後の山口さんは“今度こそ絶対に治す”と本腰を入れて、専門的な医療機関で治療を始めました。
    昨年夏ごろにはこの病院を退院し、定期的に通院しながらカウンセリングやリハビリを続けています」(前出・医療関係者)

    g


    ◆「ご心配かけています…失礼します」

    現在、山口は冒頭で触れたウオーキングや、自転車などのトレーニングに励む。

    その姿は1年前と大きく異なる。

    山口をよく知る人物が明かす。

    「山口さんは退院後、頭を丸め、耳元から顎にかけてヒゲをたくわえていて見た目は“激変”しています。
    静かに療養するため外見を変えたのもありますが、反省の意でもあったんだと思う。
    外出するときの服装はいつも決まってトレーニングウエアにニット帽とスニーカー。
    周囲に気づかれることはほとんどないそうです」

    1年にわたって治療を続け体調は上向いているというが、今も心身の状態は万全とは言えないようだ。

    ある日の山口は、自転車をスムーズに乗りこなして、自宅近辺を散策する。

    知人との会話で見せた表情は以前と同じ人なつこい彼の笑顔だった。

    >>2以降に続きます

    ※画像がコチラ


    NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190516-00000005-pseven-ent&p=1

    所長見解:こんなもんやろ・・・

    【【画像】元TOKIO・山口達也さん、激変したリハビリ姿がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    豊中の旧籠池邸が取り壊し。

    森友学園系列保育園の建物も近日中に解体へ


    k


    一昨年、6月19日の大阪地検特捜部による強制捜査、7月31日の籠池夫妻逮捕など森友学園事件報道の際、何度も現場レポートの舞台となった大阪府豊中市の旧籠池邸が取り壊された。


    保釈後、5ヵ月で明け渡さざるを得なかった自宅

    事件勃発時は籠池夫妻の居宅として利用されていたが、大阪拘置所に勾留されていた2017年7月20日、学校法人森友学園の管財人によって、役員の責任査定を申し立てられる。

    同年12月6日に大阪地裁が10億3千万円の損害請求権を認めたため、学園側は競売を申請。

    2018年7月11日に開札され、3千51万円で不動産会社が落札し、9月4日に代金を納付したため所有権が移転してしまう。

    籠池夫妻は大阪府内に新しい住居を見つけて転居したうえ、12月7日に買い主へ引き渡していた。


    (リンク先に続きあり)
    https://news.yahoo.co.jp/byline/akazawatatsuya/20190509-00125322/ 

    所長見解:しかたないよね・・・
    【【森友学園騒動】あの籠池夫妻の現在がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    青汁などの通販で脱税の罪に問われた三崎優太被告の初公判が行われた

    公判直後に語られた肉声動画をFNNが入手

    被告が語った仰天の将来計画とは

    j


    1億8000万円の脱税を認める

    青汁を主力商品とするネット通販会社「メディアハーツ」の脱税事件で10日、初公判に出廷した「青汁王子」こと三崎優太被告(30)。

    検察官からおよそ1億8000万円の脱税の罪に問われ「はい。検察官の(読み上げた)通りです。」と起訴内容を認めた。


    初公判後の肉声動画を入手

    そしてこの初公判を終えた直後、事件後初めて今後について三崎被告が話した動画をFNNが入手。

    そこでは次のような内容が語られていた。


    三崎優太被告:
    これから12年間勤めてきた株式会社メディアハーツの代表取締役を辞任するために辞任届を出しに行ってきます。
    これでもう、私には失うものはありません。
    今も以前より厳しい生活を強いられています。
    それでもこれからは地べたに這いつくばる覚悟で人に頭を下げ、もう一度やり直していきたいと思います。


    今年2月に逮捕されてから20日以上に及んだ拘置所生活。
    逮捕前にSNSで披露していた豪華な暮らしぶりとはかけ離れた生活を強いられていたわけだが、どのような心境だったのか。

    FNNの取材に応じた三崎被告はこう振り返る。


    拘置所生活は“地獄”

    三崎被告:
    地獄のようでした。
    今まで家賃数百万円のところに住んでいましたがそれから一転、3畳くらいのところに入り、生活落差がすごく苦しかったですね。


    その苦しさは食事面でも。


    三崎被告:
    毎日外食で美味しいものばかり食べていたのに、すごく美味しくない、本当に食べ物なのかなというものが出てきて辛かったです。
    3キロくらい痩せました。


    仰天の再建計画

    さらに三崎被告は、驚きの将来プランを明らかにする。

    三崎被告:
    お金を稼ぐことが怖くなりました。
    日本で稼ぎたいとは思わなくなりました。
    すべてを失って一からやり直します。
    貯金ももうないですし。


    ーー今後何をするのですか?

    三崎被告:
    飲食店で働きたいです。
    焼き鳥屋で働く予定です。

    年収12億円を稼ぎ出していた王子が、なぜか、焼き鳥店で働く決意だという。

    辛かった拘置所生活で食の大切さが身に沁みたのだろうか。

    三崎被告:
    友人の店とかではなくて、自分が一度行ったことがあるお店。
    これから面接を受けます。


    さらに事件を振り返ってこう続けた。

    三崎被告:
    今となって思うのは、3年間で年商130億円に会社を成長させました。
    あまりの急成長だったので足元や脇が甘かったのが自分の落ち度だったなと。

    なので一日でも早く終わらせてリスタートすることに注力したいです。
    何かしら社会に貢献したいと思っていて、経営に関する知見がそれなりにあるのでそういう経験を若手に伝えていきたいと思っています。

    短い時間だったが、取材の最後にどうしてもこれを言いたいと三崎被告は語った。


    三崎被告:
    私の中の闘いの炎はまだ消えていません。
    燃え尽きていません。

    なぜ焼き鳥なのかは結局語られなかったが、青汁王子の闘いの炎は、法廷だけでなく、厨房でも燃え続けることになりそうだ。


    https://www.fnn.jp/posts/00045401HDK/201905130700_MamiIshida_HDK

    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190513-00010001-fnnprimev-000-view.jpg


    所長見解:なんで・・・
    【【脱税逮捕】青汁王子さん、焼鳥屋で働く模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ