ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    カテゴリ: ネット・炎上

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    坂上忍が番組MCを務める情報番組『バイキング』(フジテレビ系)の6月12日の放送に、お笑い芸人の小籔千豊が出演し、悪質な反則タックルに端を発した日本大学アメリカンフットボール部にまつわる問題に関して議論した。
    その最中、小籔が謙虚に質問しようとしたところで坂上が激怒したととれる一幕があり、視聴者からは坂上に批判が集まっている。

    s


    番組では、日大教職員組合が田中英壽理事長あてに署名を送って理事長職からの辞任を求めたことを報じた。
    番組取材班は雨中に田中理事長のもとを訪れ直撃取材を試みたが、周囲の日大関係者が傘を使って田中理事長への接近をブロックし、コメントを得ることはできなかった。

    坂上から意見を求められた小籔は「みなさんに質問したいが、田中理事長が出てこないといけない具体的な理由は何ですか」と問題提起。
    小籔は「不勉強なものでね、申し訳ない」とも発言しており、小籔は視聴者の目線で理事長が記者会見や取材に応じなければいけない理由を再確認したかったようだ。

    しかし、周囲は小籔の素朴な疑問に色めきだった。

    ゲストの鴻上尚史は「いや、組織の最高責任者が出てくるのは当たり前の話」、「誰が最高権力を持っているのかという話」とまくし立てた。

    一方で坂上は、小籔の質問を“意見”と受け取ったようで、「何で出てこなくてもいいと思っているの?」と逆に質問。
    「謝ってほしいんですか? 出てきてどういう(反応がほしいのか)」と改めて確認しようとする小籔に対して坂上は「謝ってほしいんじゃなくて、説明責任(を果たすべき)なんじゃないですか」と穏やかな口調ながらも、小籔が質問したことそのものに疑問を呈していた。

    ツイッターでは《小籔が理事長を擁護した》などの小籔を批判する投稿があった一方で、小籔の質問を頭ごなしに批判した鴻上や坂上に対しての批判が集中した。

    《小藪さんの意見を聞く気ないし、不機嫌だし、威圧的だし。田中理事長と同じだよ。質問することさえ、怖くてできない雰囲気って何なの?》
    《小藪が正常!坂上忍は晒してあげ足取りしたいだけやろ?》
    《坂上忍がまた小藪をいじめてる》

    この番組には、坂上の進行が「ワンマンで横暴だ」と指摘する声も多い。
    坂上の行動を諫められる人間が誰もいないのかもしれない。

    https://myjitsu.jp/archives/54005


    所長見解:やれやれ・・・

    【【定期戦】坂上忍vs小籔千豊の結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ローラ バッキバキの背筋美に反響 半日で「いいね!」15万件超

    タレントのローラが10日、インスタグラムに鍛え上げた背筋の写真を投稿。
    バキバキの筋肉美に、半日で15万件超の「いいね!」が殺到するなど反響が広がっている。
    毎日2時間、ジムで鍛えているという。

    ローラはインスタに「毎日ジムに通い続けたら背中の筋肉がいい感じについてきた。
    いままですこし、気が緩んでいたなとおもって、心のスイッチをおしたの。
    いまでは2時間くらい毎日トレーニングしているよ」と、毎日2時間の筋トレを積んでいることを告白。

    「ムキムキはすきじゃないから、程よく筋肉のラインができてお腹もしまったらあとはそれをキープしようっと」と書き込み、ジャケットを脱ぎかけたポーズで、両肩から肘のあたりまであらわになった後ろ姿の写真をアップした。

    ふくらはぎや脚の筋肉まで分かる写真に、コメント欄には

    「見事なスタイルですね」
    「綺麗!!」
    「かっこいい!!」
    「バッキバキじゃん。カッコいい」
    「背中もそうだけど、お尻もキュってあがっててどんなトレーニングしてるのか知りたい」

    などと驚きの声が殺到している。

    no title

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/10/0011342075.shtml


    所長見解:見えない・・・

    【【筋肉美人】ローラ、バキバキの背筋を見せつけた結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    とんねるず石橋貴明(56)のフジテレビ新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜午後11時)がスタートして3カ月。
    昭和カルチャーや豪傑列伝などのディープな見ごたえがじわじわと支持を伸ばし、2%台で始まった視聴率も4%台に“倍増”してきた。
    「みなさんのおかげです」の木曜9時枠から月曜深夜へ。
    低予算とコンプライアンス時代に折り合いをつけながら「めげずに」と語る思いを、本人に聞いた。

    b


    -柳沢慎吾さんがびびった大物俳優列伝とか、江夏豊本人が語る「江夏の21球」とか、客層を中年視聴者に絞った番組づくりが新鮮で、分かる世代の1人として毎週楽しく見ています。
    初回2・9%でスタートした視聴率も4・7%まで上がってきました。
    手応えはいかがですか。

    石橋 そんな。4・7じゃさあ(笑い)。

    -深夜で4・7はダメなのですか。

    石橋 ダメでしょう。もっと上げますよこれから。
    スマホとか録画率とか、いろんな見方をされている時代にそれ(視聴率)が正しい数字になっているのかとは思うけど、なんなら松坂大輔や武藤敬司をゲストに肩やヒザの痛みとか、そっち側で数字ガンガン上げてやろうかな(笑い)。
    深夜だから少しエッチなことも入れたいんですけど、フジテレビが怒るのよ。
    でも、僕らが子供のころって「11PM」とか「トゥナイト」とか、大人が喜んでる番組が面白そうに見えたじゃないですか。ああいう雰囲気を目指しています。

    -PR会見の時、昭和のカルチャーやスターを知らない世代にどう魅力を伝えるか、という質問に「伝わらない」と即答していましたよね。
    広さではなく、ターゲット層に向けて深さ重視でいくのは絶対面白そうだと思いました。

    石橋 あ、それはうれしい限りです。
    「幅広い人に見てもらいたい」というのは、今のテレビの現状ではたぶん無理。
    若い人は家にテレビがない人も多いし、見たいものはユーチューブで引っ張ってスマホサイズで見ている。
    「江夏の21球」どころか松坂や中田英寿を知らない人にまでアピールするより、とらやのようかんみたいに、ウリを特化して丁寧に作っていくしかないんだろうなと。

    -イケイケに芸能界を突っ走ってきたイメージなので、「丁寧に」はちょっと意外です。

    石橋 いや、ものすごく考えてますよ。
    ルールがたくさんできて、すぐにコンプライアンスとか言われちゃうんで。
    俺たちが昔からやってきたことはほぼ無理な状況。
    ここでキャッチボールしちゃいけないというなら違う場所でキャッチボールするしかないし、もっとやりたいことがあるなら違う“遊び場”を探すしかないという。

    -そういう“遊び場”としては「たいむとんねる」は攻めていますよね。
    江夏さんの劇画みたいな新人時代とか、東国原英夫さんが若手時代に台湾に密入国して強制送還された話とか爆笑でしたけど、規格外な話をエンタメとして聞ける場は貴重です。

    石橋 でも東くん、放送後かなり「けしからん」とやられたらしいですよ(笑い)。
    話半分だって分からねえのかなっていう。

    -けしからんというネットの声は気になりますか。

    石橋 (少し考えて)ささっと書かれたものが本当なのかなって。
    昔、ホテルオークラで働いていた時、朝のミーティングでマネジャーがお客様からいただいたお叱りの手紙を“ラブレター”と呼んで読み上げていたんです。
    「早く空港に行きたかったのにサービスが遅い」とか。
    そこには、オークラなんだからもっと頑張ってほしいというお客様の思いが入っていて、みんなで肝に銘じようと。
    手紙や電話の手間をかけても訴えてくる芯のあるお叱りなら信じるけど。
    僕は相変わらずガラケーだから、機械には疎くて(笑い)。

    -昭和とか、今よりちょっと前の魅力、パワーは何だと思いますか。

    石橋 ケータイがなくて不便だった分、待ち合わせでやっと会えた時の喜びとか、喜怒哀楽に芯があったこと。
    (カメラマンを見て)カメラマンさんだって、昔は焼いて初めて分かったからうまい人とヘタな人の差が出た。
    今は撮ったその場で確認できるから、撮る方も撮られる方も緊張感ないですよ。
    生きていく体幹の強さが違うという。

    つづく


    所長見解:頭いいよね・・・

    【【反論】とんねるず・石橋貴明がネットで批判された結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの菊地亜美が9日、自身のInstagramにてそっくりな姉を公開し反響を集めている。

    菊地は父の誕生日を祝うため、家族で食事をしたことを報告。
    父にはサプライズだったそうで、「喜んでくれてよかった パパおめでとう」と祝福の言葉を送った。

    そして、「よく妹に間違えられる」という姉との2ショットを公開。
    黒目がちの大きな瞳と顔の雰囲気はまるで双子のようにそっくりだ。


    ファンから驚きの声

    ファンからは

    「そっくりすぎてびっくり!!」
    「双子じゃなくて?」
    「うり二つとはこのことですね」
    「激似!!美人姉妹ですね」

    など驚きの声が上がっている。

    http://mdpr.jp/news/detail/1772055

    そっくりすぎる姉との2ショット公開 菊地亜美
    no title


    所長見解:怖い・・・

    【【閲覧注意】菊地亜美、姉との2ショットを公開した結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの杉浦太陽さん(37)が、長野県中野市の「食の大使」として池田茂市長に対面したときに、裂け目が入った「ダメージジーンズ」姿だったことに、賛否が出ている。

    「中野市では、市役所でものすごい歓迎をしていただきました!!  花道!!!! 」。
    杉浦さんは、2018年6月8日のブログで、食の大使として訪問したときの感激をこう記した。


    ■食の大使として農業体験もしていたが...

    投稿された写真では、杉浦さんは、通路の両端に並んだ職員たちと両手でハイタッチをして、爽やかな笑顔を振りまいている。
    服装を見ると、膝などにダメージが入ったジーンズを履いていた。
    そして、そのまま市長室に入っており、次の写真では、ダメージジーンズ姿で池田市長とツーショット撮影したカットが使われていた。
    杉浦さんと池田市長は、バラシロップをグラスで試飲し、2人で乾杯したということだ。

    続いて、杉浦さんは、食の大使として農業体験をしたといい、同じジーンズに長靴を履いて田植えに挑戦する写真をアップしていた。

    杉浦さんがダメージジーンズ姿で市役所を訪問したことについては、妻でタレントの辻希美さん(30)のアンチが集うネット掲示板上でまずバッシングされた。


    ◆ 辻希美アンチが集う掲示板で、まず叩かれる

    「食の大使…そのジーンズは失礼かと」
    「市長と会うにあのデニムはないだろ?」
    「住民票取りに行ってんじゃねーんだよ」
    「田植えはそれでいいけど。着替を用意して行くべきでしょ」...

    このことを情報サイトが取り上げると、別の掲示板上では、賛否が分かれる議論になった。

    否定的な声としては、

    「挨拶しに行くのにデニムはさすがに軽すぎるでしょ」
    「現場にマネージャーいなかったの? 服装について注意を払う感覚がないのかな」
    「ジーンズ、デニムでも良いんだけど、ダメージ、穴あきはどうかと思う」

    と書き込まれている。

    一方、理解を示す向きもあり、

    「要は相手がどう思うか。Gパンでもokならそれでも良いだろう」
    「お相手が皇室とかならともかくそこまで目くじら立てなくてもいい」
    「野菜のPRにスーツでもないだろ?」

    との声が出ており、意見が分かれている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000008-jct-ent

    no title

    所長見解:どっちでも・・・

    【【炎上】杉浦太陽、ダメージジーンズで市長訪問した結果・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ