ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: グルメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2日放送のフジテレビ系「めざましどようび」(土曜前6時)でまるか食品が18日に関東で先行発売するカップ焼きそば「ペヤング」の新商品「ペヤング ソースやきそば超超超大盛GIGAMAX」を紹介した。

    同商品は、通常の「ペヤングソースやきそば」が1食120グラムで544キロカロリー対し、1食439グラムで2142キロカロリー。
    番組では成人男性が1日に摂取するカロリーとほぼ同じと紹介した。
    番組の取材にまるか食品製品開発課の小島裕太係長は「社長の考案でして、今までにないものを作りたいということで生まれた商品です」と説明した。

    番組では新美有加アナウンサー(26)が実食した。
    容器の高さは通常の5・5センチに対し8センチ、湯の量は3倍の1300ミリリットル。湯切りした新美アナは思わず「怖いな」とつぶやき、ソースをかき混ぜる際も「重たい」と4倍サイズのペヤングに苦笑いしていた。

    p


    注目の実食では半分ほど食べたところで無念のギブアップで完食はならなかった。
    スタジオで新美アナは「チャレンジしたんですが、どうしても半分が限界でしたね」と振り返った。
    番組の取材に小島係長も「食べたんですけど食べきれませんでした」と苦笑いしていた。
    希望小売価格は、通常のぺヤングの約2倍の税別385円。
    全国販売は7月9日となっている。

    http://www.hochi.co.jp/topics/20180602-OHT1T50069.html 


    所長見解:いらね・・・

    【【パワハラ案件】ペヤング超超超大盛に女子アナがチャレンジさせられた結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m

    な?


    所長見解:せやな・・・

    【【どう?】一番うまい袋麺ってサッポロ一番味噌ラーメンだよな ←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    c


    所長見解:牛かな・・・

    【【どっち?】カレーに牛肉? カレーは豚肉だろ ←これ・・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title


    冷やし中華、冷やし担々麺、茶碗蒸しリゾット、カレーコロッケ、スパらっティ、イタリアンチーズバーグ・・・

    なんだこれは。

    メニューだけを見るともはやファミレスと言うより、フードコートである。

    https://ikomap.net/archives/4785


    所長見解:いいよね・・・

    【【これはすごい】くら寿司の注文画面がコチラwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いやはや、「水煮缶」が大ブームである。
    中でも注目したいのは、やはりサバ缶だ。
    サバは動脈硬化の予防につながるEPA、DHAを多く含んでいるので、医師のお墨付き。
    しかも缶詰ならば骨まで食べられ、値段もかなりリーズナブルだ。
    さあ今日から、食卓に取り入れてみよう。

    s


    雑誌でも書籍でも、そしてウェブ上でも、最近「水煮缶」の文字を目にすることが多くなってきた。

    「水煮缶の四天王といったら、サバ、サケ、トマト、大豆です。
    水煮缶はノンオイル&栄養価抜群のヘルシー食材。
    健康意識の高まりと共に、幅広い世代の支持を集めているのでしょう」と女子栄養大学栄養クリニック所長の田中明さん。

    水煮缶の中でも特にサバ缶は「健全な血管を保ち、ドロドロで不健康な血液の状態を改善するのに役立つといわれています。
    高血圧、脂質異常症、糖尿病等の生活習慣病が気になる世代の方々には特に日々の食事に取り入れてほしいですね」。

    実際サバの水煮缶の売り上げは、水産加工品メーカー大手のマルハニチロでは前年に比べて33%も増えている。

    https://dot.asahi.com/wa/2018051800048.html?page=1

    所長見解:水煮か・・・

    【【健康食品】サバ缶は医師もおすすめするってよwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ