1: (・ω・)/ななしさん

上原多香子、格安マンションに転居で移動は自転車 恋人は「そっとしておいて」

さくらと一郎の「昭和枯れすすき」とは異なり、愛する男と一緒ならば、貧しさにも世間の冷たさにも負けないということか。
自らの不貞が原因で夫を自殺に追いやったとされる元SPEEDの上原多香子(35)。
以来、芸能活動もままならず、庶民派マンションに転居し、新恋人とともに慎ましく暮らしていた――。

t


上原の夫でヒップホップグループ「ET-KING」のボーカル、TENN(享年35)が亡くなったのは、2014年9月のこと。
告別式では夫の遺影を手にした上原が、涙を浮かべて悲嘆に暮れる未亡人を演じていた。
だが、昨年夏、自殺の原因が上原の不倫にあったことが、遺族の告白によって表沙汰に。
悲劇のヒロインから、一転、悪妻になってしまったのである。

スポーツ紙記者が言う。

「遺族が告白した時点で、すでに上原は不倫相手とは別れていました。
しかし、キス写真や不倫相手との間で交わされた“2人の子供作ろうね”といったLINEのやりとりが表に出てしまったことで、世間からバッシングを受け、活動停止状態になってしまったのです」

夫の死から、約3年しか経たないうちに、新恋人である劇団の演出家・コウカズヤ(40)と同棲をしていたことも、批判の拡大に拍車を掛けた。

芸能記者の話。

「上原はSPEED時代の貢献があったため、以前は、仕事をしていなくても、月200万円の給料を貰っていたそうです。
ところが、騒動の影響で歩合制になった今は、仕事の依頼がないため、事実上、無給の状態にあると言われています」

>>2以降へ続く

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02090559/ 


所長見解:だってね・・・

Sponsored Link



2: (・ω・)/ななしさん

>>1
続き

■ 僕が守りたい

昨秋までは高級タワーマンションでコウと同棲をしていたが、収入減によって転居せざるを得なくなった。
現在は、オートロックもない2LDKで、家賃は月十数万円。
神田川に近い庶民派マンションで暮らしている。

「かつては、上原が移動する際には、運転手付きの車が事務所から用意されていましたが、現在は、それもありません。
恋人は演出家と言ってもほぼ無名ですから、2人の移動手段はもっぱら自転車です。
つい先日も、恋人の稽古場に差し入れに行く上原の姿や、コウの運転する自転車に二人乗りする姿が女性誌に報じられていました」(同)

マンションを訪ねると、コウが取材に応じた。

「本人は批判をされたことで傷ついていますし、まだ立ち直れていないんです。
だから、僕が守ってやらないといけない。
守りたいからこそ、僕の口からは何も語るわけにはいきません」と上原を庇い、そして、次のように続けた。

「彼女に、今、仕事をしようという意思はありません。
僕ら2人は、まっとうに生きて行くしかないので……、今はそっとしておいてほしいというのが本音です」

“苦しみに耐える二人は枯れすすき”と歌詞の最後は結ばれている。
上原と恋人の心境は、まさにそんな思いなのかもしれない。

4: (・ω・)/ななしさん
そっとしておいて???

11: (・ω・)/ななしさん
身から出た錆

12: (・ω・)/ななしさん
オートロックなし家賃十数万円

元・一流芸能人にしてはボロいんだろうが
本当に食えねーってレベルでもないな

17: (・ω・)/ななしさん
男側の収入も減ったの?

20: (・ω・)/ななしさん
そのうち男変えて生活力をアップさせるだろ

21: (・ω・)/ななしさん
こんな女とよく住めるな 

28: (・ω・)/ななしさん
流れにのって被害者面は無理だぞw

49: (・ω・)/ななしさん
美人はいいなあ
どんなエグいことしてもボクが守るとか言われちゃうん

72: (・ω・)/ななしさん
美人に産まれると大変だわ
HITOEは普通に家庭持って暮らしてんのに

73: (・ω・)/ななしさん
悪妻とかいう次元じゃないからな

テレビ見てる人全部騙した
あれが芝居で実は自殺の原因がその本人にあったとか
もう普通なら生きていけなよ

91: (・ω・)/ななしさん
簡単に立ち直られてたまるかっての

96: (・ω・)/ななしさん
BODY&SOULさえあれば

109: (・ω・)/ななしさん
被害者面

122: (・ω・)/ななしさん
次の餌食を探している

164: (・ω・)/ななしさん
美人だから応援したい

de part~takako uehara single collection~(DVD付)


引用元: ・【芸能】上原多香子、格安マンション転居で移動は自転車…恋人は「本人は批判されたことで傷ついている」「そっとしておいて」