グルメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    鈴木ちなみ 牛丼チェーン店での丼ランチに「親近感湧く」「意外」の声続々 

    本人はアツアツ豚汁に目を白黒



    g


    タレントの鈴木ちなみ(32)が18日までに自身のインスタグラムを更新。

    ランチの様子に「親近感」との声が続々と挙がっている。

     
    鈴木が丼とみそ汁のランチを前に、口を押さえて顔をゆがめている画像を投稿。

    「昨日のランチで腹ペコだったため豚汁をかき込んだら思いの外熱かった、図です」と苦笑いで「みなさん温かいものを食べる時は気をつけましょう笑」と自虐気味につづった。

     
    ランチの場所が牛丼チェーン「松屋」だったことから、これにフォロワーが反応。

    「松屋も行くんだね。親近感湧くわ」
    「松屋に行ってるってので親近感わきます!」
    「ねぎたま旨辛とはナイスチョイス!!」
    「松屋でご飯、意外です」
    「松屋で食事するちなみちゃんに親しみを感じます」
    「なんだ!そのめんこいエピソード!」
    「そうそう、松屋の豚汁は熱いのでご注意を!なかなか冷めにくいです」
    「すごい大きな丼ですね」
    「何してもかわいい!」
    「お大事に」

    などと投稿が相次いだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/cf752ce8c94ec7b992c9bd31dbe85a28fa5f26d5


    【写真】何してもかわいい!アツアツ豚汁に思わず口を押さえる鈴木ちなみ(インスタから)
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/01/18/jpeg/20220118s00041000312000p_view.jpg
    所長見解:ええな・・・

    【【これは意外】鈴木ちなみさんの親近感湧くランチがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昔大人気だった今は亡き伝説のお菓子をあげてく


    no title


    ポリンキー

    ぬーぼー
    所長見解:懐かしいな・・・

    【【懐かしい】昔は大人気だった今はもう無い伝説のお菓子がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いままで食った中で一番うまいカップ麺


    cup_noodle


    いま売ってる「麺とスープだけ漆黒マー油豚骨」

    所長見解:どん兵衛やろ・・・

    【【結果発表】今まで食べた中で一番うまいカップ麺がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    t


    高級食パン専門店、閉店ラッシュが止まらない


    ▼画像
    所長見解:そらな・・・

    【【悲報】高級食パン専門店、閉店ラッシュが止まらない模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    有吉弘行は苦言、飯島直子は炎上「牛丼の紅ショウガかけすぎ」問題、吉野家の見解は

    <店がどうぞって置いてくれてるんだから、好みで入れたらいいじゃない>
    <適量というか常識の問題だよな>
    <無料だからと山盛りに入れているのを見ると…嫌になる>
    <別によくね?>


    g

     
    定期的に話題となる「牛丼に紅ショウガかけすぎ」問題。

    多くの牛丼チェーンでは、紅ショウガや七味が卓上に置かれ、客が自由に盛り付けるセルフスタイルを取り入れているが、その“量”を巡ってSNSではたびたび論争が巻き起こっている。

     
    そんな牛丼の紅ショウガについて、ラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(日曜20時〜)内で放送された、有吉と「デンジャラス」安田和博のやりとりが再び話題となった。

    経緯としてはこうだ。

    この日のテーマは「パンの話」。

    コストコで売っているホットドックに「(ホットドックが)見えなくなるまでトッピングの玉ねぎをかけてしまい、いつも何を食べているのかわからなくなる」というリスナーからの投稿に対し、そういう人を見かけると「“そういうヤツなんだなぁ”と思う。
    適量ってもんがあるじゃない」と有吉。

    これに安田が「牛丼に紅ショウガをドンってかけちゃうやつとかね」と乗っかると、有吉も「ゴンって入れたりねぇ! 食べ放題で吐くまで食うヤツとか」と、冗談交じりに苦言を呈したのだ。

    これが『有吉弘行、牛丼に紅ショウガをドバドバ入れる人に苦言「適量ってものがあるじゃない』というタイトルでネットニュースに取り上げられると(スポニチ報道)、賛否両論の声があがり、SNSには肯定派・否定派の意見が相次いだ。

    冒頭はその一部だ。

    この「紅ショウガかけすぎ」について話題になったのは、前述どおり、今回が初めてではない。

    例えば昨年、とあるバラエティー番組で、女優・飯島直子が牛丼店でのテイクアウトで紅ショウガを10袋ほど持ち帰る様子が放送されると、これが「持ち帰りすぎでは」という否定的な意見から、「タダなんだからいいじゃん?」「何が問題かわからない」と擁護派まで、賛否の声が続出。

    2016年には、シンガーソングライター・スガシカオが、持ち帰りの牛丼に紅ショウガを“4袋しか”もらってこなかったスタッフへの不満をSNSに投稿。

    こちらは紅ショウガの量うんぬんよりも、それをスタッフにお願いしていたということに批判が集まった。

    ちなみに、スガは何でもトッピングをかけすぎるという、いわゆる「かけすぎ部」の部長でもある。

     
    しかし、“かけすぎ”というのはネガティブなように聞こえるが、一定数の肯定派の意見が見られるのも事実。

    むしろ多めが好きという人も多く、中には牛肉が見えなくなるほど紅ショウガを乗せるのが好みという人も入る。

    人によっては、これが「適量」ということなのだろう。

    肯定派と否定派、その両派の“論争”は、これからも続きそうだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/a74f95531f080bcb4b5b334e05c6841807328259
    所長見解:ええやん・・・

    【【賛否両論】牛丼の紅ショウガかけすぎ問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ