ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    グルメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京タピオカランドのプレスイベントが8月19日に実施され、”ホストの帝王”として知られるローランドさんが登場した。

    その中で、ローランドさんは今年9月末に、自身がプロデュースしたタピオカ専門店を東京・八王子に出店すると明かした。

    タピオカについて、「すぐに飲めるもんじゃないんで、いろんな話が出来たり素晴らしいなと」とコミュニケーションツールになるといい、「この場を借りて発表なんですけど、タピオカ愛が強すぎて店を、『ザ・パール』というお店を新しくオープンさせようかなと」と話した。

    t


    ■ ローランド名言入りカップで提供 今後は京都にも?

    ローランドさんはイベントに、東京タピオカランドにも出店しているタピオカ屋「謝謝珍珠(シェイシェイパール)を持って登場。

    司会に味を聞かれると「僕もう2000回以上飲んでるんで、今更味わう必要もないくらい。
    でもやっぱり美味しいですよね」と話す。

    「僕地元が八王子なんですけど、謝謝珍珠の方に『ぜひともこの味を!』と、めちゃくちゃ頼み込んで技術指導をしていただきまして、ザ・パールというお店を満を持して八王子にオープンさせて、美味しいタピオカを提供して地元を活性化しようかなと思っています」

    コンセプトはメンズとかも来やすいクールなイメージで、「ローランドのこだわりをたくさん詰めた。カップに名言を入れてみたりして」と説明。

    タピオカ屋は行列になることが多いが、「入口からローランド。
    行列から店鋪が見えてきた瞬間、味わえるんじゃないかな」と語っていた。


    今後の出店については「インバウンドのお客様も増えている京都も視野には入れている」とは言うものの、「そもそもタピオカ屋さんは営利目的というか、本当(タピオカが)好きで出す。
    もっと効率のいい出店候補もあったんですが、少しでも地元を盛り上げたいなっていうのもあったので、営利目的ではなく楽しんでやっていけたらいいなと」と語った。


    ■ “タピオカは太る”に対し、「美味しいものを好きなだけ食べて、その分動いたらいい」

    タピオカとの出会いについても語った。

    経営しているホストクラブで営業終了後、若い従業員が「仕事終わったしタピろうかな」と話しており、”タピる”の意味が分からなかったという。

    「僕もう今年で27になるんですけどタピるってなんだろうって思って、『タピるって何?』って聞いたんですね。
    そしたら本当におっさんを見るような目で『いや社長、タピるも知らないんですか?』って言われて。
    そこからググって調べた」


    従業員の気持ちを理解すべくタピオカを飲んだら「なんて美味しいんだろう、と謝謝珍珠に出会った」と明かす。

    同店は当時、栃木にしか店鋪がなく、「僕は欲しいものは確実に手に入れたいんで」と、熱意を伝えて東京まで送ってもらったという。


    “インスタ映え”をテーマにした東京タピオカランドについては、「基本俺の行った先がインスタ映えなんであまり気にしないんですけど、世の中の方はそういう訳じゃないので何かしらの力を借りて映えさせなければいけない人たちはここに集ったらいいんじゃない」とコメント。


    “タピオカは太る”ということについては、「美味しいものを好きなだけ食べて、その分動いたらいいだけの話。
    明日もジム行きますし。
    美味しいものを食べたいじゃないですか、人生1度しかないし。
    我慢するくらいなら次の日はハードにトレーニングする方が建設的というかポジティブな生き方じゃないですか」と語った。


    写真:ローランドが八王子にタピオカ屋オープンを発表
    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2019/08/190820ll2.jpg
    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2019/08/190820ll3.jpg
    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2019/08/190820ll1.jpg


    https://news.careerconnection.jp/?p=76976

    所長見解:いまから・・・

    【【カリスマホスト】ローランドがタピオカ屋オープンってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タピオカドリンクのブームは過熱する一方で、新規出店が相次いでいる中、タピオカ専門店が暴力団の新たな資金源になっていることに警視庁が警戒心を強めている。


    y


    タピオカは日本で90年代のバブル後半期にティラミスに隠れてささやかなブームになった。

    2008年に第2次ブームがあったが、沈静化。

    17年に本場、台湾のブランド店が立て続けに日本進出したことで第3次ブームとなった。

    渋谷や原宿の人気スポットのみならず、主要駅には雨後のタケノコのごとく、出店ラッシュとなっている。


    「“インスタ映え”すると女子中高生の間で爆発的なブームになったタピオカには暴力団もいち早く目をつけて、クレープやケバブ店をタピオカ専門店に変えるなど、新規店を続々とオープンさせているんです」(飲食業専門コンサルタント)

     
    タピオカ専門店は持ち帰り専門なら座席は不要。

    調理場も含めて最低5坪あれば開業できる。

    調理も簡単なので技術も必要がない。

    しかも初期投資が少なく済む上に回収率がいい。

    楽でボロ儲けできることで暴力団の新たな資金源になっている。

     
    警視庁の生活安全課関係者は「おいしいといわれるタピオカドリンクの原価は50円程度。
    質が落ちる暴力団関係の店になると1杯6円程度。
    それを500円前後で売る。
    暴力団関連の店は女子中高生が好みそうなカラフルでファンシーな店構えで、女子中高生に『タピオカ増量』と唱えて、売りまくっている。
    暴力団が表に出ず、アルバイトを雇っているために実態が把握できない。焦ってますよ」と言う。

     
    ヤクザが女子高生をタピオカ漬けにしてカネを巻き上げる…。

    工夫をこらしての正業と思われるが、この儲けを資金源にして覚醒剤を密輸したり、闇カジノをオープンするなど、一般人を廃人にして荒稼ぎする反社会的行為を行うことになるのだから、資金源は断たないといけないだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16941072/

    【【悲報】暴力団さん、原価6円のタピオカで「濡れ手で粟」ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    s


    ■辛(シン)ラーメン(袋麺)

    冬の寒い夜、ビニールテントの屋台でラーメンを頼むと、袋麺を開けてちゃちゃっと作ってくれて。

    あの袋、辛ラーメンだよね? 

    乾麺ヤバイ! めっちゃうまいって。

    食という字は人を良くす…


    https://www.asahi.com/articles/DA3S14140771.html

    所長見解:朝日・・・

    【【悲報】朝日新聞さん「辛ラーメン、めっちゃうまいって!」 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    球児のために作った「大盛りカツ丼」 甲子園の老舗食堂がやめた悲しい理由
     

    「カツ丼大やめます」ー。

    連日熱戦が繰り広げられている兵庫県西宮市の甲子園球場近くにある、超デカ盛りカツ丼で有名な老舗「大力食堂」に、今年、そんな貼り紙が掲げられた。

    「お腹を空かせた高校球児のために」と1966(昭和41)年の創業以来続けてきた「名物」に何があったのか。

    高校野球ファンで賑わうお店を訪ねた。


    店は甲子園球場の西側にある「新甲子園商店街」の一角にある。

    昔懐かしい店内には、壁一面どころか天井にまで色紙が貼られ、高校の部活から往年の名選手、沖縄から韓国、台湾からのお客のものも。

    「壁が埋まってしもて、天井に貼ろうと思ったんやけど、脚立から落ちてしもてな。
    2階にもまだ50枚ほどあるけど、どないしよかと…」。

    店主の藤坂悦夫さん(81)が朗らかに笑う。


    大盛りカツ丼(正式には「カツ丼大」)は、そんな藤坂さんの愛が詰まった「名物」だった。


    k


    兵庫県北部にある八鹿町(現養父市)の農家で育ち、神戸・元町の食堂で8年間丁稚奉公をし、腕を磨いた藤坂さん。

    「その頃の都会の食堂いうたら、量はそない多くないのに結構高うて。
    土方や人夫の人らはものすごくお腹がすいた。
    わしは百姓育ちやったから、驚いてな」。

    21歳で独立し、この地で店を開いたとき、「小遣いで食べに来る高校球児も気軽に来られて、満腹になれるように」と「カツ丼大」を作った。

    ご飯の量はなんと2.8合。

    茶碗一杯が約0.4合というから、ざっと7杯分。

    たっぷりの出汁で玉ねぎを煮込み、カツを入れて出汁を吸わせたら、特大卵を溶いてとじ、かける。

    テーブルに届いた時点で既にどんぶりからあふれているので、崩れないよう注意しながら、スプーンでお椀に移しながら食べた。

    この味とボリュームで700円(途中からは原材料費の値上がりで800円に)という脅威の安さ。

    採算はギリギリだったが「お客さんはわざわざここまで足を運んでくれとる。
    儲けは二の次。
    良かった言うて帰ってもらえたら」。

    そんな人柄も魅力で、店は繁盛し、年に何度もテレビ局の取材が入った。


    だが、雲行きが変わってきたのは数年前から。

    「大」を頼んでは、半分以上残して帰る客が相次ぐようになった。

    「スマホいうんかな。
    あれで写真を撮るだけ撮ってな。
    残った分はほかすしかないけど、お米もお金ももったいないやろ…。
    それ見とったらおっちゃん、何かもう、情けのうなってな…」と肩を落とす。


    毎朝7時過ぎには店に入り、出汁を引き、高校野球シーズンは90キロ近い米を洗い、100枚以上のカツを揚げてお客を出迎えた。

    定休日も年末年始ぐらい。

    年も重ね、立ち仕事で痛めた腰が悪化しながらも「お客さんのために」と続けてきたが、半年ほど前「もうやめどきや」と決意したという。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-11000235-maidonans-life 



    所長見解:インスタか・・・

    【【悲報】甲子園球児の為に始めた「大盛りカツ丼」をやめた悲し過ぎる理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    r


    天一?

    所長見解:天一ええな・・・

    【【結果発表】ラーメンチェーン店のなかで一番うまいがコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ