1: (・ω・)/ななしさん

ダルビッシュ有の「野球に走り込みは必要ない」理論をフィジカルトレーナーはどう考えるか 

日米では「身体の動かし方」の考えはまったく違う


d


過去に、野球における「走り込み」についての疑問を口にしていたダルビッシュ

日本では野球をする子どもたちが、練習の前にランニングをする光景をよく目にするだろう。

高校野球の強豪校などでは、何十kmという距離を走り込む、というエピソードも耳にする。

しかし一方で、「野球には走り込みは必要ない」という理論もある。

アメリカでフィジカルトレーニングを習得し、独自のトレーニング理論でバスケットボールのプロチーム、プロのサッカー選手や野球選手、五輪選手たちを指導する吉原剛氏も「必要ない」と同意する。

その理由や、トレーニングにおける身体の動かし方について語ってもらった。


【米野球チームの選手から「なぜランニングをやるんだ?」】

――日本とアメリカで野球のトレーニングには、どのような違いがありましたか?

吉原:私がフィジカルトレーニングの"修行"のため、アメリカにわたったのは20年以上も前のことになります。
さまざまなスポーツを見ましたが、ある野球チームのフィジカルコーチとして入った時に、まずランニングの認識の違いに驚かされました。

日本では当時、下半身を鍛えるために10km以上の走り込みを積極的に行なっていた。

一方でアメリカでは、投手でも5km以上走っているのを見たことがなかったんです。

ある日、練習の前のウォーミングアップで「軽いランニングをしよう」と私が提案すると、選手側から「なぜランニングをやるんだ?」という反発があって。
「身体に疲労が溜まるから、いいパフォーマンスを発揮できなくなる。
ランニングをするなら、その理由を教えてくれ」と怒ってしまいました。


――吉原さんは、それにどう答えたんですか?

吉原:身体を温めること、心拍数を上げること、可動域を広げるために走るんだ、と答えました。


――正当な理由のように感じますが......。

吉原:すると選手たちは、「それなら、スキップ動作やチューブトレーニングでも血流がよくなって身体が温まるし、長い距離を走る必要がないよね」と。
それまでの常識が覆り、目から鱗が落ちました。

確かにその通りで、ランニングをしなくても十分にウォーミングアップができることに気づかされたんです。
先入観や固定概念がいかに選手にとってマイナスになるか、パフォーマンスを上げるには「Why」を明確に!と痛感しました。

その方法を普段から実践していれば、雨天や、十分な広さがない試合会場で身体を準備する際にも困ることがありません。
ひとりあたり、畳半畳分くらいのスペースがあれば十分なウォーミングアップができますから。


――長距離のランニングはあまり効果がないのでしょうか?

吉原:まったく効果がないわけではありませんし、競技によっても違います。
「身体をリフレッシュさせる」「疲労回復を促進させる」という目的であれば有効ですし、「持久力をつけて心肺機能を大きくする」という効果もありますが、瞬発力が大事な野球では、長距離のランニングは必要ないと私は考えています。


https://news.yahoo.co.jp/articles/5b7a36f4bbf6dce592e1b779f05096c4850ec751?page=1


▼画像
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230406-00993280-sportiva-000-6-view.jpg?pri=l
所長見解:せやな・・・

Sponsored Link



3: (・ω・)/ななしさん
きついことから逃げるための屁理屈
ランニングしないわ
うさぎ飛びしないわ
練習中に水のむわで
現代人は弱くなった
昔は投手で400勝達成した選手もいたのに
今は全然いない

54: (・ω・)/ななしさん
>>3
The 老害。
おじいちゃん頑張れ

4: (・ω・)/ななしさん
要らないだろな
昔の甲子園やNPBみたいに
先発完投前提なら走り込みいるが
今は100球前後で交代だからな
野手なんて運動量少ないしさらに不要

7: (・ω・)/ななしさん
とにかく走り込みが基本なんですよ
走り込んで走り込んで、喝!

8: (・ω・)/ななしさん
投手には足腰の持久力必要だから
ランニングが一番手っ取り早いだろな
野手は筋トレの方が良い

9: (・ω・)/ななしさん
スキップや特にチューブトレーニングだと
ランニングよりも
それ自体による怪我が出る可能性ないのかな
そんな高負荷ではないだろけど
自然でない負荷をかけるんだし

10: (・ω・)/ななしさん
どっちがいいとかじゃなくて
違うタイプが生まれてくるってだけな気がするな

13: (・ω・)/ななしさん
結果を見れば当然要らんよな 
言ってんはアホ昭和脳だろな

16: (・ω・)/ななしさん
昭和の野球はよく走ってたなんて言うけど、
江夏や江川のあの下っ腹見ると、否定したくなるわなw

17: (・ω・)/ななしさん
https://diamond.jp/articles/-/229249

結論から言うと才能ない奴は走れw
でも、走らないで良い奴も当然居るよ、てだけ

理論的に解説してるので非常に分かり易い、

和田が才能ないピーとは思えんが、
高校まで全く騒がれてなく大学から開花した苦労人
和田がダルや大谷みたいな恵体ではないのは確か
体格だってごついわけじゃない、

25: (・ω・)/ななしさん
この問題は厄介

10代など成長期は心肺機能と、
身体を大きくするために、
長距離ランニングも有効、

身体が出来上がった25歳以降は不要(長距離ランニング)

瞬発力の30メートル、10メートル、5メートルダッシュや
身体の可動域を広げたり、怪我しにくいように
柔軟体操やストレッチが重視される

その中で、走らない方がいい選手も当然存在する

32: (・ω・)/ななしさん
下半身を鍛えるためにランニングするとか言うけど、
下半身のどの部分の筋肉をどの位鍛える必要があるのか
具体的に教えてくれって言うと誰も答えられないんだよな

38: (・ω・)/ななしさん
喝!!喝!!喝!!

41: (・ω・)/ななしさん
結果出してるやつが言うんだから正しいんじゃね?
まあ個々それぞれにあった練習とかもありそうだけど
走り込んだほうがいいやつもそりゃいるだろうし

43: (・ω・)/ななしさん
佐々木みてると球速だすには
上半身の筋トレすらいらないと感じる
いるのは関節可動域柔軟性か?

48: (・ω・)/ななしさん
スタミナや心肺機能や回復力をつけるなら
運動と休憩を短時間で繰り返すほうが遥に成長が早い

55: (・ω・)/ななしさん
今日は意味があると思ったことが、
明日には無意味と気付くこともある
科学の基本的概念はこれ

最先端の科学とやらを御旗にしてるヒトは、
いかに自分が科学に疎いかを自覚しましょう

65: (・ω・)/ななしさん
パフォーマンスを上げるには「Why」を明確に!と痛感しました。


日本の育成現場でなぜ?なんて聞いたら監督からビンタ食らうからな
家畜のように従うしかない



引用元: ・【野球】ダルビッシュ有の「野球に走り込みは必要ない」理論をフィジカルトレーナーはどう考えるか