グルメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    目玉焼きを両面焼きにしてから世界変わった


    no title


    今までなんて勿体ないことをしていたのだろう

    所長見解:うまいよな・・・

    【【衝撃】目玉焼きを両面焼きにした結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    サッポロ一番みそラーメンは麺がクッタクタになるまで煮込んだ方が絶対うまい

    麺かた派とは相入れないわ

    m

    所長見解:せやな・・・
    【【グルメ】サッポロ一番みそラーメンは麺がクッタクタになるまで煮込んだ方が絶対うまい説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    おいなりさんに合うおかずって何?


    no title


    所長見解:うどんやな・・・

    【【結果発表】おいなりさんに合うおかずがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉野家の牛丼は「ツユナシ+生卵」がウマイらしいので試した / マニアはツユナシが常識


    g


    吉野家の牛丼は「特盛ごはん半分ツユダク」がもっとも美味しい。という記事を掲載したところ、「牛丼ツユナシ+生卵」も美味しい! との情報をいただいたので試してみた。

    その結果だが、最高だった。


    ツユナシなので、ほとんど汁がご飯に染み込んでいない。

    肉やタマネギはジューシーながらも、ご飯に染み込むほど汁が含まれていない状態だ。

    そこに生卵をたっぷりとかけて食べる。


    当初は「汁が少なすぎてカラッカラで旨味が薄くなるんじゃないの?」とも思っていたが、そんな心配は杞憂だった。

    うまい!

    汁は牛肉とタマネギに浸透している量だけでじゅうぶん!

    汁が多いと甘味と塩分がガツンと強めになるが、完全にツユナシにすることで、牛肉とタマネギの旨味に味覚が全集中。

    ベストな甘味、旨味、塩味が堪能でき、さらに「汁に包まれていない無垢なご飯」が、牛肉の旨味を盛り上げる立役者となる。


    ▼画像
    https://main-dish.com/wp-content/uploads/sites/3/2021/01/yoshinoya-gyudon-umai6.jpg

    https://main-dish.com/wp-content/uploads/sites/3/2021/01/yoshinoya-gyudon-umai4.jpg



    https://main-dish.com/2021/01/12/yoshinoya-gyudon-tsuyunashi-tamago/

    所長見解:うまそう・・・

    【【極秘情報】吉野家の牛丼を一番おいしく食べる注文方法がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    k



    ■新婚・板野友美、手料理を公開…寒ブリ刺し身、鶏のから揚げなど全8品


    プロ野球・ヤクルトの左腕・高橋奎二投手(23)と電撃結婚した元AKB48の板野友美(29)が15日までに自身のインスタグラムを更新し、手料理を公開した。

     
    11日の投稿で高橋に手料理を振る舞う2ショットを公開していた板野。

    今回はストーリーズに寒ブリの刺し身や鶏のから揚げ、揚げレンコンサラダ、しそ昆布、キムチ、ひじき煮、豚汁、ご飯が並んだ食卓の写真を投稿した。

     
    板野と高橋は5日に所属事務所と球団を通じて結婚を発表。

    19年の春、共通の友人を通じて出会い、1年半の交際を経て今月5日に婚姻届を提出した。


    https://hochi.news/articles/20210115-OHT1T50042.html


    ▼画像
    https://hochi.news/images/2021/01/15/20210115-OHT1I50060-L.jpg

    https://hochi.news/images/2021/01/15/20210115-OHT1I50059-L.jpg

    所長見解:ええやん・・・

    【【検証画像】新婚・板野友美さんのいい嫁すぎる手料理がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ