1: (・ω・)/ななしさん

新型コロナウイルスに感染し、3月29日に亡くなった志村けん(享年70)。

30年近く志村の主治医を務めた医師が、3月30日夜、「週刊文春」の取材に応じ、志村への思いを語った。

s


志村の主治医が事務所や家政婦から連絡を受け、自宅に駆けつけたのは搬送当日の20日のことだった。

「午後2時頃、私がご自宅に到着すると、サチュレーション(酸素飽和度)がかなり下がっていて、すぐに救急車を呼ばなければならない状態でした。
毎分10リットルの酸素を吸入しながら病院に直行しましたが、それほど体内の酸素が足りていなかったのです」


志村は今年1月に胃にポリープが見つかり、内視鏡による除去手術を受けたばかりだった。

「肝臓を含めた臓器の検査もするため1週間ほど入院していたはず。
ただ、持病があるとはいえ元気でしたから、回復を信じていた。
今回僕は役に立てなかったし、もう少し早く診ていればという後悔もある」(同前)


主治医は悲しげな表情を浮かべながら、志村との付き合いを振り返った。

「飲み友達というわけじゃないけど、一緒に食事をしたときにはみんなを楽しませてくれてね。
あの人を嫌う人は誰もいないでしょう。
回復を待っていたんですけど、もうショックで。
今日は外来をやりながらも悔しくてしょうがないです」


4月2日(木)発売の「週刊文春」では、主治医へのインタビューの他、自宅につめていた家政婦、兄、いとこ、知人などへの取材をもとに4ページにわたって追悼記事を掲載している。


https://bunshun.jp/articles/-/36974 
所長見解:残念すぎる・・・

Sponsored Link



10: (・ω・)/ななしさん
安静時だとして毎分10リットルはやばすぎだろ
肺がん手術した後、一時的に酸素吸ってたけど毎分1リットルだったぞ

18: (・ω・)/ななしさん
もっと早く入院して酸素吸入してたらまた違う状況だったのかな
負担が大きすぎてECMOに切り替えたって話だったけど

396: (・ω・)/ななしさん
>>18
喫煙履歴のある人が肺炎なるとコロナでなくでも簡単に死ぬよ

21: (・ω・)/ななしさん
麻酔で眠ってそのまま死んだから、本人は死んだなんて思ってないよね

31: (・ω・)/ななしさん
>>21
うん
せめてもの救い

32: (・ω・)/ななしさん
医師が早く見ておけば助かったと言ってるんだから
そうなんだろうな

36: (・ω・)/ななしさん
やっぱりすぐにアビガンなどの治療薬投与してれば死ななくてよかった可能性高い

43: (・ω・)/ななしさん
っつーか、この先生は大丈夫なのか?

50: (・ω・)/ななしさん
苦しかったんかなぁ…

56: (・ω・)/ななしさん
プライベートでも、周りを気づかって
周りを楽しませてくれる人だったんだな。

60: (・ω・)/ななしさん
でも感染した時点で遅かれ早かれだと思う
ダメージある肺の状態じゃ戦えないでしょ
肝機能落ちてれば使える薬選ばないといけないし
正直、重症肺炎で入院のニュースみたとき1週間が勝負って思った
でも体力もたないだろうなとも

66: (・ω・)/ななしさん
酒、タバコ、博打、女、金、名声、全てを手に入れた素晴らしい人生じゃないかな?
ただあと10年笑わしてほしかったなあ



引用元: ・【芸能】「悔しくてしょうがない」 主治医が語った志村けん「入院直前の容態」