ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    ~説

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ことし国内で震度5弱以上の揺れを観測した地震は9回発生し、6月に山形県沖で発生した最大震度6強の地震では、けが人や建物の被害が相次ぎました。

    気象庁は「被害をもたらすような地震は、いつ、どこで起きてもおかしくない」として、日頃の備えを呼びかけています。

    j


    気象庁によりますと、ことし国内で震度1以上の揺れを観測した地震は、今月25日までに1539回発生しました。

    このうち震度5弱以上の揺れを観測した地震は、合わせて9回発生しています。

    1月3日には熊本県でマグニチュード5.1の地震が発生し、和水町で震度6弱の揺れを観測しました。

    総務省消防庁のまとめによりますと、この地震で4人がけがをしたほか、60棟の建物で一部が壊れる被害が出ました。

    6月18日には山形県沖を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱の揺れを観測し、沿岸には一時津波注意報が出されました。

    けがをした人は重傷者9人を含む43人。

    ブロック塀の倒壊や屋根瓦が落ちるなどの被害が相次ぎ、住宅被害は1650棟にのぼりました。


    気象庁は「被害をもたらすような地震は今後いつどこで起きてもおかしくない。
    家具の転倒防止や備蓄など、改めて日頃の地震の備えを確認してほしい」と呼びかけています。


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191230/k10012231901000.html 

    所長見解:怖いな・・・
    【【来年ヤバい?】今年は震度5弱以上の地震が9回発生した模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ブルガリアでは生前は国家機密にも指定されていた、盲目の預言者ババ・ヴァンガ氏。

    彼女の残した2020年予言が不吉だとして話題になっています。

    アメリカ同時多発テロの発生を予言したとされる、世界最高の預言者ババ・ヴァンガ氏。

    当人は1996年に85歳で亡くなっているものの、彼女の予言は西暦5079年まで残されているといいます。


    y


    預言者ババが残した「2020年の予言」

    ・イスラム過激派が化学兵器によるテロを行い、ヨーロッパを“一掃”

    ・ドナルド・トランプ米大統領は脳腫瘍を患い難聴に。この大病によって命を落とす可能性も

    ・ウラジーミル・プーチン露大統領はクレムリン宮殿内で暗殺される可能性がある

    ・アジア大陸では津波や地震が過去に類を見ないレベルで発生する


    ババ・ヴァンガ氏は2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件において、以下のような予言を残していました。

    「ああ、恐ろしい、恐ろしい! 二匹の鋼の鳥に襲われて、アメリカの兄弟は倒れるだろう。
    狼たちが茂みの中で吠え、罪なき血があふれ出すだろう」


    この他にも「2016年までにヨーロッパの存在がなくなる」という旨の予言が残されていました。

    この年の6月23日には、イギリスにてEU離脱の国民投票が行われています。


    ただ彼女が残した予言の中には、恐ろしいほどに的中しているものもあれば、全く外れてしまっているものもあるようです。

    当たるも八卦、当たらぬも八卦ということなのでしょうか。


    http://yurukuyaru.com/archives/81828470.html 

    所長見解:そんなもんやろ・・・

    【【悲報】世界一の預言者が残した「2020年の予言」がヤバすぎる件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    北朝鮮、年始クーデター勃発か!? 

    米国の「真意」読み違えた正恩氏…“鉄槌”下された独裁者たちと重なる点も


    歴史は繰り返すのか。

    核・ミサイルなど強硬路線へ逆戻りしようとしている北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長。

    その言動は、かつて大国を甘く見て鉄槌(てっつい)を下された独裁者たちと重なると指摘するのは国際投資アナリストの大原浩氏だ。

    寄稿で大原氏は、米トランプ政権の対北軍事行動や、政権内の軍事クーデターが勃発する可能性が高まっているとみる。

    一方、米CNNテレビは26日、北朝鮮の挑発行動について、金委員長の誕生日である来年1月8日ごろまで実施の可能性があると伝えている。


    いよいよ正恩氏が自分勝手に決めた「米国との核廃棄に関わる交渉期限」である12月末が近づいてきた。

    国連決議による経済制裁の中でも、「北朝鮮からの出稼ぎ労働者の受け入れ禁止」が最も大きなダメージを与えており、最近の「打ち上げ花火」のようなミサイルの乱発も、北朝鮮が追い詰められている証である。

     
    前記決議によって、海外で収入を得る北朝鮮の出稼ぎ労働者は12月22日までに本国に戻るはずだったが、北朝鮮に親和的な国々では「制裁逃れ」になりかねない事態が起こっているようだ。

    実際、共産主義中国とロシアは16日、北朝鮮に対する制裁の一部を解除する決議案を国連安全保障理事会に提出した。

     
    ミサイル発射や金一族および政権幹部のぜいたくのために必要不可欠な「出稼ぎ労働」に対して、国連決議による経済制裁がどこまで順守されるかが、今後の北朝鮮情勢に大きな影響を与える。

    その「ピンハネ率」は70%以上ともいわれる。

     
    気になるのは、金正恩氏がトランプ大統領のメッセージを読み違えているのではないかということだ。

    それを読み解くためには、関係がないようにも思えるイランなど中東情勢や、その歴史が重要なポイントになる。


    t

     
    まず、イランのロウハニ大統領が2日間の訪日日程を終えて21日に帰国した。

    これは、安倍外交の重要な成果だが、「安倍嫌い」の左派マスコミはほとんどスルーして何も伝えていない。

     
    振り返れば、ホルムズ海峡近くのオマーン湾で6月13日に石油タンカー2隻が攻撃を受けた事件について、米国は「証拠」を挙げてイランの仕業だと強硬に主張し、あわや開戦という状況になった。

     
    これが安倍首相のイラン訪問中に起こったため、批判的に論評されたが、あまりに出来すぎたタイミングを考えると、うまくいかなかった場合のオプションとして安倍首相のイラン訪問をトランプ政権がセットしたという「米国による自作自演説」が濃厚だ。

     
    結局、イランはドイツ・フランスなどの「米国の同盟国」を後ろ盾にし、日本を仲介役にして「話し合い路線」に復帰した。

     
    金正恩氏は、このケースを見て、北朝鮮に対しても米国の軍事作戦はないと踏んでいるようだが、それは大きな間違いである。

     
    イランの後ろ盾には、米国の同盟国がずらりと並んでいるが、北朝鮮を支持するのは、「旧・悪の帝国」のロシアと「新・悪の帝国」の中国そして米国から「コウモリ以下」と思われている韓国である。

    また、日本との間には「拉致問題」が大きく横たわっている。

     
    歴史を振り返れば、イラクのフセイン大統領は、ブッシュ(父)大統領の米国が動かないと思ってクウェートに侵攻したが、大きな間違いであった。

    また、アルゼンチンのガルチェリ大統領は、英国が黙認すると思ってフォークランドを占拠したが、サッチャー首相は大胆な決断をした。

    トランプ政権にとってはもちろん、米国の若者の血を流さないクーデターがベストだ。

    トランプ氏はハト派であり、拳を振り上げながらも、クーデターなどの自滅を待っているだろう。

    だが、米国のユダヤ票にも大きく影響するイランから手が離れつつある現在、朝鮮半島における軍事オプションも十分あり得る。

     
    長引くアフガニスタン紛争などで米国民の戦争疲れはたしかにあるが、北朝鮮が暴走して大義名分を与えれば軍事行動も否定できない。

    それは中国やイランへの強烈なメッセージともなる。

     
    注目は、例年発せられる正恩氏から北朝鮮国民への「新年の辞」だ。

    米国の真意を読み違えた正恩氏が、「すべての準備が整っている米国」の軍事作戦を招くか、米軍の攻撃を恐れた政権(軍)幹部のクーデターが起こる可能性はかなり高い。

     
    おとそ気分が冷めやらぬうちに、日本人は、「トランプ大統領からのお年玉」が北朝鮮に与えられるのを目撃するかもしれない。


    (リンク先に続きあり)
    https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/191229/for1912290001-s1.html?ownedref=not 176et_all_newsTop 

    所長見解:どうすんねやろな・・・
    【【緊急速報】北朝鮮、年始クーデター勃発説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    【第70回NHK紅白歌合戦/12月28日/音合わせ】

    20回目の出場となる氷川きよしは「紅白限界突破スペシャルメドレー」を披露する。

    氷川は「ジャンルにとらわれず、個性、命を大事にしたい」とし「きよしくんはさよなら。これからはキーちゃんで」と語った。

     
    手を振り、会見場に姿を現した氷川。

    今年1年は「最高の1年だった」と笑顔。

    「紅白は70回、僕はデビューして20年。そんな年に出られて嬉しい」。

    ただ「リハーサルでは震えちゃって…緊張して…」といい、会見場でも大きく息を吐き、呼吸を整える場面もあった。

     
    節目の紅白の演出は「明かせない」としつつも「すごいことになる。
    紅組でもあり、白組でもある、皆さんが期待しているようなものになると思います」と自信。

    衣装も「キラキラしたものになる」と紹介した。

    更に「これまでイメージづくりされていたところもあったけど自分らしくありのままを表現したい」とし、「カテゴライズしがちだけど、自分のなかにある才能など全て出したい」とジャンルに捉われない活動をしていきたいと述べた。

     
    「限界突破×サバイバー」はその指針ともなる楽曲のようで「若い子に自分の限界を決めないで」ということを伝えたい「使命感を感じる曲」とも。

    更に「一人で新しいことに挑戦するときは大変で摩擦もあるけど限界突破したい」。

    演歌も大切であるとしたうえで「個性を大事にしたい」と述べ「きよしくんはさよなら。
    これからはきーちゃんで! 輝きます」と宣言。

    更に「私は負けない!」と力を込めた。


    ミュージックヴォイス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00010013-musicv-ent

    レッドカーペットを歩く氷川きよし。美しさ漂う

    no title

    所長見解:ええんやで・・・

    【【朗報】氷川きよしさん、紅白でカミングアウト説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    金の無駄

    b

    所長見解:そやけど・・・

    【【悲報】宝くじ買うやつはバカ説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ